【2ch名作】のび太「ドラえもんとか、実際無理だろ」(1)【長編SS】

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 15:49:39.43 ID:aWSpUdyv0

学生「どうかしました?野比先生」

のび太「ううん、何でもないよ。それより研磨は終わったかい?」

学生「はい。これでもうバリはないはずです」

のび太「本体側のインターロック回路も大丈夫?」

学生「はい、動作確認済みです」

のび太「よし。じゃあモータを駆動してみようか」

青い球体の中にギアボックスを収められるのを、のび太は少し離れて見守っていた。

 

 

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 15:51:49.20 ID:aWSpUdyv0

中学卒業と同時に、ドラえもんが未来に帰った。
のび太がもう一人立ち出来る、別れを割りきれる年齢と判断したらしい。
高校の類型選択で、のび太は何となく理系を選択した。
数学や理科が得意なわけではないが、国語や英語も別に得意ではなかった。
相変わらずの適当さでのらりくらりと高校を卒業し、藤子大学の工学部に入学したのび太は、
そのまま大学院まで進学し、博士課程を修了する。
今ではその藤子大学工学部ロボット工学科で助手をしていた。

 

 

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 15:53:46.16 ID:aWSpUdyv0

その日の午後、のび太が大学生協でラーメンを食べていると、不意に声をかけられた。

???「野比先生!」

のび太「ん?ああ、しずかちゃん」

しずか「うふふ。まさかのび太さんのことを先生って呼ぶことになるとはね」

のび太「慣れないなあ、その呼び方」

のび太はガシガシと頭をかく。
ボサボサの髪の毛が余計ボサボサになる。

高校が別れてから疎遠になりがちだったしずかと、藤子大学の図書館で再開したのはつい最近のことだった。
彼女は大学図書館で司書として働いているらしい。

しずか「それより、のび太さんまたラーメン?」

のび太「うん。でも昨日はカップの塩ラーメンで、今日は生協の醤油ラーメンなんだよ」

しずか「…………」

 

 

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 15:55:48.61 ID:aWSpUdyv0

しずか「のび太さん、そういうところは変わらないわね」

のび太「そうかな?でもこないだしずかちゃんに言われてから、ヒゲは毎朝剃るようにしたんだよ」

しずか「それだけじゃダメよ。他に……」

のび太「他に?」

しずか「そうね、まずその伸ばしっぱなしのボサボサ髪を綺麗に切って整えて、
丸眼鏡をオシャレフレームに変えて、背筋を伸ばして、
ヨレヨレの白衣を洗濯してアイロンかけて……」

のび太「………いろいろダメみたいだね」

 

 

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 15:58:04.26 ID:zpdXsPP2O

wktk

 

 

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 15:59:42.41 ID:aWSpUdyv0

しずか「そんなことより、ここへ来る途中に研究室の前を通ったんだけど……」

のび太「ん?」

しずか「のび太さんの研究室で作ってるアレ……ドラちゃん?」

のび太「……うん。といっても、形だけだよ」

しずか「そうよね……」

のび太「情報工学科との共同開発でね、言語学習型のコミュニケーションロボット。
そのロボットのデザインを、ドラえもんにしてみたんだ。
周りからはなんでそんなデザインに』って言われたけど」

しずか「のび太さんらしいわ」

のび太「けど、本物のドラえもんには程遠いよ」

のび太「実際、今の科学じゃドラえもんは無理なんだ」

 

 

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:01:27.05 ID:aWSpUdyv0

???「やあ、野比先生にしずかちゃん」

しずか「あら、出木杉さん」

のび太「出木杉くん……その呼び方はやめてよ」

出木杉「いいじゃないか。助手になったのはのび太くんの方が先なんだし」

のび太「君のいる情報工学科とは違って、うちは慢性的な人手不足だから……
それだけの理由だよ」

出木杉「謙遜するなって」

のび太「そんなことないよ……現に今の共同開発だって君が皆を引っ張ってるしね。
出木杉くんの方が、やっぱり僕より優秀だよ」

 

 

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:03:14.37 ID:aWSpUdyv0

出木杉「そうかな。それより、ドラえもんの話をしていたみたいだけど?」

のび太「ああ、あのコミュニケーションロボットの方のね」

しずか「言葉を学習するって聞いたわ」

出木杉「まあ、多少はね。でも22世紀からきた、あのドラえもんほどのAIはとても無理だ」

しずか「そう……」

のび太「……本当に、ドラえもんの言っていたような未来が来るのかな?」

しずか「どういうこと?」

のび太「ドラえもんが言っていた年までに、今の科学があそこまで進歩するなんて思えないよ」

出木杉「僕もそう思うな。今の科学では到底無理だ」

しずか「でも、ドラちゃんはそう言ったのよ?」

のび太「それが気になるんだ……どうしたってドラえもんの言っていた年には間に合わない」

のび太「なぜドラえもんは嘘をついたんだ?」

 

 

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:05:00.91 ID:aWSpUdyv0

その日の夜、居酒屋に懐かしい5人がそろった。
のび太、しずか、ジャイアン、スネ夫、出木杉。
のび太としずかと出来杉の3人が顔を合わせたので、どうせならみんなで飲もうという話になったのだ。

ジャイアン「しかしのび太が大学の先生だなんてよー、何回聞いても笑えるよなwww」

スネ夫「出木杉はしっくりくるのになwww」

のび太「どうせ馬鹿ですよーだ……」

ジャイアン「で、なんなんだよ?話って」

出木杉「いや、実はね……」

 

 

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:06:43.71 ID:aWSpUdyv0

スネ夫「なるほど、ドラえもんか……」

呟いたスネ夫がスーツのポケットから煙草を取り出そうとし、しずかの方を見てやめた。
ジャイアンは逞しい腕を組み合わせ、考えこんでいる。
スネ夫は大学卒業後親の会社に入り、ジャイアンは高校を中退して剛田商店を継いだと聞いている。

スネ夫「僕はのび太や出木杉みたいに専門じゃないけどさ、今の科学でドラえもんが作れないことはわかるよ」

ジャイアン「待てよ、俺テレビで見たぜ。二足歩行したり、会話するロボット」

出木杉「ああいうのとはレベルが違うよ」

ジャイアン「でもよぉ……そもそもドラえもんが出来たのっていつだ?」

スネ夫「確か、2112年」

 

 

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:08:00.40 ID:aWSpUdyv0

ジャイアン「何だよ!まだ100年以上あるんじゃねぇか!それなら……」

出木杉「無理だよ。今の開発段階からドラえもんまでの間にある壁は、あまりにも高く厚い。
感情を持って、思考して、なめらかな動作も必要。
今のロボットはね、走るのさえ難しいんだよ?」

しずか「それにドラちゃんより先に秘密道具が必要よ」

のび太「うん、秘密道具はドラえもん誕生以前に出来てたはずだよ。
それに、ドラえもんの話が本当ならタイムマシンはもう出来てるはずなんだ」

ジャイアン「え?」

のび太「ドラえもんは言ったんだ……タイムマシンが発明されたのは2008年だって」

ジャイアンは黙ったまま、店内を見回した。
そして、カレンダーを見ると目を見開く。

ジャイアン「2008年って、去年じゃねぇか!!」

スネ夫「反応遅っ!」

出木杉「……その話は僕も初耳だったな」

のび太「つまり、ドラえもんの話にはすでに矛盾が生じてるわけだ」

 

 

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:09:56.46 ID:aWSpUdyv0

しずか「でも……」

カルーアミルクのグラスを置いて、しずかが口を開いた。
みんなの酒のペースは格段に遅くなっていた。

しずか「でも、まだドラちゃんが嘘をついたとは限らないわ」

スネ夫「ま、断定は出来ないね」

ジャイアン「おい、何でだよ。俺にわかるように言えよ」

出木杉「つまり、ドラえもんがいた未来と僕らの未来は違う……未来が変わった可能性もある」

スネ夫「本来は今年中にタイムマシンが出来てるはずなのに、その未来がねじ曲げられた」

出木杉「そう。その可能性は高いだろうね」

のび太「問題はどこまで未来が変わったのかだね。タイムマシンが遅れただけならいいけど、最悪……」

しずか「ドラちゃんが、作られない?」

スネ夫「かもね……」

ジャイアン「おい、何でだよ。俺にわかるように言えよ」

 

 

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:11:12.84 ID:VHs2kxFRO

支援せざるを得ない

 

 

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:12:13.94 ID:aWSpUdyv0

スネ夫「こういうのは考えられないかな?」

出木杉「なんだい?」

スネ夫「確かに、今の科学じゃドラえもんの道具やドラえもん自体の開発は考えられない。
でも、今の科学を急激に発達させる何かがあったとしたら?」

のび太「何かって?」

出木杉「戦争があると技術が発達するっていうよね」

しずか「そんなまさか……」

スネ夫「待って待って!そんな物騒な話じゃないんだ。例えば、宇宙人が地球に来たとする。
彼らは未知の文明を持っていて、彼らの技術を参考に地球の科学が爆発的に飛躍するんだ」

しずか「宇宙人が……?」

のび太「確かに、なくもない」

出木杉「おいおいのび太くん、科学者らしからぬ発言だね」

のび太「いや……僕らはドラえもんの道具で何度か宇宙に行き、
その星の文明に接しているんだ。宇宙人を否定できない」

 

 

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:14:24.31 ID:aWSpUdyv0

スネ夫「まあ、宇宙人でなくてもいいんだ。未来人が秘密道具を落としていったとか……
とにかく、爆発的な科学の進歩によって2112年までにあのレベルに達する。
そういう可能性もあるんじゃない?」

のび太「ありうるね。それならタイムマシンが遅れただけのことになる」

しずか「確かに……」

出木杉「考えられなくはないな。未来人か……」

ジャイアン「さっぱりわからん」

 

 

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:15:52.02 ID:aWSpUdyv0

しずか「もし……未来が変わったんだとしたら問題ね」

のび太「でも未来が変わるのを、タイム・パトロールが見逃すかな?」

スネ夫「大きい変化なら見逃さないだろうけど、小さい変化なら自然修復できるって考えじゃない?」

のび太「でもさ、2008年にタイムマシンが出来なくなったのなら、ドラえもんがその情報を持っているはずがない。
すると僕がそれをドラえもんから聞くこともないはずなのに、僕は聞いて、今も覚えている。
これって矛盾しないかな?」

出木杉「タイム・パラドクスか……」

ジャイアン「まず俺のパラドクスを何とかしてくれ」

 

 

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:17:24.98 ID:aWSpUdyv0

のび太「結局、僕らは何もわかってないってことなんだろうね」

しずか「あんなにドラちゃんと一緒にいたのにね……」

スネ夫「どう足掻いても無駄さ、僕らは現代人なんだもの」

のび太「現代人……か」

出木杉「結局、僕らは僕らの科学を進めるしかないんだろうね」

しずか「のび太さんと出木来杉さんのロボットみたいに?」

スネ夫「へぇ。なんなのさ、そのロボットってのは?」

出木杉「僕のいる情報工学科とのび太くんのいるロボット工学科の共同開発で、
コミュニケーションロボットを作ってるんだ」

スネ夫「へぇ……のび太のくせに生意気だなww」

のび太「懐かしいな、そのセリフ」

ジャイアン「ようやく俺にもわかる話題になってきたぜ!」

 

 

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:19:33.12 ID:aWSpUdyv0

結局その日は、ジャイアンがピッチャーを一人で飲み干したところでお開きとなった。
もともと酒の弱いのび太は途中からソフトドリンクに切り換えていたし、しずかと出木杉とスネ夫はホロ酔い程度、
ジャイアンに至ってはあれだけ飲んでまったく変わりがない。

スネ夫「もう一軒……はさすがに無さそうだなww」

しずか「みんな明日も仕事だもんね」

ジャイアン「よぉ、みんなはどうやって帰るんだ?」

出木杉「僕とのび太くんとしずかちゃんは方向が同じだから、3人で一緒に電車で帰るよ」

のび太「いや、僕は大学にいったん戻るから……」

 

 

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:21:07.26 ID:aWSpUdyv0

出木杉「今から?じゃあ、しずかちゃん。2人で帰ろうか」

しずか「ええ……」

スネ夫「僕はタクシーを拾うよ。のび太も乗ってく?」

のび太「いいよ、スネ夫ん家と方向逆だし」

ジャイアン「俺は歩いて帰るぞ」

しずか「武さん、大丈夫?」

ジャイアン「なーに、しずかちゃん。この俺様に怖いものなどない! さ、行くぞのび太!」

のび太「えぇ?なんで」

ジャイアン「いいから一緒に帰ろうぜ!心の友よ!」

 

 

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:22:48.56 ID:aWSpUdyv0

ジャイアン「なぁ、のび太」

帰り道でふと、ジャイアンが口を開いた。

のび太「ん?」

ジャイアン「よかったのか? しずかちゃんを出木杉と二人で帰してよぉ」

のび太「……どうして? 僕は別にしずかちゃんの恋人じゃあないよ」

ジャイアン「でも、未来の結婚相手だ」

のび太「それも、どうかな」

ジャイアン「??」

のび太「未来は変わった……そう考えるなら、ドラえもんが見せてくれた僕としずかちゃんの未来だって怪しいよ。
だったら僕にしずかちゃんを繋ぎ止める権利なんかない」

ジャイアン「建前はわかった。本音はどうなんだ? おまえはしずかちゃんのことが好きじゃあないのか?」

のび太「僕は……」

ジャイアン「難しいこと考えすぎんな。頭こるぞ」

そういってジャイアンはのび太の頭をはたいた。
その痛さを妙に優しく感じたのび太だった。

 

 

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:24:30.06 ID:aWSpUdyv0

スネ夫はマンションの前でタクシーを降りた。
オートロックの入り口をくぐり、エレベーターを待つ。

スネ夫(のび太はしっかりしたようで、やっぱり相変わらずだな。
しずかちゃんを出木杉に持っていかれちゃってさ)

エレベーターに乗り込み、上昇を感じながらスネ夫は昔を思い出した。
いつからだろうか、スネ夫はのび太としずかの結婚を望むようになっていた。
それはタイムテレビで見た幸せな光景のせいだろうか?
あの未来だけは変わってほしくない。そう思っている自分にスネ夫は驚く。
昔は自分だって、しずかのことが好きだったはずなのに。

スネ夫(ドラえもんのせい、かな)

自分の部屋の前に着くと、ポケットに手を突っ込んで鍵を探す。
と、そのときスネ夫は違和感を感じ、顔を上げた。
窓から明かりが漏れていた。出掛けに明かりは全部消したはずなのに。

スネ夫(誰か……いる)

 

 

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:26:18.26 ID:aWSpUdyv0

極力音を立てないよう慎重に鍵を開けると、スネ夫は静かにドアを開け警戒しながら玄関に身を滑り込ませた。
傘立てからお気に入りのバーバリーの高級傘を引き抜くと、両手で構えながら部屋の中へ入っていく。

そのときだった。

突如開いたウォークインクローゼットから人影が飛び出し、飛びついてきた。
傘をそちらに構えなおす暇もなく、スネ夫は自由を奪われる。

???「スネちゃま、お帰りなさいざーます!!」

スネ夫「……ママ、何でいるの?」

抱きついてきた母親を引き剥がし、スネ夫は傘を床に置く。

スネ母「スネちゃまが心配でつい来ちゃったざます」

 

 

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:27:41.66 ID:aWSpUdyv0

スネ夫「ママ、僕ももういい年なんだからさ。ママが心配してくるようなこともないんだよ」

スネ母「いーえ、スネちゃまはまだまだ子供ざます」

スネ夫「もう子供じゃな……」

言いかけたスネ夫は母が手に何か握っていることに気づいた。
それが何であるかスネ夫が認識するより早く、
その「何か」はスネ夫の腹部に突き立てられていた。

スネ母「スネちゃまは子供ざます。そして子供のまま……死ぬざます」

スネ夫は母の手に握られた包丁が自分の腹に突き刺さっているのを見て、呆然としていた。
いったい、なぜ……
包丁が引き抜かれる。
激痛とともに血液が噴出し、スネ夫はその場にくず折れた。

 

 

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:28:43.48 ID:ZxIsepTy0

おいおい・・

 

 

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:29:09.40 ID:aWSpUdyv0

スネ夫「マ……マ、どうし……がぁあ!!」

言いかけたその背中に再び包丁が突き立てられる。
視界が歪む中、必死でスネ夫は顔を上げる。目の前に母の顔があった。
笑っている。鼻が少し赤かった。

スネ母「死ぬざます死ぬざます死ぬざます!!!!」

スネ夫「く……そ……」

バーバリーの傘を探すが、手が届かない。
スネ夫は最後の力を振り絞り、拳を突き出した。
抵抗にも攻撃にもならない、その力ない一撃がゆっくりと母の顔面を打つ。

すると突如、母の動きが停止した。
そして、空気の漏れるような音とともに母の体が萎み、人形へと変わっていく。

スネ夫(コピー……ロボット? そうか、鼻のボタンに拳が当たったから……)

そこまで考えたところで意識が遠のき、スネ夫の視界は黒で塗りつぶされていった。

 

 

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:29:27.05 ID:Yo05+/d4O

どんな展開だよ

 

 

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:30:31.62 ID:aWSpUdyv0

そのころ、のび太は辟易していた。
ジャイアンがしつこく、「俺の家で飲みなおそうぜ」と誘ってくるのだ。
明日も仕事だから、と断ろうとするとすぐに昔のガキ大将の顔を覗かせるのだから困ったものだ。

ジャイアン「いいじゃねぇか。ほら、最近いい芋焼酎仕入れたんだぜ。一緒に飲もう じゃねぇか」

のび太「いや、今日は遠慮しとくよ」

ジャイアン「それにさ、留学していたジャイ子が今ちょうど帰ってきてるんだよ。
あいつもおまえに会いたがってたぜ。それにな、ここだけの話あいつ昔はおまえのこと……」

のび太「いや、遠慮しとく」

ジャイアン「それにあいつ、海外のファッションに影響されたのか最近すごくお洒落になったんだぜ?
今日なんかすげぇミニスカートを……」

のび太「断固、遠慮しとく」

ジャイアン「しょうがねぇな、とっておきの情報教えてやるよ。俺知ってんだ。
ジャイ子のやつ今日は安全日……」

のび太「遠 慮 し と く」

 

 

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:32:07.21 ID:aWSpUdyv0

無理やりジャイアンに引っ張られ、ついに剛田商店まであと十数メーターというところまで来てしまった。
ここまで来たらもう覚悟を決めるしかないだろう。のび太は腹をくくった。

のび太(さよなら……僕の童○……)

そのときだった。

???「キャアアアアアアアアアアアアアッ!」

のび太「!? ジャイアン、今の悲鳴……」

ジャイアン「ジャイ子の声だ」

ジャイアンの顔が蒼白になった。

 

 

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:32:12.10 ID:YeT52Pi2O

おい…ドラSSで死人は出さないでくれよ…

 

 

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:33:44.58 ID:aWSpUdyv0

ドアをぶち破る勢いで二人が剛田商店に飛び込むと、縛られ猿轡をされたジャイアンの母と、
わき腹を押さえてうずくまるジャイ子の姿があった。
わき腹を押える手の隙間から血が流れでいる。

ジャイアン「ジャイ子ぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!!」

のび太「落ち着くんだジャイアン!!とにかく止血を……ぐあっ!!」

横っ腹に衝撃を感じると同時に、のび太の体は蹴り飛ばされタンスに叩きつけられた。
ジャイアンが振り返ると、のび太を蹴り飛ばしたと思われる二人組が立っていた。
二人とも黒服にサングラス。その手には血のついたナイフが握られていた。

黒服1「大人しくするんだな。騒がしいのはごめんだ」

黒服2「しかし野比のび太まで一緒とはありがたいな……手間が省けた」

 

 

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:35:21.21 ID:aWSpUdyv0

ジャイアン「……おまえらか?」

黒服1「あ? 何がだ?」

ジャイアン「ジャイ子と母ちゃんにこんなことしたのはおまえらかって聞いてんだ!」

返事を待たずにジャイアンが突撃する。ジャイアンのラリアットが黒服の二人を吹き飛ばした。

黒服1「がはぁ!!」

黒服2「ぐほぁぁ!!」

ジャイアン「貴っ様ら、よぉくも~~~!!!!!!!」

咆哮しながら、ジャイアンは馬乗りになり二人を殴り続ける。

黒服1「が!!ちょ……やめ……ぐほぉ!!」

 

 

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:36:58.09 ID:aWSpUdyv0

黒服2「く……そ!!いい加減にしやがれ!!」

黒服の蹴りがジャイアンの腹にヒットし、後退したジャイアンと黒服二人の間に間合いができる。

ジャイアン「よくも、よくも母ちゃんを!ジャイ子を!のび太を!!」

黒服1「はぁ……はぁ……こいつ、何だよ。化け物かよ」

黒服2「このままじゃ分が悪いな。あれ、使うか」

黒服1「しかし、未来の痕跡を残すわけには……」

黒服2「言ってる場合か? 保身が優先だ」

そう言うと黒服のうち一人がポケットに手を入れ、銀色の筒状のものを取り出す。
男はそれを指にはめ、拳銃よろしくジャイアンのほうへ構えた。

 

 

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:38:40.66 ID:aWSpUdyv0

銀色の筒を指にはめ構える――何も知らない現代人が見たら意味不明な行動。
普通なら油断してやられていただろう。
しかしジャイアンは知っていた。

ジャイアン(あれは……空気ピストル?)

未来のひみつ道具、空気ピストル。
「バン」という声に反応して空気の塊を射出する。射程距離は10メートル前後。
ジャイアンは瞬間的に身をよじるとテーブルの上の大理石の灰皿を手に取る。

黒服2「くらえ!!バ……」

「バン」と言い終えるより早く、ジャイアンがアンダースローで放った大理石の灰皿が
空気ピストルを黒服の指から弾き飛ばしていた。指ごと粉砕していたかもしれない。
元・ジャイアンズピッチャーの豪速球は健在だった。

 

 

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:40:05.96 ID:aWSpUdyv0

黒服2「がぁぁぁっ!!!指が!!指がやられた!!」

黒服1「くそ、大丈夫か!仕方ない、逃げるぞ!!」

黒服二人が廊下へと逃げていく。

ジャイアン「逃がすかよ!!」

再び投げた灰皿が今度は別の黒服の背中にヒットする。
黒服が何かを落とした。

黒服1「がぁ!!……あ、待て!!ビッグライトを落とした!!」

黒服2「拾ってる暇はねぇ!どうせバッテリー切れだ、放っておけ」

そのまま黒服は廊下を曲がっていく。
ジャイアンがあとを追いかけ廊下を曲がると、男たちの姿はなかった。
代わりに、ピンク色のドアが消えていくの見えた。

 

 

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:41:38.10 ID:aWSpUdyv0

のび太「う……ジャイアン」

ジャイアン「のび太!!おまえ大丈夫か!!」

のび太「ああ、僕は蹴られただけだから……あいつらは?」

ジャイアン「逃げたよ……どこでもドアでな」

のび太「なんだって!? ……いや、それより今はジャイ子ちゃんの手当てが先だ」

ジャイアン「ジャイ子!!ジャイ子は助かるのか!!」

のび太「わき腹だからたぶん致命傷ではないと思う。僕は専門じゃないけど……
止血して急いで病院に連れて行けば……」

 

 

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:42:39.35 ID:FHQCtbryO

わくてか
想像力が養われる

 

 

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:43:10.79 ID:aWSpUdyv0

一方その頃出木杉はというと、しずかとの間に微妙な空気を感じつつあった。
小学校の頃からしずかとはよく遊んだし、彼女からの好意も少なからず感じる。
間違いなくいける、そう思うのに何故のび太に遠慮してしまうのだろう。
別にのび太としずかは付き合ってるわけではないはずだ。
なのに、どうして?

出木杉(これが正しい未来ではないからか? やはりしずかちゃんはのび太くんと結ばれるはずだからか……?
いや、そんなの僕らしくない。それじゃまるで運命を認めるようなものじゃないか……)

自分自身が何を願っているのかわからない。
しずかの気持ちがわからない。
何となく、逃げ出したいような気持ちに駆られた。

 

 

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:44:45.07 ID:aWSpUdyv0

しずか「あら?」

出木杉「どうしたんだい、しずかちゃん」

しずか「あれ……スネ夫さんじゃない?」

出木杉「え? スネ夫くんはタクシーで帰ったはずじゃ……」

しずか「でも、ほら……」

しずかの言うとおり、少し先の路地に黒のトヨタ車が停められいてその横にコートを着たスネ夫が立っていた。

出木杉「スネ夫くん!どうしたんだい? 帰ったんじゃあ……」

スネ夫「いや、ちょっと用事を思い出してね。家からすぐに引き返してここで君たちを待ってたんだ」

しずか「スネ夫さん、でも飲酒運転じゃないの?」

スネ夫「細かいことは気にするなよ。ほら、全然酒臭くないだろ? もうアルコールは抜けたよ」

 

 

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:46:20.65 ID:aWSpUdyv0

出木杉「で、用事って何なの?」

スネ夫「それはね……」

そのとき、出木杉の上着の中で携帯が震えた。

出木杉「あ、ちょっとごめん。電話が……」

電話を取ろうとして出木杉はいぶかしむ。
スネ夫の携帯からの着信表示が出ていたからだ。
不思議に思いつつも電話に出る。

出木杉「もしもし……」

スネ夫『……出木杉くん? すぐに、しずかちゃんを連れて逃げ……るんだ』

驚いて出木杉は目の前のスネ夫を見る。彼は電話を持ってないし、何も喋っていない。
しかし、電話の向こうの声もスネ夫に違いなかった。

スネ夫『逃げて……僕は刺された。さっきまで意識がなかったんだ……相手は……』

そこでスネ夫の声が途切れる。また意識を失ったのかもしれない。
そのとき、目の前のスネ夫がコートの内ポケットから包丁を取り出し突進してきた。
しずかの短い悲鳴。
出木杉は包丁を鞄で受け止めると、しずかの手を引き逃げる。
車を挟んでスネ夫と対峙した。

 

 

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:48:07.02 ID:aWSpUdyv0

出木杉「君は……君はいったい誰だ?」

スネ夫「何を言ってるんだい? 僕はスネ夫じゃないか」

出木杉「嘘だ!今電話してきたのが本物のスネ夫くんだろう。君は偽者だ!」

しずか「鼻……」

出木杉「???」

しずか「鼻が赤いわ!!出木杉さん、あれはコピーロボットだわ!未来の道具なの……
鼻のボタンを押せば止まるはずよ!」

出木杉「鼻のボタンを……」

言いながら出木杉は偽スネ夫が乗ってきた車を見ていた。
キーがついている。そして、偽スネ夫がいる助手席側のドアはロックされている。

出木杉「しずかちゃん……運転できるよね?」

小声でしずかに言う。

 

 

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:49:31.44 ID:aWSpUdyv0

しずか「ええ、出来るけど……」

出木杉「僕が奴を止める。その隙に君はこの車に乗って逃げるんだ。
のび太くんか剛田くんに連絡を取ってスネ夫くんを助けに行ってくれ」

しずか「そんな!出木杉さんが危ないわ!!」

出木杉「大丈夫、僕は柔道をやってたから……
それに、本物のスネ夫くんが怪我をしてる。早く助けに行かないと」

しずか「……わかったわ」

出木杉「よし、合図でいくよ。1……2の……3!!」

しずかは運転席のドアをあけ素早く車に乗り込むと、キーを回した。
二人の意図に気づいた偽スネ夫が、ボンネットを飛び越えるようにして襲い掛かってきた。
その偽スネ夫に鞄を投げつけると、出木杉は包丁を持った手に組み付く。

偽スネ夫「くそ、離せ!!」

出木杉「離……すもんか!しずかちゃん……急いで!!」

しずかは頷くと、アクセルを踏み込む。
少しばかり無茶なスピードで、車が発進した。

 

 

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:51:23.72 ID:aWSpUdyv0

しずかが無事逃げたのを確認すると、出木来杉は偽スネ夫の鼻に肘鉄を叩き込もうとした。
が、偽スネ夫は一瞬早く身を引き、出来杉と距離をとる。
偽スネ夫と出来杉は少し間合いを取って向き合う。

突如、偽スネ夫は出木杉に背を向けて走り出した。
そのまま駅の駐輪場へと逃げ込んでいく。

出木杉「!? 待て!!」

すぐさま後を追って出木杉も駐輪場へ入った。
駐輪場は暗く、雑然と自転車が置かれているため見通しが悪い。
周囲を見渡していると、右後ろから物音がした。偽スネ夫が包丁を持って向かってくる。
出木杉はすばやく偽スネ夫を掴むと、軸足を素早く踏み出しもう片足で偽スネ夫の足を刈り上げた。
大外刈り、一本。頭から落ちる危険な技だが、ロボット相手に容赦も何もなかった。

 

 

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:54:47.01 ID:aWSpUdyv0
 

鼻のボタンを押そうと手を伸ばし、出木杉は手を止めた。

偽スネ夫「これでも押せるかい?」

偽スネ夫は、どこかのバイクから拝借したのかフルフェイスのヘルメットを被っていた。
これでは、鼻のボタンは押せない。

一瞬の隙を突いて、偽スネ夫が包丁を振るう。 
 
慌てて出木杉は身を引いた。先ほどまで出木杉の顔があった位置を包丁が通過する。

出来杉(くそっ!ボタンが押せない!!)

出木杉はとっさに周囲の自転車を引き倒した。
無数の自転車が偽スネ夫の上に倒れてくる。
自転車に動きを封じられた偽スネ夫から離れると、出木杉は駅へ向かって脱兎のごとく
逃げ出した。

 

 

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:57:36.42 ID:aWSpUdyv0

しずかは、のび太、ジャイアンと合流し病院にいた。
ジャイ子とスネ夫が搬送された病院だ。

ジャイ子はのび太の見たとおりわき腹を包丁が掠めただけのようで、軽症であった。
スネ夫のほうは二箇所を刺されており重症だったが、一命はとりとめ先ほど意識も回復したらしい。
警察の事情聴取には「強盗に襲われた」と口裏を合わせることにした。
未来の道具などといっても信じてはもらえないだろうし、むしろ自分たちが疑われかねない、という懸念のためだった。
しずかたちが襲われた件については、出木杉から電話があり彼の無事が確認されたので警察に話さないことにした。

 

 

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:59:18.73 ID:aWSpUdyv0

1時間ほど遅れて出木杉が病院にやってきた。

出木杉「みんな、大丈夫?」

しずか「出木杉さん!!」

のび太「君のほうこそ大丈夫?」

出木杉「ああ。でもコピーロボットは倒せなかった。
奴がついてこないように遠回りをしてきたら遅くなっちゃって……スネ夫くんは?」

のび太「命に別状はないって。さっき意識を取り戻して、今病室で警察の人と話してる」

出木杉「剛田くんは?」

しずか「武さんはジャイ子ちゃんの病室よ」

出木杉「そうか……」

 

 

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 16:59:23.13 ID:2RfTSp9p0

実におもしろい

 

 

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 17:01:32.73 ID:aWSpUdyv0

のび太「出木杉くん。悪いんだけど……」

そう言うと、のび太は出木杉の顔を……特に鼻の辺りを手で撫で回す。

のび太「うん、赤鼻を塗装したわけじゃなさそうだね。本物だ」

出木杉「もちろん、本物さ」

のび太「ごめん。でもこういう事態だから……」

出木杉「わかってるよ。今のところ、鼻で区別するしかないからね……」

 

 

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 17:02:57.17 ID:aWSpUdyv0

しばらくして、警察がスネ夫の部屋から出てきた。
入ってもいいとのことなので、しずかがジャイアンを呼びにいき、5人が病室にそろった。

出木杉「とにかく、偶然じゃない。一晩でここにいる5人全員が襲われたんだ。
しかも、ひみつ道具が使われてる……」

ジャイアン「あいつらは、未来人なのか?」

のび太「だろうね……どこでもドアを使ってるし」

スネ夫「……僕らを殺す気なのかな」

出木杉「たぶん。しかも未来ってことは……」

しずか「ドラちゃん?」

出木杉「うん。メンバーから考えてもドラえもん絡みである可能性が高い」

 

 

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 17:07:03.81 ID:aWSpUdyv0

しずか「わたしは……ひょっとしてのび太さんがドラちゃんを作るからかなって」

のび太「それじゃまるでターミネーターだ。それに僕にドラえもんは作れない」

出木杉「でも、僕らを殺さなきゃいけない理由って何だ?」

ジャイアン「俺たちは昔の冒険で未来の悪人に恨まれてることあるかもしんねぇ
けど、出木杉はそうでもないだろ?」

出木杉「いや、わからないよ。そんな区別してないのかもしれない」

 

 

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 17:08:30.54 ID:aWSpUdyv0

ジャイアン「そうだ!これ……」

ジャイアンはポケットから銀色の筒と懐中電灯のようなものを取り出した。

のび太「!!……それは、空気ピストルに……ビックライト!?」

ジャイアン「ああ、おまえが部屋で倒れてるときにあいつらが落としていったんだ」

のび太はジャイアンの手から空気ピストルを受け取ると、指にはめてみる。
昔冒険の主力武器だった空気ピストル。懐かしく感じた。
空気ピストルをスネ夫から受け取った枕に向けて構える。

のび太「バン!」

何も起こらない。

ジャイアン「俺、思いっきりその空気ピストルに灰皿ぶつけちまったからな。
       それに、そっちのビックライトはバッテリー切れらしい」

のび太「いや、完全に切れてるわけじゃないよ。たぶんあと一回……
     少しくらいなら使えると思うよ」

 

 

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 17:10:32.22 ID:aWSpUdyv0

ジャイアン「どっちみち、スモールライトもないんじゃ武器になんないな」

しずか「……武器?」

ジャイアン「え、ああ。またあいつらが来たらギッタンギッタンにしてやらなきゃいけないからな!!」

しずか「また来るのかしら」

のび太「来るだろうね」

ジャイアン「あいつら、未来の痕跡は残せないとか言ってたぜ」

スネ夫「だから包丁だったんだ。ひみつ道具は下手に使えないんだよ、きっと」

出木杉「ならまだ勝ち目はある……といっても、いざとなったら向こうもひみつ道具を使ってくるだろうけどね」

スネ夫「パパが昔使ってた猟銃がある……僕の部屋だ。それを使ってくれ」

しずか「駄目よ、そんなの!相手が死んじゃうわ!」

スネ夫「僕は刺されたんだよ……これは昔の冒険とは違う。殺し合いなんだ……
     現代の道具で立ち向かおうとしたら、そういうことになる」

 

 

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 17:12:05.68 ID:aWSpUdyv0

のび太「今回は、ドラえもんもドラミちゃんも無しなんだ」

のび太は皆の顔を見回す。
戸惑うしずか。
怒りに燃えるジャイアン。
苦痛に顔をゆがめるスネ夫。
思案を練る出木杉。

のび太(この5人で戦うんだ……未来と)

 

 

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 17:13:28.84 ID:aWSpUdyv0

ジャイアンは、翌日から剛田商店を休みにした。
ジャイ子もスネ夫も同じ病院なので、護衛がてら泊り込むことになった。
釣竿のケースに入れて、スネ夫の父の猟銃も病院に持ち込んだ。
のび太と出来杉としずかは平常どおり出勤することにした。
3人とも同じ藤子大学の職員であるので、むしろ職場にいたほうが安全と判断したためだ。

学生「野比先生」

のび太「ん?」

学生「研究室に情報工学科から電話がかかってきてます。メールに返信がないからって」

のび太「ああ、ごめんね。今日パソコン見てなくて……出木杉先生?」

学生「はい」

のび太「わかった。すぐ行くよ」

 

 

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 17:13:37.26 ID:vn3aIldX0

急展開した瞬間萎えそうになったが
今はもうこれしかないって感じ
こいつうま過ぎる

 

 

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 17:15:34.14 ID:aWSpUdyv0

のび太「もしもし、出木杉くん? 僕だけど」

出木杉『ああ、よかった。何かあったのかと思ったよ……どこにいたの?』

のび太「DR-1の共同研究室だよ。機械をいじってないと落ち着かなくて」

出木杉『DR-1……ドラえもんのとこだね』

のび太「うん。初期の対話システムだけ組み込んでみた。電源を入れると挨拶するやつ」

出木杉『そう。順調?』

のび太「うん、ちゃんと時間ごとに違う挨拶を聞かせてくれたよ。時間があまったからね…
ついでに面白いものも作ったよ」

出木杉『面白いもの?』

のび太「今度見せるよ」

 

 

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 17:17:03.13 ID:aWSpUdyv0

のび太「で、空気ピストルはどうだった?」

出木杉『そうそう。それをメールしたんだ。あれはすごいナノマシンだよ』

のび太「だろうね。あのサイズで空気圧縮や音声認識をやるんだから……」

出木杉『こっちでの詳しい解析結果はメールに添付しておいたから。
あとは、そっちの専門分野だろ?』

のび太「厳密には違うけど、とりあえず了解」

出木杉『それと、しずかちゃんがお昼一緒に食べようって』

のび太「ああ……わかった。生協?」

出木杉『うん、12時50分に』

 

 

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 17:17:03.26 ID:ZxIsepTy0

読ませるなぁ
wktk

 

 

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/13(金) 17:17:27.70 ID:sI3UEH0W0

実におもしろい
支援

【2ch名作】のび太「ドラえもんとか、実際無理だろ」(2)【長編SS】

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:https://takeshima.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1234507779/

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。