【涙腺崩壊】母親との思い出(3)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 大人になった名無しさん 03/11/30 20:01

まだ、自分が幼かった頃は、
ただうるさかったり、ダサかったり、邪魔だなぁと思ってたけど、
何もかも無償で自分を受け入れてくれたのは母親だけだったよね。

そんな母、お母さん、かあちゃん、ママンとの思い出、感謝、反省を語るスレです。

338: 大人になった名無しさん 2005/09/05(月) 09:36:23
怖いんだけど、常にまっとうなことしかしないから心から反抗ができない。
そんな存在でした。

 

340: 大人になった名無しさん 2005/09/05(月) 20:13:07

小学校1年生の頃、お母さんに向ヶ丘遊園地に連れて行ってもらった。
その日は小学校の創立記念日で私は休みだった。
お父さんが会社に行くのを見送った後にお母さんが
「ユウちゃん(私)向ヶ丘遊園地にいこっか」って言ってドタで行く事になった。
花の時計を見たり、水が吹き出る射的みたいなもんとかやって一緒に遊んだ。
ジェットコースターもあって私はお母さんにしきりに「乗ろう乗ろう」って
ダダこねたんだけどお母さんは体が弱かったから困った顔をしてた。結局乗れずしまいで、
家に帰ってきてからも私は半ベソをかきつつ「お母さんのせいで乗れなかったんだよっ」
とか言っちゃって、今思うとひどいことを言ってしまったと後悔してる。
それが一番の母との記憶。

 

346: 大人になった名無しさん 2005/10/17(月) 03:07:13

最近、病気が辛くて仕方なかったけど
このスレに書いた自分のレス読んだら
もう一度頑張ってみようと思えた。

このスレがまだ落ちてなくて、ありがとう。
それから昨日叩いちゃったお母さん、ごめんなさい。
本当に辛かったんだ・・・。

 

351: 大人になった名無しさん 2005/11/05(土) 16:44:42

 幼稚園の時弁当の時間に仲良かったTちゃんがとなりに座ってて、
「おかずとっかえっこしよ」といってきた。 「うん、いいよ」と私。
そしたらTちゃんの反対側に座ってたAってコが聞こえよがしに耳打ちしたんだわ。
「Nちゃんのお弁当、ごはんばっかだから損だよ。 やめなよ」

たしかに私の弁当箱はご飯を入れるスペースが広かったんだけどね。
母の実家は米どころ宮城でさ。 いつもササニシキのとれたてを送ってもらってて。
しかも釜炊きだったから、私にとってはうちの白飯はご馳走だったわけ。
おむすび弁当だって大好きだった。
別にTちゃんには普通にその日のおかずのコロッケとかそういうのあげるつもり
だったんだけど、Aのこの一言でカーっと頭に血が上ってね。

次の瞬間号泣しながらAに掴みかかってった。 楽しいはずの弁当タイムに
突然女の子同士のつかみ合い勃発に大慌てで引き剥がす担任。
押さえつけられながら
「おかあちゃんのおべんとう美味しいもん!Aちゃんなんか大嫌いだ!」
とか延々さけんでた。 …弁当ひっくりかえしちゃったんだけどさ…

その後私とAは別々に呼ばれて事の発端を説明させられた。
その日のお迎えのときに担任が母と少しの間話してた。
(Aの親も同様になんかいわれてた)

帰り道、いつ怒られるのかとびくびくしてる私に母はなにも言わなかったよ。
いつもと全く変わらんの。 ただ、その日の晩御飯はいつもより時間が早く、
メニューは私の大好きなハンバーグだった。もちろん炊きたてご飯たっぷり。

 

352: 大人になった名無しさん 2005/11/05(土) 16:46:38

続き

で、次の日持たされた弁当がいつもと様子が違うわけ。
なんか包みがごつい。
「お弁当の時間まであけちゃだめだからね」と念を押された。

午前のお時間がすぎて弁当タイム。
中から子供の自分の顔なんぞすっぽり隠すくらいでっかいおむすびが1個出てきた。
おかずは卵焼き、唐揚げ、いぶりがっこ…だったかな。
もう周り中から羨ましがられたよ。
「いいなあー!さるかに合戦みたい!」
「僕もママに同じのつくってもらう!!」
照れ笑いしながら一生懸命食った。 たらこだの梅だのねりおかかだの
色々入っててさながらビックリ箱おむすび。
途中で腹くちくなったけど最後まで休み休み平らげた。 

帰宅してからっぽになった包み手渡したら、顔中くしゃくしゃにして喜んでくれましたね。
おかあさん有難う。改めてうちのご飯は世界一だと思ったよ。
ガキのクセに生意気な感想だけど。

家を出た今も、米は釜で炊いてるよ。
でーっかい具たくさんおむすびは私が落ち込んだときに作る
必殺入魂メニューです。

=長文にお付き合い頂いて有難うです=

 

353: 大人になった名無しさん 2005/11/05(土) 16:59:04
>>352 なんかいいなー。

 

356: 大人になった名無しさん 2005/11/05(土) 23:51:43
>>352 今「3丁目の夕日」観てきたからか。
涙腺緩みまくりで、
泣いてしまった。
お母さん何も言わないとこがもう。(T_T)

 

354: 大人になった名無しさん 2005/11/05(土) 22:36:48

先週、母ちゃんが死んだ。立派な最後だった。
…………なんて言いたかった。
御飯を炊いてくれたり、色々な物を買ってくれた母ちゃん。
本当に優しかった。
でも、バカな俺は、大学生になっても、親孝行一つもしてあげられなかった。
社会人になって、お金もたまって、やっと親孝行できる!!なんて思ってた所。
すると、明後日になって。突然電話がかかって来た。
姉からだった。「お母さんが倒れたの!!早く××病院に来て!!」
と、早口で、大声で言われた。その後、自転車で、病院に急いだ。

病室には家族が回りに立って泣いていた。………………遅かった。

母ちゃん……こんなバカな俺に色々構ってくれてありがとう。
そして…………何も出来なくてごめん。
こんなバカな俺のために………本当にありがとう。

長文失礼いたしました。

 

357: 大人になった名無しさん 2005/11/06(日) 05:28:59
俺、いま東京で浪人生してるけど、当たり前だと思ってた。
けど、このスレみておれ一人の受験じゃないんだなって思った
。親はあんたが受かるのが一番の親孝行なんだからねって言ってたの思い出した。
もう一週間授業出てなかったりタバコ吸ったり
友達と遊びほうけてる自分がなんてバカなんだと思った。
お母さん、お父さん、いまさらだけど僕は頑張ります。
スレ違いスマソ。

 

358: 大人になった名無しさん 2005/11/08(火) 19:51:59
>>357
がんばれ!!

 

361: 大人になった名無しさん 2005/11/24(木) 01:06:17

消防の頃、何か悪い事すると「あんたは荒川で拾って来たんだからまた捨てるよ」って脅されてたっけ。
でもな、そんなの絶対嘘だ。中学に入るまですげぇ太ってた俺を、水曜の夜のママさんバドミントンに連れて行って一緒にやってた時、他の人からいつも
「○○君はお母さんそっくりだねぇ。打ち方なんてそのまんま(笑)」って言われた。

アナタは間違いなく世界でただ一人の俺の母さんだ。

母さんがこの世を去るときに言ってくれた言葉「絶対に幸せになるんだよ」
もうこんな時に何言ってんだよと。幸せとは何かって教えてくれたのは母さんじゃねーのかよ。
こんなにもたくさんの涙が出るのは、母さんががいてくれて幸せだったからじゃねーのかよ。
自分の体を犠牲にしてまでここまで育ててくれた俺が幸せじゃないとでも思ってるのかよ。

もし戻れるのなら、あの瞬間に戻ってそう伝えたい。

 

362: 大人になった名無しさん 2005/11/24(木) 17:29:15

友達の結婚式で泣いたことがある。
お約束の「花嫁の両親への手紙」。
花嫁になった友が、「あなたたちの子どもに産まれてよかった、
いままで本当にありがとう」と用意した手紙を涙ながらに読み上げ、
披露宴会場はもらい涙のすすり泣きの音が聞こえた。

俺も涙がでた。
それはもらい涙じゃなかった。
「あなたたちの子どもに産まれてよかった」
そういう台詞を言ってみたかった。

酒乱の父と男遊びの激しい母。
小さいころからいつも家の中は怒号で鳴り響いていた。

自分が結婚したときは花束贈呈のみ。
「できることならあなたたちの子どもに産まれたくなかった。
自分の子どもには自分のような思いはさせない。」
そんな積年の想いをぶつけたかった花束贈呈だった。

今両親は未だに離婚していない。
自分は可愛い子ども三人に恵まれ、家族に囲まれた
今までの人生の中で一番幸せな時間を過ごしている。

両親はどうして幸せになれないのだろう?
どうして離婚して次のステップに進まないのだろう?

 

364: 大人になった名無しさん 2005/12/15(木) 23:12:17

受験生のくせして読破してしまいました。涙が止まらない…。
うちも母子家庭。特別貧乏ではなく、小さい頃から年に一度は旅行に連れて行って
もらってたし、海外にも何度も行かせてもらった。小学生の時には学校内に母子
家庭の子が何人かいたからあまり気にならなかったけど、中学受験して私立の学校
に通うようになると、母子家庭の子はほぼ皆無。その頃から両親が離婚していると
いう事がコンプレックスになり、周りの子達が羨ましくて仕方がなかった。
その事で何度も母を責めてしまった。その度に母は私に「ごめんね」と謝るばかりだった。
でも母は、出来る限りのことを私にしてくれていた。両親が揃っていない事で私が惨めな
思いをする事がないようにと、小さな頃から私の洋服や持ち物にも気を使ってくれたし、
習い事もたくさんさせてくれた。仕事で忙しいのに6年毎日お弁当も作ってくれた。
こうして書いていると、私って幸せだなって改めて思う。そして、なんて親不孝なんだろう。
ほんっと最低な娘。もう二度と母を責めたりしません。今まで本当にごめんなさい。
一人っ子で面倒を見てくれる兄弟のいなかった私は、休みの日はよく母の職場の病院
に連れていかれ、そこでも周りの人に温かくしてもらったのにも関わらず、
「私は将来は病院でだけは働きたくない!」などと言っていた。でもね、今の私の夢は、
病院で働く人になること。その話をした時、母はとても喜んでくれた。
なのに、思う様に勉強が進まないと、また我侭で天の邪鬼な私が顔を出し、
「どうせ無理だからもういい!」と八つ当たり…。本当酷過ぎる…。
センターまで残り少しだけど、最後まで諦めないで頑張るからね!
もう絶対に意地悪なこと言わないし、受験も一生懸命頑張るからずっと
仲良くしてね!!お母さんの子で本当に幸せ。だから、これからはお母さんに
「この子が娘で良かった」って思ってもらえるようになるから!!
ずっとずっと長生きして、また一緒に色んなとこ行こうね!

長文&駄文ごめんなさい。そして目を覚まさせてくれ皆さん、ありがとうございました。
今日から一生かけて親孝行します。

 

365: 大人になった名無しさん 2005/12/16(金) 06:36:09
364
ガンガレ!ガンガレ!モニターのこっち側から応援してるから!
その気持ちは絶対お母さんに伝わるからさ!

 

389: 大人になった名無しさん 2006/01/14(土) 01:06:32

ー母へ。

私もようやく二十歳になれた。もう2年も経つんだよ。

『いきなりどうした』って?なんか急にお母さんと話したくなってさ。
実はずっと前から二十歳になったら、
お母さんに手紙を書こうと思ってたんだ。
まさか死ぬなんて思わないさ。
早すぎますよ、42歳なんてw冗談にもならない。そのせいで私が今どんなに苦しんでいるか見せてあげたいよ…。
私を愛してくれてましたか?
今でも私を心配してくれていますか?
お母さんの愛情は兄貴に傾き過ぎてましたよ。私に対して愛情があったのか、わからなかった。
次に会うときは、もっとわかりやすく!!

あ、文句言いに来たんじゃなかった。
ずっと言いたかった事があるんだ。

自分を産んでくれた事じゃないよw
可愛い妹を産んでくれた事。
本気でその日産まれた中で1番可愛い子連れてきたんだと思った。
妹の全てが愛しいよ。
自分を踏み台に使ってくれても構わない、誰よりも幸せになって欲しいって
心から思える。
9つも離れてるからかな、妹ってこんなに可愛いんだね。
私は幸せだよ。
お母さんの代わりに大事に大事に育てるよ。
だから一つお願いがあります。

お母さんが生まれ変わっても、
また私とあっちゃんを同じ姉妹で産んで下さい。

 

392: 大人になった名無しさん 2006/03/15(水) 12:14:49

小学一年生の頃、六年生の修学旅行が広島で、原爆ドームに持っていく折り鶴をみんなで折ることになった。
一人何個作るか決められていて帰宅した私は母にその事を話した。
すると母は何かのラッピングだった(多分クリスマス)包装紙を持ってきて丁寧に切っていった。

可愛い包装紙だった。
折り方がわからなかったけど母と作る折り鶴は楽しくてすぐにたくさんできて、
学校に持っていけば喜ばれるだろうと話した。
嬉しかった。
翌日、六年生の人にドキドキしながら渡すと「これは折り紙じゃないし模様があるからダメ」と言われた。

ショックだった。せっかく母が頑張って手伝ってくれたものなのに…と。
泣きそうだった。母に何て言おう、がっかりするんじゃなかろうかと。
帰宅して事情を説明すると笑顔で「仕方ないね」と言った母に、
小さいながら申し訳ない思いでいっぱいだった。

今でも少し悔しくなります…

長々すみません。

 

398: 大人になった名無しさん 2006/06/28(水) 15:31:57

小学校1年の時、おはじきを使った計算がどうしてもできなかった。
教科書に載ってる、上の段に犬の絵が書いてあって、下に犬小屋が書いてあって、
ひとつずつおはじきを乗せて、「どちらが多いでしょう?」
とか、そこらへんで躓いてた。

私の頭の中では、犬と犬小屋は違う物なのに、比べることなど出来るわけがない
というような謎の理論がまかり通っていて、そのせいで理解できなかったんだよね。
犬小屋と犬の数を比べるってことが。今思えば本当にあほな子だ。

さすがの母も焦ったらしく、毎晩特訓してくれた。
おはじきを持ち帰り、根気強く こうやって、こうやって、と手順を教えてくれる。
でも手順はわかるんだけど、理解ができない。
母はキレてしまい「どうしてあんたはわからないの!」と怒鳴るから
「だって、犬と犬小屋は違う物だし…」とかごもごも言ってみた。
すると母は
「犬が犬小屋に入りました。1匹しか入れません。犬があまるでしょうか?犬小屋が余るでしょうか?」
と言った。問題の意味がようやくわかったあほな私。

 

404: 大人になった名無しさん 2006/08/24(木) 01:51:52

涙が出て全部読めねーじゃねーかヴォケ!だから書く。

うちの母親の作る弁当は、必ず「おにぎり」でした。
幼稚園の時も。小学校の遠足の時も。
それを友達にからかわれて恥ずかしかったから、弁当は隠して食べる事が多かった。
おいしかったのに。

普段は普段で「おいしい」って言うと同じメニューが2、3日続く事があった。
子供だった自分はそれが嫌でたまに文句を言っていた。
その後父親が亡くなり、一人で働いて自分たち兄弟を育ててくれた。
そんな母親が、自分が社会人になってすぐに病気になってしまった。
病気と向き合いながらも、強く生きている母親。
母さん、もう母さんの「おにぎり」は食べられないけど、そんな事はどうでもいいよ。

とにかく長生きして下さい。

 

405: 大人になった名無しさん 2006/08/25(金) 15:12:10
>>404
おまえのも 涙が出て全部読めねーじゃねーかヴォケ!

 

406: 大人になった名無しさん 2006/08/27(日) 21:27:23

今回の帰省は自分なりに親孝行したつもりでいました。
父が大病を患い、母も心労で相当疲れきってました。
そんな両親を、行きたい所へ連れてって、食べたい物を食べさせて、
できるだけ傍についててやりました。
ところが私が帰る時、駅まで見送りに来てくれた母は
私が階段を上がっていく姿を痛めた膝や腰をかがめてまで、
私が見えなくなるまで手を振り続けてくれていた。
その姿を見た私は、電車の中で思わず涙した。
自分では十分親孝行したつもりでいたのに、
心の支えにはなってやれてなかったことに気づきました。
あんなに寂しそうな母を、私にはどうしてやることもできず、
病床の父を楽にしてやることもできず、
何の力にもなれない自分を責めました。
今まで苦労して私を育ててくれた両親に対して、
なぜ恩返しひとつできないのかと…。
病気の父と、心労で倒れそうな母を思うと、
あまりにも辛くて悲しくて、
何かをしてる最中でも涙が溢れて来ます。

私は今度生まれ変わる時はもう人間には生まれて来たくないです。
こんなに辛い思いをするなら、
一人ぼっちでも生きていける野性の動物に生まれたいです。
お父さん、お母さん、こんな無力な娘で本当にごめんなさい。
幸せにしてあげられなくて、苦労ばかりさせてしまった事を
許して下さい。

 

409: 大人になった名無しさん 2006/09/12(火) 23:52:38

泣きすぎで目が腫れる・・・・

小さいころ、いつも母親と一緒に遊んでた。
幼稚園の先生してたから子供と遊ぶのが得意だった。

近所の子供も混じって色んな遊びを教えてもらった。
雨の日も室内で出来る遊びを教えてくれ、毎日が楽しかった。
夜寝る前は絵本も読んでくれた。兄弟三人で並んで聞いた。

皆母親が大好きで、帰ってくると「母さんは?」ってすぐ聞く。父親もwww

今は皆大きくなって母親を疎んじる事もあるが、大切な存在で、幸せに生きてほしいと思ってる。
就職も決まったし、いままで沢山漏れのために使ってくれたお金や愛情を返していきたい。

長生きしてくれよ。父ちゃんと母ちゃんの老後くらい面倒みてやるから

 

417: 大人になった名無しさん 2006/09/29(金) 22:55:44
今日は俺の36歳の誕生日だった。
お袋が誕生日おめでとうと電話してきたのだが何やら
様子がおかしい。長年患ってた糖尿病の影響で眼が
見えにくくなってきており近日レーザーを眼にあてる
治療をするそうだ。だが最後にはいつものように早く定職に
就いて結婚しろと愚痴を言ってくる。情けない話だが
5年前に保険会社を辞めてからずっと気ままなフリーター
暮らしを続けてきた。金欠の時にはお袋から金を借りたり
もした。いつもの愚痴は鬱陶しいなと聞き流してたが
今日はなんだか身に染みた。糖尿病で失明するというのは
知識としてあったがまさかお袋がそうなりそうだとなると
俺は何やってんだという気持ちでいっぱいだ。がんばって
職探して早いとこ結婚して眼が見えるうちに孫を見せれる
ようにがんばるよ。お袋今までぐーたらでごめん。

 

419: 大人になった名無しさん 2006/10/02(月) 20:57:48

スーツケースの後ろ姿を弟と見送りました

セピア色の想い出です

どうか生きていて下さい

 

420: 大人になった名無しさん 2006/10/06(金) 13:54:47
中学生の頃 一部の男子と上手くいかない時期があって
これ見よがしに何か言われたり掲示物に悪戯されたり
強がってたけど本当は凄く悲しくてもう登校したくないって思った
いじめが原因で自ら命を絶ってしまった子のニュースをぼんやり見ながら
「もし私がこうなったらどうする?」ってなんとなく聞いてしまった。
お母さんは間髪いれずに
「相手の子を殺してしまう」
と言った。いつも優しくてお茶目でお笑い番組のどつきにすら
難色を示す人からそんな暴力的な言葉が出るとは思わなくてビックリして
なんだか解らないけど涙がジワジワ出てきて
「冗談だよ」って無理やり笑顔作ったけど自分の部屋で泣いた。
そんな事一瞬でも考えさせてごめんね。
お母さん大好き。またお母さんの娘に生まれたい。お母さんの娘じゃなかったら
生まれ変らなくていい。長生きしてね お母さん優しすぎるから心配だよ。

 

423: 大人になった名無しさん 2006/12/16(土) 02:40:02
>>420
なんかすごく涙が止まらないよー。あなた凄く綺麗な心持ってるんだね。
これからもずっと、お母さんを大切にしようね。
私も素直になれるよう頑張ろう。

 

424: 大人になった名無しさん 2007/01/14(日) 08:14:12
風邪をひきかけたとき、お母ちゃんに「ちょっとしんどい」って言ったらいつも
「じゃあ今日はもう寝た方がいいね」って布団をひいてくれた
(いつもは自分でひかなきゃいけないけど風邪の時は特別)
敷布団とシーツ、枕を置いたら私が寝転がって
お母ちゃんが上から毛布と掛け布団をかけてくれる
そのあと「おやすみ~」って言って電気を消してお母ちゃんが部屋を出ていった後
私は真っ暗すぎてなかなか寝つけないんだけど、毛布のニオイを
くんくんかいで、あーいいにおい!と思いながら幸せな気分になってたなあ

 

426: 大人になった名無しさん 2007/01/18(木) 00:10:35
俺の高校は結構ガラの悪い高校で偏差値も低いんだが 
中学のときは悪かったであろう友達と飯食ってるんだよ。
そしたらそいつが親の作ったおにぎりをバッグから出して、「腹いっぱいで食えねーよー」
とか言ってるんだよ。普段は売店で買ったポテトとかあまったら捨ててるようなやつなのに
おにぎり食いだしたんだ。で、一言、「俺、親の作ったものは絶対捨てらんない
んだよねー」って。いいやつだなーと思ったよ

 

427: 大人になった名無しさん 2007/01/28(日) 01:20:41

泣ける2ちゃんねるで母親の事を思い出したので書きます。

俺は3人兄弟の末っ子で、うちはとっても貧乏だった。
父親はアル中で職を転々とし、荒れると、母や兄に暴力をふるい、
母がパートで家計を支えるという典型的な貧しい家庭。
だから小学校低学年~中学あたりまでは、ろくな思い出がない。
うちの家族が一番大変だった頃(確か小学校2,3年の頃だった気がする)
母が俺の誕生日にプレゼントを買ってきてくれた。
たしか300円くらいのガンダムのプラモデル。
その当時、すごく流行っていたけど、
もちろん、うちに、そんなものを買ってくれる余裕はなかった。
だからとてもうれしかった。
ガンダムのプラモだ!って。
喜んで、良く見ると、
ホワイトベースのプラモだった(笑)
正直がっかりしたけど、兄に作ってもらった。
友達は、ガンダムとか、ザクとか、人気のあるプラモを持ってたなぁ。

けど、あれ以来、あのホワイトベース以上のプレゼントをもらったことはないな。
たぶん、母親は覚えてないだろうけど、あの時は本当にうれしかったな。
いつかこのことを話したいけど、照れくさくてダメだ。

 

428: 大人になった名無しさん 2007/01/28(日) 01:30:41
>>427
言えるうちに言っておいたほうがいいぞ。
後悔したくなかったらな。

 

430: 大人になった名無しさん 2007/02/01(木) 17:49:29

みんな泣けるものばかりだな。
じゃ、俺もひとつだけ置いていこうか

俺が高校入試を控えていた中3の頃の話だ
裕福とはいえない家庭に生まれた俺はちょっと家庭に問題を投げかけていた
いつも親に迷惑かけて、高校はここじゃないと嫌だとか言ってたっけ
だけど夏休みを境に人間自体が変わって、家庭の事情も理解できるようになっていたんだ
それからは親の手伝いとか一杯して、少しでも楽をさせてあげようと思った
そんなこんなで高校入試は前日に控える
どうやら体調管理に一番気を遣っていてくれた母親が風邪を引いたらしい
風邪なんて1年中で引くか引かないかっていうぐらい丈夫な体だった
俺の為にって健康管理に気を遣ってくれたっけ
そしたら本人が体調崩してさ、もう何でもないよね
なのにも関わらず、昼間に買いだしに行って
滅多にでないトンカツとか刺身とかかなり豪勢な晩飯だった
その日のトンカツ・・・本当においしかった
おかげで高校も入学できたし、全部母親のおかげだった
合格発表の時は仕事で一緒に喜びを分かち合いたかったけどできなかった
でも真っ先に母親に電話したら電話越しから聞こえたかすかな母親の鳴き声
この家の長男だったし、きっと凄い嬉しかったんだろうな
そんな母親は50歳過ぎてもいつまでも俺の自慢の母親だ

 

431: 大人になった名無しさん 2007/02/16(金) 03:12:38

 

432: 大人になった名無しさん 2007/02/16(金) 03:14:28
 

433: 大人になった名無しさん 2007/02/16(金) 03:17:39

 

434: 大人になった名無しさん 2007/02/16(金) 03:37:24

(‘A`) カーチャン、県立高校落ちた。

J( ‘ー`)し カーチャン、お金がなくて私立は通わせられないよ。定時制でいい?

4年後
(‘A`) 採用試験、また落ちた。定時制じゃだめなのかな?

J( ‘ー`)し タケシはイイ子だから、そのうちイイ仕事が見つかるよ。のんびり探してごらん。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
J( ‘ー`)し 今の時代、パソコンぐらいできないとダメなのかも・・・
      タケシ、パソコンを買おうか?

(‘A`) パソコンかー、欲しいいけど貧乏でお金ないからいいよ。

J( ‘ー`)し カーチャン、パートの仕事増やすから大丈夫だよ。

<店員> インタネットセッティングサービスを含めまして25万円です。

J( ‘ー`)し こんなに高い買い物をしたのはオトーチャンが死んでから始めてだよ。
      タケシ、いい仕事が見つかるとイイネ。

 

435: 大人になった名無しさん 2007/02/16(金) 03:39:19

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(`Д) インターネット、オモシレーなー。ネットゲーム最高だぜぃ。お!レア物ゲトだぁ!

J( ‘ー`)し タケシ、パソコンのベンキョウ頑張ってるなー。いい仕事が見つかるといいねー。
      カーチャンも頑張らなきゃ。

(`Д) ・・・・(パソコンの勉強か、そのうちやるよ。今、ギルドの幹部になっちまって忙しい)

J( ‘ー`)し タケシ、カーチャン、ちょっと疲れた。肩を揉んでほしい

(`Д) 今、ベンキョウで忙しいんだよ

J( ‘ー`)し タケシ、ガンバッテルナー。カーチャン、嬉しい。いい仕事が見つかって、優しい彼女も
      できるよ。

カーチャンの入院

J( ‘ー`)し 病院まで10kmもあるのに自転車で見舞いに来るなんて、タケシは親孝行だね。
      パソコン頑張ってるから、自動車も買えるようになるよ。

(‘A`) ・・・・(カーチャン、俺ホントはゲームしかしてないんだよ。)

 

436: 大人になった名無しさん 2007/02/16(金) 03:41:35

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<医師> おかーさんは、急性白血病で、緊急の事態を要します。

(‘A`)・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(‘A`) RMTの掲示板に書き込んだ
    「リ○ージュのアカウント、レアアイテム、ギル売ります。格安です。」

(‘A`) 売ったお金でーチャンが好きなチーズケーキとヨーグルトを高いお店で買った。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
J( ‘ー`)し タケシ、チーズケーキおいしいよ。でも高いんだろ?お金はどうしたの?

(‘A`) パソコンのバイトで稼いだんだよ

J( ‘ー`)し パソコン買ってヨカッタね。もう、いい仕事が見つかったんだね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
カーチャンが死んでガランとした病室

<看護婦> タケシ君、パソコン得意なんですってね。オカーサンが毎日自慢してたわ。
       パソコンが得意だからいいお仕事がたくさんあるんですってね。

(‘A`)  ウワァァァァーン

 

437: 大人になった名無しさん 2007/02/26(月) 23:32:27
泣ける…

 

439: 大人になった名無しさん 2007/03/09(金) 10:57:40

お母さん大好き。
太陽のような人だ。

私が失敗したときやつまずいたときには、『くよくよするな!』『母さんが助けてやる!』と笑い飛ばし、
私が傷ついたときには一緒にわんわん泣いて、なぐさめてくれた。

母さんがいなければ私はダメになっていたかもしれない。
ありがと。ありがとう。

今は一人暮らしだけど、お母さんと一緒に暮らしたい衝動にかられます。
最近弱ってるからかな。

春になったら会いに行くね。

 

444: 大人になった名無しさん 2007/04/06(金) 07:02:25

家が旅館やってたから母さんはバリバリの女将だった。いい着物を着て旅館の仕事まわしてた。
でも父親はろくでもないから外に女つくったあげく、離婚・商売たたむことになった。
生活は一変。母、姉、私、母方の祖母でアパート暮らし。私だけ親戚の家に居候したこともあった。
でも、私立高校も転校することなく大学まで行かせてくれた。慣れない会社勤めしてさ。
数年後には母ひとりで新居まで建てちゃった。70歳までローン地獄。それでもカラカラ笑ってた。

そんな母がしみじみ私に謝ったことがある。新居への引越しのとき。
二人で荷物を運んでたら、急に母が「私が離婚さえしなかったら、アパート暮らしもしなくてすんだし…。
慌ただしい引越し何度もしなくてよかったのにね。ごめんね。」って。私は呆気にとられてしまった。
離婚の直後も、母は「あんたたち子供のことは何があっても一生守るから」ってそれだけを毅然と言い放っていたから、
母が建てた新居への引越しの日にまさか謝られるとは思ってなくて、びっくりした。
「あのまま親父と離婚してなかったら、こんなピカピカの家に住めないよ!だから私、今のほうが幸せ」
って冗談めかして言ったら、「そやなぁ。あんた、ええこと言うなぁ」って母が笑ったから安心した。
この時ほど神妙な顔の母を見たことがない。今でも脳裏に焼き付いてる。

最近、母がローン組んで家建てた理由が分かった。
「娘二人をちゃんと『私たちの家』から嫁に出したかった」
「二人がいつ帰ってきてもずっと変わらず居場所があるようにしたかった」

冗談じゃなく、母さんといる今が幸せ。1番幸せ。
まだまだ嫁になんか行ってやんないw

長文失礼しました。

 

445: 大人になった名無しさん 2007/04/08(日) 11:26:05
>>444 (ノД`)
カーチャンカコイイ
おまいもローン手伝ってやってな

 

447: 大人になった名無しさん 2007/04/10(火) 22:59:31

このスレ読んでて、ふと母親の顔見たくて、1階へ降りた
どうやら風呂に入ってるみたいで、いなかった。

なんか、こんなすれ違いが大きくなって
最後には会えなくなるんだろうな、と思った。

 

448: 大人になった名無しさん 2007/04/11(水) 23:19:37

まだ俺が小さかったとき、なにかつらい事があれば「おかぁが守ってあげるから!」と元気いっぱい励ましてくれた母。
「パソコンを使った仕事がしたい。」そんなガキッちぃ俺のわがまま聞いてくれて
「おまえが仕事楽しくできるんだったら。」と、金もないのに、借金して専門学校に行かせてくれた。
そんな俺も成人になり無事就職。先週2年ぶりに帰郷した。

その日、母と久しぶりにスーパーの買出しに行った。
ふと、隣で歩いている母に目をやると、あんなに心強かった母がすごく小さく見えた。
今まで苦労かけっぱなしだったね。
これまで自分を支えてくれた分、これからはたくさん恩返しをしたい。
ありがとう。

 

449: 大人になった名無しさん 2007/04/17(火) 12:56:12

癌で入院した母を見舞い、病室でバイバイしたのに後から追いかけて降りて来て出入り口で見送ってくれた母。
私が見た正気で元気な最後の母の姿…

あれから4ヶ月、今生に母は居ない。

母の意識がしっかりしているうちに伝えたかった。
「私を産んでくれてありがとう」

最期のお別れまで言えなかったけど、本当に感謝しています。

 

452: 大人になった名無しさん 2007/04/21(土) 22:04:29
僕の母も癌でした。胃を全部切除する手術を受けましたが、容態が回復することなく世を去りました。
僕が結婚して5ヵ月後のことでした。「千の風になって」と言う歌を聴くと涙が流れてなりません。
僕の母も千の風になって僕を見守ってくれているのでしょうか。
父親が脳梗塞で亡くなり七年後のことでした。
お父さんお母さん、僕を育ててくれて本当にありがとう!この思い、
両親に届けてくれ・・・千の風よ!

 

454: 大人になった名無しさん 2007/04/22(日) 05:03:39
俺、母さんに凄く感謝してる。
苦しい時、辛い時、いつも励ましてくれた。
中学校、高校、と落ちこぼれた。
母さんは俺を見捨てなかった。
俺がどんなクズでも。
いまは浪人生してます。
母さん巨人ファンなんだよね。
来年大学に合格したら、東京ドーム連れていってやりたい。
母さんは女の鏡だと思う。大事にしたいよ。
心から感謝してます。

 

455: 大人になった名無しさん 2007/04/22(日) 23:38:54
おまいら、まじでニートの俺を泣かさないでくれ
おれ
どうしたらいいんだよ

 

456: 大人になった名無しさん 2007/04/27(金) 00:09:51
>>455
そう思えることが素敵すぎる。
おまえはきっと、母親にとっては優しい自慢の息子のはずだよ

 

458: 大人になった名無しさん 2007/06/04(月) 01:46:46

母親の思い出

俺が中学校のとき。
父親が浮気していて、ほとんど家にお金を入れてなかった。

一方、俺は中学になって、周りのダチがオシャレに目覚めて
あれこれ服とか自分で買うようになった。
それまでは母親がダイエーとかで買ってた服を着てたんだけど
なんか恥ずかしいのと、仲間はずれになるのが怖くて、
母親に「俺も自分で服を買いたい」って言ったんだ。

そしたら5千円くれて、
それで心斎橋のアメリカ村に服を買いに行ったんだ。

初めてだったから、なんか舞い上がって
変なズボン買っちまった。

でも、気に入っていつもはいてた。

で、ある日、父親が母親に「髪の毛のセットもせずにみっともない!」
ってののしってたんだよ。

どうも母親は自分の美容院代を俺にくれたらしい。
それで髪の毛をセットできなかったんだ。

今、思い出すとちょっと泣ける。

 

459: 大人になった名無しさん 2007/06/04(月) 07:09:07
ここのエピソード見てると母さんに会ってお礼を言いたくなってくる
もう母さん居ないけどね

 

461: 大人になった名無しさん 2007/06/09(土) 13:01:32

スレ違いなのは承知しているけど…

この前近くの神社まで散歩したんだ。
絵馬がたくさんあって、あまりいい趣味じゃないなと思いながらも
いろんな願い事を見ていたんだ。
「受験が合格しますように」「○○と一緒にいられますように」…
そんな中で、一番小さく安い絵馬板に
たぶん小さい子供と思われる字で、

「おかあさんの びょうきを なおしてください」

事情はもちろんわからない。どんな病気かも知りようが無いし。
けど、この子の願いが叶うよう願うよ。
本当に心から願う。

 

462: 大人になった名無しさん 2007/06/09(土) 13:39:19
まだ小学校に入る前、(年齢は覚えていない)山の中の一軒家の母の故郷に行った。
山といっても小さな里山で、その山一つと山を下ったところにある田圃が祖父の土地だった。
山には竹やぶがあり、雑木林あり、いろいろや果樹があり、祖父が炭焼きをする炭焼き小屋があり、山羊もいた。
家はかやぶき、電気は来ていたが、ガス、水道無し。
家から少し離れた所に、月見草の花が自生していた。「月見草は花が咲くとき音がなるよ」と母が言ったので、夜、母にせがんで月見草の咲く音を聞きに行った。
暗い中、母と並んで、じっと静かに花の音を聞こうとしていたのを思い出す。
月見草を見るたびにその時のことが思い出される。
この家は能登半島にあるが、だれも住んでいない。後に田圃がダム建設に伴い、買い上げられたので、叔父が町のほうにひっこしたからだ。
「今度の地震でつぶれただろうかねえ。」と年老いた母が先日つぶやいていた。

 

464: 大人になった名無しさん 2007/06/09(土) 16:06:02

母は後妻だった。
先妻は4人の子どもを残して別の妻子ある男と駆け落ち。
そんなところへ、母はお見合いでやってきた。
昔の事、30歳を過ぎた母には後妻の口しかなく、一応写真を見て2択のうちから選んだと聞いた。

母親に捨てられた4人の子ども達。当時、11歳、9歳、7歳、5歳。
下の2人はそれなりに懐いたが、上の2人は反抗的で大変だった。
その後、兄と私が生まれ、6人の子どもを抱えて母親は苦労の連続だった。
父は、真面目でよく働く人のがとりえだが怒りっぽく気難しい人だった。
別に道楽しないし暴力もふるわないが、いたわりの言葉をかけるわけでもない。
貧乏に子だくさんだったのもあり、家は母に任せ、ひたすら働いていた。

成長につれ、兄や姉達は、ぐれかかったり、大病をしたり、散々母の手を煩わした。
自分の子ども達よりも常に先妻の子ども達を優先した。
自分の子どもを決して甘やかすことがなかった。
兄たちの母親が違う事を正式に知らされたのは小学校の高学年だったが、
幼いときから、なんとなくそれを察していたので私は自分なりに母に甘えたい欲求不満を抑えていた。
それどころか、母親が何かしてくれようとするのに、遠慮してしまう変な子どもだった。

しかし、いかんせん子供の事、チック症状などが出ていたが。
まだ私が1年生くらいのあるとき、なぜか母と2人のとき、ポツリと母が、
「どこか遠くに行きたい」と言った。「私も連れて行って」というと、
「いや、ひとりで出て行く」と言った。
その言葉がショックだった。
それから家から帰ると、母の所在を確認し、いないと不安で居たたまれなくなるようになった。

しかしながら、母は出ては行かず、苦労のかいがあって、
上の兄や姉達にも「お母ちゃん」「お母ちゃん」と慕われ、
孫たちも自分の本当のおばあちゃんだと思って懐いている。
父が元気で真面目に定年まで働けたこともあり、経済的にもだんだんと楽になっていった。

今では年金で悠悠自適。しかし、あるときポツリとつぶやいた。
「もっと遠慮しないで自分の子ども可愛がったらよかった」
「なんで、叩かんでもいいのに、自分の子ども叩いたんやろう」
甘えられない私も寂しかったが、自分の子どもを可愛がるのを抑えた母は辛かったろう。
その反動もあるのか、今、自分の血を引く孫(自分の息子の娘)を猫かわいがりしている。
それはどうやら「孫を可愛がる」と言うよりも自分の子どもに対する代償らしい。
そんなこともあり、今、私は、母がしてくれることをありがたーく受け取ることにしている。
しかし、サプリメントをやたらともってやってくるのは少し閉口しているが。

 

472: 大人になった名無しさん 2007/08/06(月) 13:10:45
>>464
思わず涙が…。
サプリメントはワロタ

 

468: 大人になった名無しさん 2007/07/07(土) 20:14:33

俺の母ちゃんは俺が生まれた直後くらいから持病を悪化させて長らく入退院を繰り返し、
俺は同居してた婆ちゃんに面倒を見てもらってた。
そのお陰で母ちゃんは俺のハイハイにも初めて立ち上がったのにも立ち会えなかった。

しばらくして、母ちゃんが退院してきた時…
門を入ってきた所を見た俺は、婆ちゃんに一言「あの人だーれ?」って言って人見知りしまくった…
幼児のことながらその場面は鮮明に覚えてる。
母ちゃんも「子供に人見知りされた」って、ちょっと泣いたらしい…

そんな母ちゃんは今は病気も完治して元気に仲良くやっとります。

 

469: 大人になった名無しさん 2007/08/05(日) 01:50:08

うちの母親は俺が2歳の頃に離婚し、女手ひとつで子供3人を養うために働きづめだった。
そのせいで母親と一緒にいた記憶もあまりない。どうも母親と俺がぎこちなかったのは覚えている。
母親は俺にはそっけなかったから。

その母に年長の頃1度だけ動物園に連れて行ってもらった事があり、
帰りにパンダの縫いぐるみを買ってもらった。
初めて母親と2人きりで出掛けられた上に高いお土産まで買ってもらって。
俺は本当に泣きそうな位嬉しかった癖に何も言えず、母親も特に何も言わなかった。
帰りもお互い無言だった気がする。

話はそれだけなんだけど、最近何故か母親がいきなり当時の事を話してワンワン泣き出した。
母親によると、父親と離婚してからは生活する為に働いてばかりで、
俺の面倒をちっとも見れずに俺は次第に無口になっていたそうだ。
(俺の面倒は歳の離れた姉が見ていた)
そんな俺を喜ばせようと張り切って動物園に連れて行ったが、
俺は全然楽しくなさそうで
「自分はいい母親を演じたい為に無理に動物園に連れて行っただけなんじゃないか」
と凄くへこんだそうだ。

オマケに上の姉2人は同性だからある程度理解は出来たけど、
男の俺にはどう接すれば良いのかもよく分からなかったらしい。
「あの頃は母さん馬鹿でごめんね」と謝られてしまったよ。

人の記憶って面白いなと思う。あの時俺には“何も言えなかった後悔”が残り、
母親には“子供を分かってあげられない悔しさ”が残ったんだから。
素直に言葉に伝えるのは難しいけど言わなきゃ伝わらないんだよな、お互い。
…俺は嬉しかったんだよ母さん。

 

471: 大人になった名無しさん 2007/08/05(日) 11:25:26

お袋とも思い出は沢山あり過ぎて何を書いたら良いか分からないけど、
俺は五人兄弟の末っ子で兄弟とは年が離れててお袋は俺を45歳の頃に産んだんだよね
年行ってから産まれたし末っ子って事でお袋には可愛がって貰ったよ

そんなお袋も二年前の六月に末期癌で天国に行きました

77歳だった

親孝行何一つも出来ずにお袋は逝ってしまった

おかん 今まで育ててくれてありがとう

おかんの子供に産まれて幸せでした

 

473: 大人になった名無しさん 2007/08/09(木) 05:02:40

俺こんなこと言ってもアレだけど、母さんを大事にしたい。
中学生時代に荒んだアホだったし、取り柄と言ったらソフトテニスぐらいで、
相当なアホだったから、まともな高校にも行けなかった。
高校時代は真面目に勉強して、指定校推薦で大学も決まってたんだけど、
もっとレベルの高い東京の有名大学に行きたくて辞退しました。
高校側、大学側にも大変申し訳ないことをしたと思うし、当然ながら担任は激怒したし校長からも呼び出しをされて、大変怒られました。
担任と進路担当の教師と校長に謝罪しなくてはならないから、母さんと学校に行ったんだけど、
その時母さん泣きながら、その場にいた担任、進路の教師、校長に必死で謝ってくれた。
俺、凄い情けなかった。
自分を本気で愛してくれている、母さんをこんな形で泣かしてしまった自分に。
俺は帰りのバスで母さんの顔さえ見れなかった。
でも母さん俺に、
「浪人してでも行きなさい。
アンタはアホで根性なしやけど、そんなアンタのサポーターになっちゃるから。」
母さんの言葉に涙しました。
久々に母さんの前でおもいっきり泣いた。
それから人が見違えるぐらい勉強した。
現在浪人中です。来年東京に母さんを連れていきたいです。
母さんは俺の誇りです。
日本生まれの日本育ちの俺は、普段面と向かって言えないけど、ここで言わせてください。
「母さん。
親として母さんを愛してます。
こんなボンクラ息子を愛してくれてありがとう。
母さん。
いつまでも健康で優しく、幸せでいてください。」

長文&チラ裏ですいません。

 

475: 大人になった名無しさん 2007/10/07(日) 11:36:27
ちっちゃい時肺炎で入院して
毎日母がきてくれた
ある日母はおもちゃを買って来てくれて
そのおもちゃというのがコロコロ転がしてラインがひけるようなスタンプだった
それで遊んでみると不器用だった自分はラインがまっすぐにひけず
それだけで腹が立って「こんなんいらん」と泣きわめいた
それでも母は「ごめんな、お母さんが悪かったな」って言ってた
いまおもえばなんてわがままだったんだろう
退院してお母さんの自転車のうしろにのっけてもらって帰ってるときも
足が車輪にからまってびっくりして「お母さんのせいや~!」って泣きわめいたり
今でもそんなこと思ってないのに
ささいなことで腹が立って「うっとおしい」とか「だまれ」とか…
ごめんよ親不孝で

 

476: 大人になった名無しさん 2007/10/08(月) 20:49:46
>>475 
車輪に絡まった足は無事だったのか?
でもやさしい母さんだなぁー、

 

477: 大人になった名無しさん 2007/10/09(火) 02:07:58
幼稚園のとき、母親が入院した。
毎日、お見舞いに手紙書いていって渡した。
その手紙を母は大切にとってくれてて、
10年後のあんたに見せる(^_^)
って言ってた。
今も持ってるんかなぁ。

 

478: 大人になった名無しさん 2007/10/30(火) 01:00:31
>>477
絶対持ってるよ。その手紙はなにより大切だろうなぁ

 

487: 大人になった名無しさん 2008/02/19(火) 20:09:31
オレは妻がいて、心から愛してはいるが、自分の事を一番大事に思ってくれてるのは母親だと確信している。
こんなオレはマザコンなのだろうか?
心の中では、面と向かってクサイ言葉でお礼と感謝の意を表したいが、出来ない。
多分、一生出来ないだろうが、母親がなくなってから死ぬほど後悔するだろうな。

 

489: 大人になった名無しさん 2008/02/19(火) 22:30:38
18の時に地元を離れて働きにでた俺ですが、地元を離れる時に泣かれました。
あの涙があったから今でも頑張れる。貴方は私の誇りです

 

490: 大人になった名無しさん 2008/04/04(金) 13:44:34

カーチャンは俺が小さいころ(3歳くらいかな)家を出て行った。だから顔も声も記憶にない。
唯一ある思い出は、夕暮れ時カーチャンの自転車の後ろに乗ってたときの思い出。

花柄のエプロンの端っこにつかまって、自転車に揺られてた。
夕闇に浮かぶ白い月がいつまでも自分たちを追いかけてくるから
なんでお月様はずっとついてくるの?とカーチャンに聞いた憶えがある。
なんて答えが返ってきたかはわからない。
その時の花柄のエプロンと後をついてくる白い月が、今でも鮮明に記憶に残ってる。

 

491: 大人になった名無しさん 2008/05/10(土) 15:10:26

連休中に8年ぶりに実家に帰った。
母さんが小さく、細くなってた。糖尿病の話をしてた。
ひざも良くないらしい。介護保険がどうのとも言ってた。
実家には姉の子供(孫)の写真が飾ってあった。
その中にオレのチビの頃の写真も飾ってあった。

ウチは貧乏だったので、母親はスーパーのレジ打ちや、
近所の公共施設の掃除などしていた。
小学校の時、友達と通学する際に母さんが膝をついて
掃除する姿を友達に見られるのがすごく恥ずかしかった。
いつも遠回りして通学した。
何度頼んでもファミコンも買ってもらえなかったので、
何度もわがままを言った。

どこかに「母の慈愛は海より深い」と書いてあったが、
今想えば物は与えられなかったが、『愛情』は受けたと思う。
姉から聞いた話だが、オレが高校受験の時には合格発表
までの間、毎日夜、神社に行って祈っていたらしい。
留年するしないの時も、警察に世話になった時も、いつも
夜そこで祈っていたらしい。

今は「アンタが母親でよかった」と素直に思える。
ただ、今のオレはどうしようもない。自慢できる事が無い。
上半身スミだらけで、人様に言えない様な仕事をしてる。

だが、明日、上の人間に今の仕事を辞める事を言う。
母さんに「アナタが息子でよかった」と思ってもらう様に
生きていく為に。

 

493: 大人になった名無しさん 2008/05/13(火) 17:50:23

>>491
がんばろうな

俺もまっとうとは言えない仕事で生活している
母親は親父に「あの暴れが自分の力で食べているだけで大したもんだよ」って
言っていたらしいけど・・・

俺は自慢の息子にはなれなかったな
ただ母への感謝の気持ちは忘れずにいたい

 

513: 大人になった名無しさん 2008/09/13(土) 03:43:14

妹が産まれる前の二年半は
わたしがお母さんを独り占めしてたなぁ。
妹が産まれてからは、嫉妬と孤独を知り、少しだけ大人に近づいた。
その頃から人見知りが一層激しくなったような。

まだ一人っ子だった頃(もしかしたら違うかも?)、
商店街で迷子になった。
人懐っこくなかったわたしは、周りの大人に相談しないで
不安な顔で母を探しまくった。
ある店先のおじさんが、同情の笑顔でわたしを見ていたのを覚えてる。
わたしはそのことすら腹立たしく
ただ母を探しまくった。
暫くすると母がわたしを探しあててくれた。
その瞬間にわたしは号泣した。
母はわたしを抱き上げて、笑いながら慰めた。
わたしに同情の目を向けていたおじさんがわたしを見ていたけど
わたしは構わずに泣き続けた。

このことを思い出すと、どうしても泣けてくる。

大人になった今でも全然変わらない、
わたしはお母さんの前では
ほんと、ただの甘えたがりの娘っ子です。

 

514: 大人になった名無しさん 2008/12/03(水) 16:21:01

父が若くして死に、母子家庭で金がない中で、
いろいろと日帰りでドライブに連れてってくれたカーチャン。

ある日、海で遊覧船に乗ろうということになり海へ。
「遊覧船をバックに写真撮ってあげる!」とカーチャンは
いそいそとカメラを取り出し、後ろに下がったその時。

ドボーン!

後ろを見てなかったカーチャンは、後ろ向きに埠頭から海へ落っこちた。
「ギャー、カーチャンが落ちたあああああ」と叫ぶ私。
泳げないカーチャンは全く浮かべず、手だけが水面からバシャバシャと突き出すのみ。
私の叫び声で遊覧船を操縦してるお兄さんが慌てて船から飛び出てきて、
その辺にいたオジサンと一緒に海に入ってカーチャンを助けてくれた。
カーチャンは意識はしっかりあり、顔をこすりつけて抱きつく私の頭を、
「ごめんごめん」といいながら濡れた手で撫でてくれた。
私は安心しすぎて、母に抱かれながら涙と一緒に盛大に尿を漏らした。

このことをカーチャンは、今でも時々親戚やお友達等に
「あの時○美がオシッコ漏らしちゃってねえ~」って言ってのんきに笑ってる。
でもカーチャン、私マジでこれから一人ぼっちになるのかと思って
ホントに焦ったんだよーー!カーチャンまでいなくなったらどうしようって。
笑い話じゃないんだから!もう!!

 

515: 大人になった名無しさん 2009/01/01(木) 00:55:35

大好きだったお母さん。
私が大学卒業時に病気で亡くなりました。
お姉ちゃんもお兄ちゃんもお父さんもお母さんも病気のこと私に黙ってた。
私はとてもワガママで世間知らずで最悪な娘だったと思う。
お母さんが末期ガンで介護をしてた時、どうしてめんどくさいって思ってしまったんだろう。
あんなに私を愛してくれた人だったのに。私最低だった。

社会に出て世間の厳しさを知って初めてお母さんが私をたくさん甘やかしてくれて守ってくれたんだとひしひし分ったよ。

当時お母さんの愛情が当然だと思って口答えしてた私バカだ。無償の愛なんてなかなかないのに。
お父さんの浮気や暴力に耐えて私とお姉ちゃんとお兄ちゃんを育ててくれたママ。ママが頑張って働いてくれたからみじめな思いしたことなかったよ。

お母さんに会いたい。
お母さん、私頑張ってるよ。
お母さんの大好きだったメーカーで働いてるよ。
お母さんに今の私を見せたい。あんなダメだった私の変わった姿を見せたい。

ママ、ごめんなさい。
ママの生きてるうちに頑張ればよかった。

涙が溢れて文章めちゃくちゃでごめんなさい。

長文スマソ

 

521: 大人になった名無しさん 2009/04/14(火) 19:42:54

母ちゃんとの思い出か。

幼稚園くらいの時かな。
兄ちゃんがいなかったから幼稚園を卒園してちょっと長い春休みを過ごしていた頃かもしれない。
その日は良く晴れた日で、部屋に差し込む日差しがすごく暖かかった。

母ちゃんが私と遊ぶと言う事はあまり無かった。
自営業だったので家にいても仕事があって、さらに家事で忙しかったし、
何より私は赤ん坊の頃から一人で遊ぶような子だったから母ちゃんは私から目を離す事はしなくとも
私に積極的に構うような人ではなかった。

だけれど、その日は私は玩具の縦笛を持って母ちゃんの所へ行ったんだ。
「ママ、わたし、ふえをふけるようになったんだよ」
そう言って、家の中で一番日の当たる場所に二人で並んで、ぴーぴーと笛を鳴らしていた。
自分では吹けているつもりだったんだろうけれど、今にして思えば指で押さえてもいないし、
リズムもめちゃくちゃだったろう。
でも、母ちゃんは「良く出来たね、上手いね」って褒めてくれた。
嬉しくてその日は母ちゃんが夕飯の支度に取り掛かるまでずっと母ちゃんの側で笛を吹いていた。

もう20年以上昔の話だけれども、母ちゃんがすごくすごく笑顔でいてくれたのを覚えている。

 

522: 大人になった名無しさん 2009/04/14(火) 19:59:13

結婚して、母になろうとしている今、
母ちゃんがどうしてこんなに笑顔になってくれたのか解る。

生まれてくる子が、私に甘えて来てくれることを思うと、
今からでも幸せな気分になれる。

本当はもっと甘えて欲しかったんだよね、母ちゃん。
ごめんね、兄ちゃんがいつも母ちゃんといたから、
私は一人でいる方が母ちゃんにとって幸せなんだって思ってたんだ。

母ちゃんは、私が一人で遊ぶ事が好きなんだって思って、遊びたいのに遊べなかったんだよね、きっと。

母ちゃん、もうすぐ子供が生まれるから、そうしたらいっぱい遊ばせてあげるから。

もうすぐばあちゃんって呼ばれるね、っていったら少し複雑な表情をして
「あんただってすぐそう呼ばれるようになるのよ」って言った母ちゃんの笑顔は
あの日と全く変わってなかったよ。

 

528: 大人になった名無しさん 2009/05/04(月) 00:58:19

俺が小学校に上がりたての頃の話です。

近くの公園で一人で虫取りをしていたら、母が、
「○○(俺の名前)、ちょっと良い?」と、俺の手を引く。
突然の事に、「また怒られるな…」などと考え身構えていると、
「怒られると思う?」と笑いかけてきた。
俺は不思議に思いつつも頷き、母が話すのを待っていると、
家に上がり、子供の部屋の前まで連れて行かれた。
そして、「(戸を)開けてみ?」と促す。
言われた通りに開けると、そこには新品のデスクがあった。
俺は飛び跳ねながら、どうしたのかを尋ねると、笑いながら、
「これからいっぱい勉強しいや。」
と言うだけだった。

そして今日、その机を捨てた。
ホントは捨てたくなかった。
でも、かなり痛んでたし、引っ越し先には持っていけないという事で、諦めた。
もう二十歳になるんだから、この程度で泣いちゃいけないのは解ってる。
でも、なぜか涙が止まらないんだ。
子供の部屋の戸を開けるように促した時の、母さんの笑顔が頭から離れないんだよ。

スレの趣旨からズレてすまん。
そして、机さん。13年間ありがとう。

明日は母さんの肩を揉もうと思う。

スレ汚しすまなかった。
どうしても、どこかに書き込みたかったんだ。

 

530: 大人になった名無しさん 2009/10/30(金) 03:34:00

>>528
お母さん大事にしなよ

しっかりしてんだかへらへらしてんだか分からん人だった
たいていはしっかりしてたけど
もう一度母親のご飯が食べたいなあ
自分で作ってもふーんとしか思わないし
お袋の味が一番美味いよ
何で入院なんかさせたんだろ
助からないなら家で一緒に居れば良かった
お母さん、ごめん

 

535: 大人になった名無しさん 2010/06/23(水) 03:43:26
幼い頃に父を亡くし、母子家庭になった。
仕事に忙しい母に無理を言ってバスに30分乗って花火を買いに行き、二人で色々な花火をしました。
小学生時代の思い出です。
その母も最近天国に旅立ちました。寂しくて仕方ないです。

 

561: 大人になった名無しさん 2012/05/11(金) 23:14:13.65

母さん、幸せだったのだろうか
あれから6年しか生きられなかったのか、
あれから6年も生きてくれたのか、
どっちなんだろう

幸せだったと思ってくれていたらそれでいいんだけどさ

 

571: 大人になった名無しさん 2017/07/12(水) 10:33:05.76
ウチは母子家庭で。母親が野球好きで、少年野球をやらされた。野球には金がかかる。
それでも母親は頑張って、お金を出してくれた。
野球が上手だと特待生になり、お金がかからないと知り、一生懸命に練習し、特待生に。
中学生、高校も、野球推薦で入り、学費も免除に。
少しは親孝行出来たんじゃないかと。
練習はキツく、腰を痛めてしまって。
風呂上がりに、いつも腰にバンテリンを塗ってもらった。
お風呂上がりに、スッポンポンで母親の前に行き、うつ伏せに寝て、塗ってもらう。
母親は痛みがなくなります様に、痛みがなくなります様に、と言いながら、塗ってくれた。
中1くらいまでは、母親の前でスッポンポンは平気だったが、チン毛が生える頃になると恥ずかしくなり。
でも、隠すのも変だし。別に見せつけるわけじゃないけど、結局、高校卒業まで、母親に全裸見せてた。
プロ野球に行って、母親に楽させるたいという夢はあったけど、大学で自分の限界を知り、野球をやめた。
今は毎月、30000円の仕送りが限界。
母ちゃん、すまん

 

572: 大人になった名無しさん 2017/07/23(日) 23:39:53.64
>>571
いい話だ
泣ける‥‥
あなたもお母さんも素晴らしい

 

418: 大人になった名無しさん 2006/10/02(月) 00:34:54

母の慈愛は海より深い

つω;)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 転載元:http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/sepia/1070190095/