【短編SS】猫「みんなとはぐれちゃった」

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:01:54 ID:PP2pun9.

猫「お母さんどこだろう?  みんなどこだろう」

猫「お腹空いたな・・・・」

猫「とりあえず、この下は雨が防げるな」

 

 

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:03:22 ID:PP2pun9.

猫「もう朝か」

猫「ニンゲンの 子供がたくさんいるや 」

猫「ニンゲンは たくさん食べ物をもってるんだよね」

猫「いいなぁ」

 

 

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:06:51 ID:PP2pun9.

猫「しらない間に 眠ってしまった」

猫「また、ニンゲンの子供がきた」

少女「あ、やっぱりまだいるよ!!」

友達1「ミルクじゃだめかな?」

友達2「パンもあるけど」

 

 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:08:56 ID:PP2pun9.
猫「エサを くれるのかな?」

猫「みんな、ニンゲンには 気をつけろといっていたけど」

猫「さすがに おなかすいたなぁ」

少女「あ、でてきた!! おいでおいで!」

猫「ミャァミャァ」

友達1「ふふふ、可愛いね!」

 

 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:13:50 ID:PP2pun9.
友達2「でもこの子どうする? 毎日餌も私たちじゃあげれないし」

友達1「そうだよね。家は犬いるから飼えないしな」

少女「大丈夫! 私が家に連れて帰る!!」

猫「どこに連れて行かれるのかな」

猫「できればみんなの いるところがいいな」

 

 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:17:14 ID:PP2pun9.
猫「ニンゲンの おうちにつれてこられた」

猫「女の子と お母さんが なにかお話してる」

母親「あなたちゃんと面倒みれるの?」

少女「だ、大丈夫! ちゃんと面倒みるから!」

母親「そういってあなた、縁日ですくってきた金魚だって死なせちゃったでしょ?」

少女「大丈夫だよ!! お願い!!」

母親「・・・・・・・仕方ないわね。 そのかわり、いまからその猫洗ってらっしゃい!」

 

 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:19:21 ID:PP2pun9.
猫「女の子は 僕を洗い始めました」

猫「僕はとってもいやで あばれましたが」

猫「へんな液体をかけられて ごしごしされました」

猫「僕たちは そんなことしなくても 自分でできるのにな」

 

 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:21:42 ID:PP2pun9.
父親「おいおい、本当に飼うのか?」

母親「仕方ないじゃない、どうしてもって聞かないのよ」

父親「トイレの世話とかちゃんと出来るのか?」

少女「大丈夫だもん! ちゃんとできるもん!」

猫「ミャァミャァ」

 

 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:23:56 ID:PP2pun9.
猫「僕は砂とかのうえじゃないと おしっこができないので」

猫「がまんできず お母さんの洋服の上でおしっこをしました」

猫「おしりを おもいっきり ひっぱたかれました」

猫「女の子が 学校というところにいる間は おかあさんと いっしょです」

猫「僕は あまりこのお母さんは好きではありません」

 

 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:27:06 ID:PP2pun9.
猫「そういえば もうすぐ女の子は 学校が 休みになるみたいです」

猫「暑い日がつづくと やすみになるのかな」

猫「僕は暑い日がにがてです」

猫「お父さんの ゴルフバックというもので 爪とぎをして また怒られました」

猫「ニンゲンは おこってばかりです」

 

 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:30:19 ID:PP2pun9.
猫「女の子は ついに休みになりました」

猫「毎朝たいそうを公園でしてから 僕に餌とミルクをくれます」

猫「でも たまにわすれたり さいきんは お父さんが いやいやくれます」

猫「女の子は プールにいったり 友達とお出かけしたりしてます」

猫「僕も一緒に連れて行ってくれないかな」

 

 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:35:17 ID:PP2pun9.
猫「女の子と お父さんがいないとき」

猫「たまに 男の人がやってきます」

猫「お母さんの お友達なのかな」

猫「ソファーで寝ていたら部屋を追い出されました」

猫「廊下で寝ていたら お母さんの 叫び声が何度も 聞こえました」

 

 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:38:03 ID:PP2pun9.
猫「でも 男の人が帰るときは お母さんは きげんがいいです」

猫「ぼくは とにかくこのお母さんは あまり好きでは ありません」

猫「なんともいえない匂いが ソファーからします」

 

 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:39:32 ID:PP2pun9.
猫「みんな なにか話し合いを しています」

猫「どうやら どこかに おでかけに 行くみたいです」

猫「僕もつれて行ってくれるかな」

 

 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:45:55 ID:PP2pun9.
少女「猫ちゃんも一緒に連れてくの!」

母親「あのね、海外にいくから猫ちゃんは連れていけないのよ」

父親「動物病院も、どこもこのシーズンは預かりは一杯らしいよ」

母親「どうする? 2週間もお家に誰もいないのよ?」

父親「旅行に行ったら、誰も面倒見てくれないから死んじゃうよ?」

 

 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:48:31 ID:PP2pun9.
母親「旅行に行かなかったら、猫ちゃん一緒だけど」

少女「旅行行きたい!行きたい! 楽しみにしてたの!」

母親「じゃぁ猫ちゃんはどうするの?」

少女「いらない! 拾ったところ返してくる!!」

 

 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:50:01 ID:PP2pun9.
猫「僕は 箱に入れられて みんなとお出かけです」

猫「はじめてのお出かけなので 少し緊張です」

猫「お父さんとお母さんは 黙ったままです」

猫「どこに連れて行ってくれるのかな」

 

 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:52:15 ID:PP2pun9.
猫「どうやら 目的地に ついたみたいです」

猫「僕は 箱ごと抱えられました」

猫「なにやら ニンゲンたちで 話をしています」

猫「この建物は 猫や犬が沢山います」

猫「僕は少し楽しくなりました」

 

 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:56:09 ID:PP2pun9.
職員「本当にそんな理由でここに連れて来たんですか?」

母親「ええ・・・・まぁ・・・・」

職員「お姉ちゃんは本当にいいの?」

少女「旅行いくから、いい」

母親「すみません、そういうことなんで。もし旅行から帰ってきて気が変わっていたら迎えに来ますので」

 

 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 21:59:20 ID:PP2pun9.
職員「もうここには来ないでください」

職員「仮にまた引き取られても、この猫ちゃんは幸せになりません」

職員「ではお引き取りください」

 

 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 22:01:13 ID:PP2pun9.
猫「僕は せまい檻のなかに入れられました」

猫「イデさんという少しおじいさんの人は みんなにやさしいです」

猫「イデさんは 僕の写真をとったりします」

猫「僕は このイデさんは おきにいりです」

 

 

 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 22:06:14 ID:PP2pun9.
猫「昨日 隣に居た犬が イデさんとおでかけしたまま 帰ってきません」

猫「イデさんは お出かけの前に 沢山その犬にあやまってました」

猫「僕は イデさんの そういうところをみると悲しくなります」

猫「ここでは、たまにしか運動させてもらえませんが」

猫「イデさんやその他の ニンゲンもやさしいので 大好きです」

猫「でも 他の猫や犬たちは あまり元気ではありません」

猫「よくみると あまり若い犬猫は いません」

猫「お話したいけど 離れているので できません」

 

 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 22:09:35 ID:PP2pun9.
猫「ここにきて 暑さがましになり すこし寒くなってきました」

猫「ニンゲンたちが なにやら僕のまえで おしゃべりしてます」

猫「イデさんは すこし困ったかなしい顔をしてました」

猫「僕がまたなにか迷惑かけたかな」

 

 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 22:12:49 ID:PP2pun9.
猫「僕はあることに気が付きました」

猫「イデさんや 職員が 檻から出したみんなは」

猫「その後かえってくることはありませんでした」

猫「そして 僕はここにきて しってる犬猫は居なくなりました」

猫「あたらしく やって来た犬猫も 若い子は すぐにいなくなります」

猫「僕も若いのに なかなか檻から出してもらえません」

 

 

25 :1 ◆HiOVxb5UoA:2012/09/24(月) 22:15:21 ID:PP2pun9.
猫「いつも通りに えさの時間がやってきました」

猫「イデさんは 少し僕を見て なにかいいたそうな顔をしてました」

猫「僕は なにかわからないけど すごく嫌な予感がしました」

猫「みんな 今日はいつもと僕に接するたいどが 違います」

 

 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 22:19:32 ID:PP2pun9.
猫「イデさんが 僕の方にやってきました」

猫「なにやら しゃべってます」

猫「いつもと違うイデさんをみて 僕は暴れてしまいました」

猫「イデさんにかかえられると なにやらチクリと痛みがしました」

猫「痛みがして 僕はとって・・・・・・・・・・」

 

 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 22:56:59 ID:PP2pun9.
猫「気が付くと あたたか毛布の上に寝てました」

猫「イデさんと 男の人がなにやら話をしています」

猫「前の女の子より少し年上の女の子が撫でてくれてました」

猫「イデさんは 笑顔で 帰って行きました」

 

 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 22:58:51 ID:PP2pun9.
猫「どうやら 僕は新しい住みかに 連れてこられてみたいです」

猫「ご主人さまは 少し怖そうな お父さんです」

猫「でも お父さんは 僕にとってもやさしいです」

猫「女の子も 僕のことを可愛がってくれます」

 

 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 23:01:28 ID:PP2pun9.
猫「お父さんは ニンゲンの使う 自転車やバイクというものを修理したり売ったりしてます」

猫「でも この家には 女の子のお母さんはいません」

猫「女の子は 学校から帰ると すぐに晩御飯を作ったりします」

猫「もちろん 僕のえさも きちんとくれます」

 

 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 23:04:02 ID:PP2pun9.
猫「じゃまをすると悪いので ご飯を食べ終わってから 甘えます」

猫「お父さんは 夜になるとお酒を飲むので スルメをたべます」

猫「僕はそのスルメが大好きですが あまり体に良くないらしく」

猫「お父さんが僕にくれると 女の子は少し怒ります」

猫「でも お父さんは こっそりくれる時があるので好きです」

 

 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 23:06:21 ID:PP2pun9.
猫「たまにイデさんが この家にやってきます」

猫「バイクにのって お父さんとなにやら楽しく話してます」

猫「やっぱりイデさんは僕のお気に入りです」

猫「ここに来るニンゲンは とっても僕を可愛がってくれます」

 

 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 23:09:45 ID:PP2pun9.
猫「僕がこの家に来て いろいろなことがありました」

猫「お父さんと女の子が喧嘩して 女の子がいなくなったこと」

猫「お父さんがぼくを抱えて探しにいきました」

猫「僕が体調を壊したとき  お父さんは店をしめて ずっと看病してくれました」

 

 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 23:13:05 ID:PP2pun9.
猫「女の子は大きくなると ますます綺麗になっていきました」

猫「たまに男の子がやってくると 部屋の外にだされました」

猫「でもその男の子も 僕をかわいがってくれました」

猫「最近 おとうさんが 女の人の写真に話しかけています」

 

 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 23:14:56 ID:PP2pun9.
猫「どうやら 女の子の お母さんの写真です」

猫「女の子は 男の子と 一緒になるようです」

猫「ニンゲンでいう 結婚というものです」

猫「お父さんは だんだんやせ細ってきて 元気がありません」

猫「でもあいかわらず 僕にはやさしいです」

 

 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 23:17:42 ID:PP2pun9.
猫「僕は ひさびさにお父さんと おでかけしました」

猫「お父さんは いつもとちがう服を着ています」

猫「とてもおおきな おしろみたいな建物に つきました」

猫「お父さんは いろんな人から お祝いされてました」

 

 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 23:19:15 ID:PP2pun9.
猫「ケースにいれらていたので あまりよくわかりませんでしたが」

猫「女の子は綺麗な服をきて 幸せそうにしてました」

猫「お父さんは ずっとうれしそうに泣いてました」

 

 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 23:20:51 ID:PP2pun9.
猫「家には 僕とお父さんだけになりました」

猫「お父さんは 少しさみしそうでしたが 元気になりました」

猫「でも 僕はそろそろ 元気がなくなってきました」

猫「ずっとお父さんと一緒がいいけど そうはいきません」

 

 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 23:22:14 ID:PP2pun9.
猫「体調を 崩す時が多くなりました」

猫「女の子と 男の子も 心配してみにきてくれます」

猫「でも 僕にはわかります」

猫「僕は もうながくは生きられないのです」

 

 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 23:25:08 ID:PP2pun9.
猫「お父さんを ひとりにしたくないけど」

猫「どうやらそれも無理になってきました」

猫「もうえさもたべれません」

猫「毛布の上で 寝てる時間がながくなってきました」

 

 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 23:27:46 ID:PP2pun9.
猫「そろそろお別れのときがきたみたいです」

猫「なんとか力をふりしぼって お父さんのところにいきました」

猫「お父さんはやさしく抱いてくれました」

猫「そろそろ お別れです」

猫「色々なことを思い出しましたが 」

猫「最後にお父さんのところに来たのは本当に 運命でした」

 

 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/24(月) 23:30:25 ID:PP2pun9.
猫「あの時 僕は小さいまま死んでいたかもしれません」

猫「でも こうしてたのしい時間をすごせました」

猫「もうお父さんの声も聞こえません」

猫「お父さん 体にきをつけてね 」

 

 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/25(火) 18:31:33 ID:brD6Csec
感動した。゚(゚´Д`゚)゚。

乙!

 

 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/25(火) 21:10:59 ID:R8/VxOlQ
猫の可愛さは凶器

 

 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/25(火) 21:42:56 ID:vAlUzV.U
おつ!

 

 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/25(火) 21:48:55 ID:bxGSWNok
今見た
切なくなった

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1348488114/

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。