【2ch SS】ドラえもん「メガネの劣等生の優等生」【短編読み物】

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 2013/04/28(日) 01:28:31 ID:qjnWLtkc

月日は流れ、大人の道を一歩、二歩、歩き出した。

お風呂とバイオリンの彼女も
とんがった金持ちの彼も
優等の彼も
暴力と友情の彼も

そして

劣等と優しさの彼も。

 
 
 
2: 2013/04/28(日) 01:29:50 ID:qjnWLtkc
ジャイアン「おいのび太!売店行こうぜ!」

のび太「うん、ちょっと待って、今教科書しまうから」

スネ夫「早くしろよ!遅いなぁ」

小学生だった彼らは高校生になり
のび太、ジャイアン、スネ夫、静香は同じ大学
出木杉は進学校へ道を進めた

ジャイアン「てかのび太すげぇな!またテスト学年一位か!」

のび太「いや、そんなすごくないよ、、」

スネ夫「・・・・・・」

 
 
 
3: 2013/04/28(日) 01:30:55 ID:qjnWLtkc
スネ夫「またドラえもんに道具でも貸してもらったんだろ?」

のび太「ううん、中学に入ってから何もしてもらってないよ」

スネ夫「、、、嘘つくなよ、お前が一位なんて何回も、、、」

ジャイアン「スネ夫もういいだろ、お前も知ってるだろのび太の事」

見下していたはずの劣等は、いつしか見上げるほど大きな存在になっていた。
卑下していた、だけど、対等にも思っていた
でも、どこかで「自分より下」という気持ちを持っていたのは否めない。

 
 
 
4: 2013/04/28(日) 01:31:29 ID:qjnWLtkc
スネ夫「ふん、知らないやい」

知っている、のび太が何をしてきたかを
知っている、のび太がどんな奴かを

スネ夫「先、、、席取ってるよ、、、」

でもだからこそ、
だからこそ、悔しいのだ

ジャイアン「、、、まぁ、お前なら大丈夫だと思うけど、悪気はないんだ」

のび太「分かってる、スネ夫のことも、何を言っているのかも」

劣等生だったからこそ知っている。
疑心暗鬼、猜疑心、疑わずにはいられない才能、努力の結晶

ジャイアン「、、2位って、、、十分すげぇのにな、、、ったくあいつは」

 
 
 
5: 2013/04/28(日) 01:32:13 ID:qjnWLtkc
彼らが中学生だった頃
彼らはいつも通りの関係だった。

劣等性のドジ
金持ちの自慢
暴力の王政、だけど温かい友情

確かに誰が見てもいじめっ子といじめられっ子

でも三人は分かっていた。
どんな形でも、欠けちゃいけない大切な友達

そして、ある日そんないつもの三人を変える事件が起きた。

、、、、それは一つの道具が発端だった。

「暗記パン」

 
 
 
6: 2013/04/28(日) 01:33:08 ID:qjnWLtkc
————————————————–

ある日のテスト
ありふれた嫌な学校行事、期末テストだ

でも、三人にとっては今までの人生で一番といっていいほど大切な時だった

「一番成績の良かった人が、静香ちゃんに告白できる」

暗黙の了解というべきなのか
誰からいうわけでもなく決まった三人のお姫様。

未来でのび太の嫁と決まっていようが関係はなかった
未来は変わる。いや、変えられる、ただそれだけだった。

子供とはいえ思春期の男三人、恋心を友情に隠しておくことは限界だった

そして、話し合いの結果、期末テストの合計点数が一番高い人が
静香ちゃんに告白できる権利を得るという
答えになった。

馬鹿げているだろう。全員が告白すればいい話だ。
でも優しい静香ちゃんなら自分たちの友情、
いつも一緒にいる4人の中の一人に絞れないとなり、
全員を振
る可能性がある

そうなれば告白どころの騒ぎではない。

 
 
 
7: 2013/04/28(日) 01:33:58 ID:qjnWLtkc
そうして決まったのが今回のルールだ。

当日、寝不足の三人がいた。
明け方まで勉強していたのだろうか、それとも緊張で寝れなかったのだろうか

試験は始まり、試験科目の5科目の内4科目が終わった。

のび太「すっごい調子がいいよ!これなら負けないかもしれない!」

ジャイアン「おー?w、のび太のくせに生意気言うな!w俺なんか教科書とノートの内容大体暗記してあるぞ!」

スネ夫「ジャイアンノートなんて取ってないじゃないか」

のび太「教科書も落書きだらけだし」

ジャイアン「なんだと!それでもテストは良好だったからいいんだ!」

スネ夫「僕もかなりできたかなぁ、あ、次のテスト始まる前にトイレいってくる」

ジャイアン「おう!」

 
 
 
8: 2013/04/28(日) 01:35:11 ID:qjnWLtkc
のび太「あ、僕もトイレ行ってこようかな」

ジャイアン「おう!テスト遅れんなよ!これは男の勝負だからな!」

のび太「うん!」

————————————————–

、、、、、っぐ。

のび太「ん?個室からなんか声が聞こえるスネ夫かな」

はぁ、、はぁ、、

のび太「どうかしたのー?」

のび太か、、、別になんでも、、、おえぇ!、、、、

のび太「スネ夫!?どうしたの!大丈夫!!」

個室のドア下からスネ夫が嘔吐してしまったであろう汚物が流れてきた
そこには形状を失った、のび太が知っているものが混ざっていた

 
 
 
9: 2013/04/28(日) 01:35:58 ID:qjnWLtkc
のび太「、、、あ、暗記、、パン、、?」

応答はない、でも形状が変わっていても、
バラバラになっていてもこの文字が書かれているパンの破片は暗記パン

のび太「スネ夫、、、、これって、、」

静かにドアは開き、そこにはうなだれ青い顔をしているスネ夫がいた

スネ夫「ぜぇ、、、はぁ、、、、なんだよ、、、」

のび太「、、、、。」

のび太は何も言わずにトイレを後にした。

 
 
 
10: 2013/04/28(日) 01:42:24 ID:qjnWLtkc
スネ夫がトイレから教室に戻るとのび太はジャイアンと話していた。
まずはじめに脳裏をよぎった言葉は

「言い訳は、どうすればいいだろうか」

自分は悪くないように、恥をかかないように
のび太のせいに、、、、いや当事者だ
じゃあ暗記パンのまねをしただけだと、、、、無理がある

ジャイアン「スネ夫、戻ってきたか」

スネ夫「あ、いや、えっとあれは」

何も出てこない、まずい

のび太「スネ夫こっちきてよ」

スネ夫「違う、いや、そうじゃなくて」

友情どころか、それこそ、何もかも消えてしまう

 
 
 
11: 2013/04/28(日) 01:43:20 ID:qjnWLtkc
のび太「さっき出たこの問題がどうしても解けなくてさ、スネ夫わかる?」

、、、、、え?

 
 
 
12: 2013/04/28(日) 01:44:26 ID:qjnWLtkc
のび太「この数式なんだけど、公式じゃあ当てはまらなくてさっ、お手上げなんだ」

ジャイアン「俺もダメだったんだ、スネ夫ならわかるんじゃないかと思ってさ」

ジャイアンは分かっているそぶりはない、まぁ、わかっていたらもう殺されているか
のび太
は、、、何のつもりだ?
貸しでも作って告白の権利を得ようとしてるのか?

ジャイアン「スネ夫?どうしたんだ?」

スネ夫「いや、なんでもない、、、、これは、これをこうして、これがこうで、、、、」

逆恨みでも怖かったのか?まぁ、好都合だ

 
 
 
15: 2013/04/28(日) 22:23:06 ID:qjnWLtkc
そしてテストは終わり
総合得点でスネ夫、のび太、ジャイアンの順になった。

ジャイアン「あー、悔しいけど、こうなったら仕方ない、告白、上手くいくといいな」

のび太「頑張ってね!」

どんな心情でも、2人に後を押され呼び出しておいた校舎裏へ向かう。

結果は、、、、、だめだった。

好きな人がいるそうだ

そうして二位ののび太にチャンスが回ってきた。

 
 
 
17: 2013/04/28(日) 22:24:05 ID:qjnWLtkc
————————————————–

のび太「静香ちゃん!」

最初の「し」が裏返っているが、落ち着く声が耳に響く

静香「どうしたの?、のび太さん」

分かっている、校舎裏に呼ばれて言われる言葉なんて
2週間前はスネ夫さんだったけど、きっとそういったなんらかしらのルールだったのもわかる

のび太「あの、僕は、し、静香ちゃんがっ、、、!」

小学生の時から変わらない、下心見え見えの顔も
本気で思っていることも、どれだけ頑張り屋さんなのかも

一生懸命な優しい一途、そんな意味も知っている、彼の眼も

のび太「しゅきです!僕と付き合ってください!あ、待って!もう一回!」

大切なところで間違えちゃうおっちょこちょいなところも

それでも、伝わってしまう想いも

 
 





18: 2013/04/28(日) 22:25:00 ID:qjnWLtkc
静香「私も好きよ、のび太さん」
 
 
 
19: 2013/04/28(日) 22:42:39 ID:qjnWLtkc
のび太と静香が付き合って

三人の関係は崩れた。

ジャイアンは「ちくしょう!でも心の友よ!お前なら静香ちゃんを幸せにできるはずだ!頑張れよ!」

スネ夫は「、、、ウソだろ、、、どうせドラえもんに道具でも貸してもらったんだ、、」

つるみ、遊び、喧嘩もするが
何か、溝があるのは三人とも感じていた

そして、崩れた中で成長した劣等生は
静香の隣にいるにふさわしくありたいと願った。

 
 
 
20: 2013/04/28(日) 22:51:37 ID:qjnWLtkc
その日からの彼は凄まじかった。

遅刻がなくなり、授業態度がまじめになり、
運動音痴を克服するためにランニングをするようになり

身だしなみにも気を遣い、身長も伸び

もともと得意だった射撃を活かし、弓道部ではエースになった

そんな別人のようなのび太を慕う女子も増え、告白されること数十回

しかし、静香から心動くこと0回

劣等生はメガネのよく似合う優等生になっていた。

 
 
 
21: 2013/04/28(日) 22:52:07 ID:qjnWLtkc
————————————————–

ジャイアン「やっと授業終わったなー、久しぶりにゲーセンでも寄って帰るか!」

のび太「あ、僕は図書館で調べものしたいから、今日はいいよ」

スネ夫「優等生は大変だねぇー」

抜けないわだかまり、それでも追い付くほど何かしたいとも思わない

ジャイアン「そうか、じゃあまた今度行こう!」

のび太「うん、またね」

 
 
 
22: 2013/04/28(日) 22:52:48 ID:qjnWLtkc
のび太「今日は政治の何をやろうかなぁ」

不良1「おっとそこのお兄さん」

のび太「ん?どうしたの?」

不良2「今さぁ、お金落としちゃってさぁ、」

不良3「ちょっとでいいから貸してくんない?てかくれない?」

不良1、2、3「ぎゃははははwwww」

のび太「あー、ごめんね、僕もそんなにお金ないんだ」

不良1「そんなにってことはあるんだろ?」

不良3「そのちょっとでいいからさー、ね?w」

 
 
 
23: 2013/04/28(日) 23:04:41 ID:qjnWLtkc
のび太「君たちさ、こういう事はやめた方がいいよ?」

不良2「は?」

のび太「今自分たちがなにを、、、」

不良1「うるせぇ!」ドカッ

のび太「うぐっ」

不良2「いいから金だせや!」バキッ

のび太「ぐはっ」ズシャァー

不良3「殴られるか、お金を渡すか、どっちがいい?」

のび太「もう殴ってるじゃうぐっ」バキッ

不良2「聞こえなーいwww」

 
 
 
24: 2013/04/28(日) 23:07:22 ID:qjnWLtkc
ジャイアン「ん?なにか音しなかったか?」

スネ夫「え?僕は何も聞こえないけど、、、」

ジャイアン「いや、確かに聞こえた、あっちはのび太の行ったほうか!」ダッ

スネ夫「あ、ジャイアン待って!」

 
 
 
25: 2013/04/28(日) 23:09:42 ID:qjnWLtkc
不良1「ったくよ、なんだこいつ、反撃も何もしないのかよ」

のび太「、、、」

不良2「まぁいいじゃん、そろそろ財布出せよ」

のび太「、、、」

不良3「あ、なんだその眼はよぉ!!」

ジャイアン「おい!てめぇらなにやってんだ!!!」

不良2「なんだお前?」

 
 
 
26: 2013/04/28(日) 23:14:47 ID:qjnWLtkc
スネ夫「ねぇ、ジャイアンやばいよ」

ジャイアン「何言ってんだお前!のび太がやられてんだぞ!」

スネ夫「別にいいじゃんかよ、どうせドラえもんに頼んで仕返し、、」

ジャイアン「いい加減にしろスネ夫!」

スネ夫「っ!!」

ジャイアン「お前だってわかってるだろ!あいつを!のび太が何をやってきたかを!!」

ジャイアン「確かにあいつはのろまだしとろい!でも、俺はあいつほど頑張ったやつを見たことが無い!」

スネ夫「でも!」

ジャイアン「スネ夫お前はいつもそうだ、何かやばいこと危険なことがあるとすぐに安全なところに逃げる

 
 
 
27: 2013/04/28(日) 23:27:59 ID:qjnWLtkc
ジャイアン「それで、どうだ?」

ジャイアン「静香ちゃんは手に入ったか?」

スネ夫「、、、、、。」

ジャイアン「お前の気持ちもわかる、俺も最初あいつの変化が悔しくて仕方なかった」

ジャイアン「静香ちゃんだって、な」

卑下と劣等、格下の存在はいつしか、憧れに変わっていった

ジャイアン「お前だってわかんてんだろ、あいつの優しさを」

ジャイアン「だから、俺は高校に入るまで暗記パンの事を知らなかったんだ」

 
 
 
28: 2013/04/28(日) 23:50:58 ID:qjnWLtkc
スネ夫「っ!!」

やはり、しゃべったのかあいつは、

ジャイアン「ちなみにのび太が言ってきたわけじゃないぞ?」

え?

ジャイアン「高校に入るときにのび太とお前の関係があまりにもギクシャクしてるからドラえもんに聞いたんだ」

、、、、。

ジャイアン「ドラえもんは教えてくれた、暗記パンのこと、お前が頼み込んでそれをもらったこと、
のび太
がそれを知り、でも誰にも言わないで隠していたこと」

ジャイアン「俺にも優しさなんてわからない、でも上っ面しか持ってないやつに、静香ちゃんがついて行くと思うか?」

 
 
 
29: 2013/04/28(日) 23:56:11 ID:qjnWLtkc
ジャイアン「まぁ、後はお前が決めろ」

ジャイアン「またせたなこの糞野郎ども!!」

ウワー、ナンダコイツ!ツヨイ!ニガスカオラー!

スネ夫「、、、、」

認めたくなかった。
ぼくだってドラえもんに聞いている

ドラえもん「のび太君に聞いたんだ、どうして暗記パンの事を言わないの?って」

ドラえもん「そうしたら「僕は、暗記パンなんて見てないよ、勉強頑張って同じ好きな人を追いかける友達しか見てないよ」って」

 
 
 
31: 2013/04/29(月) 00:26:12 ID:JVR1Vyw2
友達、か。

スネ夫「、、、、、ばーか」

駆け出してとび蹴りをかますとんがり頭

スネ夫「僕の友達を殴ったのはお前か!」

ジャイアン「スネ夫!」

スネ夫「のび太、、、その、、、ごめん」

のび太「、、、ううん、、、だって、友達じゃないか」

ジャイアン「仲直りはいいけど、今はここうわっ」ドカッ

のび太「!!」

 
 
 
32: 2013/04/29(月) 00:29:10 ID:JVR1Vyw2
不良1「いてぇ、よくもやりやがったな!このゴリラ!」

のび太「、、、、おい」

不良1「この野郎、ぶち殺して、、、」

のび太「おい、」

不良1「な、なんだよ」

さっきまで殴られていた弱っちいやつはどこにいったのか
ゆらりと揺れてメガネが光る彼は、恐怖では言葉では表せないものを持っていた

のび太「僕の友達に、今何をした?」

自分の事では何をされても怒らない彼だが
友達や大切な人の事では人が変わる

優しい彼は、鬼の彼にもなれた。

 
 
 
33: 2013/04/29(月) 00:31:25 ID:JVR1Vyw2
————————————————–

ジャイアン「いやぁ、最後は助かったぜのび太!」

のび太「いや、僕のせいで怪我させてごめん、、、」

ジャイアン「気にすんなって!大丈夫だから!友達じゃねぇか!」

スネ夫「、、、、。」

のび太「スネ夫」

スネ夫「!!、、、、」

のび太「ありがとう」

 
 
 
34: 2013/04/29(月) 00:32:39 ID:JVR1Vyw2
夕日に影を作る三人は
形、心、すべてがさまざまで
凸凹な、交わることのないような形だけど

劣等は優しさを持っていた
暴力は友情を持っていた
プライドはそれよりも忘れてはいけないことを覚えていた

 
 
 
35: 2013/04/29(月) 00:34:42 ID:JVR1Vyw2
これで終わりです。

見てくださった方ありがとうございました。

表記などは解釈が分かりにくい部分はごめんなさい。
初なのでお許しを

では、また。

 

36: 2013/04/29(月) 00:37:35 ID:Db8KAwB6

 

39: 2013/04/29(月) 03:00:09 ID:1zdEO7Ro
良かったよ!

 

40: 2013/04/29(月) 11:08:03 ID:zZZhQ1TM
いい短さ
SSの名に相応しい

このエントリーをはてなブックマークに追加





転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1367080111/

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。