【2ch名作】しずか「私は源しずかという人間が嫌いです」(2)【感動】



このエントリーをはてなブックマークに追加

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 09:32:29.43 ID:WvDcSABC0

ドラ「セワシくんという存在がいなくなった今、僕が過去――君たちの子供時代――に送られたという事実もなくなる。子供の頃の君たちとは出会わなかったことになる。君たちの記憶は書き変わり、僕のことをすっかり忘れてしまう」

ドラ「なんだか切ないなぁ。もう一度だけでいい、最後にのび太くんに会いたかったよ…」

しずか「そんな!諦めるのは早いわ、ドラちゃん。なんとかしてのび太さんの無実を証明しましょう。そうすればまたセワシさんがあなたとのび太さんを出会わせたという、本来の時間の流れを取り戻せるわ」

ドラ「無実?のび太くんは本当に無実なのかい?」

しずか「ええ、そうよ。もちろんじゃない!」

ドラ「そうかおかしいと思ったんだ、あの弱虫ののび太くんに人なんて殺せるわけない」

しずか「ふふっ…大人になったのび太さんはもう弱虫なんかじゃなかったわよ。ドラちゃんだってのび太さんの高校時代を見てきたじゃない」

スネ夫「のび太、立派だったよな」

ドラ「いけないいけない、僕の中ではいつまでもジャイアンに苛められて泣きついてくる、子供ののび太くんの印象が強くて」

ドラちゃんはまあるい手で頭をかいた。
それから急に真顔になり、真っ直ぐ私を見つめた。

 

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 09:33:36.58 ID:WvDcSABC0

ドラ「しずかちゃん、なぜ君はのび太くんに別れを告げたんだい?」

ドラちゃんに会った時から、私はいつかその質問をされるだろうと予想していた。

スネ夫「えぇっ?しずかちゃん、のび太と付き合ってたの?」

しずか「ええ、高校の時にね」

スネ夫「へぇ、驚いた」

私とのび太さんの交際が始まったのは、高校の合格発表の後だった。
それから三年間、たまに喧嘩はしたけれど、仲良くやってきた。
のび太さんは背が伸び、メガネからコンタクトに変えて、すっかりおしゃれになっていた。
おまけに猛勉強のかいあり、高校は地元でも有名な進学校。
弱気だった性格は、彼を人の痛みがわかる優しく落ち着いた人物へと変化させていた。
当然、のび太さんは様々な女の子から声を掛けられることが多くなった。
のび太さんといる時、私はとても誇らしい気持ちでいっぱいだった。
素敵なのび太さんに選ばれた自分。
私は自分を特別な女の子だと思い込んでいた。
だけど交際が進むにつれ、私は気づいた。
特別なのはのび太さんであって、私はまったく素晴らしい人間でない。
彼は努力家で、しかもその努力をきちんと結果に結びつけているのに、一方私は頑張ってもいまいちパッとしない。
私はのび太さんにつり合わない。
すると今度は、彼と一緒にいることを苦痛に感じ始めた。
彼といると、自分がちっぽけな人間に思えて、たまらなく惨めだった。
悩んだ挙げ句、この辛い現実から目を反らすため、私は彼に別れを告げることを決めた。
それはドラちゃんが未来に帰り、落ち込んでいるのび太さんに、追い討ちをかけるような行為だったが、あの時の私には彼を思いやる余裕などなく、ただただ自分が楽になることだけを考えていた。

 

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 09:34:14.73 ID:WvDcSABC0

しずか「ごめんなさいドラちゃん。私はのび太さんから逃げたのよ。彼は何一つ悪くない。悪いのは馬鹿で身勝手な私なのよ」

ドラ「のび太くんはだいぶ前から、しずかちゃんの心の変化に気づいていたみたいだったよ」

しずか「え?」

ドラ「自分といると、しずかちゃんはどこか無理してるみたいだって、いつだったか言ってたな。しずかちゃんの幸せを考えたら、自分は身を引いたほうがいいんじゃないかって」

しずか「そんな…嘘よ…」

ドラ「だけど結局のび太くんは君に別れを告げられなかった。君のことが大好きだったから、離れたくなかったんだ」

しずか「ごめんなさい…ごめんなさい…」

ドラ「しずかちゃん、君はまだのび太くんのことが好きなんだね?だから危険を承知で僕に会いに来てくれたんだろう?」

しずか「ええ…好きよ。だから今度こそ、私は逃げないと決めたの。自分で道を切り開き、いつかちゃんとのび太さんに会って、あの時のことを謝ろうと、心に誓ったのよ!」

ドラ「ありがとうしずかちゃん。僕は嬉しいよ。のび太くんが君にそこまで想ってもらえる男になったんだって知って、すごく嬉しいんだよ…あれ?おかしいな…目からオイルが漏れてきたみたいだ」

スネ夫「ロボットのくせに、まったくドラえもんは涙脆いなあ」

ドラ「えへへ」

 

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 09:35:24.30 ID:WvDcSABC0

それから私とスネ夫さんは、事件について知っていることをすべてドラちゃんに話して聞かせた。

しずか「逮捕の一番の決め手となったのは、宅配寿司店のスタッフの証言だったの」

スネ夫「それからのび太の自白だね」

現場は都内の高層マンションの一室。
被害者は武さんの妹、ジャイ子ちゃんで、マンションは彼女が契約しているものだった。
漫画家としての大成功をおさめていたジャイ子ちゃん。
その作品は過激で不謹慎な内容のものが多く、スリルを求める十代の子達を中心に熱狂的な支持を集めていた。
何度もアニメ化、実写化がなされ、ジャイ子ちゃんを神と崇める信者まで現れた。
そんなジャイ子ちゃんの、突然の死。
彼女のファンが、あまりのショックから集団自殺未遂を謀り、この事件は世間からの注目を集めた。
そんな中、容疑者として名前が上がったのがのび太さんだった。
のび太さんはジャイ子ちゃんをキッチンハサミで刺した後、クローゼットから彼女のワンピースを一着盗んで逃走した。
それを目撃していたのがジャイ子ちゃんの注文で寿司を届けに来た宅配スタッフだった。
室内には争った跡と、のび太さんの指紋が残されており、言い逃れは出来なかった。
警察から同行を求められたのび太さんは、その場で罪を告白。
以降、自ら極刑を望む発言を繰り返す。

 

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 09:36:22.14 ID:WvDcSABC0

しずか「のび太さんは真犯人を庇っているような気がするの。だって行動がおかしすぎるわ。なぜジャイ子ちゃんのワンピースを盗んだのか」

スネ夫「ハサミについた血を拭き取るためらしいね」

しずか「犯行場所はキッチンよ?血を拭き取ろうと考えたのなら、すぐそばにタオルや布巾があったはずだから、それを使えばいいじゃない。もしくは水道の水で洗い流すとか。わざわざ寝室まで行って、ワンピースを持って来るという行動の意味がわからないわ」

スネ夫「気が動転してたってのび太は言うけど、凶器のハサミを現場に残しておいて、今更血を拭き取るも何もないよな。うん、のび太の発言はおかしい」

しずか「それに現場がキッチンなら、当然包丁があったはずなのに、なぜ凶器にキッチンハサミを選んだのかも怪しいわ」

スネ夫「包丁なら外国製の高級品が一式、シンク横に陳列されていたらしいよ。あ、ちなみにその包丁はジャイアンがプレゼントしたものらしい。キッチンハサミは確か三段目の引き出しだったかな」

しずか「すぐ手が届くところに包丁があったのに、わざわざ引き出しを開けてハサミを取り出した。これも謎ね」

 

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 09:53:54.67 ID:WvDcSABC0

ドラ「のび太くんとジャイ子ちゃんは普段から交流があったのかい?」

スネ夫「ジャイ子ちゃんの創作の相談に、のび太は度々マンションに呼び出されていたらしい。だから事件があった日もそうだったんじゃないかな」

しずか「注文したお寿司は二人前だったらしいし、きっと食事をしながらのび太に相談するつもりだったのね、ジャイ子ちゃんは」

スネ夫「あ、あのさ、そのことなんだけど…」

そこでスネ夫さんがおずおずと切り出した。

スネ夫「僕がのび太の事件で、弁護士や探偵を雇っていたっていうのは話しただろう?」

しずか「ええ」

スネ夫「それでわかったことなんだけど、現場のマンションに、食べかけのカレーの皿が残されていたらしいんだ」

ドラ「カレー?」

しずか「それがどうしたの?」

 

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 09:55:05.30 ID:WvDcSABC0

スネ夫「よく考えてみろよ。これから寿司が届くって時に、カレー食べる奴があるか」

ドラ「よほどお腹空いてたのかなぁ」

スネ夫「カレーの入った皿は一人前しかなかった。てことはのび太かジャイ子ちゃんのどちらか一方が食べたことになる」

ドラ「ジャイ子ちゃんの遺体の解剖結果は?」

スネ夫「それはさすがに入手できなかったけど、調べによるとジャイ子ちゃんはダイエットに熱心だったそうだ。映画の原作者としてメディアに出ることも多かったから、見た目に気を遣っていたんだろうよ」

しずか「ああ私、ジャイ子ちゃんの情熱大陸見たことあるわ」

スネ夫「マンションの中からは大量のダイエットグッズやサプリメントの類いが見つかっている。そんなジャイ子ちゃんが、寿司の前にカレーを食べるわけない」

ドラ「じゃあのび太くんが食べたんじゃないの?」

スネ夫「カレーはジャイ子ちゃんの手作りだった。僕はのび太に面会した時、カレーについて訊いてみたんだ。すると奴はなんて答えたと思う?」

しずか「何かしら」

 

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 09:57:12.66 ID:WvDcSABC0

スネ夫「ジャイ子ちゃんのカレーはおいしいんだけど僕にはちょっと辛すぎる。のび太はそう言った。だけど実際にマンションに残されていたカレールーのパッケージには甘口という表記があった」

スネ夫「事件当日、ジャイ子ちゃんが近くのスーパーで甘口のカレールーを購入したという事実もおさえた。するとのび太の発言の怪しさに気付く。わかるかい?のび太はあの日、カレーを食べていないんだよ」

スネ夫「おそらく以前に食べたジャイ子ちゃんの手作りカレーが辛口だったから、その味を思い出して答えただけなんだ」

しずか「ジャイ子ちゃんとのび太さん、二人とも事件当日カレーを食べていないのなら、一体誰が食べたっていうの?」

スネ夫「あの日マンションにいた、三人目の人物さ」

スネ夫さんは震える声で言った。

 

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 09:57:53.54 ID:WvDcSABC0

スネ夫「三人目が誰なのか、もちろん僕はのび太に尋ねたさ。だけどのび太はマンションには自分とジャイ子ちゃんしかいなかったと言い張った。カレーは自分が食べたものだと嘘をついた」

スネ夫「本人がそう主張するのだから、僕は手の出しようがない。仕方なく諦めて、この件については忘れることにしたんだ」

スネ夫「だけど昨日しずかちゃんに言われた言葉でハッとしたよ。そうだ、のび太は三人目の人物を庇って、自分がジャイ子ちゃんを殺したと嘘の自白をしているんだ」

ドラ「よし、だんだん見えて来たぞ。のび太くんはやっぱり誰かを庇ってる。それはきっと、のび太くんにとって大切な人物、あるいはよほどの借りがある奴だな」

しずか「……」

スネ夫「ドラえもん、これで僕の知っていることは全部だ。どうかな?ジャイ子ちゃんを殺した真犯人を見つけ出せそうかい?」

スネ夫さんが尋ねた。
ドラちゃんは難しい顔で腕を組むと、そのまま黙り込んでしまった。
私はスネ夫さんに視線を送り、目だけで問いかける。
スネ夫さんは項垂れ、無言で首を振った。
そして、とうとうタイムリミットが来てしまった。

 

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 09:58:54.55 ID:WvDcSABC0

スネ夫「お願いします、もうちょっとだけ」

私たちを元の時代に帰すべく、タイムパトロール隊が迎えに来た。
特別時間旅行の手続きが終わったのだ。
スネ夫さんはなんとかドラちゃんとの時間を引き延ばそうと、パトロール隊員に懇願した。
だけど、私はもう充分だと思った。
たぶん私は、真犯人を知っている。

ドラ「しずかちゃん、これを…」

スネ夫さんが隊員をひき止めている間、ドラちゃんはこっそりと何かを手渡してきた。
ひみつ道具だ。

ドラ「小型化してあるからポケットの中にでも隠しておくといいよ。通常より小さい分、一度しか使えない。こんなことしか出来なくてごめんね。だけども君はすでに気付いているんだろう?」

しずか「じゃあドラちゃんも…?」

ドラ「そうだね、あまりいい結末とはいえないね。でも僕の一番の友人はのび太くんだから、僕はいつだってのび太くんの味方をしてしまうんだよ」

ドラちゃんもきっと辛いのだろう。
そうだ、私だって辛い。

 

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 09:59:43.45 ID:WvDcSABC0

しずか「きっとまた、私たち出会えるわよね?」

ドラ「僕はもう時間旅行出来ない。ここから先は君次第だよ、しずかちゃん」

しずか「さようならドラちゃん…」

私はドラちゃんに別れを告げると、スネ夫さんとパトロール隊員が言い争っているところへ戻った。
隊員は何かの書類を差し出し、署名をするように言った。
署名を終えると、私たちはパトロール艦に乗せられ、時空間へと入った。

しずか「すみません、これから戻る私たちの時代にも、予期せぬ時間旅行の末に迷い込んでしまった人達がいるんです。その人たちを元居た時代に送り届けることは出来ますか?」

私は隊員のひとりに尋ねた。
隊員は少し時間がかかるが、それはもちろんタイムパトロール隊の仕事であるので、可能だと答えた。
裏山に出来てしまった時空の歪みについても、すぐに修復作業に取りかかるという。

 

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:00:37.39 ID:WvDcSABC0

スネ夫「旅立った時のまんまだ…」

私とスネ夫さんは、元の時代の裏山に降ろされた。
時刻は私たちが時空の歪みに飛び込んでから、数分後だという。
タイムパトロール隊に礼を言って、その場を離れると、そのまま暗い山道を下った。

スネ夫「本当に戻って来ちゃって良かったのかい?しずかちゃん」

しずか「ええ、いいのよ」

私の足取りは軽かった。

しずか「別れ際にドラちゃんがひみつ道具をくれたわ。これで事件の真相がわかる」

スネ夫「いや、真相はだいたいわかってるんだよ。マンションにいた三人目の人物が犯人で間違いない。問題はのび太がそいつを庇っていることだ」

スネ夫「だから僕たちは、のび太がいくらそいつを庇おうとも、庇いきれなくなってしまうくらいの決定的な証拠を見つけなきゃいけない。死刑から一転、無実になるくらいの強力な証拠をね。ドラえもんの道具はそのために役に立ちそうかい?」

しずか「ドラちゃんがくれた道具は…これよ」

私はポケットの中のものを見せた。

 

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:02:19.01 ID:WvDcSABC0

スネ夫「こ、これは…?」

しずか「思い出再生機。小型版だから一度しか使えないけどね」

スネ夫「確か任意の人物の、任意の記憶を見ることが出来る道具…だったっけか」

しずか「ええ」

スネ夫「そうかこれで事件当日ののび太の記憶を見ればいいんだね。そうしたらあいつが嘘をついていることが明らかになる」

スネ夫「だけど…それだけじゃのび太を無実にすることは出来ないよ、ちぇっ、ドラえもんの奴、どうせならもっといい道具をくれたら良かったのに」

しずか「いいえ、これで充分なのよ。さあこの辺りで一度止まりましょう。思い出再生機を使うわよ」

私は裏山の中に、適当に拓けたスペースを見つけ、声を掛けた。
スネ夫さんと向かい合って、地面に腰を下ろすと、再生ボタンを押す。
そして私達は、事件のすべてを見た。

 

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:03:20.33 ID:WvDcSABC0

スネ夫「い、今のはのび太の記憶じゃないな?しずかちゃん、君は一体誰の記憶を再生させたんだい?」

スネ夫さんはガタガタと震え、恐ろしいものでも見るかような目で私を捉えた。

しずか「今のは…ジャイ子ちゃんの記憶よ。彼女の記憶を再生させるのは賭けだったけど、おかげで私の予想が外れていなかったことが確実なものとなった」

スネ夫「う、嘘だ!そんなことあるわけない…。そ、そうだよ、第一、思い出再生機では死んだ人間の記憶は再生出来ないはずだ!」

しずか「そうね」

スネ夫「ま、まさか…」

しずか「ええ、そのまさかよ。今この時代に、ジャイ子ちゃんは生きてるわ」

 

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:04:40.65
何だと…

 

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:05:31.83
はよはよはよ

 

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:05:53.14
続きぃぃぃぃ!!

 

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:16:25.63 ID:WvDcSABC0

夜が明けて、私とスネ夫さんは、武さんの勤務先である病院に向かった。

武「朝っぱらからどうしたんだよ。俺は夜勤明けでくたくたなんだけど」

武さんは突然やって来た私たちを、腫れぼったい目で迎えた。

しずか「悪いわね武さん」

スネ夫「ジ、ジャイアン…ごめんよ…」

しずか「裏山で保護されたという少女に、面会させてほしいの」

武「しずかちゃんも諦めが悪いな。あの患者は心を閉ざしている。いくら呼び掛けても無駄だよ」

しずか「いいえ、会話出来るはずよ。だって武さん、あなたはすでにその患者と話しているでしょう?」

武「ま、まさか。馬鹿言うなよ」

武さんはわかりやすく狼狽した。
私は自分の考えが間違っていないことをさらに確信する。

 

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:16:57.43
キターーーー

 

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:16:58.88 ID:WvDcSABC0

しずか「606号室に入院している少女…。彼女以外にもまだもうひとり、裏山で保護されてここに入院している女の子がいるのよね?」

私は武さんを見据えた。
頭の中では、昨日病院の外で会った、フリーライターとの会話が思い出されていた。
女は、患者と面会してきた私に対し、こう問いかけたのだ。

『会ったんでしょ、患者に。ロクちゃんのほうだよね?』

ロクちゃんとは606号室に入院する患者の通称だ。
そして、ロクちゃんのほうという聞き方はこの場合おかしい。
そこで私は考えた。
“ロクちゃんのほう”ではない、“もうひとりのほう”がこの病院には入院しているのではないか。
ならばロクちゃん以外に裏山で保護された人物は入院していないと言い切った武さんは、私に嘘をついたことになる。
武さんは“もうひとりの入院患者”に私を面会させたくなかったのだ。

 

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:18:17.49 ID:WvDcSABC0

しずか「ジャイ子ちゃんはどこ?」

私が問うと、武さんは観念して、先を歩き出した。

武「ついて来な」

案内された先は、最上階の個室だった。

武「…ごめん」

室内に入る前、武さんは小さく呟いた。

ジャイ子「あ、お兄ちゃん!」

部屋の中、大きすぎるベッドの上に、ジャイ子ちゃんは居た。
昔のまま、ぽっちゃりとした頬が可愛らしい、おかっぱ頭のジャイ子ちゃん。

ジャイ子「お姉さんは誰?」

ジャイ子ちゃんは無邪気な笑顔を私に向けた。

しずか「お兄さんのお友達よ。よろしくね、ジャイ子ちゃん」

スネ夫「お、おいこれどうなってるんだよ…ジャイ子ちゃんが生きてるのはわかった。だけどなんで成長してないんだ?なんで子供の頃のままなんだよ…」

スネ夫さんは混乱し、掠れた声で言った。
武さんはベッドに近づくと、優しく諭すようにジャイ子ちゃんに話しかけた。

 

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:18:48.08 ID:WvDcSABC0

武「兄ちゃんはこのお姉さん達と大事な話があるから、おまえはもう少し寝ていなさい」

ジャイ子「えー?」

ジャイ子ちゃんは不満そうだった。

ジャイ子「お姉さん、お話が終わったら、あたいと遊んでくれる?」

しずか「ええ、もちろんよ」

ジャイ子「ふふっ…じゃあそれまでお絵描きして待ってるわ。お兄ちゃん、そこのスケッチブック取って」

武「ほらよ」

お絵描きを始めたジャイ子ちゃんを残し、私たち三人は屋上に上がった。
屋上からは、裏山の全貌が見渡せた。
昨夜あれほど歩き回り、果てなんかないんじゃないかと思われた裏山も、ここから見下ろすと案外小さい。

 

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:19:39.15 ID:WvDcSABC0

武「許してくれしずかちゃん…お願いだ見逃してくれ…」

武さんは屋上の床に頭を擦りつけて、詫びた。

スネ夫「ジャイアン…」

その様子に、スネ夫さんは困惑の表情を浮かべていた。

しずか「やめて武さん、私は別に武さんを責めに来たわけじゃないのよ」

私は武さんに頭を上げさせると、言った。

しずか「これ以上嘘を重ねるのはやめましょう。真実を明らかにしましょう」

 

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:21:10.35
これから仕事だというのぬ気になってしょうがない

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:21:14.98 ID:WvDcSABC0
それから武さんが語ったことは、ほぼ私の予想通りだった。
時空の歪みに迷い込み、私達の子供時代――過去――からこの時代に時間旅行して来てしまったジャイ子ちゃんは、運命の悪戯か、この時代の、売れっ子漫画家になった大人の自分と遭遇した。
大人のジャイ子ちゃんは、おそらくすぐに、目の前の子供が昔の自分だと気付いた。
そして取り合えず自分のマンションに子供のジャイ子ちゃんを連れ帰り、食事を与えた。
マンションに残されていたカレーが甘口だったのは、それを食べるジャイ子ちゃんがまだ子供だったからだ。
それから大人のジャイ子ちゃんは、子供のジャイ子ちゃんが現れたことで、これからどうしたらいいか悩んだ。
元の時代に帰そうにも、手段がない。
彼女は日頃からの相談相手、のび太さんに連絡を取った。
わざわざ来てくれるのび太さんのために寿司を注文し、彼がマンションを訪れるのを待った。
そこで、大人のジャイ子ちゃんと子供のジャイ子の間にトラブルが起きた。
口論の末、子供のジャイ子ちゃんは、大人のジャイ子ちゃんを刺し殺してしまった。
凶器が包丁ではなく、キッチンハサミだったのは、単純に子供のジャイ子ちゃんの身長では、陳列されている包丁に手が届かなかったからだ。
そしてタイミング悪く、のび太さんが現場にやって来た。
のび太さんは一目見て状況を理解し、泣きじゃくるジャイ子ちゃんを宥めた。
心配しなくていい、自分が助けてやると、ジャイ子ちゃんを励まし、すぐに行動に移った。
返り血を浴びたジャイ子ちゃんを着替えさせた。
クローゼットからワンピースが一着なくなっていたのは、凶器の血を拭き取るためではない。
子供のジャイ子ちゃんでも着られる服を探したら、そのワンピースしかなかったからだ。
それからのび太さんはジャイ子ちゃんを連れ、マンションを飛び出した。
その際、宅配寿司店のスタッフに目撃されてしまった。
一緒にいたジャイ子ちゃんの姿まで捉えられずに済んだのは、彼にとって幸運だったのか不幸だったのか。
とにかくのび太さんは、自分が殺人を犯したことにして、子供のジャイ子ちゃんを逃走させることに成功した。

 

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:21:34.02
こんな面白いssひさしぶりだわ

 

182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:22:51.60 ID:WvDcSABC0

武「事件があった夜、突然のび太が子供のジャイ子を連れて俺の前に現れたんだ…」

武さんが語る。

武「びっくりしたよ。それから、なんとかしなきゃと焦った。殺されたのはジャイ子、そして殺したのもジャイ子。どっちも俺の大切な妹だ」

武「いきなり別の時代に飛ばされ、まだ子供なのに殺人の罪に問われるジャイ子を思ったら、俺は不憫に思えて仕方なかった。なんとしてもジャイ子を守らなきゃと思った」

武「幸いなことに、子供のジャイ子はショックから、自分が殺人を犯したことを忘れている。清らかな心のままだった。ジャイ子が元の時代に戻る術はない。ならばここで、この時代で、子供のジャイ子を俺が面倒見ていこうと思った」

スネ夫「それで…勤務先のこの病院に子供のジャイ子ちゃんを入院させたんだね…」

武「ああ…」

しずか「そしてのび太さんは、ジャイ子ちゃんの犯行を、すべて自分のせいだと言ったのね」

武「のび太は逃走現場を見られている。いずれ疑いの目は自分に向くだろうと言った。そして、こうなったのは自分のせいだから、ジャイ子の罪を自分に被らせて欲しいと俺に頼んできた」

スネ夫「なんでのび太のせいなんだよ。のび太は犯行現場に遅れてやって来ただけだろう?」

武「……」

 

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:23:43.87 ID:WvDcSABC0

しずか「スネ夫さん、あなたも思い出再生機で子供のジャイ子ちゃんの記憶を見たのなら、想像出来るんじゃない?」

スネ夫「ちっともわかんないよ」

しずか「子供のジャイ子ちゃんは、大人になった自分が、思い描いた通りの人生を歩んでこなかったことに気づき、失望したのよ」

武「ああ…のび太も同じことを言っていた」

しずか「一番の違いは作風ね。子供の頃、ジャイ子ちゃんは少女漫画家になるのが夢だった。だから大人の自分に遭遇し、売れっ子漫画家になっていると知り、とても喜んだ」

しずか「しかしいざその作品を見せてもらうと、自分の想像とはかけ離れたものだった。過激で暴力的な内容に、子供のジャイ子ちゃんはショックを受けた」

しずか「たぶんその時彼女は、裏切られた気分だったんじゃないかしら。子供のジャイ子ちゃんは激昂し、大人の自分を刺し殺してしまった」

武「ジャイ子はかなり前から、自分の本当に描きたいものと、周囲から求められるものの違いに、悩んでいたよ。それで何度ものび太に相談していた。兄である俺は医師の仕事に追われ、ろくにジャイ子の話を聞いている暇などなかったからな」

しずか「のび太さんはジャイ子ちゃんになんてアドバイスしていたのかしら…」

 

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:24:36.89 ID:WvDcSABC0

武「のび太のアドバイスは堅実だったよ。今は世間から求められるものを描いて、自分の地位を高めるべきだとジャイ子に言ったらしい。ある程度の地位や名声を得られれば、そのうちわがままが通るようになる」

武「有名になって、後はわがままに自分の描きたいものを描けばいい。のび太はジャイ子の近頃の作品より、昔のベタベタな少女漫画のほうを評価していたから、そのアドバイスはのび太にとっても辛かったと思うけどな」

しずか「その結果、ジャイ子ちゃんは売れっ子になったけれど、それは子供のジャイ子ちゃんが思い描いた未来とは違うものだった。子供のジャイ子ちゃんは、大人の自分にも、少女漫画を描き続けていて欲しかった」

武「こうなったのはすべて自分のアドバイスが招いた悲劇だとのび太は言った。こんなことになってすまないと、のび太は泣いて俺に詫びた。俺はそんなのび太を責める気になれなかったよ」

武「忙しさを理由に、ジャイ子の相談を無視し続け、のび太に任せきりにしていたんだからな。俺はジャイ子の兄失格さ」

しずか「のび太さんはせめてもの償いにと、自分が罪を被ることにしたのね」

武「ああ…そして俺はそののび太の申し出に甘えた。大人のジャイ子が死に、だけどまだここには子供のジャイ子が残っている。俺は今度こそジャイ子を失いたくない。警察になんて引き渡したくない。俺の手元に置いておきたい」

武「だから俺は、優しいのび太にすべてを押し付けたんだ。のび太を利用したんだ。俺は…俺は最低だよ…」

武さんは拳で何度もフェンスを殴り、ぽろぽろと涙を流した。

 

188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:25:48.65 ID:WvDcSABC0

スネ夫「ねえ…これからどうしよう…」

スネ夫さんが途方に暮れた様子で、誰に言うでもなく呟いた。
私にはもう時間がない。
だから、武さんに言った。

しずか「タイムパトロール隊に話はつけているわ。ジャイ子ちゃんも、そしてロクちゃんや他に裏山で保護されたみんなも、全員元の時代に帰れる」

しずか「元の時代に戻ってしまえば、法律はジャイ子ちゃんを罰せられない。だからどのみち、あなたの前からジャイ子ちゃんはいなくなるの。ごめんなさい武さん、勝手に話を進めてしまって…」

武さんは目を丸くして、私を見た。

武「本当かい?じゃあジャイ子が警察に捕まることはないんだな?」

しずか「ええ。真犯人であるジャイ子ちゃんはこの時代から姿を消す。そして、のび太さんを救うにはどうすればいいと思う?」

武「それは…俺だ…」

スネ夫「まさかジャイアン…」

スネ夫さんもようやくここで気づいたみたいだ。

 

190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:26:31.09
引き込まれる

 

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:28:14.33 ID:WvDcSABC0

武「ジャイ子はいなくなる。俺はもうジャイ子に会えない。だったらもう未練なんてないよ。俺はジャイ子の兄だからな、妹のやったことは兄の俺が責任を取る。俺はもう現実から逃げない。傷つけちまった心の友を救えるのは、俺しかいないんだよ」

しずか「武さん…」

武さんはもう泣いていなかった。
そこにいるのは、ただ妹と友人を思う、哀れな男だった。
だけど私は、絶対に武さんをこのまま哀れな存在にはしない。

武「もっと早くにこうするべきだった。ありがとよ、しずかちゃん、スネ夫、最後に二人と話せて良かったよ。俺は今から警察に出頭する。俺は今から大悪人になる。実の妹を殺して、その罪を友人に擦り付けた、極悪非道の男になるよ」

スネ夫「ジャイアン…ぼ、僕は…どんな手を使ってもジャイアンを助ける。少なくともジャイアンを非道な人間になんかしない。昔からこういうのは得意なんだ。世間がジャイアンに同情するような背景をでっち上げてやる!」

スネ夫「そのためにはどんな嘘や汚い手だって使うぞ!えらい人間にたくさん媚びて、金もバラまいてやる!覚悟しとけよジャイアン、君は一生世間から悲しき英雄だと思われるんだ!君の裁判には女性ファンが殺到するようになるぞ!」

スネ夫「どうだ悔しいか!子供の頃にたくさん殴られた仕返しだ、これからは君の評判を僕が左右してやるんだからな!うわぁぁん…」

 

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:29:14.57 ID:WvDcSABC0

スネ夫さんはそれから馬鹿みたいに声を上げて泣いた。
それを見て、武さんは笑っていた。
私たちはやっと、子供の頃のように戻れた。
虚勢や建前を取り払って、馬鹿で無防備な心のまま、向き合えた気がした。

しずか「私、ジャイ子ちゃんに会ってくるわ」

私はひとり屋上を出た。
女の子がいると、男の子同士はうまく話せないんだって、大人になった今ならわかる。
武さんとスネ夫さんが二人きりで何を話すのか、少しは気になるけれど。

 

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:30:13.92 ID:WvDcSABC0

しずか「ジャイ子ちゃん?」

病室に顔を出すと、ジャイ子ちゃんが歓声を上げた。

ジャイ子「お姉さん!見て、これ」

スケッチブックを向けられ、私は彼女が描いた絵を見た。
繊細で美しいタッチの絵。

しずか「とても上手ね」

ジャイ子「あたい将来は漫画家になるのよ」

ジャイ子ちゃんが得意気に言った。

しずか「あなたならきっと素敵な漫画家になれるわ。だけど知ってる?漫画家さんはすごく大変なお仕事なのよ」

ジャイ子「大丈夫よ」

 

206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:33:05.57 ID:WvDcSABC0

しずか「ジャイ子ちゃん…」

私はジャイ子ちゃんに目線を合わせた。

しずか「どうか挫けないで。どうか自分を信じて。あなたはあなたが信じるものを描き続けて。お金や名声なんかに、自分の魂を売り渡したら駄目よ。どうかそういう、心の強い漫画家さんになってね。そうすれば未来で、あなたのお兄さんを救うことに繋がるから」

武さんとスネ夫さんが病室に入ってきた。

武「そろそろ行くよ…」

武さんはベッドに近づくと、無言でジャイ子ちゃんを抱き締めた。
ジャイ子ちゃんはちょっと鬱陶しそうにしていた。
私たちは並んで病院を出、そこで別れることにした。

 

209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:33:52.86 ID:WvDcSABC0

スネ夫「ああもう足がクタクタさ」

武「二人ともありがとな。のび太にも伝えてくれ。悪かったってさ。それからのび太の力になってやってくれよな」

スネ夫「もちろんさ」

武「じゃあな…」

武さんが片手を挙げる。

しずか「待って武さん!」

武「ん?」

しずか「武さんは…ロクちゃんの包帯の下の素顔を見たの?」

武「いいや、見てないよ」

しずか「そう…」

武「しずかちゃん?」

しずか「さようなら武さん、スネ夫さん、いつかまたどこかで」

私は二人の前から駆け出した。

 

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:35:01.39 ID:WvDcSABC0

スネ夫「あれ?しずかちゃん送ってくよ?おーい…」

背後でスネ夫さんの声がする。
追いかけてきても、どうせ私はつかまらない。
私はずっと、自分が嫌いだった。
平凡な能力しか持たず、そのくせ自意識ばかり高くて、傷つくのを怖れ、いつも自分を守ることばかり考えていた卑屈な自分。
何も出来ず何もしようともせず、小さく丸まって生きる自分が、大嫌いだった。
だけどいざ消えるとなると、やっぱり寂しい。
私は、おおむね幸せだったんじゃないだろうかと思えてくる。
最後に彼の助けになれるようなことが出来て良かった。
それだけで、私の人生にもちゃんと意味があったのだろうと信じたい。
今なら私は少しだけ、自分を誇れるような気がする。
ああ、だけどもう体が消える。
思考が止まる。
もう、さよならの時が来た。

……………………………………

………………………………

……………………………

……………………

 

215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:35:09.93
おいおい…

 

219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:36:15.54 ID:WvDcSABC0

いつも通り病院に向かうと、顔見知りの看護師が声を掛けてきた。

看護師「あら?野比さん、素敵なお花ね」

僕は両手に抱えた花束を少し揺らして見せた。

のび太「ええ、綺麗でしょう?彼女、花が好きだから」

そう言ったところで、強く肩を叩かれた。

武「ようのび太、これからデートか?」

振り返るとそこに、白衣姿のジャイアンが立っていた。

のび太「ああジャイアン!あ、そうだジャイ子ちゃんは元気?」

武「毎日居間で漫画描いてるよ。今度こそ賞を取るんだと。今時少女漫画なんか売れねーって言ってるのによぉ」

 

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:37:17.71 ID:WvDcSABC0

のび太「いいじゃないか。僕はジャイ子ちゃんの描く少女漫画、好きだよ」

武「まあ俺も嫌いじゃないがな」

ジャイアンはそう言って、大口を開けて笑った。
妹のために毎晩少女漫画を読み漁り、創作の相談に乗れるよう頑張っている彼に、かつて周囲を震え上がらせたガキ大将の面影はない。
ジャイアンの姿をみとめた小児科を受診する子供達が、わらわらと集まってきた。
優しい彼は、すっかり子供達に懐かれている。
ジャイアンは子供に囲まれ、困ったような照れ臭いような笑顔を浮かべた。

武「のび太、まあまた今度ゆっくり話そうぜ!あ、こら、先生の白衣を引っ張るんじゃない!わかったわかった、遊ぶから!」

のび太「うん、またなジャイアン」

 

223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:38:25.93 ID:WvDcSABC0

僕は606号室を訪れた。
ベッド脇に、高そうなチョコレートの箱が置かれている。
きっとスネ夫が来て、残していったのだろう。
僕は彼女に近づくと、その手に花束を握らせた。

のび太「ほら、いい香りがするだろう…」

彼女はやはりぴくりとも反応しなかった。
幼い頃、裏山でぼおっと座っているところを保護された彼女は、それきり口を利かず、自発的に動こうともせず、人形のようになってしまった。
この症状は、大人になった今も続いている。
保護された時、彼女は怪我をしており、それを誰かに手当てしてもらった痕跡が見られたが、彼女が口を利かない限り、あの日裏山で何があったのかはわからない。
医者は何かのショックで心が壊れてしまったのでしょうと見解を示し、彼女がいつか回復するか、ずっとこのままなのかはわからないと告げた。

のび太「そうだ、今日は君に見せたいものがあるんだ」

だけど僕は信じている。
彼女はきっと治る。
そうしてまた僕に、あの下手なバイオリンを聞かせてくれるのだ。

のび太「試作品だし、ミニサイズだけど…」

握った手を開くと、ミニドラが飛び出し、彼女のベッドの上を走り回った。

 

226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:39:49.61
のび太すげええ

 

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:39:52.00
泣いた

 

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:39:55.41 ID:WvDcSABC0

のび太「これをさらに改良すれば、いつかきっとドラえもんが出来るはずさ」

ミニドラは彼女の肩に飛び乗り、彼女はただぼんやりと宙を見ていた。

のび太「なんてね。実際はまだまだ道のりは険しい。このミニドラだって、充電式で、稼働時間は一時間が限界だし」

僕は立っていって、窓を開けた。
心地よい風が、薄いカーテンを揺らした。
ミニドラはどうも走行音が大きすぎる。
僕はそろそろ引き上げたほうがいいだろうと判断し、ベッドを振り返った。
そうして僕は、自分の頬に温かなものがつたうのを感じた。

ミニドラ「ドラ!ドラ!」

ミニドラは彼女の手のひらの上で、はしゃいでいた。
それを見て、彼女はくつくつと楽しげに肩を揺らしていた。
僕は彼女の名を呼んだ。

のび太「しずかちゃん…」

彼女が僕を見る。
僕たちは十数年ぶりに、視線を合わせた。

―end―

 

229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:40:45.42
乙ー

 

233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:41:03.92

いい話だった

 

237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:41:32.00

泣きそう

 

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 10:41:42.47 ID:WvDcSABC0
読んでくださった方、支援、ありがとうございました!
色々な矛盾点はごめんなさい。
また何か書いた時はよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1377820101/

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。