俺が犬とか猫のコピペ淡々と貼るからお前らは見たり見なかったりすれば良いよ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん 2014/04/13(日)23:53:25 ID:???

※出刃包丁持った猫が、俺に包丁突きつけてきた

「おかねちょうだい」
「お金?いくら?」
「さんぜんえん」
「いいよ。はいどうぞ」
「固いのもほしい」
「小銭のこと?全部持てるかな」
「何買うの?」
「カリカリ。いっぱい買う」
「そっか。でもお店遠いよ?一緒に行く?」
「…いく」
「包丁は重いから置いておきなよ。後で取りに来ればいいから」
「うん」

「カリカリいっぱい買えてよかったね」
「…うん」
「重いでしょ?それずっと持って歩くの?」
「…重いの」
「家においておく?好きなときとりくればいいじゃん」
「…うん」

「外寒いよ?帰るの?」
「・・・」
「泊まる?」
「・・・そうする」

 
2: 名無しさん 2014/04/13(日)23:54:26 ID:???

ある日俺が道を歩いていると、犬に包丁を突きつけられた。

犬「お金!お金もってる!?お金出してくれる?!ねぇ!お金!」
俺「お金?いくら?」
犬「わかんないから!僕犬だからいくらとかわかんないから!」
俺「いいよ。はいどうぞ」
犬「本当!?大丈夫なの!?かたいのはいらないの!?」
俺「小銭のこと?全部持てるかな。何買うの?」
犬「なまにく!いっぱいかう!」
俺「そっか。でもお店遠いよ?一緒に行く?」
犬「よかったぁ!じゃあ行こうね!一緒に行こう!」
俺「包丁は重いから置いておきなよ。後で取りに来ればいいから」
犬「そうなんだぁ!置いていっていいんだぁ!じゃあ後で取りに来ればいいんだねぇー!」

俺「なまにくいっぱい買えてよかったね」
犬「うん!買えたよ!いっぱい買えた!」
俺「重いでしょ?それずっと持って歩くの?」
犬「だいじょぶだから!僕犬だから重たいのだいじょぶだから!」
俺「家においておく?好きなときとりくればいいじゃん」
犬「本当!?埋めないでいいんだ!?じゃぁ置こうね!なまにく置こう!」
俺「外寒いよ?帰るの?」
犬「だいじょぶだから!僕犬だから寒いのだいじょぶだから!」
俺「泊まる?」

犬「……かたじけない。貴殿の御親切痛み入った。
 かくなる上は拙者此度の御恩決して忘れず生涯貴殿に忠節を誓い
 誠心誠意お仕え申す所存で御座る」

 

3: 名無しさん 2014/04/13(日)23:56:55 ID:???

さっき終電で帰ってきたのだが、自転車置き場で

「君、よくここにいるよね」
「前からすごい可愛いと思ってたんだ」
「よかったらこれからウチ来ない?ご飯おごるからさぁ」
「泊まっていってくれると嬉しいな」

スクーターの上に座っている茶トラのぬこにリーマンが
話し掛けており、ぬこはリーマンににゃぁにゃぁ合いの手を
入れていてワリと会話っぽくなっていた。
和んだ。

 

5: 名無しさん 2014/04/13(日)23:57:35 ID:???
小学校のとき下校の途中で犬同士がじゃれあってるのを
ぼーっと眺めてたら
カメラを持ったじいさんに写真を撮られた
後日母親が俺に差し出した地元の情報誌に
「好奇心」って言うタイトルで交尾を見つめている俺の写真が載ってた

 

13: 名無しさん 2014/04/14(月)00:02:13 ID:???
>>5
このコピペ糞ワロタwww

 

6: 名無しさん 2014/04/13(日)23:57:55 ID:???
やっぱ、犬っていいよなあ

 

7: 名無しさん 2014/04/13(日)23:58:42 ID:???
期待

 

8: 名無しさん 2014/04/13(日)23:58:46 ID:???

俺が散歩つれてくとき
俺「散歩行くぞ~」
犬「ひゃぁぁぁっはぁぁぁぁ!!」
俺「落ち着け!紐がつけれねえ!」
鎖→紐付け替え5分
犬「ふうははははははは俺HAEEEEEE!」
俺「引っ張りすぎだぁぁぁ!」

じーちゃんがつれてくとき
爺「行くぞ~」
犬「御意!」
鎖→紐付け替え5秒
爺「んじゃ行くか」
犬「ゆっくり行きましょう、主殿」

 

18: 名無しさん 2014/04/14(月)00:04:44 ID:???
>>8
犬頭いいなぁ

 

9: 名無しさん 2014/04/13(日)23:59:37 ID:???

夕方に帰宅途中、ある家から

「みけこさん!(仮名)ただいまです!あぁ可愛い! きゃわわきゃわきゃわわ!」

と聞こえた。
気をつけようと思った。

 

10: 名無しさん 2014/04/14(月)00:00:24 ID:???

私ではなく、気絶したのは父なのだが、
先日の話。

父が,私の犬を散歩に連れ出した。
数十分後、近所のおばさんが、父が○○の交差点の所で倒れていると知らせに来てくれた。
駆け付けてみると、私の犬(秋田犬・牝4歳)が、ヒャンヒャンと声を涸らして
心配して集まっている人たちを、父に近づけまいと威嚇している。
父は、もう起き上がって、ばつが悪そうにニヤニヤしながらそれでも立ち上がる力が無さげに、地べたにあぐらをかいている。

私が近寄ると、犬は必死の形相で私に飛びつきながら今にも涙がこぼれ落ちそうな大きな目で、パパが死んじゃった!パパが死んじゃった!と訴えて来る。
「大丈夫だよ、ほら見てみ」と指差すと犬は振り返り、父が生き返ってる事に、そこで初めて気付いたようだ。
喜びの声を上げ、父の胸に思い切り飛びつき・・・
父は後ろにすッ倒されて頭を打ってまた気絶。(ー’`ー;)

ええ。救急車呼びましたよ。
もーやだ、あんな忠犬。

 

11: 名無しさん 2014/04/14(月)00:01:08 ID:???

うちは拾ってきた猫を飼っているんだけど、父親はいつも猫に冷たい

それでも猫は父になつき、いつも父のトイレをのぞいたり、お風呂からあがるのを待っていたりする。
そのたび「またお前はちょろちょろついてきて。はぁ」とため息をつく父

が、早朝、まだいつも寝ている時間に目が覚めた私は、リビングから聞こえてくる父の声にびっくり

「○○ちゃん(猫の名前)可愛いね~☆抱っこしてあげましょうねー、内緒でまぐろあげようねー☆わー美味しかったね~☆もう無いよーざーんねん☆」
とすごい裏声で猫のことを可愛がっていた

それから数日間早朝に起きて観察していたけど、どうやら私の前以外では毎日気持ち悪いぐらい可愛がっている様子

そりゃ猫なつくわ・・・

 

12: 名無しさん 2014/04/14(月)00:02:06 ID:???

犬の散歩中にう○こ拾おうとした瞬間ギックリになって、バランス崩してう○こ踏んで倒れた・・・
そのまま犬が逃げて行ったので、もうダメだと絶望していたら、母ちゃんを呼んで戻ってきた

色んな意味で数年ぶりに号泣したw

 

14: 名無しさん 2014/04/14(月)00:02:47 ID:???

今日、昼過ぎまで休日出勤して帰ってきたら、娘(10歳)が玄関まで来て深刻な顔で「話があるの」って言ってきた。

リビングに小さなダンボールが置いてあって、耳だけ見えてる。
拾ってきて飼いたい、パパお願いと切実に言ってきた。

自分は昔から本当に猫が好きで、ずっと苦楽をともにしてきた1匹の猫が死んでからは、あまりの悲しさに、もう二度と猫は飼いたくないと思ってた。

(ここにいるみんなからはその気持ちに不満の声があがると思うが)

拾ってきた子の姿を見てしまえばもうダメだと思って、一切無視して、娘が悲しむだろうとか、死んだ猫のこととかいろいろ考えて、振り絞って、

「○○、この家ではな、猫は飼えニャイ」と言ってしまった。
一瞬でも猫のことばっかり考えたら、死んだ猫にニャン語使ってたのが勝手に出てきた・・・orz

もともと自分が猫が好きだってこと知ってる嫁が大爆笑して、
「飼えニャイわけなかろうwww」と言い出し、

娘も「いいの?いいの?」と、完全に母娘が「チョコちゃん良かったねー!」
と、すでに決めた名前を呼んでダンボールから取り出して抱っこしてた

 

15: 名無しさん 2014/04/14(月)00:03:17 ID:???

夜中に居間に行ったら一人言が聞こえてくる。
誰かと思ったら姉がペットヒーターの上で寝てる飼い猫に話しかけてるんだけど、内容が尋常じゃない。

「焼き目がついたら裏返します」って言いながら猫をひっくり返したり、
「ここでワンポイントアドバイス。腹を揉み込むと味がまろやかに」
「おぉいい色に焼けてますね(茶トラだから)」
とか、延々やってる。
できあがったものがこちらに出てきて試食のあたりで、嫌気がさした猫が逃げだすんだけど、その時姉と思いっきり目が合って気まずい。
っていうのをもう3、4回はやってる。

 

16: 名無しさん 2014/04/14(月)00:04:06 ID:???

うちのいぬが昨日行方不明になり、
今日の朝、いいにおいになって帰って来た

誰よ

 

17: 名無しさん 2014/04/14(月)00:04:38 ID:???

以前、可愛がってた猫の「めけ」が死んだので、 ペット葬儀屋で火葬してもらった。
遺骨はずっと部屋に置いておいたんだけど、やっ ぱり埋葬した方がいいかなと思って、 近所のペッ ト霊園の合同慰霊祭に出すことにした。
合同慰霊祭とは言っても、広い御堂でちゃんとお 坊さんが来てお経を上げてくれる本格的なもの。

手続きをしたときにペットの名前欄があったの で、 フルネームである「めけめけ王子3世」と記入 した(命名は俺じゃないぞっ!)。
で、合同慰霊祭が始まり、俺は最後列に座った。
御堂には50人くらいの人達がいて(ほとんどが喪 服着用)、神妙な顔でお経を聞いていた。
そのうちにペットの名前が1匹ずつ読み上げられ、
「ジョ~ン~、ベンジャミ~ン~、あ~い~ちゃ ん~・・・」 と続いた。
この時点で(付き合いで来ていたと見 られる)数人の肩が震えだした。

やばいな~と思いつつ「めけ」の順番を待ったら、
案の定 「め~け~め~け~お~う~じぃ~、さ~ん~ せぇ~」 と読み上げられた。
何人かが吹き出したが、泣い てるふりでごまかしていた。
それにしてもぴくりと笑わない坊さんはすげぇな と心底思った。

 

19: 名無しさん 2014/04/14(月)00:06:10 ID:???
飼ってる犬が脱走した
無事に帰ってきたのは良かったけど、おでこに「ネコ」って落書きされてた
最初ちょっと笑ったけどだんだん腹立ってきた
違うし

 

20: 名無しさん 2014/04/14(月)00:06:46 ID:???

猫っていいよね。
よく家でやってたのがシークレットサービスごっこ。

猫が起きたら枕元で「お目覚めですか?本日も一日お供させて頂きます」でスタート。
猫が部屋出ようとしたら「お待ちください、今外を確認します」
ドアをそっと開けて外をキョロキョロ。
「安全を確認しました、どうぞ」

廊下は常に猫のそばを歩腹前進して進み、そして茶の間のゴミ箱の横に差し掛かったときに
「危ぬわぁぁぁぁぁい!!!!」と絶叫しゴミ箱を蹴り飛ばしながら猫を抱っこしてスライディング。
吹っ飛ぶゴミ箱散乱するゴミ迷惑そうな猫、満足そうな顔をして横たわる俺。
俺「爆弾です、よくある手ですよ。・・・俺、は・・・もう駄目ですけど、あな・・・たが・・・無事で良かっ・・・たっ・・・!」

「えんだぁぁ~~いやぁ~うぃうぃうぃらぁびゅぅ~うぅうぅ~」
↑アカペラでボディガードの主題歌を熱唱、心の底から嫌そうな顔の猫、さらにヒートアップして死んだはずなのに猫と踊りだす俺。
至福の時です。

 

21: 名無しさん 2014/04/14(月)00:07:44 ID:???

先日の午後十時過ぎころ、電車を降り帰宅しようとしたら、前を酔っ払いが千鳥足で歩いていた。
ドリフのコントを思いだし、微笑ましく眺めた。

しばらくすると酔っ払いの前から、首輪をつけていない三毛猫がトコトコと歩いてきた。
酔っ払いが 「お~~迎えに来てくれたのか~」 と三毛猫を抱き抱え、また歩き始めた。
迎えに来る猫か…。
うらやましい…。

そんなふうに思ってると 「本当にお前は賢いな~。黒毛も可愛いし………三毛…?………誰だ、おまえ!?」

缶コーヒー吹いた。
その後、 「まあ、いいか。今日からウチの子だ!」

くそ!幸せにな!

 

 

23: 名無しさん 2014/04/14(月)00:09:21 ID:???

水槽を洗う為に、使っていない洗面器に金魚を移していたら、猫が金魚を触りたくて、恐る恐る前足を出したんだ
そしたら、金魚が猫の肉きゅうを軽く突いたの
猫は「キャアァァァアーッ」って叫びながら逃げて行った
それ以来、猫は金魚が怖くて仕方がないらしい。
今も試しに猫を抱っこして金魚を見せたら、「いやっ」って言って逃げた

猫の前にいたセキセイインコは、この金魚を狩りたくて何度か水槽に落ちていたというのに…
インコが生きていたら猫は絶対に狩られていたと思う。

 

25: 名無しさん 2014/04/14(月)00:10:20 ID:???

地震のとき

犬は「ヤベっすねどうしたらいいすかね指示くださいよ」みたいな顔で見てくる

猫は「お前が揺らしてるんだろ?全く面白くないから今すぐやめろ」みたいな顔で見てくる

 

22: 名無しさん 2014/04/14(月)00:08:51 ID:???

犬「何処いくの!?散歩!?ねぇ!散歩!散歩いくの!?」

飼い主「仕事だよ」

犬「本当!?散歩じゃないの!?リード持たない!?」

飼い主「あぁ、仕事だからリード要らないよ」

犬「そうかぁ!僕犬だから!犬だから仕事わかんないから!」

飼い主「そうだね。わからないね」

犬「うん!でも仕事なんだ!そうなんだぁ!じゃぁ着いてっていいんだよね!」

飼い主「違うよ。お留守番だよ」

犬「そうかぁ!じゃぁお留守番だね!守ってよう!」

飼い主「うん、守ってようね」

犬「あぁ!お仕事だからお留守番だね!ね、ご主人様!」

飼い主「うん。いい子で待ってていいよ」

犬「あぁーご主人様と僕は今家を出ているよー!お散歩だよねぇー!」

飼い主「お留守番しててよ」

 

24: 名無しさん 2014/04/14(月)00:09:52 ID:???

犬「投げるの!?それ、投げるの!?ねぇ!ボール!ボール投げる!?」

飼い主「あぁ、投げるよ」

犬「本当!?ボール投げるの!?嘘じゃない!?」

飼い主「あぁ、ボール投げるから大丈夫だよ」

犬「そうかぁ!僕犬だから!犬だから投げたふりとかわかんないから!」

飼い主「そうだね。わからないね」

犬「うん!でもボール投げるんだ!そうなんだぁ!じゃぁ取って来ていいんだよね!」

飼い主「そうだよ。取っていいんだよ」

犬「よかったぁ!じゃぁ投げようね!ボール投げよう!」

飼い主「うん、投げようね」

犬「あぁ!ボール投げるからボール取れるね!ね、ご主人様!」

飼い主「うん。ボール見てていいよ」

犬「あぁーご主人様がボールを今投げているよー!」

犬「ボールないよ!ボール!」

飼い主「投げたふりだよ」

 

26: 名無しさん 2014/04/14(月)00:11:02 ID:???

犬「渡るの!?これ、渡るの!?ねぇ!信号!信号渡る!?」

飼い主「あぁ、渡るよ」

犬「本当!?大丈夫なの!?赤じゃない!?」

飼い主「あぁ、青だから大丈夫だよ」

犬「そうかぁ!僕犬だから!犬だから色わかんないから!」

飼い主「そうだね。わからないね」

犬「うん!でも青なんだ!そうなんだぁ!じゃぁ渡っていいんだよね!」

飼い主「そうだよ。渡っていいんだよ」

犬「よかったぁ!じゃぁ渡ろうね!信号渡ろう!」

飼い主「うん、渡ろうね」

犬「あぁ!信号青だから信号渡れるね!ね、ご主人様!」

飼い主「うん。前見てていいよ」

犬「あぁーご主人様と僕は今信号を渡っているよー!気をつけようねぇー!」

 

27: 名無しさん 2014/04/14(月)00:12:08 ID:???

犬「眠るの!?僕、眠るの!?ねぇ!今!ここで眠る!?」

飼い主「あぁ、眠るよ」

犬「本当!?大丈夫なの!?ただ疲れただけじゃない!?」

飼い主「あぁ、15年も生きたから大丈夫だよ」

犬「そうかぁ!僕犬だから!犬だから歳わかんないから!」

飼い主「そうだね。わからないね」

犬「うん!でも15年も生きたんだ!そうなんだぁ!じゃぁ眠っていいんだよね!」

飼い主「そうだよ。いいんだよ」

犬「よかったぁ!じゃぁ眠ろうね!穏やかに眠ろう!」

飼い主「うん、眠ろうね」

犬「あぁ!15歳だから大往生だね!ね、ご主人様!」

飼い主「うん。静かに眠っていいよ」

犬「あぁーご主人様は今ぼろぼろ泣いているよー!笑って見送って欲しいよー!今までありがとねぇー!」

 

28: 名無しさん 2014/04/14(月)00:12:43 ID:???

犬「天国!?ここ、天国なの!?ねぇ!天国!本当に!?」

飼い主「あぁ、久しぶり」

犬「本当!?本当にご主人様なの!?嘘じゃない!?」

飼い主「あぁ、本当だから大丈夫だよ」

犬「そうかぁ!僕犬だから!犬だからあの世とかわかんないから!」

飼い主「そうだね。わからないね」

犬「うん!でも天国なんだ!そうなんだぁ!じゃぁもう待たなくていいんだよね!」

飼い主「そうだよ。待たなくていいんだよ」

犬「よかったぁ!じゃぁ歩こうね!一緒に歩こう!」

飼い主「うん、歩こう」

犬「あぁ!これからずっと一緒にいられるね!ね、ご主人様!」

飼い主「うん。ずっと一緒だよ」

犬「あぁーご主人様と僕はずっと一緒だよー!幸せだねぇー!」

 

30: 名無しさん 2014/04/14(月)00:14:38 ID:???

うちにもコロという名前の雑種の犬がいました。
長い白と茶の毛がふわふわしてる犬でした。
私が学生の頃、学校から帰ってくる時間になると毎日、通学路が見える場所に座って遠くから歩いて来る私を待っていてくれる利口な犬でした。

それから10年程たち、家族は引っ越さなければならなくなりました。
それは庭の狭い小さな家でしたが、もちろんコロも一緒です。
しかし遊ぶ庭が無く、17才という年令もあって引っ越してから間もなくして、コロは足腰が弱り歩けなくなってしまいました。
しだいに目も白内障になり、耳も遠くなりました。
そして人間の認知症と同じでしょうか、朝晩の区別がつかず夜中に大声で吠えるようになりました。
狭い住宅地では苦情が来た事も一度や二度ではありませんでした。
しかし外でしか生活した事のない犬を狭い借家に上げるわけにもいかず、どうする事も出来ませんでした。

それから半年後の寒い冬の日、コロはひっそりと息を引き取りました。
18才の誕生日目前でした。
いろんな気持ちが入り交じって、涙が止まりませんでした。
翌日焼き場に行きお焼香をし、最後のお別れをして火葬の厚いドアが閉められた時、目に浮かんだのは、帰りを待っていてくれたあの姿。
待ち遠しくソワソワし、一点を見つめていたあの姿。
急ぎ足で帰った通学路。
コロ本当に心からありがとう。
安らかに。

 

31: 名無しさん 2014/04/14(月)00:15:13 ID:???

5年位前の話

飼ってたネコが死んだ。
超がつくほど溺愛してた。
自分よりネコの方が大切なくらい可愛がってた。
親はたまにネコを叱るけど、俺は叱ることも、もちろん叩いたことなんてなかった。

でも、一度だけ大きな声を出してしまったことがある。
それはドラマを見ている時で、ちょうど良い感じの盛り上がるところ。
そこで、ネコがしつこく鳴いて外に出たがった。
だから俺はつい「うるさい!!!」って言ってさっさと外に出した。
その一度だけ。

翌日、学校から帰ってきたらネコが死んでた。
死ぬ前に言った言葉が「うるさい」だなんて泣きたくなった。
あの時、死ぬ姿をオレに見せたくなかったから外に出たがったのだろうか。
ネコに言った最初で最後の不満の言葉。
しばらくは立ち直れなかった。

でもある日、夢にそのネコが出てきて、俺の足に体をすり寄せてきた。
まるで、怒ってないよと言ってくれてるように。
夢から覚めて思った。
「あぁ、この夢は俺の願望なんだろう」と
俺は、それでも涙が止まらなかった。

 

32: 名無しさん 2014/04/14(月)00:16:43 ID:???

僕はご主人様に拾われました。
毎日、おいしいご飯をくれました。
外で汚れたら、お風呂で洗ってくれました。
いつも、いっぱい遊んでくれました。
たまに、イタズラして怒られました。
けれども、すぐに頭なでてくれて許してくれました。
ご主人様が泣いて帰った時、僕が慰めました。
そしたら、いっぱい僕を抱きしめて、いっぱい泣いてました。
いつも、ご主人様の布団で寝かせてもらいました。
いつも、ご主人様の暖かさが伝わってきました。僕の体が痛くなって、ご主人様は夜中に走って病院に連れて行ってくれました。
病院で先生のお話を聞いて、ご主人様泣いてました。
家に帰っても、ご主人様は泣いてました。
だから僕はまた、ご主人様をなぐさめました。
そしたら、ご主人様は僕を抱きしめて、『ごめんねごめんね』っていっぱい泣いてました。

数日後…僕は体が動かなくなりました。
ご主人様は僕を抱きしめて、また泣いてました。いつもより、いっぱい僕の名前をよんでくれました。
ご主人様、なんで泣いてるの?また僕が慰めました。

僕は…少し眠くなりました…
ご主人様がもっと強く抱きしめてくれました。
ご主人様、なんで泣いてるの?また僕が慰めました。
僕は…少し眠くなりました…
ご主人様がもっと強く抱きしめてくれました。
ご主人様の暖かさがいっぱい伝わりました。
ご主人様…僕が起きたら、またいっぱい遊んでください。
僕はすごく幸せです。おやすみなさい。
僕は…眠りにつきました…

 

33: 名無しさん 2014/04/14(月)00:18:59 ID:???

家で飼ってた犬の話。

私が中学生のころ、保健所に入れられそうになっていた4歳のメスのダックスフンドを引き取った。
名前は、前の飼い主がつけたらしい「チロル」。
チロルはほんとうにとんでもない犬だった。
名前を呼んでもこないし、振り向きもしない。
餌のときだけ私に尻尾を振る嫌なやつだった。

出かけるときは馬鹿みたいに吠えるし、愛想もないから、道行く人にもすぐに吠えるダメ犬だった。
そのたびに恥ずかしい思いをしていた。
その上臆病者のため、すぐに噛む。
噛む噛む噛む。
私も姉もめちゃくちゃ噛まれまくってそのたびに泣いたよ。

本当なんでこんなやつ引き取っちゃったんだろうって本気で思ったこともあった。
「こんな恩知らずいらないよ、あんたなんかいらない!」
なんていっちゃったこともある。
今思えば、前の飼い主に捨てられて(雑誌で殴られたこともあるそうだ)いきなり違う家に連れて行かれて色々ストレスもあったのだと思う。

本当にしょうもない犬なんだけど、チロルとの散歩は嫌いじゃなかった。
特に家の裏にある原っぱはチロルのお気に入りで、連れて行ってやれば蝶々を追いかけながら尻尾を振って喜んでた。
本当にむかつくんだけど、可愛くてしょうがなかったんだ。

その日は生憎の雨で、面倒だったこともあって散歩を中止にしてしまった。
それがいけなかった。
チロルはどうしても原っぱで遊びたかったらしく、開いていた窓から飛び出し、一人で散歩に出てしまったところ車に惹かれて死んでしまった。
去年の梅雨のことだった。

外で今まで聴いたことのないチロルの叫び声が聞こえてきて、すぐに駆けつけた。
そこにはぐったりと寝そべっているチロルがいた。
車はすでにいなかった。

まだ息をしていたから頭真っ白になりながらチロルの名前を呼んだ。
混乱して何度も体をさすった。
近所の人が集まる中、最後に名前を呼んだとき、ゆっくりこっちを見て、静かに「わん」って返事をして死んでしまった。

いままで名前を呼んだってふりむきもしなかったくせに、なにそれ。
自分の名前分かってんじゃん。

もう散歩中吠えても怒らないから、名前呼んでも振り向いてくれなくったっていいから、散歩も雨の日だって毎日連れて行ってあげるから…もう一回蝶々一緒に追いかけようよ。

ダメ犬だっていったけどさ、本当は大好きだったんだよ。
守ってあげられなくてごめんね。

あれから一年たった今でも思うのはチロルはちゃんと幸せだったのかなってこと。
もしかしたら幸せだったかもしれないし、そうじゃなかったかもしれない。
どちらにしても、どうか天国でチロルが幸せに暮らしてればいいななんて本気で願わずにはいられません。

 

34: 名無しさん 2014/04/14(月)00:20:25 ID:???

クロ、元気か?

私と私のお布団のないそこで、どうやって寝てるんだい?

ちゃんとあったかくて気持ちいいところを見つけたか?

私は今でも寝床でおまえを待ってしまうよ。

肩とふとんの隙間にひょいと鼻を突っ込んで、しばらくふんふんと匂いを嗅いでから、するすると入ってくるおまえのひんやりした体を。

私がいそいそと横向きにすると、おまえは背中をぴったり私の体につけて、
私の脇にお尻をぴったりはめ込んで、まっすぐな尻尾で私の頬を撫でてくれたね。

絹糸のような、とはお世辞にもいえない毛並みだけど、君の体を撫でながら眠りにつける私はどんなに贅沢だったんだろう。

すかしっぺはめったにしなかったけど、あれは強烈だね、もしそこでいい飼い主を見つけてるなら、やらない方が良いと思うよ。

おまえは私が出合った最初の家族だから、私の今までを一番知ってくれてるのもおまえだから、おまえがどこに行ってても、いつか会いに行くからね。

本当は、おまえに迎えにきて欲しいけど。

私の最後の瞬間に、いつものように右肩のふとんの隙間からするするっと入ってくれれば、どれだけ幸せな気持ちで逝けるだろう。

でも、人一倍好奇心の強かったおまえだから空腹もない、病気も事故もない、悪さをする人もいないそこで自由気ままに探検し放題で夢中になって、うっかり忘れたとしても私は怒らないよ。
思う存分遊びなさい。

もう苦しくもない、痛くもない、思うように動く元気な体を楽しんでおくれ。

いつか私もそこに行ったら、気の向いた時にでも会ってくれればいいよ。

今すぐにでも合いたいけど。
夢の中でじらすのは意地悪すぎないかい?クロ。

 

36: 名無しさん 2014/04/14(月)00:21:19 ID:???

警察官の父親が雑種の汚い子犬を連れて帰ってきた
捨て犬を署で預かったんだが、保健所に引き渡し予定の犬らしい
母「アホかいな、明日返して処分してもらってき!」
父「・・・・・」

庭につないで一晩だけおいておくことになった
夜中にスンスンと寂しい声で鳴くので様子を見にいったら寒そうにしている
いらないチノパンを畳んで下に敷いてやったら嬉しそうにジャレてくる
朝見てみるとチノパンの片方の裾のなかで寝ていた
情が移るとイヤなのでそのまま登校

学校から帰ってくると、まだ犬いる・・・アレ?
母に聞くと車に犬積んで出勤した父が数分後に帰ってきて頼むからコイツを助けてくれと号泣したらしい。
人を見たら盗人と思えがモットーの父がそんな行動をするのが意外だった

その雑種のイヌはそのまま15年、ウチで暮らしましたとさ

 

38: 名無しさん 2014/04/14(月)00:23:45 ID:???
他のコピペはよ

 

40: 名無しさん 2014/04/14(月)00:26:16 ID:???

ボクは捨てられた
大好きだったあの人に捨てられた
けどきっと迎えに来てくれる
だってボクはとても愛されてたんだ
いつだって一緒にいたんだ。
ボクが眠るまでず~っと頭をなでてくれたよ
ボクは生まれてきて本当に良かった、って思ってたんだ。

だけど・・・・

あの人はだんだんボクの顔を見てくれなくなったんだ。
だからボクは、『こっちを向いて!』って一生懸命あの人を呼んだんだ
でも・・・あの人には伝わらなかったんだ。

ボクの気持ち

あの人は黙ったまま、ボクを車に乗せて山奥にボクを置いて行ったんだ・・・。
ボクはあの人が見えなくなっても叫び続けたよ
声がかれて出なくなった時、保健所の人に迷子犬として、ここに・・・センターに連れてこられたんだ・・・
お金儲けのために子供をたくさん産まされて体がボロボロになったから連れてこられた繁殖犬や、大きくなりすぎた、流行がすぎてもう飽きた、といって連れてこられた子達・・・
赤ちゃんが生まれたから連れてこられた母犬は泣きながら子犬たちにおっぱいをあげてたよ。
飼い主に不要犬として持ち込まれた犬は狭い部屋に追いやられ、即日中に
二酸化炭素ガスで苦しみもがきながら窒息死させられてしまうんだ・・・・
皆・・・・もういないよ・・・・・・・

ボクみたいに迷子として連れてこられた犬は数日間だけ飼い主の連絡を待って迎えに来なければ・・・・・・窒息死

お願いです。
ボクを、ボクを迎えに来てください!
あんなに楽しかったのにどうして?
『お前は宝だよ』って抱きしめてくれたのになぜ??
あの時ボクは愛されていた・・・・・よね?
ボクと過ごした思い出やボクの存在すらも無かったことにしてしまうの?
ねぇ、職員さん、そのボタンを押したらボクは天国に行くの?
それとも地獄?
職員さんはため息を一つついてボタンを押した
もしも最後の願いが叶うなら
大好きなあの人の腕に抱かれてあの人がつけてくれた名前を呼ばれながら死にたかったなぁ・・・・
ねぇ、誰か教えて。・・・・・・・ボクは
ボクは生まれてきちゃいけなかったの・・・?

・・・さようなら

 

41: 名無しさん 2014/04/14(月)00:28:28 ID:???
>>40
動物捨てる奴全員死ね

 

35: 名無しさん 2014/04/14(月)00:20:56 ID:???
ここまで全部心に残った

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://viper.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1397400805/

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。