【2ch長編SS】男「好きです。つきあってください」 女「・・・条件がある」 (1)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 03:46:24.72 ID:5lVg1oIy0

男「え?条件?」

女「・・・ええ。」

男「なに?」

女「私を笑わせることよ」

何だ、簡単じゃないか。自慢じゃないが俺は笑いの才能がある。

男「何だそんな事かよ!簡単だぜ!」

女「・・・そうかしら?じゃ笑わせてよ」

男「うん。」

女「・・・」

男「そんじゃ早速!記念すべき第一回目のギャグだ!存分に笑うが良い!」

爆笑が取れる鉄板中の鉄板。その名も

男「腹踊りー!」クネクネ

俺は上半身裸になり、腹踊りを始めた。これで笑わなかった奴は居ない。

女「・・・痩せた身体の腹踊りなんてどこに笑う要素があるの?」

男「ふぇ?」

女「はっきりいうわ。つまらない」

ガビーん

2: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 03:48:27.48 ID:5lVg1oIy0

俺は彼女の冷たい視線と辛辣な言葉に赤面した。
同時に奇妙な高揚感も覚えた。

男「っしゃ!次ぃ!こいつも鉄板!秘儀お尻ペンペン!」

俺は彼女に尻を向けるとズボン下ろし尻を丸出しにした。

ペンペンペンペン

これで笑わないほうが可笑しい!珍妙な仕草と、この音!スゲえ笑えるだろ!
つか、自分でやってて笑えてきたわ!さあ、笑え!腹がネジきれるほどに!

女「・・・安易な下ネタほど嫌いな物はないわ。お願いだからその汚いお尻を直ぐにしまいなさい。」

男「は、はい!」

女さんは電信柱にションベンをする野良犬でも見る様な目で俺を見ている。まずいな、こうなったら

 

3: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 03:56:27.73 ID:5lVg1oIy0

男「は、ははは。よーし身体があったまってきたぞぉ!」

こ、こうなったら!最後の手段!多少卑怯だが仕方が無い。
有名なギャグで笑いを取りにいく

男「せーの!コマネチ!」

笑いの巨匠ビートたけしの一発芸。コマネチ。
俺はこれを初めて見た時、一週間は頭から離れなかった。それほど面白い。

女「・・・」

あれ?反応がないな?きこえなかったかな?

男「せーの!コマネ

女「二度やる必要はないわ。よくもそんな古いネタを使う気になるわね。それと、せーのっていうのはやめなさい?掛け声ほど寒いものはないから」

動作の途中でストップがかかった。うわぁみろよ彼女のあの目!
黒目がさっきより、小さくなってる気がする。どんだけ興味なくしてんだよ。

 

4: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 04:05:19.40 ID:5lVg1oIy0

どーも、女さんは体を張ったギャグが苦手らしいな。流石にここまで笑わないってのはそういう事だろう。

男「よーし。お待たせいたしました。次は、ダジャレで笑わします」

女「・・・」

う、うわぁ。なんだそのウンコを突き刺した棒を無邪気に振り回すガキを見る様な目は。でも何か興奮する。

男「ある家の庭には、ヘチマがありました。ある日、その家にヘチマ泥棒が入りました。次の日、奥さんが庭を見て一言。ヘチマがヘッチマッたなぁ。なんつって」

女「・・・長い。あと、お約束みたいになんつってて付けるな」

あれ?何か怒ってる?でも、怒った顔も素敵。

 

7: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 04:12:40.03 ID:5lVg1oIy0

男「よーし!もういっちょ。」

女「・・・」

さっきから、眉毛一つ動いて居ない。どんだけ無愛想なんだよ。そこがたまらんのだが

男「変だな?この雨あめー。なーんつって。」

女「・・・」

あれ?自然過ぎて気がつかなかったかな?雨と甘いをかけたんだが。

男「変だな?この雨あ

女「つまらないネタを二度もやるなといっている!それと、なーんつって禁止!」

あ、眉毛動いた。逆ハの字に。

 

8: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 04:25:54.13 ID:5lVg1oIy0

女「男君。正直に言うわ。貴方は笑いのセンスがない。」

男「そ、そうかな?」

女「今の貴方と付き合う気にはならないわ。」

ガビーン

女さんはそういうと俺に背を向けて歩き出した。

男「あ、明日も君を笑わしてもいいかい!どうしても君の笑顔が見たくなった!」

女「・・・勝手にしなさい」

男「勝手にする!絶対に笑わしてやる!で、付き合う!」

 

9: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 04:36:21.54 ID:5lVg1oIy0

そうと決まれば笑いの研究だ。俺は一目散に家に帰るとTVを付けた。

男「バラエティ番組を見て笑いを極めてやる!」

TV「ワハハ!なんでやねん!」

ピーン!

閃いた。これだぁ!

翌日
女「・・・何?また体育館の裏に呼び出して」

男「今日こそは笑わしてやる!覚悟しろ!」

女「・・・で?それは誰よ」

俺は昨日のTVをみて確信した。笑いは一人でやるもんではない。相方が必要なのだ。

男「こいつは用務員のおじさんだ。」

用務員「・・・仕事あるんだけど」

女「・・・」

俺は女さんが体育館裏にくるまでのあいだに、用務員のおじさんとネタ合わせをしていた。

男「じゃ、さっきの流れでよろしくお願いします」

用務員「え、本当にやるのかい。私嫌だなぁ」

女「・・・」

 

11: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 05:15:25.08 ID:5lVg1oIy0

男「やぁやぁやぁやぁ。お待たせしました。私、男と」

用務員「よ、用務員のおじさんで」

男・用務員「アジアのパピヨンズ。よろしくお願いします」

女「・・・」

男「いやぁ最近ポッキリ寒くなってまいりましたがな」

用務員「め、めっきりやろが!」ベシ

昨日のTVでもう一つ確信した事。それは関西弁は笑えるということだ。

男「そうともいいまんがな。」

男「・・・」チラッ

女「・・・」

男「こう寒いと槍でも降ってきそうやなぁ」

用務員「な、なんでやねん!」ベシ

男「・・・」チラッ

女「・・・」イラッ

男「いやぁ寒くて寒くてここはゴッサムシティか!なーんつって!」

用務員「も、もうええわ」ベシ

男「・・・」

用務員「・・・」

女「・・・」

 

12: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 05:23:19.60 ID:5lVg1oIy0

手応え有り、だな。俺は隣にいる用務員のおじさんにウインクした。
あんた、最高の相方だよ。しかし、肝心の女さんは眉間にシワを寄せている。

男「どうだった?いちよさ、昨日お笑いの研究したんだ。笑えただろ?」

女「・・・笑うどころか、殺意が芽生えたわ。いちいち私の反応を気にしながらやるな!あと下手な関西弁禁止な!」

用務員「ひ、ひい!男君、私は仕事に戻るよ」

男「あ、ちょっ」

用務員のおじさんは女さんの血走った目に睨まれるのに耐えられないのか一目散に逃げて行った。

 

13: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 05:38:10.07 ID:5lVg1oIy0

女「あのねぇ。貴方は本当に私を笑わせるつもりがあるのかしら?」

男「もちろんだよ!君が好きなんだ!君の笑顔が見たいんだ」

女「そ、そう。」

女さんの頬にほんのり赤味がさした気がする。

女「コホン!でも全然面白くないじゃないの!私の事を、その、す、好きなら私を笑わせるくらい簡単でしょ?」

男「うーむ。そのはずなんだよ。俺は今までクラスのお笑い担当として生きてきた。それなりに笑いにはうるさいつもりだし、自信もある」

女「・・・」

あれ?変だな。さっきまでほんのり赤かった女さんの頬から血の気が引いた気がするぞ

 

14: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 05:57:16.63 ID:5lVg1oIy0

女「・・・疲れたわ。今日はもう帰る」

そういうと、女さんは俺に背を向け歩き出した。今日も駄目だったみたいだ

男「女さん!明日も、明日も良いかな?」

女さんは立ち止まり振り向いた。

女「明日もつまらなかったら罰を受けてもらうわ。」

男「ば、罰。罰ってなに?」

女「罰は、罰よ。当然でしょ?私の貴重な時間をつまらない時間に当てた罰を受けて貰うの」

女さんはそういうと、もう振り返らずに体育館裏から出て行った。

男「・・・罰。」

罰ってなんだろ。どんなお仕置きかなぁ。興奮してきたなあ。
そうだ、明日はワザとつまらない事をしよう。
そして、女さんにお仕置きして貰おう!

 

16: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 11:13:44.75 ID:5lVg1oIy0

翌日
女「・・・今日は一人なのね」

男「まあね。さーて、罰が怖いから今日こそは笑わせてやるよ!」

なーんてね。今日は笑わせるつもりはないよ。とびきりのつまらない時間をプレゼントしてやる。

男「ゴリラのモノマネ。ウッホウホウホウッホ」ドンドン

四つん這いになり、ドラミングをしながら女さんの周りを練り歩く。

女「・・・」

男「ウホホホイウホホホウッホホ」ドンドン

女さんと目があった。親の仇ゴリラを見るような憎しみに溢れた目をしている。

男「ウッホ。っと。さて、次は。猿のモノマネー。」

女「・・・」

男「ウッキキ。ウッキー」ゴシゴシ

四つん這いになり、頭と顎を掻きながら女さんの周りを練り歩く。

女「・・・」

体育館裏には、春には綺麗な花が咲く桜の木が植えてある。俺は猿なので木に登る事にした。

男「ウッキー。ハァハァ。ウ、キ。」ヨジヨジ

木登りなんて小学生の時以来だ。俺は何とか太い木の枝にまたがった。

男「はぉはぁ。ウ、ウキウキ」

女「・・・」

下を見るとちょっと高くて怖い。
木登りは登るより降りる方が怖いんだよな。

男「・・・」

降り方が分からない。

男「・・・ウッキー」ゴシゴシ

女「・・・」

 

17: 名も無き被検体774号+ 2013/09/15(日) 11:17:43.76
はよ

 

18: 名も無き被検体774号+ 2013/09/15(日) 11:21:22.99
はよはよ

 

19: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 11:40:01.74 ID:5lVg1oIy0

結局、女さんに用務員のおじさんを呼んできてもらい、梯子で木から降りた。

用務員「・・・また君か、勘弁してよ、本当に」

用務員のおじさんは、5・7・5で感想を述べると体育館裏から出て行った。

男「・・・ウッキー」ゴシゴシ

女「この期に及んでまだやるんかい!」

あれ?妙だな。女さんが少しだけ笑った気がする。それにちょっと機嫌が良い様な感じがする。

男「今日は以上だけど。どうだった?」

女「・・・下らないわよ。何よゴリラと猿のモノマネって。それに」

男「ん?」

女さんが肩を震わせながらしゃがみ込み、両手で口を抑えた。

女「お、おり、降りられなくて昨日の用務員のおじさん呼ぶとか馬鹿だー。ここに馬鹿がいる。アハハハハ」

男「あ」

女さんは目に涙を浮かべながら笑い転げている。あれ?何だこれ?もしかしてこれって

男「もしかして、ウケてる?」

女「・・・うるさい!見んな!馬鹿!」

男「あ、や。やった!うけてる!笑ってる!」

女「・・・フ、フフフ!アハハ」

男「やったぁぁぁぁぁ!笑ってるぞ!俺が笑わしたんだぞ!」

女「うるさい!ちょっとあっちいってて!」

言葉は相変わらず辛辣だが、まだ肩を震わせて笑っている。女さんはモノマネが好き、と。意外だな、こんな幼稚園児が好きそうなネタで笑うとは。それにしても、笑った顔は、想像以上に可愛らしい。

 

22: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 13:28:08.99 ID:5lVg1oIy0

ようやく女さんは笑いが収まり立ち上がった。

女「・・・」

男「よし、女さん。これで俺と付き合ってくれるんだな」

女「・・・ずるいわ、あんなの反則よ。」

また思い出したのか、女さんの口角が上がる。

男「モノマネがツボなんて女さん意外とガキっぽいとこあるんだね」

女「・・・はぁ?言っとくけど貴方のモノマネに笑った訳じゃないから!」

男「え?」

女「マヌケさに笑ったのよ!」

男「え?でも、笑いは笑いだろ」

女「・・・そうね。罰は無しでも良いわ。でも、まだ今の貴方とは付き合う気にはならない」

そういうと、女さんは俺に背を向けて歩き出した。背中が小刻みに震えているのは気のせいだろうか?

男「あ、ちなみに罰ってなんだったの?」

女「・・・忘れて良いわ」

男「気になるから教えてよ!

女さんは立ち止まり振り向いた。どーもまだ笑いが収まり切らないのか頬がピクピクしている。

女「・・・これから毎日お昼、一緒に食べる。そういう罰」

言いながら彼女は俯いた。全く何処が罰何だか。

男「わかった。悔しいがその罰を受ける事にする!明日昼に君のクラスに行くよ」

女「・・・だから罰は無しっていってるじゃない」

男「じゃ罰じゃない!君と少しでも一緒に居たいから!明日から俺と昼飯を一緒に食べて欲しい!」

女「か、勝手にすれば!」

女さんは全速力で体育館裏から出て行った。明日こそは計算された笑いで彼女からとびきりの笑顔を引き出してやる。

 

24: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 15:53:22.83 ID:5lVg1oIy0

家に帰るとTVを妹が占領していた。ドラマを見ている様だ。笑いには繋がりそうもない。

TV「犯人はお前だ!」

男「・・・面白いか?そのドラマ」

妹「そんなでもないかな。私最初から予想できてたし」

男「そう」

しばらく妹とドラマを見ていた。明日はどうやって女さんを笑わせようか、ずっと考えていた。

妹「お兄ちゃん。最近楽しそう。何かあった?」

男「まあちょっとな」

妹「へー、なーんか怪しい」

ふと、今日の女さんの笑顔が浮かんできた。明日も見たい。出来ればずっと毎日見たい。

TV「CMの後は驚きの真犯人」

妹「え!嘘でしょ!」

男「ははは。楽しんでるじゃないか」

不思議なもんだ。こんなどうでもいい事でも俺は笑ってる。ますます分からなくなってきた。どうやって彼女を笑わそうか。

 

26: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 16:44:42.40 ID:5lVg1oIy0

翌日
昼休み
チャイムが鳴り、昼休みが始まった。いつもなら屋上に行くところだが今日は違う。

男「・・・普通に行っても面白くないな」

サプライズ、それはきっと笑いに繋がる。俺はベランダの窓から侵入する事にした。たぶん、面白いと思う。

友「ちょ、男!なにしてんの!」

教室の窓から身体を乗り出し、窓のしたにある足場とも言えない様な出っ張りに降り立つ。

男「何って、昼飯を食いに行くんだよ。」

友「お、おう。とにかく頑張れよ!」

男「ありがとう!」

女さんのクラスは隣。このクラスの一番後ろの窓から女さんのクラスの一番前の窓までは5m程度だ。

男「70歩くらいでいけるはず!」

一歩一歩。雨樋を掴みながら慎重に歩を進める。

男「ふ、ふう。三階だしな、落ちたら死ぬかも」

ザワザワ

体育「お、おい!こらそこの馬鹿!落ちたら死ぬぞ!」

下から体育教師の声がする。あと、25歩。

ガラリ

隣のクラスの窓が開き、中から生徒が顔を出した。

女A「て、えええ!君、なにしてんの!なにしてんの!」

男「い、良いから騒ぐな!女さんにばれたら意味ね~だろ!」

 

27: 名も無き被検体774号+ 2013/09/15(日) 16:51:00.75
実にユニーク

 

28: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 17:09:13.84 ID:5lVg1oIy0

後5歩、4、3、2、1。

男「・・・ふう」

ようやく一番前の窓に手が届いた。さっきの女は青い顔をして突っ立っている。

男「・・・あとは、侵入するだけってうわぁぁぁあ」

足が滑った。何とか窓のサッシを両手で掴んだが足元の出っ張りが見つからず足が宙に浮いている。

「きゃぁぁぁぁ!」

体育教師「う、うわぁぁあ!ちょ、ば、か。おま、まってろおぉぉ!」

目に汗が入って染みる。ヤバイ、心臓の音が聞こえる。まずい事に掌が汗で濡れてきていて、今にもサッシから手が滑りそうだ。

友「ちょ、おま!」

女「・・・どうしたの、って!お、男君!!助けないと!」

誰かが俺の手を掴み、引っ張り上げている。

女「誰か!手伝って!お願い、お願いします!大切な人なの!」

「あ、うん。」「おう!」

女「せーの!」

たくさんの人が俺の腕を掴んで、引っ張っている。正直

男「ちょっと痛い」

友「ゆうてる場合か!」

みんなの努力の、かいあって落ちずにすんだ。

「お前、馬鹿!」「ちょー怖かった!」「馬鹿かお前は!」「嫌な汗かいたわ」

女「・・・」

男「あ、の」

体育教師「ちょ、ちょっとこいそこの糞馬鹿野郎!!」

結局、昼飯を食えずに体育教師に指導室まで連れていかれた。

 

29: 名も無き被検体774号+ 2013/09/15(日) 17:25:51.81
面白すぎて目から変な水出たじゃないか

 

30: 名も無き被検体774号+ 2013/09/15(日) 17:43:53.19
あほ過ぎるwww

 

32: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 19:08:50.30 ID:5lVg1oIy0

生徒指導室という部屋には初めて入った。
俺は椅子に座らされテーブル越しに校長と三人の教師が眉間にシワを寄せて座っている。

担任「・・・馬鹿たれ。」

体育教師「大馬鹿野郎がぁ!」

隣の担任「一歩間違えれば大事故だったのよ?」

校長「どうしてこんな危ない事をしたのか、話してくれるね?」

男「・・・」

最近の癖で面白い事を言いそうになるのをグっと堪える。

男「驚かせたくて、やりました」

校長「そう、ならその目的は達した。もうやらないと誓うかい?」

男「もうやりません」

校長「うむ、よろしい。この話は全校生徒に説明するよ。とても大切なことだからね。いいね?」

男「はい、申し訳ありませんでした。」

担任「・・・お前、本当にそれだけなのか?」

男「え?何がです?」

担任「特に目立ちたがりでもないお前が、急にこんな行動するとは考えられなくてな。それに隣のクラスだ。ひっかかる」

校長「うむ、そうですね」

体育教師「確かになぁ、お前運動音痴だもんなぁ!」

担任「はっきりと聞いておく。誰かに脅されてとか、じゃないのか?」

担任はいじめを疑っているみたいだ。
下手に嘘をつけば泥沼にハマる気がする。正直に話そう。

男「いじめとかではありません。自分の意志です。あと、隣のクラスのみんなを驚かせたかった訳じゃありません」

担任「ん?」

男「女さんを、笑わせたくてやりました!」

担任「・・・女の気をひくためか?」

男「はい!大好きだからです!女さんが!」

隣の担任「あらあら、何だか照れちゃうわね」

体育教師「ぶっわはははは!面白い奴だなお前!」

校長「ははは。男君、もっと他にもアプローチはあるはずだよ?次は安全にね?」

男「はい!がんばります!」

俺は一礼して生徒指導室を後にした。

 

33: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 19:10:26.87 ID:5lVg1oIy0

生徒指導室
隣の担任「私、今回の件で男君よりも驚いた事があるんです」

担任「なんです?」

隣の担任「女さんです。今回あの子が中心になって男君を助けたの。大きな声を出して、みんなに呼びかけて」

体育教師「あー、たしかにあいつはそういう事しないな。積極性にかける奴だ」

隣の担任「何だか嬉しくて。」

校長「全ての生徒は私達の子供。子供の成長は嬉しいものです。同時に私達は全ての生徒の親です。これからも大切に見守って行きましょう。」

三人の教師「はい」

 

40: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 21:27:03.21 ID:5lVg1oIy0

放課後、女さんのクラスに直行した。女さんはまだ席に座っている。

「あ、有名人だ!」「窓枠男きたー!!」「目的がわからねぇよ」「マジかっこいい!憧れるわ」「憧れねぇよ!」

男「ど、どもども」

一日にして、俺は全校生徒の注目を集める時の人となった。

男「あ、女さん」

女「・・・」

女さんは俺に気付くと鞄を掴み教室から出て行く。

男「あ、ちょっと女さん!」

女「・・・」

女さんは俺の事を無視して、下駄箱で靴を履き替えて、校舎を出て行ってしまった。

男「お、女さん。話を聞いて欲しい」

女さんは校舎を出ると、何故だか体育館の方に歩き出した。
3日前から放課後に呼び出している場所に向かっている。そう確信した。

体育館裏
男「今日はまいったよ、驚かすつもりが三階から落ちそうになるなんて」

女さんはさっきから桜の木を見ているばかりで俺の方を見ようともしない。

男「本気で死ぬかと思った。あはは。」

女「・・・」

女さんは無言で俺の目の前まで近づくと、息を大きく吸い込んだ。

バシン

右の頬に鋭い痛みが走る。

男「・・・あ」

目の前にいる大好きな女の子は大きな瞳から綺麗な涙をボロボロと流していた。

女「私は貴方に笑わせてって言ったのに!心配させたり、泣かせたりして欲しいなんて頼んでないのに!!」

男「ご、ごめん」

女「お昼だって!一緒に食べたかったのに!!」

男「ごめん。女さん、ごめん」

女「笑いのセンスだってないし!!木から降りられなくなるし!」

男「・・・ごめん」

それから彼女はずっと泣き続けた。俺はずっと謝り続けた。
何だか小さな子供をあやしてるみたいだった。

 

41: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/15(日) 21:56:19.34 ID:5lVg1oIy0

やがて女さんは泣きやむと、辺りはすっかり暗くなっていた。

男「・・・帰ろう。」

女「・・・笑わしてよ」

男「えええ?こ、このテンションだとちょいキツイかなぁ。」

女「・・・だったら、明日は今日の分も笑わせなさいよ」

男「うん。明日こそはチャップリン顔負けの笑いを届けるよ」

女「・・・期待しないで待ってるわ」

女さんと別れて、何と無く右の頬に触れてみた。

男「はは。結構思い切りぶたれたな。」

今日は、女さんを笑わせるつもりが思い切り泣かせてしまった。
今日の事件を面白がって笑う奴も沢山いた。だけど、泣いたのは女さんだけだ。

男「・・・女さんも笑ってくれてたら、良かったのかなぁ?」

分からない。でも、頬の痛みは何だか俺の心をあったかくしてくれる。そんな気がする。

 

42: 名も無き被検体774号+ 2013/09/15(日) 22:04:27.40
なんかすごく可愛い
二人とも

 

43: 名も無き被検体774号+ 2013/09/15(日) 22:56:45.46
1の文章感じ良いな。
もっと読ませろ!

 

52: ◆I3cgeKYICg 2013/09/16(月) 16:36:09.06 ID:Ml/B3jOM0

その日の夜は、全身が疲れてきっていて笑いの勉強をする間もなくベッドに入った。

男「・・・明日こそは、爆笑の渦に、女さんを巻き込んでやる、ぞ」

翌日
男「・・・なんだこれ。」

下駄箱を開けると、手紙が沢山入っている。
まさか郵便ポストと間違えるわけも無いからたぶん、おそらく俺宛ての手紙。

友「おっ、おっ!不幸の手紙じゃね??」

その中の一枚を友が読み上げる。

友「何か必死な感じがかっこよかったです。はぁ?」

友はもう一枚手紙を広げる

友「胸がキュンキュンしました。ッザケンナよ!」

まだ俺の下駄箱を漁っている友を置いて俺は教室に向かった。

 

54: ◆I3cgeKYICg 2013/09/16(月) 17:21:43.87 ID:Ml/B3jOM0

教室の周りには大勢の人で溢れている。他の学年の人も多い。

男「ちょ、ちょっと、教室入りたいんだけど」

「きゃー!きたー!」「かっこいいー!」「サイン下さい!」「ばかっぽーい!」

男「な、なんだこれ」

昼休み
結局、休み時間の度にミーハーな生徒が俺の教室まで押しかけて来てサインやら握手やらをさせられた。

男「はぁ、疲れた。今日こそは女さんと昼飯を食べるぞ」

隣の教室に着くと、女さんは席に座っていた。

男「女さん、昼飯を一緒に食べよ」

「きゃー!窓枠男よー!」「サイン欲しいー」「す・て・き」

男「つってもここじゃあれだし、いつもの所に行こう」

体育館裏
男「ふー、まいったよ。サインやら握手やら」

女「・・・へえ?よかったわね」

あれ?女さん、機嫌が悪い?
いや、無表情なのはいつも通りなんだけどツンケンしてるような。
まあ、ツンケンしてるのもいつも通りか。

男「下駄箱にはラブレターがはいってるしさぁ。これはモテ期到来ですかねぇ。アハハ」

女「・・・良かったじゃない。私なんかより可愛くて何でも笑ってくれる女の子と付き合えばいいじゃない」

男「え?」

女「ごちそうさま」

女さんはまだ半分も残っている弁当箱を片付けると、
早々と体育館裏から出て行ってしまった。

 

55: 名も無き被検体774号+ 2013/09/16(月) 17:35:10.78
展開ワロタwww

 

57: 名も無き被検体774号+ 2013/09/16(月) 17:54:28.60
名作の予感

 

67: ◆I3cgeKYICg 2013/09/16(月) 21:53:51.03 ID:Ml/B3jOM0

男「・・・モグモグ」

男「・・・放課後こそ、女さんを爆笑の渦に」

放課後、俺は襲いかかるミーハー連中の手を逃れ、女さんの席に向かう。

男「あ、良かった。まだいた。今日こそは大爆笑間違いなしだぜ!」

女「・・・絶対笑わしてくれなきゃ許さないから」

男「え、お、おう!まきゃ、まきゃせろ!」

俺には多少プレッシャーがかかるくらいが丁度いいんだ。そういう状況でこそ真の力を発揮出来るはずだ。

女友「ふーん?君が男君かぁ」

女「と、友ちゃん。」

ん?妙に女さんが慌てている。慌てるのはいつも俺だから何だか新鮮だな。

男「なんだチミは?」

女友「なんだチミはってか!そうです私が変なおじさんです!」

何だこいつ。やべぇんじゃねえのか?

女友「あそれ、変なお~じさん、だか~ら変なお~じさん」

謎の呪文を唱えながらその女は珍妙な踊りを踊り始めた。
呆然とする俺とは別に女さんはキラキラした目で彼女を見ている。

女友「ダッフンダ!」

女「ズコッ」

変な女の掛け声と共に女さんがずっこけた。

 

68: 名も無き被検体774号+ 2013/09/16(月) 21:58:56.09
女がwww

 

70: !ninja 2013/09/16(月) 22:08:40.36
こんなおもしろくて、暖かいSSは久しぶり

 

74: ◆I3cgeKYICg 2013/09/17(火) 00:30:16.62 ID:YbKLM/It0

男「ちょ!女さん大丈夫?」

女さんは結構派手にこけていた。
恐らくこの変な女の掛け声に驚いて腰を抜かしたに違いない。

男「女さん!しっかりしてくれ!」

女「アハハハ。駄目お腹痛い。」

男「え??」

意外にも女さんはお腹を抱えながら笑っている。

女友「男君、君とは一度話をしたかったんだ。ついて来て。あ、女っち、ちょっと男君借りるね」

男「は?」

女友「いいから」

俺は変な女に腕を掴まれ教室を出た。

男「女さん、ちょっと待っててくれ!」

そのまま屋上まで連れてこられた。
この変な女はたぶん、俺に大事な話をしようとしている。雰囲気で分かる。

屋上に着くと、変な女は無言でフェンスまで歩いて行く。
仕方がないので俺もついて行く。

女友「女っち、あんまり笑わないでしょ?」

変な女はフェンスにもたれると呟いた。
屋上から見る街の景色はオレンジに染まっている。

男「・・・まあ、でもお前は笑わせてたな。正直悔しいよ」

女友「昔はもっと笑う子だったんだ。毎日バカみたいに笑ってた。」

男「昔?」

女友「ほら、私、幼馴染だからさ、昔から知ってんだ。」

男「へー。羨ましいな。」

変な女は俺から顔をそらすと、しばらく黙り込んだ。

 

75: ◆I3cgeKYICg 2013/09/17(火) 00:32:32.30 ID:YbKLM/It0

女友「・・・中学生の時、ね。あの子イジメにあってたんだ。酷いイジメ」

男「・・・」

女友「無視されて、靴を隠されたり、みんなから悪口を言われたり」

無意識に、俺は拳を握りしめていた。

女友「理由なんて、分からない。あの子の家がお金持ちだからとか、そんな下らない理由だと思う」

男「・・・」

女友「いつの間にか、私以外の子と話できなくなっちゃった。笑わなくなっちゃった。人を信じられなくなっちゃった」

変な女はその場に崩れ落ちた。泣かないように、必死に歯を食いしばっている。

女友「・・・だけど、ね。最近楽しそうなんだ。昔ほどじゃないけど、笑ってくれるようにもなったんだ」

男「・・・」

女友「それは、君のおかげ。君が女ちゃんのために、必死になってくれてるおかげ。」

男「・・・」

女友「ありがとう。本当にありがとう。女ちゃんを救ってくれて」

男「・・・別に、救ってあげてる気はないよ。俺はただ今の女さんが好きなだけだ。好きな子に振り向いて欲しいだけだ」

女友「・・・」

男「ありがとうな。話してくれて」

女友「うん」

男「それから、ずっと女さんのそばに居てくれてありがとう。女さんの友達で居続けてくれて本当にありがとう。」

女友「・・・泣かすなよ。早く女ちゃんの所にいけよぉ」

 

76: 名も無き被検体774号+ 2013/09/17(火) 00:36:14.47
急展開

 

77: ◆I3cgeKYICg 2013/09/17(火) 04:10:27.45 ID:YbKLM/It0

屋上を出ると階段を駆け下りた。
何だか居ても立ってもいられなくて、直ぐにでも女さんの顔が見たくて。

今すぐ女さんを笑わしたい!!

男「・・・そうだ!」

もう一度、あの人を呼ぼう!あの人がいればまた笑ってくれる。
女さんの教室に向かう前に、俺は用務員室に向かった。

教室には女さんが席に座っていた。他の生徒は誰もいなかった。

男「女さん」

女「・・・遅いのよ。待ちくたびれたわ」

女さんの机の前に行き、大きく息を吸い込んだ。

男「あいーん!」

女「・・・」

男「ゲッツ!」

女「・・・」

男「だっちゅーの!」

女「・・・」

こんな芸人のギャグじゃ笑わないのは分かってる。
でも、今日は何としても笑わせたい。100回滑ってもいい。
一回でも笑ってくれたら最高だ。

女「今日はここでやるの?」

男「ああ!ここが今日の舞台だ。絶対に笑わせてやる!」

女「・・・ふーん。」

 

78: ◆I3cgeKYICg 2013/09/17(火) 04:11:55.93 ID:YbKLM/It0

男「それでは、お願いします!」パチン

指パッチンの合図で教室のドアが開き、用務員のおじさんが入ってきた。

用務員「・・・で、どの蛍光灯かえんの?」

女「・・・男君、その人は?」

男「え?忘れちゃった?こいつは用務員のおじさんだよ。ほら、アジアのパピヨンズ!」

用務員のおじさんに向かってウインクをする。また組めて嬉しいよ。

女「・・・前と違くない?」

男「え?そんなわけ!」

勝手に蛍光灯を変え始めている用務員のおじさんの顔を良くみると、
確かに前の用務員のおじさんとは別人だった。

用務員「・・・」

黙々と蛍光灯を変える用務員のおじさんを二人で眺めて居た。

用務員「・・・出来たかな?」

男「あ、どーも。」

用務員「じゃ、戻るから」

スタスタと教室を出て行く用務員のおじさんをぼんやりと見送る。

女「蛍光灯、変える必要あったのかしら?」

男「・・・く、くくく」

女さんの一言で、俺は笑ってしまった。

男「だ、誰だよ今の人!アハハハ!」

女「指パッチン合図に入ってくるって変でしょ。アハハハ、お、お腹痛い」

男「出てきたかな?って何で疑問系なんだよ。くくくく、アハハ」

女「涙出てきた。あーくるし~。アハハ!」

俺達は誰も居ない教室で、笑い続けていた。
女さんと二人で同じ事で笑い合える。
こんなに嬉しくて幸せな奇跡は他にないってそう思う。

 

81: 名も無き被検体774号+ 2013/09/17(火) 07:52:16.99
続きはよ♪ 1は才能ある

 

84: ◆I3cgeKYICg 2013/09/17(火) 18:39:44.57 ID:1I1fYN+mi

女「はぁー。今日は笑い疲れたわ。こんなに笑ったの久しぶり」

男「俺もだ。今、最高に楽しい気分だよ。」

女「・・・男君の笑う顔、初めて見たかも。」

男「え?そうだっけ?」

そういえば、俺は女さんを笑わせる事に必死で、自分が笑う事なんて全く考えていなかった。

男「・・・笑うって不思議だな」

女「どうしたのよ、急に」

男「同じ事でも、笑う人がいたり、逆に泣く人がいたり。」

女「・・・むう。」

男「それにさ、笑い過ぎても涙がでるだろ?泣く事と笑う事って反対のようで、案外近いのかもなって」

女「・・・でも、悲しい時は笑わないよ。悲しい時は、泣くだけだよ」

男「そうだね。でも、悲しさを癒やす事が出来るのは、きっと笑う事だよ。」

女「・・・だったら、私をもっと笑わしてよ。」

男「ほう、我がギャグ100連発を見たいというのだね?」

女「それは嫌だ」

男「ひ、ひでぇ」

オレンジ色の夕日は俺と女さんを優しく包みこむ。
このまま時間が止まればいいのに、そう思っても、時計の針は一秒毎を律儀に刻む。

女友「・・・入り辛い。」

 

87: ◆I3cgeKYICg 2013/09/17(火) 22:03:20.20 ID:1I1fYN+mi

教室を出ると女さんの友達が所在無げに佇んでいた。

男「なにしてんだ?」

女友「いや、教室に謎の結界が張られていて入れなかったのよ。おほほ」

本当に変な女だな。

女「友ちゃんも一緒に帰ろう。」

女友「うん。女っち、顔が赤いぞ?」

女「え?夕日のせいだよ!」

男「とかいって、俺といるから照れてるだけだったりしてー」

女友「ちょ!おま!」

女「・・・友ちゃん、そこの馬鹿はほっといて帰ろ!」

男「へ?な、そりゃないよ!」

女友「男君。君は笑いの勉強よりも先に知るべき物があるようだね」

男「ちょ、ちょっと先に行くなって!」

女子二人は俺を置いて帰って行った。
女心と秋の空。気付けば外もすっかり暗くなっていた。

 

88: 名も無き被検体774号+ 2013/09/17(火) 22:28:35.14
なんか切ないな

 

92: ◆I3cgeKYICg 2013/09/17(火) 23:47:06.16 ID:YbKLM/It0

帰り道、久しぶりに本屋に寄り道をする。
案外こういう場所にも笑いのネタがあったりするものだ。

男「・・・」

本はあまり読まない。
最近読んだのは妹に借りたセカチューと言う本で10ページから進まない。

男「えーと、お笑い入門お笑い入門、あ、これだ」

本棚からお笑い入門という本をとりだす。

男「・・・なんか違うな」

友「何が違うんだ?」

男「お、おお!びっくりした。」

友「お前が本屋とはな。女子更衣室で遭遇した時なみに驚いたぞ」

男「女子更衣室なんて入った事ねえよ!ったく、本屋くらい来るよ。たまには」

友「ふーん?お笑い入門ねぇ?・・・所でよ、お前の下駄箱にラブレター沢山入ってただろ?」

今日も何通か入っていた。
正直どれもラブレターという様な甘い内容ではなく、完全に嫌がらせに近いものだった。

 

93: ◆I3cgeKYICg 2013/09/17(火) 23:47:55.63 ID:YbKLM/It0

男「ああ、勘弁して欲しいよ。ちらっと読んだら『次は4回にチャレンジしてくれ』とか、『スカイツリーに登れ(切実)』とかばっかだぜ?」

友「くくくく。でもな、実際お前にホの字の女の子がいるんだぜ?」

男「俺は女さん一筋なの!」

友「ほら、同じクラスの笑子ちゃん。可愛いし、良く笑うし、最高だろ?」

男「・・・それが?」

友「何を隠そう、お前の事が好きらしいぜ?これマジな」

男「誰から聞いたんだよ。」

友「ラブレターに笑子ちゃんの名前があって、本人に聞いたから間違いない。」

男「お前様子が変だな。何を企んでる?」

友「い、いや。何も、企んでなんかねーし?」

怪しいな。こいつは口が回るが嘘を付けない男だ。さっきから俺と目をあわせないし、妙にそわそわしている。

男「ひょっとして、お前笑子の事が好きなのか?」

友「な、なななな!そんなわけないだろ?」

男「何だ、図星か」

 

94: ◆I3cgeKYICg 2013/09/17(火) 23:49:09.16 ID:YbKLM/It0

本屋をでて、正面にある喫茶店に入った。

男「アメリカンホットで。」

友「・・・あ、俺ウインナー珈琲。」

俺と友は静かに流れるジャズに耳を傾け、飲み物が来るのを待つ。

ウェイトレス「お待たせしました」

男「ズズズ」

友「ズズズ」

男「で?どういうわけなんだ?」

友「俺、俺は笑子ちゃんの事が好きなんだ!」がたん

静かな店内に友の大声が響いた。初老の男性がこちらに向かって軽く咳ばらいをする。

男「お、おい!分かったから!座れって!どうして、俺と笑子をくっつけようとするんだよ」

友「仕方ねーじゃねえか。いつも横目で彼女を追ってたんだ。でもよ、何て話しかければいいのか、わからねーんだよ。」

友は静かに珈琲をすする。この店は時間の流れがゆったりしている。

友「たまたまラブレターに彼女の名前を見つけちまったんだ。雷に撃たれたみたいな衝撃さ。」

男「・・・」

友「初めて彼女に話しかけたよ。俺は男の親友だっていったら、凄え喜んでさ。情けねーけど、嬉しくて」

男「・・・」

友「ははは、笑っちまうだろ?まるでピエロだ」

 

95: ◆I3cgeKYICg 2013/09/17(火) 23:57:08.53 ID:YbKLM/It0

アメリカンにミルクを入れた。苦くて飲めたものじゃない。

男「・・・もういい。わかった」

友「・・・ごめんな」

男「謝るなよ。俺達は親友だろ?」

友「男!」ガタン

男「友!」ガタン

初老「うぉっほん!ゴホゴホ」

男「あ、すみません。俺が二人のキューピットになってやる」

友「え、ええ!本当か!ありがとう。ありがとう!」

 

98: ◆I3cgeKYICg 2013/09/18(水) 06:34:17.49 ID:xj03ndYg0

翌日、登校中も俺は笑いの研究を怠らない。猫が塀の上で大きく伸びをしている。

男「・・・猫だからなぁ。よし、女さんには塀の上で小さいおっさんがあくびしながら屁をこいていたと言ってみるか」

人を笑わせるのには、多少の誇張は必要だ。
お笑い入門書にも書いてあった。

昨日は、女さんを見事に爆笑の渦に巻き込む事が出来た。
とはいっても、俺の実力というよりは、用務員のおじさんのおかげと言える。

男「・・・うーん。でも何かいい雰囲気だったしなぁ。もう条件クリアだろ多分」

友「おーす。何をブツブツ言ってんだ。」

男「よう。」

友「・・・キューピットの件頼んだぜ?」

男「・・・。あ、ああ。」

友「お前、忘れてたろ。どんな風にキューピットしてくれんだ?」

男「・・・とりあえず弓矢でも買うかな」

友「・・・形から入るなよ」

 

100: ◆I3cgeKYICg 2013/09/18(水) 07:14:14.28 ID:xj03ndYg0

男「分かってるって。とりあえず笑子にそれとなく聞いてみるよ」

友「・・・そういえば昨日から気になってたんだけど、笑子ちゃんの事なんで呼び捨てなんだ?」

男「え?幼馴染だからだろ?」

友「な!初耳だぞそれ!何故に隠していた!」

男「隠すって、別に聞かれた事ないだろ」

笑子は家が近所で小学生の頃からの知り合いだ。
ラブレターとかは、いかにもあいつがやりそうなジョークだった。

友「なんかそうなると話がややこしくなりそうなんだけど?大丈夫か?」

男「なぜ?簡単だろ。俺がお前の気持ちをそれとなくあいつに伝えてやるって!」

友「うぉぉ!慎重にね?お願いだから慎重にね?」

 

101: 名も無き被検体774号+ 2013/09/18(水) 08:48:23.78
おっさんだけどほのぼのしてきたw

 

104: 名も無き被検体774号+ 2013/09/18(水) 17:32:56.90
癒しだ

 

109: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/18(水) 23:16:41.28 ID:xj03ndYg0

友「いいか?くれぐれも慎重にな?球種でいえばスローカーブな?」

男「おう!慎重にいく。ステーキの焼き方でいえばヴェリー・ウェルダンだな!」

友「ちょ!それ焼き過ぎ~!しかも意味わかんねぇ~」

教室に入ると笑子の席に忍び足で近寄る。

友「・・・もうこの段階で不安てどゆこと」

男「よ、よう。笑子。」

実はこの数日俺は意図的に笑子を避けていた。理由はすぐにわかる。

笑子「あ!男、おはよう」

男「・・・おはヨーグルト」

笑子「あはは!」

男「・・・コマネチ!」

笑子「あはは!」

男「ほれ、裸踊り~」クネクネ

笑子「あはは!もう、男ったら朝から面白過ぎるよ~」

ダメだ!こいつといると、俺はダメになる!

女さんと話すようになって気付いたのだが、笑子は異様に笑いの沸点が低いのだ。
こいつのレベルに長いこと合わせていたから俺は今苦労している。
それに気付いたのだ。

 

110: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/18(水) 23:30:27.54 ID:xj03ndYg0

男「友って知ってるよな。」

笑子「知ってるよ。男の親友だってね!男にも親友が出来たんだね!何かうれし~」

男「・・・つーか、お前さ、ラブレターとか書くなって。意味分からんから」

笑子「えー?何で?面白くない?」

これだよ!予想通り過ぎて力が抜ける。
女さんに鍛えられた今なら言える、笑子は笑いのセンスがない!

男「はあ、お前さ、友の事どう思う?」

友「!」

笑子「友君?話した事ないからわかんない」

友「ズッコーン!」

 

114: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/19(木) 07:58:43.24 ID:EUxvSdc30

男「友を見ると息が苦しかったり、冷汗が出たり、体が震えたり、手足のしびれや脱力感、のどが渇くなどの症状がでる?」

友「!?」

笑子「あはは!意味わかんないけどないよー」

男「そ、そうか、ありがとう参考になった。」

笑子「ん?うん。どういたしまして」

これは脈なしですね。廊下で聞き耳を立てている友に報告にいく。

男「うーん。どうでしょう。至って健康だと思いますよ」

友「お前は医者か!」

男「・・・まあ、あれだ、もっと話しかけろよ。そうすれば笑子を不整脈にできるかもしれないぞ?」

友「笑子ちゃんを不健康にするみたいな言い方すんなっての!・・・ありがとうな、俺頑張るよ彼女を振り向かせてみせるよ!」

男「お薬多めに出しときますね?」

友「何でだよ!」

 

124: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/20(金) 23:29:21.53 ID:i54Zey3R0

ドラクエで例えるなら笑子はスライム。
経験値稼ぎにもならない雑魚キャラ。
スライムに負けてゲームオーバーする様な奴とは多分話合わないと思う。

笑子「・・・なーんか、失礼な事を考えてないかな?」

友「わわ、え、笑子ちゃん。」

笑子「あ、友君!おはヨーグルトー!」

友「お、おはヨーグルトー。」

男「でたなスライム!」

笑子「なによそれー!私が最近プヨプヨしてきたからー?」

友「プ、プヨプヨ・・・」

男「なんだ、まーた太ったのか。あはは。なーにがダイエットだ!わはははは!」

笑子「あー!酷いー!ねぇ、友君聞いたでしょ!もう許せない!」

ポカポカ

男「わははは!そんな攻撃でよくもまあ勇者に挑む気になるなぁ。俺のターン!」

笑子「!」

顔の横で両手を広げ、親指を鼻の穴に入れる。

男「小山ゆ~えんちぃ~」

桜金造の唯一のギャグ。小学生の頃はこれでご飯三杯いけた。

笑子「あはははは!ヒィヒイ!おっかしいー!」

友「え、笑子ちゃん」

男「ふっ。勝った」

女「・・・」

 

126: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/20(金) 23:53:41.93 ID:i54Zey3R0

女「・・・随分楽しそうね」

男「お、女さん!おはヨーグルトー。」

女「・・・おはよう」

やっぱこれだよな。ちょっとやそっとじゃ笑ってくれない所が俺の体質に合ってる。

男「女さん、女さん!ほら、小山ゆ~えんちぃ~」

女「・・・やめなさい。女性に鼻の穴を見せるものじゃないわ。」

こんなもので笑うとは流石に考えていなかったが、予想以上に反応が悪い。いい年したおっさんが母親の事をママって呼ぶ所を見かけた女子中学生の目付きに近い。

笑子「あ、え?女さんだよね?男と仲良いの?」

男「私と女さんの関係ですか?い
い質問ですねぇ。俺と女さんズバリ付きあって

女「仲良くもないし、付きあってなんかいないわ」

男「・・・え?」

 

130: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/21(土) 00:34:05.54 ID:iTfMx8Nf0

聞き間違い。そうであってほしい。

男「は、はは。すまんすまん。確かにまだ、付きあってはいない。だが、最近仲良くなった友達だ」

女「友達なんかじゃない!」

女さんの声で、ざわついていたホームルーム前の廊下が静まりかえる。

男「・・・友達とすら認めてくれないのかい?」

女「・・・貴方には沢山友達がいるじゃない!私となんて仲良くする必要ないじゃない!」

どうしてだ?どうしてそう考える?どうして女さんはそんなにも卑屈なんだよ。

男「俺は女さんが好きなんだ。だから俺には君が必要だ。」

女「わ、私は嫌いよ!」

男「!」

そういうと、彼女は自分の教室に入って行った。
廊下にいる同級生の視線を全身に感じる。
でも、俺は指一本動かすことができなかった。

俺は女さん嫌われている。

そんな単純な事実だけで、俺の身体は止まってしまうんだ。

笑子「お、男?きょ、教室に入らない?そろそら先生くるかもよー?」

友「なんだよあいつ!最低だな!」

 

132: 中1女子 2013/09/21(土) 00:48:52.44
女さんイイね

 

133: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/21(土) 00:55:02.81 ID:iTfMx8Nf0

勝手に話しかけて、体育館裏に呼び出して、笑わせようとか馬鹿な事をして、
俺はただ彼女を困らせていた。迷惑をかけていただけなんだ。

男「・・・くっ」

数学の授業も、国語の授業も頭に入らなかった。

友「なあ、あんまり落ち込むなよ。」

笑子「数学教師さぁ、今日何回『である』っていったとおもう?答えは42回!あはは!多過ぎー!あはは、は・・・は」

休み時間の度に、笑子と友が俺を励ましに来てくれる。

男「ん?何が?別に気にしてないぜ?」

こいつらには、気を使って欲しくない。

友「え?なーんだ!てっきり女さんに振られたから落ち込んでるかと思って気を使っちまったよ。」

男「バーカ!そんなわけねーじゃねーか!」

笑子「・・・」

これ以上、女さんに迷惑をかけたくない。だから、もう俺は

女さんに関わらない、そう決めた。

 

144: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/22(日) 12:43:26.69 ID:+bMD4bUIi

昼休みになり、つい癖で隣の教室に行きそうになり、慌てて屋上に向かう。

男「・・・ぼっち飯ナウ」

昔から人前で飯を食べる事が少し苦手で、高校に入ってからはこうして青空ぼっち飯を満喫していた。

男「・・・ふぅ。」

弁当を平らげると、その場に寝そべる。
白い雲をぼーっと眺めているだけで心が穏やかになっていくのを感じる。

男「言うほど俺、友達いないんだよ」

キィィィ

誰かが屋上のドアを開ける音がした。

笑子「あ、やっぱりここにいる!」

男「・・・」

笑子「隣、いい?」

俺の返事も待たずに隣に寝そべる。

男「お嬢様、お召し物が汚れますよ?」

笑子「あらやだわ!セバスチャン、あとでクリーニングに出しておくように!いいわね?」

男「承知いたしました。後で執事に言いつけておきます」

笑子「あんたは何者よ!・・・あははは、なつかしー!」

男「子供の頃良くやったよな、お嬢様ごっこ。俺は一度もお嬢様をやらしてもらえなかった」

笑子「あはは、やりたかったんだぁ?・・・わー!空が近いんだね」

男「・・・」

笑子「好きだったんだね、女さんの事が」

男「・・・うん」

笑子「そっかぁ。そうなんだね」

それきり笑子は何も言わず、空を眺めていた。
昔からこういう時そばにいるのは大抵イヌのタロか笑子だった。

 

145: 名も無き被検体774号+ 2013/09/22(日) 13:56:35.53
タロと笑子同レベwwwww

 

146: 名も無き被検体774号+ 2013/09/22(日) 14:02:04.91
この展開気になるッ!!!

 

149: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/22(日) 16:58:06.72 ID:T9riOlvTi

笑子と教室に戻る途中、廊下で女さんとすれ違った。

女友「あ、男君ジャマイカ!」

男「ども」

女「あ・・・」

男「・・・じゃ」

女さんと目が合わせないように足早に通り過ぎる。

女「あ、あの!」

女さんの声が背中越しに聞こえた。
でも、俺は聞こえていないふりをして、教室のドアを開けた。

女友「あ、え?どうしたの女っち?なんかあった?」

女「・・・」

教室に入り、席に着くと机に突っ伏した。
なんだか疲れた、今日はもう帰りたい。

笑子「あんなにあからさまに避けなくてもいいのに、何か言いたそうだったよ?」

男「・・・多分近づかないでとか、ウザいとかだと思う。」

笑子「はぁー。そんなことをあんなに真剣な顔で言わないよ。まったく、男はほーんと女々しいところあるよねー」

男「・・・笑子、背中に毛虫ついてる」

笑子「え?やだ!ちょっと取って!ねぇ、早く」

男「やーだ」

自分を嫌う人なんて、嫌いになればいいはずだ。
そうすれば少しは心が落ち着く。
でも、俺はどうしても、どうしたって、女さんの事を嫌いになんてなれない。

笑子「ちょっと!早く取って、ねぇ!お願い!」

男「わはははは!踊れ踊れぃ!」

今日みたいに避け続けていれば、そのうち忘れられるはずだ。
女さんの事を。女さんを大好きだった自分自身の気持ちを。

それが俺が出した答えだった。

 

153: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/22(日) 20:57:37.78 ID:T9riOlvTi

放課後
友「なあ、男。」

男「ん?」

友「頼みがある。」

いつもヘラヘラしている友の真面目を顔は久しぶりに見た気がする。きっと重要な話に違いない

男「あーそれ無理だわ。すまん。」

友「まだ話てねぇから!」

男「何だよ。言うても大体無理だぜ?」

友「いいから!あ、あのさ、今日カラオケいかね?」

カラオケ、ねぇ?声を出せば少しは気分が良くなるかもしれない。

男「いいよ。行こうぜ」

友「そ、それでさ!笑子ちゃんも誘ってくれないかな?頼む!」

男「笑子?あー、いいっすよ。」

友「マジで!ありがとう!じゃ、あとで校門で待ち合わせな!」

男「あいよ」

 

155: 名も無き被検体774号+ 2013/09/22(日) 22:39:10.25
楽しみ

 

156: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/22(日) 22:59:04.75 ID:T9riOlvTi

教科書を鞄に詰め込み、帰り支度を済ませるとまだ教室でくっちゃべっている笑子に近づく。

男「笑子、これからカラオケ行かないか?」

笑子「え?カラオケ!いくいく!」

笑子は高速で鞄に荷物を詰め込みながら友達に手を振りつつ席を立つ。

男「何つー雑な女なんだお前は。」

笑子「え?だってカラオケだよ?カラオケ!」

男「ながら行動は慎しみなさい。育ちの悪さがばれましてよ?」

校門では友が屈伸運動をしていた。
軽く汗をかいている所を見ると、長い時間やっているようだ。何とも声を掛け辛い。

笑子「と、友君?」

友「や、やあ!笑子ちゃん。」

笑子に声をかけられた友は棒立ちになると固まってしまった。
全くてんで情けない男だな。

男「いくぞ、カラオケ」

友「お、おう!」

笑子「なによ、友君もくるの?」

笑子が耳打ちしてきた。

男「言わなかった?」

笑子「聞いてないー!先に言ってよね!」

男「いいだろ別に。多い方が楽しいじゃねーか」

笑子「心構えってのがあるでしょ!」

男「なーに緊張してんだよ。大丈夫大丈夫。お前歌上手いしな」

笑子「そういう問題じゃないの!」

 

164: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/23(月) 15:10:54.84 ID:lV4mpr5Zi

笑子がブツブツ言いながら離れると今度は友が耳打ちしてきた。

友「お、おい!どうすりゃいい?」

男「何が?」

友「笑子ちゃんと話たいんだけど、どんな話したらいいかわかんない!」

男「何でもいいんじゃないか?」

友「趣味とか、好きな食べ物とか教えてくれよ」

男「知らない」

友「なんだよケチ!」

男「はあー。伝言ゲームじゃないんだから!二人とも俺に耳打ちして話すの禁止!」

それからカラオケ店に着くまで3人とも無言で歩いた。

 

165: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/23(月) 15:12:06.09 ID:lV4mpr5Zi

少し前
女友「あんなに女っちにベッタリだった男君のあの態度はおかしいよ。何かあったんでしょ?」

女「・・・私が悪いのよ」

女友「またそんな!男君が悪いんだね?分かった、ぶん殴ってくる」

袖をめくり、目を血走らせる女友は今にも黒板を蹴破って隣の教室に乗り込みそうな勢いである。

女「まって。話を聞いて。男君は悪くないの。悪いのは私」

女友「え?」

女「嫌いって言ったの。男君に」

女友「はぁ?なんで?嫌いなの?」

女「嫌いな訳ない!・・・そんな訳ない!」

女友「じゃあ何でそんな事を」

女「・・・わかんない!自分でもよくわからないの!」

今にも泣き出しそうな女の顔を見て、女友は肩を竦める。このワガママで可愛い友達がどうしようもなく愛おしい。

女友「はぁ、全く。・・・私はいつだって女っちの味方だよ。例えあんたが悪者でもね」

女「・・・ありがと」

女友「とりあえず、今日はカラオケに行こう!」

 

191: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/24(火) 23:12:05.11 ID:NbLtk6rS0

カラオケルームに入ると同時に俺はリモコンを操作し、マイクをひったくった。

男「うぉぉお!どれだけガンバリャイイィ~だ~れかのぉぅつぁめなの~うぉぉぉ!」

笑子と友は男のハイパーハイテンションモードに呆気に取られつつ、
冷静にソファに腰掛ける。友は自然に笑子の隣に座った。

友「おぉ、初っ端B’zかよ!飛ばすネェェ!!」

笑子「あははは!私達も負けてられないね!」

男「そしてぇつぁつぁくあう!ウルトゥラソゥ!ヘイ!うぉぉぉ!」

友「は、はは。ちょっとウゼぇ」

笑子「あはははは!ねぇ、友君は何歌う?」

友「そうだなぁー。ミスチルとかかな?」

男の異常すぎるテンション、カラオケルームという密室、
さらに隣同士という環境が笑子と友の間にあった微妙な距離間を取り除いた様である。

男「・・・ウルトゥラソゥ!・・・ウルトゥラソゥ!・・・ウルトゥラソゥ!」

 

192: 名も無き被検体774号+ 2013/09/24(火) 23:20:22.94
面白い

 

194: 名も無き被検体774号+ 2013/09/24(火) 23:29:09.52

水をさしてわるいんだがウルソはヘイじゃなくてハイなんだ

 

195: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/24(火) 23:45:37.58 ID:NbLtk6rS0

同時刻
「うぉぉお!どれだけガンバリャイイィ~だ~れかのぉぅつぁめなの~うぉぉぉ!」

女友「お隣五月蝿いなぁ、よし、私らも楽しも!」

女「うん!」

女友「さてと、まずはアユかな・・・と」

「そしてぇつぁつぁくあう!ウルトゥラソゥ!」

女友「お隣うるさ!」

女「ハァァァイ!」

女友「女っち!?」

女「あ、ゴメン。私、B’z好きなの。」

女友「あ、うん。それはいいよ。私も好きだし。でも、隣の歌にノルのはよそ?」

女「・・・うん。分かった」

女友「よし、よし。分かればいいのよ。さてと、リモコンを操作してと、ピポパポ・・・と」

「ウルトゥラソゥ!」

女「ハァァァイ!」

女友「女っち⁉︎」

 

196: 名も無き被検体774号+ 2013/09/24(火) 23:54:56.92

女「ハァァァイ!」

面白すぎwww

 

199: !ninja 2013/09/25(水) 00:37:24.00
ハァァァイ!で和ロタw

 

226: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/27(金) 12:27:52.13 ID:mu9TROH+i

友「果てしぃなぁ~い闇のむこぉに~ヲウヲ!手を伸ばそう~」

笑子「私この曲大好き~!」

ミスチルのTNKか、まさに名曲。
崖の上で叫んでいるPVは火曜サスペンス劇場に多大な影響を与えた事でも有名だ。

笑子「私は、さくらんぼにしよ!」

男「俺はもちろんROCK縛りだ!あー、なんか喉渇いたな。ちょっとドリンクBARいってくるけど、なんこ飲む?」

笑子「あ、私はコーラね!友君は?」

友「勝利も敗北もないま・・・え?じゃあメロンソーダ。人は悲しいくらい~」

男「分かった!」

 

227: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/27(金) 12:28:51.60 ID:mu9TROH+i

ドリンクBARには数種類のジュースとアイスが設置されている。
中学生がブレンドとかいって色々混ぜて遊んでる。

男「えーと、笑子がコーラに友がメロンソーダ」

ドリンクバーにグラスをセットすると、隣の人も置いたグラスの横にグラスをセットした。

男「あ、すみません。すぐ終わりますんで」

女「あ、・・・男君」

男「え?」

聞き慣れた声につい降り向いてしまった。目を丸くしている女さんが居た。

男「あ、俺。・・・ごめんなさい」

ドリンクバーに置いたグラスをそのままに、俺は逃げ出した。

女「あ、まって!お願い!行かないで!」

女さんの声が聞こえる。行かないでって言っている。
俺はいつだって女さんの言葉に左右されるんだ。
だから、俺は何処にもいかない。その場で立ち止まった。

 

228: 名も無き被検体774号+ 2013/09/27(金) 12:34:33.22
早く

 

234: ぽてち 2013/09/27(金) 17:27:25.91

はよ

はよ

 

237: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/27(金) 21:02:29.21 ID:tHOJ27kei

男「なに?」

自分でも分かるくらい、言葉にトゲがある。
自分が傷付きたくないから、俺は彼女を傷付けようとしている。

女「グラス、忘れてる」

男「・・・」

振り返り、無言でドリンクバーまで行き、グラスにジュースを注ぎおもむろに掴む。

男「・・・」

視線を床に落とし、足早に女さんの横を通り過ぎる。

女「ごめんなさい」

後ろから袖口を女さんに掴まれた。

男「・・・」

女「嫌いとか、友達じゃないなんて言って、貴方を傷付けた。本当にごめんなさい」

男「・・・うん」

俺の袖口を掴む力が少し強くなった。

女「男君が誰かと仲良く話したりしているのを見ていると、胸の奥が締め付けられて。苦しくて、切なくて」

男「・・・」

女「自分をコントロール出来なくて。それで、思ってもない事を口にして」

男「・・・うん」

女「こんな私が嫌いなの。大嫌い」

振り返ると女さんは泣いていた。これで何回目だ?女さんの涙を見るのは。

男「・・・俺の好きな子に嫌いなんて言わないでくれよ」

女「・・・うぅ。」

男「一緒に歌おう。」

女「う、うぐ。」

 

242: 名も無き被検体774号+ 2013/09/28(土) 00:43:45.52
これは漫画じゃなくて言葉だからこそ輝く

 

246: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/28(土) 15:51:22.38 ID:+zGXF54ni

男「ただいま」

友「おう、遅かったなって!え?女ちゃん?」

男「ドリンクバーで会ったんだ。」

友「そっか。歓迎するよ。男の友達は俺の友達だ。よろしく」

笑子と友のグラスをテーブルに置いてから俺の分忘れてる事に気がついた。

笑子「女さん。こうしてお話するのは初めてだよね?私は笑子です。ヨロシクね」

女「あ、あの、わたしは」

女さんは俺の服の裾を掴み、必死に言葉を紡ごうとしている。

男「ここに悪い奴はいないぜ。悪の巣窟だ」

友「そうそう、今も世界征服について相談していた所でって、違うわ!」

笑子「あははは!友君は本当に面白くないねぇ」

友「うるせぇ!泣くぞ!」

女「ぷっ!あはは!」

女さんは服の裾を離し、テレビの前に立ちマイクを手に取った。

女「私は女です!男君の友達です!そして、友君と、笑子ちゃんと、お友達になりたい!」

それだけ言うと、深々と頭を下げた。彼女の体は少し震えている。

友「女ちゃん。さっきも言ったけど男の友達は俺の友達だ。よろしく。それと、友達には頭を下げるものじゃないぜ?」

笑子「私の隣に座ろうよ。一緒に歌お!」

女「うん!」

 

248: 名も無き被検体774号+ 2013/09/28(土) 16:09:20.24
女友「・・・・・」

 

253: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/28(土) 17:26:45.31 ID:+zGXF54ni

俺達はそれから2時間歌い続けた。
女さんの歌の趣味と俺の歌の趣味が似ていて嬉しかった。

笑子「ぷは~!ひさっしぶりに歌ったよ!」

友「あー、あー。ヤベェ声枯れてる」

笑子「あはは!大丈夫だよ、元から汚い声なんだし!」

友「あ、そっかぁ!汚い声で得したなぁーって、それ酷くない!」

笑子「あははは!」

笑子と友はいつのまにやら、仲良くなっていて二人ではしゃぎながら歩いている。
ふと空を見上げると丸い月がポッカリ浮かんでいた。

男「子供の頃って月が怖かったんだ」

女「どうして?」

男「俺を監視しているみたいでさ。で、逃げても逃げても何処までもついて来るんだ。物陰に隠れても無駄さ。月は俺を見失わずにずっとそこにいるんだ。」

女「今は?まだ怖い?」

男「いや、流石にもう怖くないよ。」

月には雲が少しかかり、雲間から月明かりが漏れている。

男「今夜の月は綺麗だ」

女「・・・本当に」

 

255: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/28(土) 19:25:36.67 ID:+zGXF54ni

同時刻
女友「い~まからそいつを、これから~そいつをなんぐりに~いこうかぁ~」

女友は一人で2時間休みなく歌い続けていた。
浜崎あゆみに飽きると中島みゆき、中島美嘉、都はるみ、いきものがかり、
山本リンダ、チャゲアスと飽きが来ないように工夫していた。

プルルル

女友「はい。・・・え?もう時間ですか?え?延長?はい、します」

女友「は!そういえば女っち遅い!・・・ま、いいかぁ、よーし今日はオールだ!」

こうして女友は一人、オールナイトで熱唱し続けるのであった。

 

256: 名も無き被検体774号+ 2013/09/28(土) 19:27:27.42
女友無視かwww

 

257: 名も無き被検体774号+ 2013/09/28(土) 19:32:04.86
え!?置いて帰ったの?w

 

258: 名も無き被検体774号+ 2013/09/28(土) 19:47:53.95
これで終わるんかい

 

262: 《みらーまん》 !ninja 2013/09/28(土) 22:21:06.06

(ノ゚ω゚)ノ え?!

(゜ロ゜;)エェッ!?

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

 

271: 名も無き被検体774号+ 2013/09/29(日) 04:05:05.83
今までの流れはどこ行った

 

274: 1 ◆I3cgeKYICg 2013/09/29(日) 06:07:53.58
ギャグss的にこの辺が潮時と思ったけど
もう少し続けます。

【2ch長編SS】男「好きです。つきあってください」 女「・・・条件がある」 (2)

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1379184384/

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。