俺が昔山で遭難した時に熊に助けられた話をしたい。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)19:31:18 ID:6qP
立ったら書く

 
2: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)19:31:36
はい

 

4: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)19:35:53 ID:6qP

おお立った。
コメントはよくするけどスレ立ては初めてだから緊張するな。

とりあえず先に遭難した経緯なんだが、中学生の頃に一人で婆ちゃん家に行ったんだよ。
婆ちゃん家はクソ田舎の山に囲まれた場所でさ、都会っ子の俺はいつも大自然と触れ合える婆ちゃん家が大好きでよく行ってたんだ。
その時も『大自然w』とか超浮かれて、釣りしたり畑仕事したりして過ごしてたんだ。

 

6: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)19:38:23
昔山なんて初めて聞いたし
作り話乙

 

8: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)19:40:57 ID:6qP

んで婆ちゃん家滞在3日目だったか4日めだか忘れたんだが、急に『そうだ!!山菜採ろう』とか阿呆な考えが浮かんだんだわ。
んで婆ちゃんに色々道具借りて、いざ山へ出発(つってもそこも山なんだがな)した。

道無き道を登り始めて、婆ちゃんが食えると言っていた草っぽいのとかそういうのを引っこ抜いてたり刈ってたりして、そりゃ目一杯楽しんだ。

 

9: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)19:44:05 ID:6qP

俺さ、割と馬鹿だと言われる方なんだがその時も勿論馬鹿で、婆ちゃんが「この木の向こうより先に言ったら危ないで」って言ってたのに、『俺は若いから大丈夫!行ける!!大丈夫!』とか妙なテンションになっちゃって、進んだんだよね。

まあ、結果的に進みすぎて、足滑らせて斜面転げ落ちて迷子になったわけですわ。

 

10: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)19:46:49 ID:6qP
斜面っつっても、登れないほど急斜面では無かったと思う。
だが転げ落ちた時に、足を小さい木にぶつけて傷だらけのズタズタになってたし、足ひねったみたいでとてもじゃないけど登れないと思った。
この時も俺は馬鹿で、『確かこっちから来たからこっち歩けば村まで行ける』って思って足引きずって進んだんだわ。
まあ反対方向だったんすけどね?

 

11: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)19:50:21 ID:6qP
どんどん進むにつれて、もう道も何もない状態で、その時季節は夏だったからとにかく体力が削がれた。
すぐにペットボトルに入れておいた水は空になった。
でも村には出ないし、人の通る道も見えてこない。
夕方になった頃にはもう絶望してた。
真っ暗になった時には、もう死ぬんだな俺って思った。

 

12: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)19:53:53
期待

 

15: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)20:12:12
詳しく聞こうか

 

14: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)20:09:09 ID:6qP
真っ暗な中でさあ、
『とりあえず寝よう』と思ったけど、こういう時に限って寝れないし、そもそも寝れるような状況じゃないんだよな。
そんな中でカサカサ音がしたんだわ。
俺はそん時、葉っぱを踏むにしても軽い音だし鳥だろうなーって思って、さほど気にして無かった。
ただ、後ろに置いてた山菜入れるカゴが引きずられて行くのに気がついて、後ろ見たら毛むくじゃらのイノシシが居た。

「おっふぁえういえ!?!?!?!?!?!?!?」
訳わからん叫び声あげたんだけど、これがまずかった。
イノシシにターゲットオンされてしまった。
イノシシは俺にゴンってぶつかって来た。
ぶつかられるのは短距離でスピードも出てなかったからそんな痛くなかったんだが、腕に噛みつかれた。
俺はとにかく助けて助けてとしか言えなかった。
ここらへんは覚えてる。
てか俺ここらへんで一回意識を失った。

 

16: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)20:12:23 ID:6qP
んで気がついたら薄暗い朝ですわ。
一瞬「死んだんかな」とか思った。
腕にすぐ激痛走って、夢じゃないと絶望した。

よくわからんが、イノシシはこれだけで済ましてくれたのかなって起きあがると、骨と肉塊になり果てたイノシシが散らばってた。
俺、グロいの苦手なのでそこでもう一回意識を失った。

 

18: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)20:22:37 ID:6qP
んでもう一回目覚めたら、太陽が真上近くにあって、昼頃かなって思って起きた。
イノシシは跡形も無く消えててホッとした。
とりあえず立ち上がって状況確認しようと思って、『カゴ……』って後ろ向いたらだ。
小熊が居た。
小熊がこう、俺のカゴから山菜取って食ってた。

目があったんだけど、小熊は「何すか」みたいな感じで俺のことをまっっったく気にせず、次の山菜へと手を伸ばしていた。

『熊って肉以外も食うのか……』と呆然としていたが、ひょっとしてこの小熊がイノシシを仕留めて助けてくれたのではないか?と思った。
小熊っつっても俺より小さいけど俺くらいはデカいと言うか、(当時157センチくらい)でも小熊と言えどフルパンチでイノシシならなんとかなるんだろう、助けてくれたに違いないと思った。
「あ、あああ、ありがとう」とか震えて呟いた。
そんな俺を小熊は無視して山菜食べてた。

 

19: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)20:29:31 ID:6qP
『とりあえず小熊の気が変わらない内に帰ろう!!逃げよう!!』
オレの脳裏にはそれしかよぎらなかった。
その山菜入ったカゴはくれてやらあ!と思い猛ダッシュ!!
だが俺は足を怪我していた事をすっかり忘れていた。
つまりこけたんだな。
木の根っこに鼻ぶつけて鼻血出た。

ずるずる足引きずりながら「とにかく逃げなきゃ逃げなきゃ逃げなきゃ」って這いつくばって進んでいたら、視界にもっさりパサパサな毛並みの足が見えた。
「小熊……」って思って顔を上げたらただの熊だった。
後ろ見ると、小熊はまだ山菜食ってた。
もう一度、熊見た。
熊の口、血だらけでなんか全てを悟ってしまった。
「あ、イノシシこいつだわ」って。

 

21: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)20:35:54 ID:6qP
死を覚悟して、もう逃げられないと観念してひれ伏した。
だが、何秒たっても熊は襲ってこなかった。
熊の鼻息が聞こえるだけだった。
俺、顔を上げる。
熊「何よ」って顔。
『あー親子だなあ』とか思った。
俺、ゆっくりと立ち上がる。
熊も何故か二本足で立ち上がる。

俺「あ、いえ、戦いません戦いません、すみません」とか訳わかんない事を話しかけたら小熊が俺にタックルかましてきやがった。
俺勿論倒れる。
イノシシと違って、マジで重さがあって痛かった。
小熊、そんで俺を襲うかと思いきや、俺を手でゆさゆさ揺すったりひっくり返したりしやがった。
俺は下手に刺激すると死ぬと思っていたから、為すすべもなくされるがままになっていた。

 

22: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)20:44:16 ID:6qP
で、転がしてる途中で親熊が手で小熊を止めてくれた。
熊でも一応牽制みたいなのしてくれるんだな。
早くどっか行ってくれないかな……って思ってたら親熊が歩き出した。
俺『ヨッシャアアアアアアアアア』
だが小熊が俺の足を口で掴む。
俺「えっ」
そのまま引きずられましたとも、ええ。

俺「はなせ!はなせえええ」
小熊、素直に口をはなす。
なんだ話が通じるじゃないか。
と思ったら小熊は俺を起こそうとする。
俺は立てばいいの?????って思って立った。
すると小熊は顔を俺の背中にあててぐいぐい歩き出した。
俺『付いて来いって事??????』
ここで逃げてもおいかけられそうだったので、足を引きずりながら親熊についていった。

 

23: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)21:10:54 ID:6qP
しばらく進むと水の音がしてきた。
俺『そう言えば喉渇いてたな……』と思った途端に腹も減ってきた。
そうだ、昨日から何も食ってなかった。
山菜も小熊に横取りされたし、水だけでもたらふく飲みたいなあって思った。

熊親子は川まで来ると、水を飲みだした。
俺も釣られて水がぶ飲みした。
水を大量に飲んでとにかく腹を膨らませないとって思った。
水を飲んだことにより、多少の安心感が生まれた気がした。

小熊はそのまま水遊びを始める。
親熊は日陰に移動して座り始める。
俺『何これ……俺どうしたら良いの????』
とりあえず暑いので俺も日陰に移動した。
なんとか村に帰る方法を考えないといけない。
けど体はボロボロだし一度体力を少しでも回復しとかないと……とか色々考える。
色々考えすぎて上手い事帰る方法がまとまらない。

俺「なあ、村の方向知らないよね?」
何故かわからないが俺は親熊にそう話しかけた。
親熊「……」
当たり前だが返事は無かったが、帰る方法考えてる内に『とりあえずこの熊は大丈夫な奴らなんだな』って事だけなんかわかって、それだけで急に安心感と心の余裕が生まれ始めた。
心に余裕が出来ると『熊ってこんな毛並みなんだなあ』とか、『なんとなく犬っぽいなあ』とか『小熊はそうでもないけど親熊ちょっと臭うなあ』とか、だんだん熊観察に切り替わっていった。

 

 

24: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)21:18:01 ID:6qP
そんで熊親子とまったりしてたら、熊がもう一頭現れた。
めっちゃ走ってくる。
俺、何故か逃げずに「仲間が来たでー」とくつろいだまま。
もう一頭の熊が現れると親熊が小走りでソイツに走り寄った。
そんで「う゛ぉん」とか変な鳴き声を上げて小熊よ呼ぶ。
小熊は途端に水遊びを止めた。
俺は何だろうと思っていたら、犬が現れた。
それもただの柴犬だった。
どっからどう見ても柴犬。
俺、ピンと来た。
『またぎ』が近くに居ると。

 

25: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)21:19:10
これヒグマなん?

 

27: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)21:21:25 ID:6qP
>>25
知らん。
島根県とだけ言っておく。

 

26: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)21:20:56 ID:6qP
柴犬は俺を見た瞬間、メッチャきゃんきゃん鳴き出した。
俺、ビビる。
で、『こいつら死なせたくない!』って思って「お、お前ら逃げろ!やられちゃう!」ってなんか適当な方角指差した。
熊、それに反応して三頭とも小走りで森の中に消えていった。

 

28: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)21:26:08 ID:6qP

柴犬は熊が去った後もぎゃんぎゃん鳴いて、
「俺は違う俺は熊じゃないから!ご主人どこよ?ねえ!連れてって!」とか熊と同じように人間語で語りかけた。
するともう一頭柴犬が現れてまーた人を見るなりぎゃんぎゃん鳴き出して犬の大合唱が耳にうるさかった。
俺「うるよいよ、静かに、ご主人どこ」
おっさん「うえあああああああらあああああああ」
俺「!?!?!?!?」
おっさん「生きてたかあああ!!よおおおおおお見つけたなあああああコロォオオオオオ」

結果的に、犬は別にまたぎの犬ではなく、おっさんが俺の捜索の為に放った別に狩猟犬ですらないただの飼い犬だった。

 

29: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)21:27:04
島根ってマタギいるのかよ

 

31: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)21:27:57 ID:6qP
>>29
当時中学生の馬鹿のオツムを気にすんなよ。
今は東北のってわかってるよ

 

32: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)21:32:54 ID:6qP
そっからおっさんと一緒にフラフラなりながら婆ちゃん家に帰還した。
婆ちゃんと対面した瞬間に「うおえああああああなあああ婆ちゃあああああああん」とか恥ずかしながら大泣きしてしまった。
婆ちゃんも「良かったよおおおお」とか力いっぱい抱きしめてくれた。

その夜に婆ちゃんに遭難してる時にこんな体験があってグスングスンとか涙ながらに熊に助けられたら話をした。
どうせみんな信じてくれないだろうなあーって思って話したら婆ちゃんからまさかの一言。
婆ちゃん「それ山本さん家の熊だわあ」
俺「……え?」

 

34: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)21:38:47 ID:6qP
その後、山本さん家(仮名)の家にやぶん遅く訪ねたら、三匹が普通に鎖に繋がれてた。
俺「えっ?」
山本さん「なんだ今日帰り遅いと思ってたら良い仕事してたのかあ!わはははは」
小熊「何よ」
親熊「………」
何を言ってるんだお前はって言われるかもしれないが実話なんだよ。
これが。

山本さん家は熊を飼っていたんだ。
て言うか大昔なんかはちょくちょく熊を飼ってる家があったらしいのだが、今は殆ど減って山本さん家だけになったらしい(飼育のお金超かかるらしい)
いや、でも放し飼いすんなよクソがと内心思いましたとも。

 

35: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)21:40:49 ID:6qP
鎖もさあ凄い、お手製感伝わるちゃちいのでさあ、大丈夫なんこれ?と言いたくなる感じで脱力した。
変な笑いが出た。
山本さん曰わく「家の土地に家のペット放って何が悪い」だそうで。

いやでもちょっとおい。

 

36: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)21:45:47 ID:6qP
そんで月日は流れて何十年ぶりに今週、婆ちゃん家に行って(婆ちゃん未だに健在)熊を飼っていた山本さん家訪ねたら熊はもう十年も前に全頭死んだらしくてなんか悲しくなった。
「剥製とかにしなかったんですか」って聞いたら
「お前えげつない事言うなよ」って言われた。
正直熊を放し飼いにしてたおまえが言うなと言いたかった

 

38: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)21:48:47 ID:6qP
これで終わり。
なんか熊達が居なくなっててちょっと傷心しちゃってスレ立てた。
そりゃ人慣れしてるよね……って言う。
でも熊が居なけりゃイノシシにそのままやられてたかもしれないし、滅茶苦茶感謝はしてる。

 

39: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)21:54:03
面白かった、乙!

 

41: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)21:58:51
良かったよ

 

42: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)22:23:31

おつ!
すっごくおもしろかった

江戸時代にも遭難した人を熊が助けた話もあるし
熊は賢いんだね

 

44: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)14:26:43 ID:Lu9
興味深い話聞いたからちょっと続き書かせて

 

45: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)14:30:16 ID:Lu9

ID残ってて良かったw

親に当時の事を聞いたら、
なんと母ちゃんは逆に熊を助けた事があるらしい。

 

46: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)14:35:15 ID:Lu9

田舎の婆ちゃんは母方なんだけど、嫁に行く前に山に入って山菜採りに行ったら、小熊が怪我していたそうな。
母ちゃんは俺みたいに馬鹿では無いんだが、小熊をなんかかわいそうに思って山菜食うかなあって思って山菜を前に置いたそうだ。

小熊、山菜を弱りつつがっつく。
まあその日はそれだけで終わったらしいが、次の日母ちゃんはまた山に入ったらしい。
熊が気になって。

 

48: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)14:40:35 ID:Lu9
そしたらまだ小熊がいたそうな。
今度は家から持ってきた果物と生肉を与えたそうな。
母ちゃんは3日ほど餌付けしてたらしいが、四日目で居なくなったそうだ。
大丈夫だったんだなーとか思ってたらしい。
んで3日くらい経った時に山本さん家に野良仕事手伝いに行ったら庭に小熊が繋がってたそうな。
ここまで来たらオチはわかるだろうが、親熊はそん時の小熊だった。

 

49: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)14:41:57 ID:Lu9
母ちゃんは「熊も恩返ししてくれるんやねー」と言っているが、そんな偶然あるものなんだろうか

 

50: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)14:44:38 ID:Lu9
ちなみにその時の若かりし山本さんは
「怪我してたし可愛かったから拾った」と言い放ったらしい
山本さん変わってねえ。

 

51: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)14:45:57
面白……!

 

52: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)14:50:43 ID:Lu9
ごめん、これだけ書きにきたくなった。
読んでくれた人達はありがとう。
でも普通は熊を見たら逃げろよ。

 

54: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)15:13:35
おもしろい

 

56: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)13:41:23
完全に美しすぎて幸せ感只ならんぞ
場所とか精密に知りたくなる 馬鹿自称の語り口に◎じゃ

 

61: 名無しさん@おーぷん 2015/06/23(火)22:07:50
よかったー。
熊の怖い話ばっかし最近みてたから、ほっとした。
でも、飼い熊でも安心できない。
それくらい、熊の話こわかった。

 

58: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)13:59:27
いい話だったわ
みんな幸せになれよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1429353078/

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。