【2ch名作SS】扇風機「そろそろ秋ですねぇ」(2)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

201:2008/08/28(木) 02:21:17.76 ID:

~???~

職員「着きましたよ。男さん」

男「・・・・・はい」

職員「この前お会いした時も思ったのですが、」

職員「あまり顔色がすぐれない様なのですが・・・・」

男「・・・・・」

職員「それも、この前よりずっと・・・・」

男「ただの風邪ですよ」

職員「・・・そうですか」

男「そうです」

 
 
 
206:2008/08/28(木) 02:27:52.82 ID:

男「それにしても、ずいぶん広いですね」

職員「もちろんです、」

職員「日本最大のゴミの埋め立て地ですからね」

男「ほう、ここがそうなのですか」

職員「そうなのです。もしここで見つからなければ、」

職員「日本中を探しても見つからないと断言しますよ」

男「・・・では行きますか」

職員「はい行きましょう」

209:2008/08/28(木) 02:40:18.92 ID:

(ぶ~ん…………………)

セン「ご主人様遅いな・・・・」

セン「・・・・・」

セン「ご主人様が元気な頃と同じ『時間』なのに・・・・・」

セン「どうして・・・・」

セン「こんなにも長く感じるのでしょうか・・・」

セン「不思議です・・・・」

212:2008/08/28(木) 02:48:00.63 ID:

~某ゴミ埋め立て地~

職員「見つかりませんね・・・」

男「そうですね」

職員「私が男の人ならもっと・・・」

男「職員さんのせいではありませんよ」

職員「・・・・・、」

職員「・・・・だいぶ日も落ちてきましたね」

男「もう少しだけだけ頑張ります」

職員「では私も頑張ります」

男「助かります」

職員「どういたしまして」

214:2008/08/28(木) 02:56:23.18 ID:

~移動中、車内~

職員「・・・・」

男「・・・・・」

職員「男さん・・・」  
男「はい」

職員「帰り、男さんの家に上がらせていただいてよろしいですか?」

男「はい」

職員「男さんがこれ程大切に想われてる扇風機を、
一度見せてほしいのです」

男「もちろんです。ご飯も食べていって下さい」

職員「お世話になります」

男「いえいえ」

217:2008/08/28(木) 03:02:13.21 ID:

ちょっと待て職員は女か

なんてカッコいい……

222:2008/08/28(木) 03:25:13.30 ID:

(ぶ~ん…………………)

セン「・・・・・・」

(がちゃ)

男「ただいま」

職員「おじゃまします」

セン「おかえりなさいませ・・・
あれ?ご主人様、こちらの女性は・・・」

職員「へっ・・・?」

男「こちらは職員さんです」

セン「初めまして、センと申します」

職員「は、初めまして職員です・・・?」

男「あ、すみません職員さん。お話しするのを忘れてました」

職員「・・・??」

224:2008/08/28(木) 03:31:47.10 ID:

(ぶ~ん…………………)

職員「それにしても驚きました」

男「すみません」

職員「いえいえ」

男「実はセンの声が自分にしか聞こえないのではないかと
悩んだ時期もあったのですが、」

男「これで安心しました」

セン「よかったですね、ご主人様」

男「よかったです」

225:2008/08/28(木) 03:32:10.88 ID:

そりゃおどろくわw
226:2008/08/28(木) 03:39:52.63 ID:

(ぶ~ん…………………)

男「セン」

セン「はいご主人様」

男「少しこっちを向いてくれないか」

セン「すみません、自分の力ではもう・・・」

男「・・・そうでしたね、すみません」

セン「気になさらずに」

(すっ・・・)

職員「・・・・・・」

職員「(本当に・・大切に想ってるんだなぁ・・・)」

職員「(お互いに・・・・・)」

229: :2008/08/28(木) 03:46:35.18 ID:

(ぶ~ん…………………)

男「かきかき」

セン「・・・」

職員「・・・」

男「かきかき」

セン「ご主人様、何をされているのですか?」

男「センの絵を書いているのです」

セン「私のですか?」

男「私のです」

セン「そうですか」

男「かきかき」

男「かきかき」

232:2008/08/28(木) 03:58:36.16 ID:

(ぶ~ん……………………)

セン「ご主人様が絵を描かれるのも久しぶりですね」

男「そういえばそうですね。かきかき」

職員「以前はよく描かれてたのですか?」

男「はい、会社員になる前は画家として活動していたのです。かきかき」

職員「知りませんでした。すごいです」

男「いえいえ、無名の新人ですので。かきかき」

男「かきかき」

男「かきかき」

234:2008/08/28(木) 04:05:13.00 ID:

(ぶ~ん……………………)

男「下書きが完成しました」

セン「おつかれさまです」
男「いえいえ、これからです」

職員「少し休憩されますか?簡単なご飯なら作れますが」

男「いえ、このまま続きを、色塗りを始めます」

職員「そうですか、頑張ってください」

男「頑張ります」

男「ぬりぬり」

男「ぬりぬり」

236:2008/08/28(木) 04:09:24.79 ID:

(ぶ~ん……………………)

男「ぬりぬり」

男「ぬりぬり」

職員「聞きたいことがあるのですが」

男「なんでしょうか。ぬりぬり」

職員「どうして画家を辞めてしまったのですか?」

男「それはですね。ぬりぬり」

セン「実は私も気になってました」

男「そうですか。では描きながら話します。ぬりぬり」

237:2008/08/28(木) 04:15:06.77 ID:

(ぶ~ん……………………)

男「どんなに美しい風景を見ても」

(ぬりぬり・・)

男「どんなに美しい人を見ても」

(ぬりぬり・・)

男「どんなに美しい花を見ても」

(ぬりぬり・・)

男「描きたいと思えなくなってしまったのです」

(ぬりぬり・・)

セン「・・・・・」

職員「・・・・・」

241:2008/08/28(木) 04:22:54.83 ID:

(ぶ~ん……………………)

職員「絵が嫌いになってしまったのですか?」

男「いえ、今でも好きです。・・・ただ」

職員「ただ?」

男「描きたいと思えるものが、一つだけになってしまただけです」

職員「てはそれを描けばいいのでは?」

男「・・・・・」

男「扇風機しか描けない画家なんて、笑い話にもなりませんよ」

職員「・・・・・・!」

セン「・・・・・・・」

(ぬりぬり)

(ぬりぬり)

248:2008/08/28(木) 04:33:29.68 ID:

(ぶ~ん……………………)

男「よし、完成です」

職員「おつかれさまです」

セン「おつかれさまです」

男「いえいえ」

セン「さっそく見せて頂けますか?」

男「もちろんです。職員さんもご一緒にどうぞ」

職員「として楽しみです」
男「恐縮です。では・・・」

(すっ・・・)

252:2008/08/28(木) 04:40:52.28 ID:

(ぶ~ん……………………)

男「どうでしょうか」

セン「とても・・とてもきれいです・・・」

職員「私もそう思います」

男「女性の絵を綺麗に描くのは画家の基本です」

セン「えっ・・・・?」

職員「センさんは女性だったのですね」

セン「・・・・・」

男「あれ?こちらが正解だと思ったのですが」

セン「・・・・・・」

 
255:2008/08/28(木) 04:46:36.47 ID:

(ぶ~ん……………………)

セン「それは・・・」

男「うんうん」

セン「それはまだ秘密です」

男「それは非常に残念です。
でもセン・・・・」

セン「はい」

男「・・・いえ、何でもないです」

職員「では休憩を入れますか」

男「・・・そうですね」

261:2008/08/28(木) 05:00:14.00 ID:

(ぶ~ん……………………)

(とんとん)

(とんとん)

職員「卵を2つとって頂けますか」

男「了解です」

(とんとん)

男「料理、お上手なんですね」

職員「いえいえ」

男「いい奥さんになれますよ」

職員「いえいえ」

セン「・・・・・・」  
(とんとん・・)

(とんとん・・)

262:2008/08/28(木) 05:02:02.17 ID:

扇ちゃん……

 

266:2008/08/28(木) 05:07:02.87 ID:

(ぶ~ん……………………)

セン「(お二人の並んでる姿・・・)」

セン「(新婚さんみたいです・・・)」

セン「(・・・・・・・)」

セン「(扇風機が嫉妬なんて・・・)」

セン「(笑い話にもなりませんね・・・)」

セン「(それも、壊れかけの扇風機が・・・・)」

セン「・・・・・・・」

(とんとん)

(とんとん)

268:2008/08/28(木) 05:11:50.60 ID:

(ぶ~ん……………………)

男「ごちそうさまでした」

職員「おそまつさまです」
セン「・・・・・」

男「では失礼ながら少し席を外します」

職員「気にならさずに」

セン「・・・・・・」

270:2008/08/28(木) 05:22:42.23 ID:

(ぶ~ん……………………)

男「ごくごく」

職員「何を飲まれてるのですか?」

男「サプリメントです。ごくごく」

職員「健康を気にされるとは以外です」

男「若い内からのお肌のケアが重要なのです」

職員「勉強になります」

男「いえいえ」

セン「・・・・・・」

272:2008/08/28(木) 05:25:33.87 ID:

(ぶっ………………)

(ぶ~ん……………………)

(ばたっ・・・・・)

274:2008/08/28(木) 05:27:01.50 ID:

( ゚д゚ )!!!!
275:2008/08/28(木) 05:28:03.73 ID:

え? セン・・・・・
(´・ω・`)やだよぉ・・・
277:2008/08/28(木) 05:33:26.28 ID:

(ぶ~ん……………………)

職員「男さん・・!男さん!!」

男「・・・・・あれ・・・半年は・・・持つって・・・」

職員「今救急車を呼びました!頑張ってください!!」

男「・・頑張り・・・ます・・・」

セン「ご主人様・・ご・・・ご主人様ぁ!!!!」

男「セン・・・・・・」

男「・・・セン・・・・・・・・」

男「・・・・・・セン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

279:2008/08/28(木) 05:34:08.72 ID:

違った、男か!
280:2008/08/28(木) 05:37:07.97 ID:

(´;ω;`)センじゃなくてよかったと思いつつどちらにせよツラい
285:2008/08/28(木) 05:45:25.89 ID:

(ぶ~ん……………………)

男「職員・・さん・・・・」

職員「・・・・・・」

男「・・少しだけ・・・・目をつぶって頂けますか・・・・・」

職員「・・・・・・」

男「・・泣きながら・・・扇風機に抱きつこうとしている男なんて・・・・、」

男「変態さんにしか・・・見えませんから・・・・・」

職員「そんなこと・・・ないです・・・・」

男「ありがとう・・・ございます・・・・・」

セン「・・・・・・・」

290:2008/08/28(木) 05:58:32.61 ID:

(ぶ~ん……………………)

男「セン・・・・・・」

セン「・・・・・はい」

職員「・・・・・・・」

男「・・たぶんこれから病院で・・・・」

セン「・・・・・はい」

男「・・手術を受ける・・・・ことになる・・・・」

セン「・・・・・はい」

男「・・たぶん成功率は・・・1割未満だ・・・・」

セン「・・・・・はい」

職員「・・・・・・・」

330:2008/08/28(木) 10:11:13.41 ID:

ガンガレ!!
扇風機も男も超ガンガレ
379:2008/08/28(木) 15:29:02.59 ID:

(ぶ~ん……………………)

男「セン・・・・・」

セン「はい」

男「それでもお前は・・・・」

セン「はい」

男「私の帰りを・・待ってくれますか・・・・?」

セン「もちろんです。ご主人様の帰りを待つのは
家電製品の基本です」

男「センは優しいですね」

セン「この『優しさ』は・・・きっと、ご主人様から学んだことです」

男「そうですか」

セン「そうですよ」

382:2008/08/28(木) 15:36:10.40 ID:

(ぶ~ん……………………)

(ピーポーピーポー…)

セン「救急車の音ですねぇ」

男「だねぇ」

セン「そろそろお別れですね」

男「だねぇ」

セン「寂しいですか?」

男「いや別に」

セン「そうですか、ではそんなに泣かないでください」

男「そちらこそ」

セン「私が泣けるはずなどありません」

男「いえいえ、泣いていますよ大泣きです」

セン「そうですか」

男「・・そうですよ・・・・・・・・」

386:2008/08/28(木) 15:50:20.14 ID:

(ぶ~ん……………………)

セン「ご主人様」

男「なんでしょう」

セン「本当は病院までご一緒したいのですが・・」

男「・・・・・・」

セン「一度止まってしまうと、」

セン「おそらくもう二度と動けなくなってしまいます」

男「・・・そうですか」

職員「・・・・・」

職員「男さん。救急車が着いたようです」

男「・・・・・」

男「はい・・・・」

389:2008/08/28(木) 15:58:06.74 ID:

(ぶ~ん……………………)

男「では行ってきます」

セン「いってらっしゃいませ」

男「少し・・帰りが遅くなりそうです」

セン「お待ちしております、」

セン「・・・ご主人様。最後に風鈴を、私の前につけてくれませんか?」

男「もちろんです」

セン「助かります」

男「いえいえ」

(チリン……チリン…………)

(チリン………………)

393:2008/08/28(木) 16:08:14.85 ID:

哀しいけど…幸せの1つの形なんだろうな。…セン…。
394:2008/08/28(木) 16:08:47.33 ID:

(ぶ~ん……………………)

セン「ご主人様、私の秘密を話します」

男「どうぞどうぞ」

セン「私、『女性』がいいです」

男「センは『女性』というより『女の子』が似合いますね」

セン「そうですか」

男「はいそうです。・・ではまた・・・・」

セン「・・・・お気をつけて」

(がちゃ………)

(ばたん………)

397:2008/08/28(木) 16:19:32.55 ID:

(ぶ~ん……………………)

(チリン…………)

(チリン………………)

(チリン……………………)

(チリン……………………………………………………………………………)

398:2008/08/28(木) 16:21:10.69 ID:

!?・・・・・・・・やだよ・・やだよ・・?
399:2008/08/28(木) 16:25:30.96 ID:

(ぶん………ぶん……………ぶん………………)

セン「・・・・・・」

セン「あれから何日たったのでしょうか・・・」

セン「・・・・・」

セン「ご主人様からいただいた風鈴も・・・・」

セン「鳴らせなくなって・・・しまいましたね・・・・・・」

セン「・・・・・・・」

(ぶん……………)

(ぶん………………………)

400:2008/08/28(木) 16:27:37.59 ID:

あ、あれ…目にゴミが入った
401:2008/08/28(木) 16:29:04.88 ID:

あああああ
403:2008/08/28(木) 16:32:40.97 ID:

セン……セン……(´;ω;`)
404:2008/08/28(木) 16:37:06.26 ID:

~病室~

職員「おはようございます」

男「・・・・・・」

職員「おはようったらおはようございます」

男「・・・・・・」

職員「・・・・・、」

職員「男さん・・・」

職員「いったい何日眠れば気がすむのですか・・・・・」

職員「・・・・・・」

職員「・・男さん・・・・」

男「・・・・・・・」

405:2008/08/28(木) 16:38:31.96 ID:

リアルに涙が止まらない俺…
今更ながら扇風機使おうかな…
407:2008/08/28(木) 16:45:06.87 ID:

職員「あなたのお家で・・・・」

職員「あなたの帰りを待っている『大切な人』が・・・・」

職員「いるではないですか・・・・・」

職員「・・・・・・」

男「・・・・・・・」

(ぴくっ…………)

409:2008/08/28(木) 16:46:38.80 ID:

ゴミに目が入っただけだ…
泣いてなんかいない
412:2008/08/28(木) 16:52:54.67 ID:

ハッピーエンドは無理なんだろうな…
413:2008/08/28(木) 16:56:24.93 ID:

ちょっと手当たりしだいゴミ集積所訪ねてくる
415:2008/08/28(木) 16:58:32.97 ID:

職員「調子、良くなりましたね」

男「おかげさまで」

職員「顔色も、とてもよくなりました」

男「おかげさまで」

職員「ご自宅からパジャマを持ってきましたよ」

男「いたせりつくせりですね」

職員「いえいえ」

男「・・・・・・・」

職員「・・・・・・」

男「センは・・・どうしていましたか・・・・?」

職員「・・・・・・・」

418:2008/08/28(木) 16:59:44.42 ID:

ああぁぁ
421:2008/08/28(木) 17:12:03.35 ID:

職員「『闘って』・・いました・・・」

男「・・・・・・」

職員「お声をかけてみたのですが・・・、」

職員「聞えないようでした・・・・」

男「・・・・・・」

職員「回って・・ましたよ・・・、」

職員「ものすごく頼りなく・・・でも、何よりも力強く・・・・」

男「・・・・・・・」

職員「『頑張れ・・・頑張れ・・・・』と、
ご自分に言い聞かせながら・・・・・・」

男「・・・・・・・」

424:2008/08/28(木) 17:15:12.42 ID:

くそっ・・・扇風機に涙目にさせられるなんて・・・
425:2008/08/28(木) 17:16:20.84 ID:

やばいまじで泣けてきた
430:2008/08/28(木) 17:19:34.32 ID:

男「センに・・・・」

職員「・・・・・・」

男「センに会いたいです・・・・・・」

職員「男さん・・・・」

男「・・わかっています・・今会えないことは・・・、」

男「わかっているから・・・辛いのです・・・・」

職員「・・・・・、」

職員「リハビリ・・・頑張りましょう・・・・」

男「・・頑張ります・・・頑張りますとも・・・・・」

432:2008/08/28(木) 17:21:30.88 ID:

リアクション少なくてわかりにくかったが手術成功してるんだな・・・
436:2008/08/28(木) 17:30:05.53 ID:

(がっ…………がっ……………がっ………………)

セン「・・・・・・」

セン「もう羽も・・・回せないのですか・・・・・・・」

セン「情けない・・・」

セン「・・・・・・・」

セン「情けない・・・・・・・・・・・」

(がちゃ………)

438:2008/08/28(木) 17:34:06.66 ID:

帰ってキタ

 

441:2008/08/28(木) 17:37:22.98 ID:

(がっ…………がっ……………がっ………………)

男「・・・ただいま」

セン「・・・・・?」

男「・・・ただいま」

セン「ご主人・・・様・・・・?」

男「・・・親愛なるご主人様ですよ」

セン「・・・・・・!」

セン「おかえりなさい・・・」

セン「おかえりなさい・・ませ・・・・!」

男「・・・うんうん」

職員「・・・・・・・」

445:2008/08/28(木) 17:44:54.52 ID:

セン…
449:2008/08/28(木) 17:49:26.76 ID:

(がっ…………がっ………………がっ………………)

セン「ご主人様・・・私はもうすぐ止まります・・・・・」

男「そんなことないですよ。大丈夫です」

セン「・・『素直が一番』だと教えてくれたのは・・ご主人様ですよ・・・・・・・・?」

男「・・・・・・・・」

セン「私はもうすぐ・・・止まります・・・・」

男「・・・・・・・」

男「・・わかりたくはありませんが・・・・」

男「わかっています・・・・・」

セン「・・うんうん・・・・・・・」

451:2008/08/28(木) 17:54:36.60 ID:

えぇい!まだ部品は見つからぬのか!!
457:2008/08/28(木) 17:58:48.93 ID:

部品はどこだあああああああああああああああ!
458:2008/08/28(木) 18:01:04.73 ID:

(がっ……………がっ……………………がっ……………………………………)

セン「・・ご主人様・・・・」

男「・・・・・・・」

男「・・・なんでしょうか・・」

セン「・・・・・・、」

セン「最後に・・・一つだけお願いをしても・・・・」

セン「・・よろしいでしょうか・・・・」

男「・・・なんなりと」

セン「・・くすくす・・・・・・・・・・」

460:2008/08/28(木) 18:04:49.08 ID:

最後とか……
464:2008/08/28(木) 18:12:31.22 ID:

(がっ……………がっ………………………がっ……………………………………)

セン「・・私の前で・・風鈴を持ってほしいのです・・・・・」

男「・・・・・・」

セン「・・大丈夫です・・回ります・・・ご主人様が帰ってこられるまで・・・、」

セン「力を・・・温存していたのです・・・」

男「・・そのようには・・・見えません・・が・・・・・・」

セン「・・大丈夫ったら・・・・大丈夫なのです・・・・・」

男「・・・わかりました」

(すっ…………)

465:2008/08/28(木) 18:14:08.03 ID:

まわれえええええぇぇぇぇっ
467:2008/08/28(木) 18:20:08.45 ID:

がんばれがんばれ!!
468:2008/08/28(木) 18:20:35.23 ID:

がんばれ!!!!!!せん!!!!!!
466:2008/08/28(木) 18:19:50.90 ID:

セン頑張れ(´;ω;`)
474:2008/08/28(木) 18:29:08.63 ID:

(がっ………………がっ…………がっ……)

(…………………ぶん…………ぶん…………ぶん……)

(ぶん……ぶん…ぶんぶん)

(ぶ~ん…………)

(ぶ~ん……)

(ぶ~ん)

(ぶ~~ん)

(チリンチリーン……)

(チリーン……)

477:2008/08/28(木) 18:30:38.69 ID:

鳴った!
480:2008/08/28(木) 18:33:42.07 ID:

福音か
481:2008/08/28(木) 18:34:53.60 ID:

(チリンチリーン……)

(チリーン………)

(チリンチリーン……)

(チリーン………)

(チリン……チリーン)

(チリーン……………)

(チリーン…………………)

(チリン………………………)

(……………………)

(………………………)

(…………………………)

482:2008/08/28(木) 18:35:05.36 ID:

うわあああああああああああああああああああああ
485:2008/08/28(木) 18:36:20.32 ID:

。゜(゜´Д`゜)゜。ウァァァン
501:2008/08/28(木) 18:46:23.31 ID:

まだだ!まだ終わらんよ!
502:2008/08/28(木) 18:46:48.45 ID:

(…………………………)

(……………………)

(………………)

(…………)

(……)

504:2008/08/28(木) 18:47:49.07 ID:

せんちゃん(´;ω;`)
512:2008/08/28(木) 18:53:38.64 ID:

(´;ω;`)ブワッ
515:2008/08/28(木) 18:56:45.78 ID:

??「・・・さま、」

??「お父様お父様」

517:2008/08/28(木) 18:57:46.87 ID:

お父様…だと?!
520:2008/08/28(木) 19:01:19.13 ID:

え?え?え?
521:2008/08/28(木) 19:02:44.23 ID:

終わりじゃなかった……だと……?
524:2008/08/28(木) 19:07:19.18 ID:

お父様って 誰だよ!?
親父か!?とっつぁんか!?工場のおじさんか!?誰なんだぁぁぁぁぁぁ!!
525:2008/08/28(木) 19:07:40.28 ID:

??「お父様ったらお父様」

男「ん?なんでしょう」

??「なんでしょうではありません、なんどもおよびしたのです」

男「それは失礼」

??「いえいえ、」

??「かんがえごとをされてたのですか?」

男「・・・はい、少しだけ昔のことを」

??「そうですか」

男「そうですよ」

526:2008/08/28(木) 19:08:01.23 ID:

むかしのこと( :ω:)
528:2008/08/28(木) 19:08:57.12 ID:

このやり取り・・・ひっかかりまくるんだが
530:2008/08/28(木) 19:09:26.99 ID:

ままままさかああかあああ(´;ω;`)
532:2008/08/28(木) 19:12:23.07 ID:

(こんこん)

女「入りますよ、男さん」
男「はいどうぞ」

女「では失礼」

(がちゃ)

??「にこにこ」

女「おや、こちらにいたのですね」

??「こちらにいたのです」

女「そうですか」

??「そうですよ」

534:2008/08/28(木) 19:13:14.86 ID:

なんとなくよめてきて涙腺崩壊(;ω;)
539:2008/08/28(木) 19:17:35.22 ID:

(ぎゅ……)

女「どうして腕にしがみつくのです?」

??「にこにこ」

女「まったく、閃(セン)は甘えん坊な娘さんですね」

閃「にこにこ」

540:2008/08/28(木) 19:19:24.65 ID:

せーーーーーん!!!
544:2008/08/28(木) 19:23:32.10 ID:

(とんとん)

(とんとん)

男「あいかわらず料理がお上手ですね」

女「いえいえ、」

女「いい奥さんにはなれましたか?」

男「もちろんです」

女「そうですか」

男「そうですよ」

閃「にこにこ」

女「男さん、卵を3つとって頂けますか」

男「了解です」

~終わり~

545:2008/08/28(木) 19:24:14.86 ID:

乙・・ 久しぶりに良いスレに出会った。
550:2008/08/28(木) 19:25:06.52 ID:

乙。娘の名前はセンからとったのか
558:2008/08/28(木) 19:26:19.59 ID:

>>1超乙
最高だったぜ
562:2008/08/28(木) 19:26:56.16 ID:

すばらしい良スレ
乙でした
565:2008/08/28(木) 19:27:48.78 ID:

>>1おつ!
お前ら娘が生まれたら閃にしろよ!
579:2008/08/28(木) 19:34:47.32 ID:

おつかれさまです
>>1です

真面目にSSを書かして頂いたのは実は今回が初めてです

保守などの支援をして頂いた方
真剣に読んで頂いた方

本当にありがとうございました

590:2008/08/28(木) 19:38:54.50 ID:

>>579これは大物に化ける予感
594:2008/08/28(木) 19:41:45.08 ID:

処女作でこのクオリティ・・・>>1・・・恐ろしい子
600:2008/08/28(木) 19:43:02.85 ID:

素晴らしい作品でしたよ
物を大切にしなきゃとおもいました
1乙でしたね
609:2008/08/28(木) 19:47:26.88 ID:

こちらこそ
ありがとうございました

もう続きのないスレですので、レスなどは大丈夫です。もう十分すぎるほど力を分けていただきましたので・・・

では失礼します

ノシ

618:2008/08/28(木) 19:58:27.17 ID:

さっきから部屋の扇風機が可愛く見えてしょうがない…。
623:2008/08/28(木) 20:07:28.33 ID:

扇風機拭いてくるわ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。