一番哲学者っぽいことをつぶやいたやつが優勝

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん 2014/04/27(日)22:24:47
愛と友情。これのみが利己的行動の補集合となりえる。

 
2: 名無しさん 2014/04/27(日)22:26:36
真実はいつも一つなのか?

 

4: 名無しさん 2014/04/27(日)22:28:19
生きる理由を探すのは
メガネをかけながらメガネを探しているようなものだ

 

5: 名無しさん 2014/04/27(日)22:28:53
>>4
ちょっとぐっときた

 

153: 名無しさん 2014/04/27(日)23:10:55
>>4が1番好き

 

514: 名無しさん 2014/04/28(月)07:17:08
>>4
もう哲学者になっちゃえよ・・・

 

520: 名無しさん 2014/04/28(月)10:43:05

俺も>>4が未だにNo.1だわ
簡潔なのが最高

人はなぜ死ぬことを悲しむのか
あれほど望んでいた平等が迎えてくれるというのに

 

8: 名無しさん 2014/04/27(日)22:30:42
過程を経ずして人生を完全に知ることはできない。

 

10: 名無しさん 2014/04/27(日)22:31:33
全てを失った時、人は初めて唯一無二の存在となる

 

11: 名無しさん 2014/04/27(日)22:32:19
他人を思うということは心の中の自分を思うことと同じだ

 

14: 名無しさん 2014/04/27(日)22:35:58
>>11
がいいかな

 

13: 名無しさん 2014/04/27(日)22:34:44
他者と接してはじめて自己を認識できる

 

15: 名無しさん 2014/04/27(日)22:36:00
リンゴが明日もまたリンゴであるように
心は明日もまた心である

 

17: 名無しさん 2014/04/27(日)22:37:29
他人から観測されて初めて自己が生まれる

 

18: 名無しさん 2014/04/27(日)22:37:31
無意味で無価値なモノにこそ
人生の意味と価値を知る手がかりはある

 

19: 名無しさん 2014/04/27(日)22:38:33
人生は人の生きた道ではない 
魂の生きた道だ

 

20: 名無しさん 2014/04/27(日)22:39:06
持つ者は失うのである
しかしだからといって今持っているのをすべて捨てる者は愚者である
真の賢者は失うということに活路を見出す

 

31: 名無しさん 2014/04/27(日)22:42:57
暫定一位は>>20

 

22: 名無しさん 2014/04/27(日)22:39:19
哲学者が集うスレはここですか

 

26: 名無しさん 2014/04/27(日)22:41:48
「生きる」とは「死ぬ」ということだ

 

29: 名無しさん 2014/04/27(日)22:42:08
自己を絶対化することは自己の可能性を消すことと同義である

 

30: 名無しさん 2014/04/27(日)22:42:29
人生を淵ギリギリまで水が注がれたコップとするなら零す努力をしなさい

 

35: 名無しさん 2014/04/27(日)22:44:00
>>30
いいね!!

 

33: 名無しさん 2014/04/27(日)22:43:36
自死が最大の逃げであるというのなら、自ら生を選ぶことは最大の抗戦なのだ

 

37: 名無しさん 2014/04/27(日)22:44:48
>>33
かっけえ

 

45: 名無しさん 2014/04/27(日)22:48:28
哲学とは向上心である

 

46: 名無しさん 2014/04/27(日)22:48:56
逃げたいならば逃げればいい。
だが逃げるには何かを失う。
つまり逃げられたのと同じだ。

 

48: 名無しさん 2014/04/27(日)22:49:12
君がこの世に生を受けた瞬間から知識を求める旅は始まり、君が死を迎える瞬間に君の知識を求める旅も終を迎えるのだ

 

52: 名無しさん 2014/04/27(日)22:49:54
赤子であろうと聖者であろうと浮浪者であろうと、陽の目に当たる可能性は常に等しい

 

54: 名無しさん 2014/04/27(日)22:50:53
平和とは前の戦争と次の戦争の間の期間である。
すなわち、平和とは偽りである。

 

56: 名無しさん 2014/04/27(日)22:51:16
脳が1つの入れ物であるというのなら、思考はその中に入れられたもや、もしくは煙だ。
形ができたと思ったらすぐ消える
私たちはその中で煙の形を捜さなければならない
その入れ物が壊れるまで、そしてその入れ物は実にちんけで壊れやすいものだ

 

57: 名無しさん 2014/04/27(日)22:51:24
人類がかつて切り開いてきた知識は生きるための知識である 
その知識で死ぬということは愚行である

 

59: 名無しさん 2014/04/27(日)22:51:32
家畜の幸せとは何か?
人に搾取されるだけの生に幸せはあるのか?
それを考えたとき
私もまた別の存在に搾取されている家畜であることを知った

 

66: 名無しさん 2014/04/27(日)22:52:21
>>59
これはいいとおもうわ

 

60: 名無しさん 2014/04/27(日)22:51:35
公平であることが不公平を生み出し、不公平であるからこそ公平を羨望する。

 

63: 名無しさん 2014/04/27(日)22:52:11
人生は墓場の上のダンスに過ぎない
ならば人はせめて楽しく踊るべきだ

 

67: 名無しさん 2014/04/27(日)22:52:30
戦争が科学を飛躍的に進歩させた。

 

71: 名無しさん 2014/04/27(日)22:53:28
>>67
哲学っぽくはないですが真理です。いいですね

 

69: 名無しさん 2014/04/27(日)22:52:53
社会とは強者が作り上げた楽園である

 

78: 名無しさん 2014/04/27(日)22:55:33

被害者は力の痛みを知るが逃げている
加害者は力を振るうが痛みを知らない

本当に強い者は進んで被害者の痛みを知る加害者である

 

79: 名無しさん 2014/04/27(日)22:55:43
子供がしていることが
実は一番難しい

 

81: 名無しさん 2014/04/27(日)22:56:02
人間の進歩には常に恐怖が関係してる

 

82: 名無しさん 2014/04/27(日)22:56:03

愚者とは

生きることを諦める者
他人を馬鹿にする者
社会を変えようとする者

である

 

84: 名無しさん 2014/04/27(日)22:56:17
すべては生と共に始まり、死と共に終焉を迎える。

 

85: 名無しさん 2014/04/27(日)22:56:23
衣服を身につけるという事は配慮であり
衣服を脱ぎ捨てるという事は自己愛である

 

86: 名無しさん 2014/04/27(日)22:56:47
自殺の方法を考えている間は死なずにすむ

 

89: 名無しさん 2014/04/27(日)22:57:16

我々が見ているものはほんの一部に過ぎない
それでも何かを見ようとした時に心が生まれ、震わせる

見落としてはいけない
それが君であり続ける証明だ

 

 

90: 名無しさん 2014/04/27(日)22:57:56
愛とは手間である

 

93: 名無しさん 2014/04/27(日)22:58:58
愛は長続きしない
すなわち愛による統治は不可能である

 

102: 名無しさん 2014/04/27(日)23:01:20
君が知る人をどれだけ理解したつもりでも、せいぜい二割を理解しているのが、いいところだ。

 

103: 名無しさん 2014/04/27(日)23:01:21
人は弱者を助けるが、それは過ちである 
何故なら弱者は淘汰されるべきなのだから
弱者を救うことは弱者を殺すことに等しい

 

104: 名無しさん 2014/04/27(日)23:01:37
何もかもが思い通りになる世界があったとして
人間は三日と耐えられないだろう
それは暗闇にいるのと同じである

 

106: 名無しさん 2014/04/27(日)23:01:54

意識とはそれだけで十分な心の防壁だが
強固であるがゆえに流れをつけられると簡単に誘導され、論理を失う

そう、この2ちゃんのように

 

115: 名無しさん 2014/04/27(日)23:04:09
上っ面があなたでないとして
上っ面が私でないとして
その奥にあるものが心の真実だっとして
投げ捨ててしまった上っ面は誰だったのでしょうか

 

122: 名無しさん 2014/04/27(日)23:05:56
>>115
すごい好き

 

119: 名無しさん 2014/04/27(日)23:04:38
神から見た君の魂は一瞬で朽ち果てる儚い物だ
しかし、君から見た君の魂は勇気と希望と幸福に包まれている 
気づかないだけであって

 

121: 名無しさん 2014/04/27(日)23:05:47

堅いものは砕けやすい。
柔らかいものは切りやすい。
分厚いものは抵抗がある。
薄いものは信じづらい。

人間も同じである。

 

124: 名無しさん 2014/04/27(日)23:05:58

自分達が邪悪と呼ぶものは、その邪悪にとっては正義である

人道を考慮したとしても、第三者から見ても、どちらが正義であるかは決めることができない

第三者から見て「邪悪」だった者は、本人にとっては正義なのだから

 

130: 名無しさん 2014/04/27(日)23:06:45
人の手は希望を掴むことが出来る手だ
だがほとんどの人は掴もうとしない

 

131: 名無しさん 2014/04/27(日)23:06:53
下を見て笑うより、上を見て絶望しろ。

 

133: 名無しさん 2014/04/27(日)23:06:55
自由とは不自由の中にしか存在しない

 

136: 名無しさん 2014/04/27(日)23:07:34
思い込めば頂点は底辺になり、底辺は頂点になる

 

141: 名無しさん 2014/04/27(日)23:08:51
人間は生まれたときは「白紙」である

 

142: 名無しさん 2014/04/27(日)23:08:53
哲学は万人に開かれた優れた学問である。
なぜならば、みな哲学を知らずして哲学することができるからだ。

 

150: 名無しさん 2014/04/27(日)23:10:53
私は存在するが、世界は存在するのか?

 

161: 名無しさん 2014/04/27(日)23:12:11
人間は可能性によって生きられる

 

162: 名無しさん 2014/04/27(日)23:12:12
君は夢がないと言う
明日死ぬなら何をする?
それが今の君の夢である

 

168: 名無しさん 2014/04/27(日)23:13:32
間違いは見つかるが答えは見つからない。それが人生。

 

173: 名無しさん 2014/04/27(日)23:15:17

すべてが虚構であっても
自分の気持ちを信じよう

それは最善の手ではないが唯一の手だ

 

182: 名無しさん 2014/04/27(日)23:16:48
>>173
これもなかなか

 

180: 名無しさん 2014/04/27(日)23:16:21
かぶり続けた仮面も、やがてあなたの真実の顔となる

 

189: 名無しさん 2014/04/27(日)23:17:53
人間は天才だ
コンピューターを作ったからだ
人間は馬鹿だ
コンピューターを操れないからだ

 

203: 名無しさん 2014/04/27(日)23:22:46
生きることと死ぬことはどちらも難しい。

 

204: 名無しさん 2014/04/27(日)23:23:23
何もないなら作ればいい。
作らないのに何もないと言うなら黙ればいい

 

205: 名無しさん 2014/04/27(日)23:23:59
記憶があったと覚えているなら
その記憶の原本を辿ればいい
忘れるとは記憶があったことすら気付けなくなることだ

 

221: 名無しさん 2014/04/27(日)23:26:05
>>205
なかなかいい

 

213: 名無しさん 2014/04/27(日)23:24:55
強者は認める。弱者は認めない。そうすべてをだ。

 

226: 名無しさん 2014/04/27(日)23:27:29
キチガイからすれば我々がキチガイ

 

229: 名無しさん 2014/04/27(日)23:28:17
人を疑うことは悪いことではありません
もっともいけないことは
人に対して向き合わないことですよ

 

234: 名無しさん 2014/04/27(日)23:29:00
ただ耐えることが誰かのためになると思うのは欺瞞である
誰かと繋がり立ち向かうことでしか真実は見えない

 

235: 名無しさん 2014/04/27(日)23:29:06
人を生むのが人である。人を育てるのも人である。人を殺すのも人である。

 

236: 名無しさん 2014/04/27(日)23:30:06
鏡に映るのは虚像である。
ゆえにブサメンはこの世から消えうる。

 

237: 名無しさん 2014/04/27(日)23:30:12

選択肢が増えれば増えるほど、選択は画一的になっていく

だが、目を凝らしてよく見ると、その画一性の中にこそ強烈な個が存在し、

多様性の中の個ほど曖昧なものはないということがわかるだろう

 

239: 名無しさん 2014/04/27(日)23:30:40
>>237
いいね。

 

238: 名無しさん 2014/04/27(日)23:30:30
自分にとっての平等は他人にとっての不平等である

 

251: 名無しさん 2014/04/27(日)23:32:38
死。それは終わりを見せる手段

 

253: 名無しさん 2014/04/27(日)23:33:25
死ぬことは人生の終わりであるが新しい人生の幕開けでもある

 

254: 名無しさん 2014/04/27(日)23:33:32
男は女を知らず、女は男を知らない。
ゆえに男女は結婚という過ちを犯す。

 

256: 名無しさん 2014/04/27(日)23:34:18

貴方がいる地球の裏側には人がいます

裏側にいるひとは地球上でもっとも
遠い人です、話せません。

でも家族、友人は近い人です、話しましょう

 

267: 名無しさん 2014/04/27(日)23:36:12
>>256
ちょっと「現代の隣人愛」批判っぽくていいね

 

257: 名無しさん 2014/04/27(日)23:34:21

人は死ねば終わりなのか?

違う、死を確信したときに既に終わりなのだ

 

259: 名無しさん 2014/04/27(日)23:34:47
立ち止まってはならない
立ち止まれば、視界は開け、美しい音色が聞こえる。
花の香りに、そよ風に魅了され、しばらくすればあることに気付く。
自らの存在の違和感である。

 

261: 名無しさん 2014/04/27(日)23:34:57
人は平等を夢見る唯一の動物である。

 

263: 名無しさん 2014/04/27(日)23:35:15
家庭はいずれ檻になり、赤い糸は鎖になる。

 

3: 名無しさん 2014/04/27(日)22:28:08
つまり万物の理はシュレディンガーのキャットしてハット

このエントリーをはてなブックマークに追加

 転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1398605087/

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。