【じっくり読める】夢で出会った子に恋をした

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:06:36.30 ID:A+6Bb2FW
「ユメミヤって知ってる?」
昨日、電車で誰かがそんな話をしていたのを思い出した。
「なにそれ?」
「ユメミヤって奴がいて、そいつに頼むと好きな夢を見させてくれるんだって」
「ふーん」
その人たちは、そのあとも話し続けてた。

2: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:07:07.59 ID:A+6Bb2FW
くだらない。
こんな田舎だとそんなくだらない話も楽しいんだろうか。
そもそも好きな夢が見れるからなんだっていうんだろう?
夢の中で好きなことしたって、現実は何にも変わらないのに。
何の意味があるの?
本当にくだらない。
それに夢を見るから失うんだ。
そう思ってたはずだった。

 

4: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:07:37.77 ID:A+6Bb2FW
それなのにあの時の自分はそんな簡単なこともわかっていなかった。

 

5: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:08:29.71 ID:A+6Bb2FW

「あ! やっと起きた。おはよ」
目を開けると知らない女の子がいた。
「……誰?」
「寝ぼけてるの? 大丈夫ですかー おーい」
女の子は俺の顔の前で手を振っている。

 

7: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:08:57.91 ID:A+6Bb2FW
どうも状況が飲み込めない。
この子は誰? ここはどこ? 
俺は誰? とはさすがにならなかったけど、やっぱりわからないことが多かった。

 

8: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:09:29.56 ID:A+6Bb2FW
「ホントにおかしくなっちゃったの?」
俺がずっと黙っていると、心配そうな顔でその子は俺の顔をのぞきこんだ。

 

9: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:10:03.71 ID:A+6Bb2FW
そうして目があっても、この子が誰だかはわからない。
「しょうがないなー、私はスズハです。幼馴染やらせてもらってます。よろしくお願いします。……これでいい?」
「え、あぁ、うん」
そうなんだろうか、この子は幼馴染で…… そうだよな、うん、そんな気がしてきた。
スズハ、耳にしっくりくる、聞きなれた名前のはずだ。

 

10: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:10:51.36 ID:A+6Bb2FW
「まったく…… じゃあ早く学校行こ、遅刻するよ。下で待ってるから、早くしてね」
スズハはそう言って部屋から出て行った。や

 

11: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:11:35.62 ID:A+6Bb2FW
学校…… 行くんだよな、そう、学校。
いつも通りの毎日だ、クローゼットを開けたら制服がかかってて、靴下はタンス、スクールバックに荷物を入れたら、イヤホンを持って外に出る。
外に出たらスズハが待ってて、一緒に学校に行く。
さっきまでの俺は何を寝ぼけてたんだろう。

 

12: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:12:51.65 ID:A+6Bb2FW

「だけどさ、毎日歩いて学校通うのめんどくさいよな。もう少し近いといいんだけどな」
「えー、私はキョウヤと歩くの楽しいけどなー キョウヤは楽しくないの?」
すっかり目も覚めて軽口を叩く俺に、スズハは少し笑いながら答えた。
「そんなことないよ、ただなんとなく近いといいなって思っただけ」
「そう、ならよかった。でも、そんなに近くしたいんだったら、すればいいじゃん」

 

13: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:13:20.06 ID:A+6Bb2FW

「何言ってんの? 時々変なこと言うよ――」

――パチッ

俺の言葉を遮ってスズハが指を鳴らした。

 

14: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:13:42.38 ID:A+6Bb2FW

「……えっ」
いったいどうなってるんだ?
何が起きた?

気づくと目の前には学校があった。

 

15: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:14:06.11 ID:A+6Bb2FW
「どうしたの?」
スズハは本当に不思議そうに、何に驚いているのかわからないといった感じで聞いてきた。
「どうしたって…… おかしいだろ、なんで急に学校が……」
「だって、近い方がいいんでしょ?」

 

16: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:14:39.14 ID:A+6Bb2FW
わけがわからない、どうなってるんだ?
「ねぇ、早くなか入ろうよ、寒いしさ」
そう言ってスズハは俺の手を引いて、昇降口まで向かった。
「だけど、十一月って結構寒いよね。あったかくしちゃおっか」
「ちょっと待って、そんなこともできるの? なんで?」
もう頭が追いつかない、なんなんだいったい。

 

17: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:15:38.47 ID:A+6Bb2FW
「なんでって言われても…… それが当たり前でしょ?」
「は?」
「だから、近くしたかったら近くできるし、あったかくしたかったらあったかくできるのが当たり前じゃん。何言ってるの? 今更」

 

18: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:15:59.09 ID:A+6Bb2FW
「そっちこそ何言ってるんだ、そんなことできるわけ――」
話終わる前に俺の体を衝撃が襲った。
なんだこれ、落ち……る?

 

19: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:16:50.15 ID:A+6Bb2FW

――ガタッ

下に落ちる感覚で思わずとびおきる。
ベッドの上で俺は全てを理解した。
「夢か……」
言葉の通り今までのは全部夢だったらしい。
なんでこんな夢をみたんだろう?
夢に理由を求めるなんて無駄か……
今、何時だろうか、近くに携帯が見当たらなかったので探そうと思って電気をつけた。
すると、目に飛び込んできたのは謎の男だった。

 

20: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:17:13.95 ID:A+6Bb2FW
いや、ふざけてるんじゃなくてさ、本当に謎の男。
ほら、よく漫画とかで出てくるじゃん、長いコートを着てフードかぶってる正体不明のキャラクターみたいなの。
そいつが俺の部屋にいるんだ。
ほんとなんなんだこれ、まだ夢見てるのか?

 

21: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:18:13.28 ID:A+6Bb2FW
そしたらもっと驚くよ、だってさ、そのフードの男が「……おはようございます」って不気味な声で言ったんだ。
本当に意味がわからないよ、なんで俺はこんな怪しい奴におはようって言われてるんだ?
これはいったいどういう状況なんだろうか。

 

22: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:18:47.22 ID:A+6Bb2FW
「誰だ?」
正直怖かったけどさ、でもこのままってわけにもいかないから、俺は声を振り絞ってそう聞いたんだ。
するとフードの男は少し間を空けて話し始めた。

 

23: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:19:04.24 ID:A+6Bb2FW
「……どうやら寝ぼけてるみたいですね、私はユメミヤです」
「ユメミヤ? ユメミヤって最近噂になってるあの?」
「……はい」

 

24: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:19:40.52 ID:A+6Bb2FW
ユメミヤは都市伝説の一種だ、十年くらい前にできた噂で、最近になってまた流行り出したらしい。
ユメミヤにお願いすると、好きな夢をみれるというのが都市伝説の内容だったはずだ。

 

25: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:20:08.22 ID:A+6Bb2FW
「なんでそのユメミヤがの俺の部屋にいるんだよ?」
「……よく思い出してください。……昨日何があったか」
昨日? 昨日は確か学校に行ってその帰りに……
帰り? 帰りに何があった? 何かあったはずだ。あれ、なんだっけ?

 

26: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:21:07.11 ID:A+6Bb2FW
「……思い出せないみたいですね、まあ、しかたありません、少し助けましょう」
そう言うとユメミヤは俺の頭に手を伸ばして、かざした。
「おい、何すん――」

 

27: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:21:50.19 ID:A+6Bb2FW
原理とかは一切わからないんだけどさ、その瞬間俺の頭にいろいろな記憶が蘇ったんだ。
まったくもって、わけがわからないけどね。

 

28: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:22:16.60 ID:A+6Bb2FW
「……思い出したみたいですね」
ユメミヤはなおも不気味な声で、当然のようにそう言った。
確かに、俺がこいつとあったのは今が初めてじゃなかったみたいだ。
そう、話は昨日の放課後にさかのぼる。

 

29: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:23:03.70 ID:A+6Bb2FW

「あー、暇、暇、暇すぎる」
学校が終わって帰り道、一緒に帰っていたアカシがそう叫び始めた。
暇なのは同感だったんだけど、大きな声で叫んだアカシに俺は「うるさい」と抗議した。

 

30: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:23:37.58 ID:A+6Bb2FW
「だってさ、暇だろ? もっとなんか楽しいことないわけ? 毎日毎日つまんねーよ」
「こんな田舎に楽しいことなんかないよ、あるのは田んぼくらいだろ」
そんなことを言っているうちに駅に着き、電車に乗り込んだ。

 

31: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:24:07.28 ID:A+6Bb2FW
車内はわりかし空いていたけど、俺たちは壁にもたれかかって話を続けた。
すると突然、アカシが聞きなれない名前を出した。

 

32: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:24:26.34 ID:A+6Bb2FW
「あ、そうだ、お前ユメミヤって知ってる?」
「なにそれ?」
アカシによると、ユメミヤというのは好きな夢を見させてくれる怪人らしく、都市伝説の一種だといっていた。

 

33: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:24:49.24 ID:A+6Bb2FW
その時はくだらないなとしか思わなかった。
こんな田舎だと噂が広まるのも早いんだろうなってさ。

 

34: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:25:16.23 ID:A+6Bb2FW
そうして駅について、俺はアカシと別れてバスに乗った。
バスの中は本当に暇でさ、さっきまでうるさい奴が横にいたのに急に静かになると、なんか足りない感じがするんだよな。
それもあってか、俺はユメミヤのことを考えていた。

 

35: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:25:56.34 ID:A+6Bb2FW
「ユメミヤか、もし本当にいるなら、こんな田舎じゃなくて都会に住む高校生にしてほしいな。幼馴染もアカシみたいな男じゃなくてかわいい女の子がいい」
俺はいつの間にか声に出していたらしい、こんな狭いバスのなかだ、絶対に誰か聞いてだろう。俺はもう恥ずかしくてバスを降りようと思って、降車ボタンを押そうとした。

 

36: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:26:17.03 ID:A+6Bb2FW
そしたらさ、なんかおかしいんだ。
さっきまで確かに何人か人が乗っていたはずなのに、周りを見渡すとバスの中にはだれもいなかった。
不審に思って運転席も見てみると、運転手もいなくなってた。
無人で動いてたんだよこのバスは。

 

37: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:26:35.70 ID:A+6Bb2FW
わけがわからなくてうろたえてると、後ろから突然声が聞こえた。
「……いいですよ、叶えましょう。……その『夢』を」
そいつはコートを着てフードを被ってて、いかにも謎の男という感じだった。

 

38: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:26:59.94 ID:A+6Bb2FW
「誰だ?」
今思えばこの時も同じようなやり取りをしてたんだな。
もちろんこの時も正直怖かった。

 

39: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:27:59.24 ID:A+6Bb2FW
「……ユメミヤです」
「ふざけるなよ、そんな格好で、頭おかしいんじゃないか」
フードを被ったコートの男は、どう見ても変質者にしか見えなかった。
「……心外ですね、せっかく『夢』を叶えてあげるといっているのに」
「できるわけないだろ、そんなこと」
「……できますよ、今日の夜、楽しみにしててください。……あなたの『夢』が叶いますから」
そう言ってユメミヤは消えた。

 

40: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:28:25.10 ID:A+6Bb2FW
気づくとバスのなかには人がたくさんいた。
どうやら俺は眠っていたみたいだった。
そのあとはあんまりユメミヤのことは気にしないことにして、家に帰った。

 

41: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:29:15.82 ID:A+6Bb2FW
それからのことはよく覚えていない、多分普通に過ごして普通に寝たはずだ。

 

43: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:29:51.91 ID:A+6Bb2FW

「……それでどうでしたか? ……『夢』の夢は」
「本当なのか、お前、本当に好きな夢を見させることができるのか?」
到底信じられなかった、これが、何か科学的な機械で行われたことなら、まだ信じられた。
でも、こいつに科学的な要素は一つもない。

 

44: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:30:10.48 ID:A+6Bb2FW
「……本当もなにも、実際に体験したでしょう。……まあ、実際には『見させる』ではなく『叶える』ですが……」
「どういう意味だ?」
「……現実ではな叶わない『夢』を夢の中で叶える、それが私の商売です。……いい商売でしょう?」

 

45: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:30:52.92 ID:A+6Bb2FW
確かに需要があるならいいのかもしれない、だけど原理は? どうやってそんなことをやってるんだ?
「原理なんてありませんよ、ただ私はそういう存在というだけです」
疑問は声に出てたらしく、ユメミヤは答えた。
俺はもう一つの疑問も聞いた。

 

46: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:31:25.80 ID:A+6Bb2FW
「さっき、商売って言ってたよな? ということは金をとるのか?」
「……確かに商売ですから、代価はいただきます。……ただ、今はお試し期間です、どうぞ『夢』を楽しんでください。……もしこれからも『夢』を続けたいと思ったなら、私を呼んでいただければ、そのときはさらに極上の『夢』をお届けします」
そう言うとユメミヤは、また、煙のように消えた。

 

47: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:31:52.81 ID:A+6Bb2FW

ユメミヤがいなくなってから、俺はとりあえず学校に向かった。
それからずっと考えたんだけどさ、好きな夢が見れるって特にデメリットないんだよね。
いくら考えても思いつかないんだ。
代価っていうのは少し気になったけど、今はお試し期間だっていうし、わざわざ好きな夢を見ない理由もない。

 

49: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:32:08.20 ID:A+6Bb2FW
だから、そのお試し期間というのが終わるまで、とりあえず夢を見続けることにした。
実はさ、少し楽しみだったんだよね、夢の続きを見るのがさ。
そんな期待を胸に秘めて、俺は眠りについた。

 

50: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:32:47.47 ID:A+6Bb2FW

「ねぇ、起きて、キョウヤ」
暗転、かすかな光が目に、スズハの声が耳に差し込んできた。
俺はスズハに何回起こされるんだろうか?
そもそも夢なんだから、わざわざ寝てる状況から始まることないと思うんだけど。
これも、夢にリアリティを持たせるためのユメミヤの気遣いなのかな。

 

51: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:33:23.29 ID:A+6Bb2FW
「おい、ナラサキ、早く答えろ」
目覚めた場所は教室で、どうやら俺は問題を当てられらてるらしい。
いくら夢だからってすごいありきたりなシチュエーションすぎじゃない?
もう少し考えて欲しいな。

 

52: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:34:22.70 ID:A+6Bb2FW
というかさ、全然わかんないんだよね、答え。
自分の思い通りなる夢だったら、もっとさ、パッと答えが浮かぶものじゃないわけ?
ちょっと不親切すぎるよな、まったく。

 

53: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:34:40.86 ID:A+6Bb2FW
俺が答えられないでいると、横からスズハの声が聞こえた。
「If you want to be happy, be.」
「え?」
「いいから、言って」

 

54: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:35:33.96 ID:A+6Bb2FW
「いふ ゆー うぉんとぅ とぅ びー はっぴー びー?」
「はい、正解。幸せになりたいのなら、なりなさい。トルストイの言葉だ。正解したのはお前じゃないけどな、ナラサキ」
先生が俺の方を見てそう言うと、ハハッという笑い声がクラス中から聞こえた。
横を見るとスズハも呆れた顔で俺の方を見ていた。

 

56: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:36:24.27 ID:A+6Bb2FW

「もー、私まで恥ずかしかったじゃん」
放課後、一緒に帰るとき、スズハが不満そうに言ってきた。
「いや、だってしょうがないだろ、急だったんだし」
「そもそも寝てるのがいけないんでしょ」
それを言われると何も言えない。
いや、本当はあんなとこで夢が始まったのが悪いんだ、別に俺は寝たくて寝てたわけじゃない。
だけど、そんなことをスズハに言うわけにもいかないので、一応謝っておいた。

 

57: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:36:47.53 ID:A+6Bb2FW
「まったく、貸し一つだからね」
「ああ、いつか返すよ」
どうせ夢のなかだしいくらでも返せるはずだ。
「だめ、今日返して」
「今日?」
「うん、今日の夜ちょっとつきあって」

 

58: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:39:45.63 ID:H4YwPAh0
スズハは今日の夜何かやりたいことがあるらしく、深夜学校に集合だと言われた。
俺はそれを危ないからと、スズハの家まで迎えに行くことにして了承した。
夢の中だから危ないもなにもないんだけどさ、いやにリアルな夢だから一応ね。
まあ、その夢の中って言うのが了承した理由なんだけど。深夜の学校とか普段できないことをやるのは、やっと夢っぽくなってきたなんて思ったんだ。

 

59: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:40:09.10 ID:H4YwPAh0

夜の学校は昼間とはまったく違った風景を見せてくれた。
実際に来てみてわかったけど、この雰囲気はとても尊いものだね。
青春ドラマとかで、夜の学校に忍び込むなんてやりたくなる気持ちがよくわかったよ。

 

60: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:40:26.66 ID:H4YwPAh0
「なんかわくわくするね」
「ああ。だけど、これからなにするんだ?」
スズハはここでなにをするつもりなのか、まだ教えてもらっていなかった。
「なにって……青春だよ」
スズハは鼻歌交じりに答えた。
アバウトすぎてわけがわからなかったけど、なんとなくいい響きだったからよしとした。

 

61: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:41:41.69 ID:H4YwPAh0
そのままスズハについていった結果、たどり着いたのは思いもよらないところだった。
「おい、ここってプールだろ?」
「うん、入ろ、プール」
「入ろって、入れるわけないだろ、いま十一月だぞ」
そもそも水だって入れてないだろう。

 

62: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:42:30.42 ID:H4YwPAh0
「大丈夫だよ、なんとかなるって」
スズハに引っ張られて、プール場に入ると、そこにはしっかり整備されたプールがあった。

 

64: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:42:59.21 ID:H4YwPAh0
「じゃあ入ろっか」
「いや、無理だっ――」
スズハに引っ張られて宙に浮いた、次の瞬間、気づくと俺は水の中にいた。
「なにすんだよ! 寒……くない」
「ほら、なんとかなったじゃん」
スズハは満面の笑みで、勝ち誇った顔をしていた。

 

65: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:43:47.79 ID:H4YwPAh0
でもなんで寒くないんだ? いくら夢だからって適当すぎないか?
「なにしてんの、えいっ」
俺に考える暇をあたえないように、スズハは水をかけてきた。

 

66: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:44:45.09 ID:H4YwPAh0
そこからはなんかもうどうでもよくなって、水を掛け合って、泳いで、飛び込んで、そうだな、要するに青春した。
さっきスズハが言ってた青春っていうのはこういうことだったんだな。
平凡な日常とか全部忘れて、俺は夢に溺れていた。

 

67: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:45:02.22 ID:H4YwPAh0

「疲れたな」
「うん」
俺たちはどれくらいだろう、長かった気も短かった気もするんだけど、まあ、それくらいして水から上がって、プールサイドに寝そべった。

 

68: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:45:48.92 ID:H4YwPAh0
「でも、楽しかったでしょ?」
「ああ」
「よかった」
楽しかった。本当に楽しかった。
だけど何か胸に引っかかるものがある。
ただ、それに気づく暇なんてなく、次の『楽しい』が襲ってきた。

 

69: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:46:07.47 ID:H4YwPAh0
「でもね、まだだよ、まだ終わりじゃないんだ」
襲うって変な言い方かな、でも、それがなんだかしっくりくるんだよな、なんでだろ?
「じゃあーん! どう?これ」
ニカッと笑ったスズハの手には、どこから出したのか花火が握られていた。

 

70: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:46:35.15 ID:H4YwPAh0
「何それ? 花火?」
「うん、いいでしょー、やろうよ花火」
「でも、いま冬だよ?」
花火といったら夏だろ。
「いいじゃん、ほら、あの夢の国だって冬に花火やってるしさ」
確かにあそこは、年中花火が打ちあがってるイメージだな。
ここも、夢の国っていったら夢の国なわけだし、案外間違ってないのかもしれない。
まあ、手持ち花火だけどさ。
「ほら、やろ、もってもって」

 

71: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:46:51.92 ID:H4YwPAh0

スズハは花火を両手に持って、回り始めた。
着ている服はいつの間にか浴衣になっていて、火花の中心で笑うスズハはとても綺麗だった。

「キョウヤもはやくやろーよ」
スズハはもうずっと笑顔で、俺まで楽しくなってくる。
「俺はこっちでいいよ。ほら、これ」
「線香花火?」
「うん、好きなんだ線香花火」
「へー、じゃあ私も!」

 

72: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:47:58.20 ID:H4YwPAh0
隣に来たスズハと一緒に火をつけて競争する。
「あ、落ちた」
「俺の勝ちだな」

 

73: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:48:20.90 ID:H4YwPAh0
「綺麗だね」
「ああ、派手な打ち上げとかススキもいいけどさ、静かな線香花火もいいだろ?」
「うん、なんかキョウヤにぴったりな気がする」
「じゃあスズハはススキ花火だな」
「それ、褒めてるの?」
少しムッとしながら聞いてきたスズハに「褒めてるよ」と返して、最後の花火に火をつけた。

 

74: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:48:44.69 ID:H4YwPAh0
「あー楽しかった。でも全部やりきったあとってなんかさみしいよね」
空になった花火の袋を見つめながら、スズハが呟いた。
「そういうもんだよ、線香花火だって最後は落ちるだろ」
よく儚いって言われるけど、それが線香花火の魅力なんだろう。

 

75: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:49:35.31 ID:H4YwPAh0
「もうやってること完全に夏だよな。なんか暑く感じるし」
「でも、こういう冬もいいでしょ?」
「まあな」
夢の中だし。
後に続くその言葉は言わなかった。
言わなければこれが現実であり続けてくれる気がした。
夢であってほしくなかった。

 

76: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:49:51.14 ID:H4YwPAh0
「そもそも、夏ってずるいんだよ、海とかプールとか花火とか、お祭りだってあるしさ、青春の塊じゃん。少しくらい冬にもわけてもらわないとね」
確かに、夏は欲張りなのかもしれない、たまにはこんな真冬の青春の話があってもいいか。
そんなこと思いながら、一つ冬の特権を思い出した。

 

77: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:51:04.47 ID:H4YwPAh0
「あ、でも冬にはあれがあるじゃん、ほら、雪。どっちかって言うと青春っていうよりはロマンスって感じだけどさ」
「あー、いいね、雪」
スズハのこの言葉に俺はなんとなくこれから起こることを察した。
それは見事に当たり、さっきまでの暑さはどこへやら、景色は一面、銀世界におちた。

 

78: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:51:26.80 ID:H4YwPAh0
「おー、きれいきれい」
遠くをながめながらスズハが続けた。
「あ、そうだ! 線香花火が好きって言ってたけどさ、あっちも好きでしょ? そろそろフィナーレいっちゃおうか」
「あっち?」
俺はこれ以上驚かさせられるんだろうか?
その答えはスズハが言う前に鳴った。

 

79: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:51:44.71 ID:H4YwPAh0
――ヒュゥゥゥ、――ドォォォーン
けたたましい轟音とともに、雪空に花が咲いた。

 

80: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:52:18.99 ID:H4YwPAh0
「おー、やっぱ打ち上げも悪くないね。」
「もう無茶苦茶だな」
無茶苦茶もここまでくると笑えてくる。
「いいじゃん、楽しいんだからさ」
「そうだな」
もう、無駄に考えるのはやめることにした。
せっかくだから楽しまなきゃ損だろ?
うん、スズハの言うとおり楽しいからいいんだ。

 

81: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:52:38.92 ID:H4YwPAh0
そこからは、もうただ笑って、楽しんで、それは夢のような時間だった。

 

82: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:53:16.95 ID:H4YwPAh0

目を開けると、写り込んできたのはいつもの天井だった。
「スズ……ハ?」
無意識に口に出していた。
夢はいつだって突然覚める。
スズハは……いない。

 

84: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:53:42.00 ID:H4YwPAh0
さっきまでずっと一緒にいたのに、急に一人の現実にもどされるのは、なかなかきついものがあった。
おかしいよな、夢なのに、俺はいつの間にかスズハがいるのが当たり前だと思っていた。

 

85: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:54:25.19 ID:H4YwPAh0
胸に引っかかってたのはこれだったんだ。
スズハはここにはいない。
いや、どこにだって……いない。
この世界でいくら探しても、どこにもいないんだ。

 

86: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:55:01.51 ID:H4YwPAh0

夢は所詮夢でしかない。
そんなことはわかってるよ、でも、俺はスズハがいない現実を受けれることができなかった。
夢に縋るしかなかった。

俺は毎日夢の中でスズハと会った。
夜、夢を見るために、昼間、現実を生きた。
だってしかたないだろ、俺の居場所は夢の中にしかないんだ。

 

87: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:55:23.05 ID:H4YwPAh0

 「おはよ、今日は起きるの早いね。えらいえらい」
朝、起きるとスズハが部屋にいた。
「まあ、たまにはな。ちょっと下で待っててよ、準備するから」
「準備? なんの?」
「なんのって、学校」
学校に部屋着のまま行くわけにはいかないだろ。
「何言ってんの、今日月曜日だよ、学校は休みじゃん。土日が終わってせっかくの休みなのに、学校行くの?」

 

88: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:55:57.54 ID:H4YwPAh0
「あれ、今日月曜か、完全に日曜だと思ってた。じゃあ休みじゃん」
でも、学校だと思ってたのに休みだと、なんか得した気分だな。
「もー、しっかりしてよ。で、今日はどこ行く?」
「海とかどう? この前はプールだったし。せっかくの冬だから海に行きたくない?」
「いいね! じゃあ、いこ!」

 

89: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:56:22.23 ID:H4YwPAh0
扉を開けて海に着くと、俺たちは夕暮れまで遊んだ。
スズハといると、世の中のもの全部が楽しくなる。
やっぱり俺はスズハが……

 

90: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:56:40.53 ID:H4YwPAh0

実は最近ずっと考えてたことがあるんだ。
あと一歩がずっと踏み出せなかったんだけど、今、隣に座るスズハを見て決心した。
子供の頃からずっと思ってたこと、俺にとってスズハはただの幼馴染じゃなくて……

 

91: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:57:07.41 ID:H4YwPAh0
「綺麗だね、夕日」
スズハが海を見つめながら、そう言った。
俺にとってその一言一言が、些細な手の動きやちょっとしたまばたきですら、愛おしい。

 

92: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:58:21.16 ID:H4YwPAh0

「なあ、スズハ」
「なに?」
その言葉はとても自然に口から出た。
ずっと言いたくて、でも言えなくて、そんな言葉も最後はあっさり。

「好きだ」

うまく言えたかな? 大丈夫かな? 引かれたらどうしよう? 失敗したら?
言ったあとはすぐに、そんな不安が頭の中を支配した。

 

93: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:59:01.68 ID:H4YwPAh0
「うん、私も」
だから、俺はスズハの答えが一瞬聞こえなかった。
そうして聞き返してしまった。

 

94: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:59:21.00 ID:H4YwPAh0
「だから、私も好きだって」
「ホント?」
「ホントだって、ずっと好きだった、大好きだよキョウヤのこと」

 

95: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 20:59:40.07 ID:H4YwPAh0
それからのことはあんまり覚えてない。
すごい嬉しくて、すごい喜んで、これからが楽しみで、そんな感じで気づいたらスズハを家まで送った帰り道だった。

 

96: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:00:32.99 ID:H4YwPAh0
その時も俺の頭の中にはスズハのことしかなかったよ。
もう、本当にそれくらい嬉しかったんだ。

 

97: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:01:44.46 ID:H4YwPAh0
「ナラサキ!」
突然聞こえたその声に俺は驚いた。
実際、暗闇で急に声をかけられるのは怖いんだよ。

 

98: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:02:04.91 ID:H4YwPAh0
目の前の人影を見ようと目をこらすと、よく知った顔がそこにあった。
「イソザキ先生?」
「ああ、どうしたんだこんな時間に」
いつも教室で見る先生とは違う何かおかしな雰囲気が、目の前の先生からは感じられた。
それを少し不審に思いながらも、俺は返事をする。

 

99: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:02:36.11 ID:H4YwPAh0
「いや、ちょっと遊びに行った帰りで」
「もう、補導される時間だぞ」
「ごめんなさい、もうすぐ家なんで、見逃してもらえると……」
イソザキ先生はそんなに厳しい先生でもないし、たぶん大丈夫だろう。

 

100: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:02:58.33 ID:H4YwPAh0
「そういうわけにもいかないな、お前には思い出してもらう必要がある」
先生の口から出た言葉が何を意味しているのかわからなかった。
「何言ってるんですか?」
「お前も本当はわかってるんだろう? このまま忘れたままじゃいけないんだ」
「だから、何の話を――」
「ユメミヤの話だよ」

 

101: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:03:41.42 ID:H4YwPAh0
「そういうわけにもいかないな、お前には思い出してもらう必要がある」
先生の口から出た言葉が何を意味しているのかわからなかった。
「何言ってるんですか?」
「お前も本当はわかってるんだろう? このまま忘れたままじゃいけないんだ」
「だから、何の話を――」
「ユメミヤの話だよ」

 

102: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:04:13.90 ID:H4YwPAh0
ユメミヤ、その言葉を聞いた瞬間、俺の脳裏にはいろいろなことが思い出された。
だけど、俺はそれに鍵をかける、否定する、拒絶する。
俺は絶対に認めない。

 

103: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:05:25.71 ID:H4YwPAh0
「なんですかそれ?」
だから俺は聞く、だってそんな奴のこと聞いたことがない。
「わかってるだろ、お前は昨日ユメミヤに会って――」
「だから何言ってるんですか? 俺はそんな奴のこと知らない、会ったことも聞いたこともない」

 

104: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:06:09.48 ID:H4YwPAh0
「嘘だ、お前は知っている。知らないわけがない。だってそうだろ? お前は昨日ユメミヤに会って夢と現実を交換した。夢を買う代わりに現実を売ったんだ。思い出すんだ、そして受け入れろ」
そう言って先生は、俺の頭に手を伸ばしてかざした。

 

106: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:08:27.47 ID:H4YwPAh0

「……お呼びですか?」
ユメミヤはいつものように、いつの間にかそこにいた。
「別に呼んでなんか――」
「……いや、呼びましたね。……あなたは心のどこかで私を呼んだ。……だから私がここにいるんです」

 

107: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:08:58.43 ID:H4YwPAh0
「……それで、御用は? ……まあ、聞かなくても、予想はつきますが」
スズハは現実にはいない。
それを受け入れられない俺が、自分でも気づかないうちにユメミヤを呼んだっていうのか?

 

108: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:09:41.28 ID:H4YwPAh0
そんなの……そんなの、その通りじゃないか。
そうだ、スズハがいないセカイなんて俺には必要ない。
俺に必要なのはスズハだけだ。

 

109: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:10:13.66 ID:H4YwPAh0
だったら……
「ああ、わかった。夢を買いたいんだ、買わせてくれ」
「……わかりました。……それでは代価として現実をいただきます」
「現実?」
「……ええ、現実です。……夢を売る代わりに、あなたがいま生きている現実を私が貰います。……あなたはもう現実には戻れません。……それでもいいですか?」
返事はすぐに出た。
「ああ、それでいい。それでいいから、夢をくれ」
スズハがいればそれでよかった。

 

110: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:10:31.56 ID:H4YwPAh0
「……わかりました。……それでは良い夢を」

 

111: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:10:54.07 ID:H4YwPAh0

「違う! ……違う、俺は……俺は知らない」
こんな記憶は俺のものじゃない。
潤んで歪んだ視界の中でも、先生はよどみなく話す。
「今ならまだ間に合うんだ、今ならまだ現実を取り戻せる」
「そんなのいらない! 俺にはスズハがいればいいんだ」
そうだ、スズハさえいれば、他には何もいらない。

 

112: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:12:04.86 ID:H4YwPAh0
「それじゃダメなんだよ。なあ、なんで俺がユメミヤとお前のことを知っていると思う? ここは夢の中だ、夢の中ってことはお前の本心が出るってことだ。
つまり、本当はお前だって気づいてるんだ、このままじゃダメだって。だから俺が、お前が創り出した俺が、お前を現実に引き戻そうとしているんだ」

 

113: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:12:43.74 ID:H4YwPAh0
「わかってるよ! そんなこと俺だってわかってる。でも、スズハがいない世界のことを考えるだけで、俺は……」
「それでも、夢の中じゃ意味ないだろ?」
先生はいつの間にか俺と同じ姿になっていた。
顔も身長も服装まで全部。
自分と同じ姿のやつからでた言葉はきっと俺の本心で、俺は自分に嘘をつくわけにはいかなかった。

 

114: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:14:17.15 ID:ykLL93O3
「わかったみたいだな、自分の気持ちが」
先生――いや『俺』はそう言った。
「じゃあ、本当のことを教えてやるよ」
もう、見た目も声も何もかもが俺と同じになった『俺』が言う。
「よく思い出せ、この夢に入ってから何か、俺の思い通りになったことがあったか? 俺の思ったようにセカイが動いたことがあったか?『俺』は俺が創った、たった一つのイレギュラーだ。つまり、わかるだろ?」

 

115: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:14:49.00 ID:ykLL93O3
『俺』が言ってることなんだ、俺にはわかる、わかるに決まってる。
まったく、今までいったい何を悩んでたんだろうな。
悩む必要なんかなかったんだ。
最初から俺には悩む権利なんてなかった。

 

116: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:16:33.31 ID:ykLL93O3
「そしてこれが最後の言葉、いふ ゆー うぉんとぅ とぅ びー はっぴー びー、だ。こっちも意味はわかるな?」
俺は頷く。
「ならいい。うまくやれよ、俺」
そう言って『俺』は消えた。

 

117: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:17:07.35 ID:ykLL93O3
ああ、うまくやる。誓う。
だから俺は行かなきゃいけない、夢から覚めるために。

 

118: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:17:31.85 ID:ykLL93O3

「あれ、どうしたの? わすれもの?」
ドアを開けて出てきたスズハはやっぱりかわいくて、俺はそんなスズハが大好きで、だからやっぱり俺は言わなきゃいけない。

 

119: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:17:55.37 ID:ykLL93O3
「起こしにきた」
キョトンとした顔のスズハに俺は続ける。
「ほら、いつもスズハに起こしてもらってるからさ、たまには俺が起こさなきゃなと思って」
「なに言ってるの? 私は起きてるよ?」

 

120: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:18:12.42 ID:ykLL93O3
たぶんスズハは全部理解したんだと思う。
俺にはわかる。だって、さっきまでの俺の顔とまったく一緒だからさ。

 

121: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:18:36.91 ID:ykLL93O3
「考えてみたらさ、おかしいんだよ。夢の中なのにさ、全然俺の思い通りにならないんだ。学校を近くしたのも、あったかくしたのも、花火を打ち上げたのも全部俺じゃなくてスズハだった。この夢の主人は俺じゃなくてスズハだ」

 

122: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:18:58.25 ID:ykLL93O3
「ねえ、なに言ってるの。やめてよ、なに夢って? これは夢じゃないよ、一緒にプール入ったじゃん、花火したじゃん、海行ったじゃん……好きって……私のこと好きって言ったじゃん」

 

123: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:21:25.96 ID:ykLL93O3
「それでも、これは夢なんだ。俺はスズハの夢にユメミヤによって入れられた。そうだろ? なあ、いるんだろ? 出てこいよユメミヤ」

 

124: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:24:12.01 ID:ykLL93O3
「……どうも」
闇夜から現れたユメミヤは、いままでで一番不気味に感じられた。

 

126: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:24:42.05 ID:ykLL93O3
「返して欲しいんだ、俺たちの現実を」
強い決意を持って、俺はユメミヤに向かって言った。
「待って! ……待ってよ。いいじゃん別に夢でも。楽しかったでしょ? だったら……」
スズハの顔はとても悲しそうで、そんな顔にさせてしまったのは俺なんだと思うと辛かった。
それでも俺は、今後スズハをこんな顔にさせないために言わなきゃいけない。

 

127: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:25:08.43 ID:ykLL93O3
「それじゃダメなんだ、冬は寒くて、休日は二日だけですごい都合が悪い、だけど、そんな都合の悪い世界が真実なんだ。俺はそこにスズハと一緒に行きたい。一緒に過ごしたい。現実に戻ったら、必ずスズハに会いに行く。絶対に見つけ出す。だから、一緒に戻ろう。現実に」

 

128: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:25:29.59 ID:ykLL93O3
スズハは泣いた。泣いて、泣いて、そしてそのあと小さな声で「……うん」と言ってくれた。

 

129: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:26:01.93 ID:ykLL93O3
「……話はつきましたか?」
ずっと黙っていたユメミヤが声を出した。
「ああ、俺たちは現実に戻る」
「……わかりました。……返しましょう、現実を」
ユメミヤはやけにあっさり、現実を返すことを了承した。

 

130: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:26:35.44 ID:ykLL93O3
「……では、目をつむってください」
俺もスズハもそれに従う。
「……それでは、よい目覚めを」
意識が浮くような感覚がして、朦朧としてきた。
きっとこれが夢から覚めるってことなんだろう。
俺は絶対にスズハに会いに行く、もう一度そう誓った。

 

131: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:28:07.16 ID:ykLL93O3
薄れゆく意識の中で「ごめんね」という声がかすかに聞こえた。

 

132: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:28:47.25 ID:ykLL93O3

知ってた。
わかってた、こうなるって。

夢から覚めたときはいつも暗い気持ちになる。
わかってたよ、夢を見るから失うんだって。

 

133: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:29:04.48 ID:ykLL93O3
「鈴葉、どこいくの?」
母親の声が聞こえる。
それを無視して私は家を出た。

 

134: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:29:22.49 ID:ykLL93O3
十一月の海はとても寒かった。
彼はここではないここで、私のことを好きって言ってくれた。
私も好きだった。
たった一夜の夢だったけど、それでも私は彼が好きだった。

 

135: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:29:39.96 ID:ykLL93O3
でもここに彼はいない。
だって、全部私が創った。
彼は夢の中にしかいない。
ユメミヤは小さい頃からいつも好きな夢を私に見せてくれる。
だけど、夢から覚めたあとの、この感情をどうすればいいかは教えてくれない。

 

136: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:30:00.79 ID:ykLL93O3
いつからだろう、夢に逃げるようになったのは。
小さい頃にユメミヤが現れたときから、私は辛いことがあるといつも楽しい夢をみるようにした。

 

137: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:30:19.79 ID:ykLL93O3
夢の中では私は無敵で、全部思い通り。
だけど夢から覚めたら、私には何もない。

 

138: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:30:39.58 ID:ykLL93O3
だから、今回の夢は少しシチュエーションを変えてみた。
彼も現実からユメミヤに連れてこられて、私と同じ。
そういう設定。
そんな風にしたら彼が本当にいるみたいに思えてきて、幸せだった。

 

139: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:31:13.86 ID:ykLL93O3
それなのに、起きてみたらやっぱり彼はいなかった。
なんでも思い通りになるんだったら、私は起きたくなかった。
ずっと夢を見ていたかった。

 

140: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:31:31.15 ID:ykLL93O3
でも、彼はそれを許してはくれなかった。
その代わり私と一緒に現実を生きてくれるって言った。
そう言ったのに……

 

141: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:31:48.71 ID:ykLL93O3
「……嘘つき」
自然と声が漏れていた。
別にいっか、ここには私の声に反応してくれる人はだれもいない。

 

142: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:32:36.15 ID:ykLL93O3
また会えるかな、そんなかすかな思いを胸に、だれもいない海で私は眠りに落ちた。

 

143: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:33:12.55 ID:ykLL93O3

なにかに呼ばれた気がして、目を開ける。
気がつくと、辺りはもう暗くなっていた。
結局夢の中でも彼には会えなかった。
そしてここにも彼はいない。
いや、彼どころかこんな田舎でこんな時間、しかも十一月だ、周りにはだれもいない。
私は一人、

なはずだった。

 

144: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:33:43.80 ID:ykLL93O3

「おはよ」

その声は確かに聞こえた。
どうしてここにいるの? なんで?
横から聞こえた声に、
聞きたいことがいっぱいあった。
伝えたいこともいっぱいあった。
朝おきてから泣きっぱなしだったから目も腫れてるし、今もきっと涙で顔がぐちゃぐちゃで大丈夫かな、とか。
頭の中もぐちゃぐちゃで、結局出てきた言葉は一つだった。

 

145: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:34:09.09 ID:fLRKoG/Y
「おはよう」

 

146: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:34:33.20 ID:fLRKoG/Y

「おはようございます」
目を開けるとユメミヤがまだそこにいた。
というか、俺は何回こいつにおはようって言われるんだ? スズハと合わせたらかなりの数だ。

 

147: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:34:53.29 ID:fLRKoG/Y
「おい、なんでまだお前がいるんだ、スズハは?」
俺は確かにさっき現実に戻ると決めたはずだ。
「スズハは現実に戻りました。ただあなたにはもう少し話があったので」
ユメミヤの声はいままでの不気味な感じとは違って、なぜだか優しく聞こえた。

 

148: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:35:14.61 ID:fLRKoG/Y
「じゃあ、ここはまだ夢の中なのか? でも、ここはいつもの俺の部屋だろ?」
「いいえ、ここは夢の中です。そもそもあなたはずっと夢の中にいたんですよ」
ユメミヤはいやに明朗に話した。

 

149: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:35:43.70 ID:fLRKoG/Y
「だから、その夢から覚めたんだろ?」
「違います、ここも夢なんです。あなたがバスで私と会った日、あの日の夜からあなたはずっと夢の中にいたんです。スズハと一緒にいたセカイ、そしてこの現実のようなセカイ、どっちもたった一夜の夢なんです。
「なんでそんなことをする必要があるんだ? なんのためにそんな面倒くさいこと」
ユメミヤがそんなことをする理由がわからなかった。

 

150: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:36:56.85 ID:fLRKoG/Y
「スズハがそう望んだからです。スズハは何回も好きな夢を見るうちに、夢から覚めた後の現実を恐れるようになりました。自分だけが夢から取り残されると。だから、夢の中の人物にも同じ境遇を求めた、現実から私の手によって夢を見ているという境遇を」
「ちょっと待ってくれ」
いろんなこと一度に言われて頭が追いつかないが、その中に一つとても不安なことがあった。
もしいま言ったことが本当なら、
「俺は夢の中の人物なのか?」
もしそうなら俺は実在しないことになる。

 

151: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:37:31.89 ID:fLRKoG/Y
急にあやふやになった自分の存在に、恐怖を感じながら俺はユメミヤの返事を待った。
「スズハはそう思っているみたいですね」
曖昧な答えに、まだ不安を拭えない。
「スズハは度重なる夢への旅の中で、現実を恐れるようになった。それでも、夢を見ることはやめられず夢に縋り続けました。そんなスズハを現実に戻すために、私はあなたをスズハの夢に招待しました」
「招待?」
「はい、私の力であなたとスズハの夢をつなげた。つまり、安心してください。あなたはちゃんと実在します」

 

152: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:37:53.76 ID:fLRKoG/Y
俺は実在する。その言葉を聞いて安心したのか、いままでの緊張がほぐれ汗がどっと出た。
ただ、そこで一つ疑問が生まれる。
「だけど、なんでお前があいつのためにそんなことするんだ? 都市伝説の怪人がなんで? お前は誰なんだ?」

 

153: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:38:16.17 ID:fLRKoG/Y

「私はスズハのイマジナリーフレンドです」

イマジナリーフレンド、聞きなれない単語に、俺の動きが少し止まった。
それを察してか、ユメミヤは自分について語り始めた。

 

154: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:39:19.42 ID:fLRKoG/Y
「イマジナリーフレンドというのは、子供によく見られる現象で、自分に都合よく振舞ったり、助言をしたりする、自分で創った空想上の友人のことを言います。
スズハは小さい頃両親が離婚して、家に一人でいることが多々ありました。そんな寂しい時間を紛らわす存在として私が生まれました」
ユメミヤがスズハが創り出したものということはわかった。
でも、そしたら疑問が一つ残る。
「じゃあ、なんでお前は都市伝説なんかになってるんだ? そのイマジナリーフレンドっていうのは、創った本人にしか見えないんだろ?」

 

155: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:39:58.40 ID:fLRKoG/Y
「イマジナリーフレンドはよく見られる現象ですが、スズハはもう一つ、明晰夢を見ることができました」
「明晰夢って、好きな夢を見れるやつか?」
それなら聞いたことがある。
「厳密には少し違いますが、まあ、そんなところです。スズハは両親が離婚した頃から、明晰夢を使って家族三人仲良く暮らす夢を見るようになりました。
両親が離婚せず、幸せだった頃の夢を。その頃流行っていた都市伝説が『ユメミヤ』です。ユメミヤは好きな夢を見せてくれると、どこからともなく噂になった」

 

156: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:40:43.59 ID:fLRKoG/Y
「ユメミヤの都市伝説が先だったってことか?」
「はい、そしてそんな時にちょうど、イマジナリーフレンドである私が生まれました。明晰夢、都市伝説、そしてイマジナリーフレンド。スズハは自分の明晰夢という能力を、都市伝説のユメミヤの力で見ていると考えるようになりました。
そしてそのユメミヤをイマジナリーフレンドである、私に当てはめた」

 

157: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:41:38.70 ID:fLRKoG/Y
「私は最初『夢宮』という、スズハの話し相手になるだけの男の子でした。しかしスズハが都市伝説のことを聞き、私は好きな夢を見せる『夢見屋』になりました。
そうして、昼はスズハの話し相手『夢宮』、夜は好きな夢を見せる『夢見屋』として私はスズハの近くに居続けました。普通、イマジナリーフレンドは成長するにつれて自然と消滅するんです。しかしスズハはいつまでも私を空想し続けました」

 

158: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:41:57.84 ID:fLRKoG/Y
「でも、それならなんでお前は俺の前にいる? 俺にはお前は意思をもって行動しているようにしか見えないし、それに俺に夢を見せる能力だってあるだろ?」
意思をもって行動して、俺とスズハの夢をつなげた。これは明らかにイマジナリーフレンドなんてもんじゃない、都市伝説の怪人『ユメミヤ』そのものだ。

 

159: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:42:31.49 ID:fLRKoG/Y
「私が意思をもったのはつい最近のことです。私は気づいたら、自分を認識し、他者に夢を見せる力も持っていた。自分でもなにがおきてるのかわかりませんでした。いや、そもそも自分というのがなんなのかすらわからず、ずっと自問自答していました。
そしてそれがやっとわかった頃、私はスズハのことを考えるようになっていました。私のせいでスズハは夢に逃げるようになった」

 

160: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:42:49.72 ID:fLRKoG/Y
「私が意思をもったのは、スズハを現実に戻すためじゃないかと思うようになったんです。そんな時にあなたを見つけました。あなたならなんとかしてくれると思ったんです。そしてあなたは本当にスズハの心を動かした。本当にありがとうございます」

 

161: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:43:18.05 ID:fLRKoG/Y
目の前で頭をさげるユメミヤは、もう俺には不気味な都市伝説の怪人なんかじゃなくて、ただのスズハの良き友人にしか見えなかった。

 

162: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:43:43.36 ID:fLRKoG/Y
「そろそろ起きる時間ですね。最後の仕上げ、現実のスズハをよろしくお願いします。私はそちらには行けませんから。それに彼女に必要なのは、もう私じゃなくてあなたです。どうかよろしくお願いします」

 

163: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:44:23.76 ID:fLRKoG/Y
そう言ったユメミヤの顔は、やっぱり見えなかったけど、なぜだか笑っているような気がした。

 

164: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:44:42.18 ID:fLRKoG/Y
「ああ、わかった。俺が絶対になんとかする。任せろ」
俺はもう一度誓った。
スズハの友人に。
いままでずっと一人でスズハを支えていた、一人の勇者に。

 

165: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:45:10.39 ID:fLRKoG/Y
「ありがとうございます。それじゃあ、目をつぶってください。これが私の最後の仕事ですかね。一つあなたにヒントを差し上げます。彼女の名前は――」

 

166: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:45:54.33 ID:fLRKoG/Y
意識が浮く感覚の中、その声は確かに俺の耳に届いた。

 

168: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:46:11.74 ID:fLRKoG/Y

目を開けて、夢から覚めて、久しぶりの現実はしっかり寒い。
ベットから飛び起きて、家を出て、そこにはいつもの見慣れた風景がある。
夢の中とは違う、見慣れた田舎の風景。
それでも、彼女がいるなら、ここが俺の居場所だ。

 

169: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:46:34.61 ID:fLRKoG/Y
俺は走った、彼女に――四宮 鈴葉に会うために。

 

170: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:47:13.93 ID:fLRKoG/Y

「ユメミヤはいるの!」
俺の話をずっと聞いていてくれた鈴葉が、突然叫んだ。
「いまだって、ほら、ここにちゃんといる」
鈴葉が自分の横を指して言う。
「違う、少なくとも、俺に鈴葉の名前を教えてくれたユメミヤはそいつじゃない。それはお前が創った架空の存在なんだ」
俺はユメミヤに任せろと誓った、そして『俺』自身にも誓った。
だったら、言わなきゃいけない。

 

171: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:48:44.92 ID:fLRKoG/Y
「そう、だから、君に会わさせてくれたのも、ここにいるユメミヤじゃん」
鈴葉の目からは涙が流れていた。
もうこれで、鈴葉の涙を見るのは何回めだろうか?
もし、涙を流させているのが俺なんだとしたら、それを笑顔に変えるのも俺の役目だ。

 

172: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:49:06.86 ID:fLRKoG/Y
「いるよ! ユメミヤはいる! いてくれなきゃ……困るの! ユメミヤがいなかったら、だれが……だれが私のそばにいてくれるの? だれが私を……守ってくれるのっ?」

 

173: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:49:27.15 ID:fLRKoG/Y

「俺がいるだろ」

口が自然に動いていた。
自分でも、自分がこんなこと言うなんて信じられなかったけど、それでも、これが俺の本心だった。

 

174: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:50:05.35 ID:fLRKoG/Y
「俺がいる。俺がそばにいる。俺が……楢崎 恭也が四宮 鈴葉を守る。鈴葉にもユメミヤにも俺はそう誓ったんだ。ずっとそばにいる。絶対に守る。……それじゃあだめか?」

 

175: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:50:25.08 ID:fLRKoG/Y
「なんなの……なんで……そんなの、だめなわけないじゃん、……ずるいよ、かっこよすぎるよ」

 

176: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:50:40.52 ID:fLRKoG/Y
鈴葉はまだ泣いていたけれど、泣きながらもそう言って笑ってくれた。
俺はそれがどうしようもなく嬉しかった。

 

177: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:51:13.13 ID:fLRKoG/Y

「でもさ、どうしてここがわかったの?」
鈴葉が不思議そうな顔をしている。
「鈴葉のことが好きだから」
「何それ」
「ごめん、嘘」
「嘘なの?」
「好きなのは嘘じゃないよ」
嘘なはずがない。

 

178: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:52:35.53 ID:fLRKoG/Y
「ただ、夢の中で行った場所はほとんど知らない場所だったけど、ここだけは知ってるなと思って。それって鈴葉が本当は現実に戻りたがってるってことだろ? だからここにいると思った」
「ふーん、かっこいいじゃん」
「まあ、ホントは他にアテがなかっただけだけどな」
「何それ。恭也ってそういうところあるよね。やっぱりずるい」
そう言いながらも鈴葉は笑っていた。

 

179: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:52:57.53 ID:fLRKoG/Y
「それでさ、もう一回聞きたいんだけど」
「何を?」
「わかるでしょ」
わかる、確かにわかるけど、
「恥ずかしいから、やだ」

 

180: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:53:17.61 ID:fLRKoG/Y
「えー、ケチ。なんだよ、もー」
鈴葉はそういうと、波打ち際まで走っていった。
「風邪ひくぞ」
海の中に入っていった鈴葉に声をかける。
「そしたらそばにいて看病してくれるんでしょ?だからいいの。 恭也もきなよ」
そう言うと、鈴葉は俺の手を引いて海に入った。
なんか、前にもこんなことがあった気がするな。ただ、その時と違うのは、

 

181: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:53:37.95 ID:fLRKoG/Y
「寒っ」
「あたりまえじゃん、冬なんだから」
叫んだ俺に、笑いながら鈴葉が言った。
鈴葉がそう言っているのがおかしくて、俺も笑った。

 

182: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:53:56.48 ID:fLRKoG/Y
そうだ、冬は寒いし、休みは少ないし、田舎は退屈だけど、それでも……それでも鈴葉がいてくれるならそれでいい。
それだけで、この世界は夢のセカイよりもずっと輝いて見える。

 

183: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:54:18.37 ID:fLRKoG/Y
そんな世界でなら恥ずかしいのもしょうがないか。
俺は覚悟を決めて、名前を呼んだ。
あの時と同じように、だけど、あの時とは違う世界で。

 

184: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:54:37.35 ID:fLRKoG/Y
「なあ、鈴葉」
「なに?」
鈴葉がふりかえる。
それを見て俺は確信した。
やっぱり俺は、どんな世界でも、どんな時でも鈴葉が……

 

185: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:54:55.15 ID:fLRKoG/Y

「好きだ」

「うん、私も。大好き」

 

186: 名も無き被検体774号+ 2016/07/21(木) 21:57:37.24 ID:fLRKoG/Y

これでおしまいです
最後まで読んでくださった方はありがとうございました

前に書いた「十年前から電話がかかってきた」「ドッペルゲンガーと人生を交換した話」などもよろしくお願いします

ご意見ご感想などありましたらツイッターまでお願いします
http://twitter.com/yuasa_1224

 

188: 名も無き被検体774号+ 2016/07/22(金) 00:27:45.51

やっぱこういう空想的な作品は見てて面白いな
けどユメミヤの核心に迫ってるとこが少し読みにくかったかな

次の作品が完成したらスレ建ててくれたら嬉しい

 

190: 名も無き被検体774号+ 2016/07/22(金) 02:58:11.35
面白かった

 

191: 名も無き被検体774号+ 2016/07/22(金) 03:25:43.54
海でのシーンが最近みた映画に似てたよ
面白かった。また書いてね

このエントリーをはてなブックマークに追加

 転載元:http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1469099196/

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。