【不思議体験】「同じ家系で輪廻転生を繰り返している」と言われ、逆行催眠を受けた話

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

418: 本当にあった怖い名無し 2012/05/28(月) 17:14:50.23 ID:YcT1BsAP0
古いヨーロッパ映画を探してます。
事故で死んだ少女が、近隣の他国で生まれ変わって、逆行催眠で前世で遭った事故の瞬間を証言するってやつです。
確か事実を元に作られた映画ってテロップが、最初か最後に出る。
多分30年以上前の映画です。
どなたか心当たりのある方、教えてください。

 

419: 本当にあった怖い名無し 2012/05/28(月) 18:20:01.97

それは映画板で質問した方がいいような気もする

こことか

総合質問スレッド Part6
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1309055603/

 

424: 本当にあった怖い名無し 2012/05/28(月) 21:55:35.68 ID:YcT1BsAP0

>>419
レスありがとうございます。

自分の話なんですが、過去に多数の、所謂『霊能者』から「同じ家系の中で輪廻を繰り返してる」と言われ、数年前に確認と言うか、納得できた話は需要ありますか?

 

425: 風の旅人 ◆aOLjRoi1zs 2012/05/28(月) 22:07:53.00
>>424
聞いてみたい(b^-゜)。
俺はいろんな霊能者に見てもらった事があるけど、ほとんどが言う事が違うから、霊能者の言う事はあまり信用していないけどね。
一応、参考にはしているけど。

 

430: 本当にあった怖い名無し 2012/05/29(火) 22:09:21.95 ID:/I/ymLjy0
>>425
ありがとうございます。
明後日は休みなので、少し書き溜めてからうpします。

 

427: 本当にあった怖い名無し 2012/05/28(月) 22:12:23.21
スレ違いかもしれないけど、映画のことわかったら教えてください

 

430: 本当にあった怖い名無し 2012/05/29(火) 22:09:21.95 ID:/I/ymLjy0
>>427
どうやら『オードリー・ローズ』って映画らしいです。

 

437: 本当にあった怖い名無し 2012/05/31(木) 16:39:58.03 ID:0fwCQjg60
430です。
沢山の事が絡んでいて、凄く長くなってしまったのですが需要ありますか?
文章を書くのにあまり慣れていないので、A4に10.5で3ページになってしまいました。
前世に関しては、逆行催眠で江戸時代頃(?)の自分の子供時代から20台後半で打ち首になるまでを見せられました。

 

438: 本当にあった怖い名無し 2012/05/31(木) 17:22:09.24
興味あります。
ぜひお願いします。

 

440: 本当にあった怖い名無し 2012/05/31(木) 17:39:28.48 ID:0fwCQjg60

前に霊能者から「常に同じ家系の中で輪廻を繰り返している」と言われていた者です。

自分がはっきり覚えているのは4人で、どの方もその能力で生計を立ててはいません。
 
一人目は小学生の時で、両親どちらかの友人の友人か何かだった人です。
 
二人目は母の友人の友人で、たまたま実家にトイレを借りに寄った際、リビングにあった日本人形に何かが入っているのを見つけ、後日除霊してもらい、その後自分が26歳位の時に憑いている数々の動物霊(悪意はほとんど無く、飼っていた犬やインコ、縁日で釣ったうなぎ等々)を除霊してもらった時に言われました。
 
三人目は自分の学生時代の友人の友人で、普段は専業主婦をしていて、たまたま気になるからと視て貰った際に言われました。
確か36歳か37歳だったはず。

四人目は友人の姉で、彼女からの誘導でご先祖様について確認ができ、また、幼馴染達との奇妙な繋がりも知る事ができました。

以降、四人目の友人の姉をKさんとします。
 

Kさんに初めて会ったのは41歳の時。
前厄で転職を失敗し、川崎大師に御札を貰いに行った後に会いに行ったら、「あなたはお寺の御坊さんだった事もあるから、お寺に行っても業を拾ってくるだけだから、神社に行きなさい」と言われ、行く神社も指定されました。

また、先祖参りをしなくてはいけないと言われ、父の実家が東北なのでその地名を言った処「そこではなくって、西日本にないですか?」と言われ、子供の頃に祖母から「ウチは名古屋の方に城があったけど、戦に負けて東北に逃げてきたんだよ」と言われたのを思い出し、それを伝えると「そっちですね」と言われました。
 

Kさんによると私の家系は古くは武家で、何かを護る仕事をしていたそうです。
しかし、昔の戦に負けてその地を追われたものの、その負け戦まで多くの人を殺しているので、かなり業が深いと言われました。
その業をリセットするような意味で、前世で坊主だった事があるそうです。

 

441: 本当にあった怖い名無し 2012/05/31(木) 17:40:31.16 ID:0fwCQjg60

ここで、過去に言われていた「同じ家系で輪廻を繰り返している」というのが矛盾していると感じたのですが、その時は黙っていました。
因みに東北の家は、その地で400年間商人として名を馳せていました。

とりあえず祖母に言われた城が、本当に存在したのかを調べてみると、一発でグーグル先生が教えてくれました。
 
しかし、そこにお参りに行くのも、転職に失敗して極貧に喘いでいた中、新幹線のチケットなど買えるはずもなく、ただ悶々としていたのですが、Kさんからは「必要になれば行かされるから、それまでは無理していく必要はない」と言われ、なんの計画も立てずにいると、盛岡に行って欲しいと仕事の依頼がきて、当然、交通費依頼人持ちで仕事の後に、父の実家のある東北の街により、墓参りをすることが出来ました。
 

東京に帰ってきてから一週間後に、今度は宝塚での仕事の依頼が飛び込んできて、同じように帰りに名古屋から少し離れたところにある、城跡へ行く事ができました。
費用は依頼人に乗せてです。
その城跡のある街の歴史資料館に寄ったところ、昭和40年代に祖父がその地を訪ねている記録がありました。
記録によると、城跡のある街ではご先祖様の記録が発祥とされる1150年代から戦国時代までは記録が残っていたようですが、それ以降の記録がどこにも無く、その地の教育委員会の担当者が探していたところ、戦国時代以降の記録しか持っていなかった祖父が、発祥に関する一文「尾州鳴海辺の○○(○○は苗字なので伏せます)が発祥」と、明治時代に伊勢神宮から、先祖が献納した石燈籠の修理依頼の記録を頼りにその地に立ち寄り、その後調査が飛躍的に進み、現在はその地の歴史資料に東北の先祖代々の墓の写真と、伯父までの家系図が載っています。

 

 

442: 本当にあった怖い名無し 2012/05/31(木) 17:41:58.74 ID:0fwCQjg60

それには、1150年代の戦で大敗し、その後もまた別の戦で負け、東北に向かい1600年頃に父の実家のある街に落ち着いたようですが、それまでは江戸で道場をしたりもしていたようです。
そしてその資料の中には、戦に破れて東北に向かったご先祖様とは別に、近隣の地に残り、武装を解いて出家したご先祖様もいた事が書かれていました。
東京に帰り、自分が知れた事をKさんに伝えると「ほら、同じ家系の中で輪廻してたでしょ」と言われました。

Kさんの妹夫婦は2人とも小学校の同級生で、1年生の時に同じクラスでした。そして旦那側の先祖は皇族とつながりがあり、先祖は名古屋近くにいた事があるのが分かっており、時代的にも重なるので、1150年代に何かしらの繋がりがあったと思われます。
と言うのも、前出の伊勢神宮への献納も、伊勢神宮によれば、徳川家すらも献納を許されなかったそうなので、それなり、またはそれ以上の豪族だったので、当然宮家とも繋がりがあったのと思われます。

また、その話を別の友人達に話したところ、興味を持って調べたら、1150年代にうちのご先祖が大敗した戦に、うちのご先祖と全く同じ役割で、同じ軍勢にご先祖が参加していた友人がいました。
彼女も小学校1年生の時に」同じクラスでした。
彼女とは今でも兄妹のような関係で、小中の間もいつも一緒にいましたが、恋愛感情は生まれませんでした。
不思議な関係です。
そしてその彼女の紹介で逆行催眠に行く事になり、彼女が教えてくれた方に連絡してみると、普段は半年以上も予約で一杯のはずが、たまたま数日後に空きがあり、直ぐに受ける事が出来ました。

 

443: 本当にあった怖い名無し 2012/05/31(木) 17:43:54.76 ID:0fwCQjg60

ここからはその時の記憶です。

催眠状態になって最初に見たのは石畳でした。
暗く石に囲まれた室内で、明らかに牢屋で、近いうちに打ち首になる事が分かっていましたが、凄く落ち着いていました。
そこからさらに何年か遡り、子供時代の自分を見ました。
どこかの川に近い、掘っ立て小屋のようなところで父と二人で暮しており、凄く楽しそうでしたが、その後、父は沢山の葦の生えているところで数人の侍と斬り合いをして殺されます。
自分は葦の陰に隠れて見ているのですが、その時の自分が「自分にも刀があれば・・・」
と思っていながら、葦の陰で震えているのですが、現在の自分の意識は
「いやいや、刀があってもお前何もできねぇじゃねぇかw むしろショットガンのが必要じゃね?」とか考えていました。
多分19か20歳くらいだと思います。

当時の成人が15だったから、もしかしたらそれくらいだったかもしれません。
 

父を失った自分は、街に出て仕事を探すのですが、仕事などした事も無く、そう簡単には見つからず、結局刀を持って用心棒のような仕事をしていました。そして経緯は忘れましたが、赤ん坊を背負った女性から、10歳か、12・3歳の小さな女の子を預かります。
護ってやってほしいと。
一目見て別れた嫁の前世だと思いました。
少ないけどもお金も受け取りました。
何か事件の証人らしく、侍から追われているようでした。

その女の子を巡り三人の侍と斬りあい、一人を逃したもののその場は勝って逃げる事が出来ました。
しかし、その時の斬り合いを、遠巻きに数人の忍者(?)が監視していたのを知っていたので、先ずは切り逃した一人を斬りに行かなければならず、数年の逃避行の後、女の子を地方の宿に残し、一人江戸に戻り、斬り逃した侍を見つけ出し、事もあろうに街中で斬って目的を果たしました。
しかし天下の往来で人を斬ったので、当然捕まり、多分相手は身分の高い侍だったのでしょう、打ち首が決まり、腹を切る事も許されず首を撥ねられました。
首を撥ねられる直前、催眠術を掛けてくれた方が思い残す事は無いかと聞いてくれました。
「無い。護った」と最後に一言いい、斬られる瞬間に催眠を解かれました。
催眠を解かれた時、何故か泣いていました。
悲しいのではなく、なんとも不思議な感情でした。

 

456: 本当にあった怖い名無し 2012/06/01(金) 08:38:21.40 ID:v7CwAocQ0
>>454
催眠の録音を聞き直したら、17歳の時に父が殺されていました。
相手は二人の侍で、自分は完全に固まっていたようです。
その時の暮らし振りはかなり貧乏で、道場は既につぶれていたか手放したかのようです。
自分も多少は父から手解きを受けていたのでしょうが、ヘタレだったのは間違いないです。

 

444: 本当にあった怖い名無し 2012/05/31(木) 17:45:26.86 ID:0fwCQjg60

多分ご先祖が江戸で道場を開き、衰退していった最後の方に起きた事件なんだろうなと思っています。
前嫁とは6年間付き合って結婚しましたが、結婚後、何故か全ての事がちぐはぐで、何をやっても信用されず、一年を待たずに離婚しました。
でも催眠の後では、何の説明も無く見知らぬ旅館に置いて行かれ、信用などされるはずが無いと納得できました。
もしも機会があれば、前嫁にこの話をしてみたいと思います。

長文失礼しました。
質問などありましたら答えます。

 

445: 本当にあった怖い名無し 2012/05/31(木) 21:09:16.82

読みごたえがありました。
「ここで待っておいで」と旅館で待っていた彼女はどうなったのでしょうね。
そういう感情も転生でひきずって不仲、決裂の原因をなすのですね。

逆行催眠はぜひ体験してみたいものですが、信用できる方を慎重に探さないといけないですね。
ありがとうございました。

 

456: 本当にあった怖い名無し 2012/06/01(金) 08:38:21.40 ID:v7CwAocQ0

>>445
待たせた彼女はどうなったか分かりません。
前嫁の前世なのは間違いないと思うので、機会があったら聞いてみます。
また更におかしくなったと思われるでしょうけどw

お世話になったのは、千駄木にある催眠治療法協会です。
紹介された当時はTVで紹介された直後だったので、今は当時よりは予約が取りやすいのではないでしょうか?

 

447: 本当にあった怖い名無し 2012/06/01(金) 00:21:46.36
面白かった。
何だか映像が浮かびました。

ありがとう。

 

456: 本当にあった怖い名無し 2012/06/01(金) 08:38:21.40 ID:v7CwAocQ0
>>448
楽しんでもらえてよかったです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1332083146/

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。