【涙腺崩壊】幼馴染の話をしようと思う【体験談】

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 00:17:48.30 ID:N2gYXjD60
書き溜めてないし、タイプ遅いのでゆっくり書きます。
10年前の話だから多少盛ったり、想像もあるが許してほしい。

 
2: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 00:22:18.58 ID:N2gYXjD60

俺には幼馴染がいた。
真由って名前だ。
家が隣同士で、幼稚園、小中高一緒の腐れ縁って奴だ。

親同士も仲が良くて、旅行に行ったり、一緒に飯食ったり。
まぁとにかく気がつけば隣には真由がいた。

 

5: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 00:30:07.57 ID:N2gYXjD60

小さい時は一緒に風呂なんかも入ってた。
確か小学校3年くらいまで。
その時はお互いがお互いを異性と認識はしていただろうが、恥ずかしいとかそういう感覚、感情もなかった。
真由の方が俺より背丈が低かったので、俺からしてみれば妹の様な感覚だった。

親の体の都合で兄弟がいなかった俺は、真由が妹だったらいいのになぁ、みたいな事を思ってた。

小学校へ登校する時もいつも一緒に登校しており、真由をいじめたり、からかったりする男は容赦なく仕返しをした。
ナイトの気分に浸っていたんだろうね。
そんな感じでいつも俺の後ろをついてくる真由がたまらなく好きだった。
でも、この時の好きって感覚は異性としてではなく、まるで自分の兄弟の様な、そういう「好き」だった。

 

6: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 00:30:56.14
幼馴染居るだけで羨ましいわ…

 

7: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 00:40:18.92 ID:N2gYXjD60

いつも一緒にいるもんだから、周りの同級生にはよくからかわれた。
「おまえたち結婚するのかー?」とか。
もちろん俺の中ではそんな気もなく、いつも茶化してくる同級生にいら立つそんな時もあった。

時が経ち、体が成長するにつれて、心も成長する。
思春期ってやつだ。

クラスの中での会話と言ったら、
「○○は◎◎が好き~」
とか。

女なんか興味ねぇ!って訳じゃないけど、まだ異性に対して恋愛の好きって感情を持っていなかった俺にとって、こういう会話は苦痛でしかなかった。
なぜなら、好きな人はいないの?と聞かれれば、当然いないと答える。
すると、真由は好きじゃないの?と必ず返ってくる。

この下りがホントにうんざりするくらい多くて、事実その当時は、真由の事を恋愛の好きって気持ちはまだ持っていなかった。
兄弟としては(兄弟ではないが)好き。
でも女としてはわからない。
こんな気持ちだったと思う。

 

8: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 00:43:55.84 ID:N2gYXjD60

一方真由は俺よりも早く「好き」って感情が芽生えたのかもしれない。
この当時何度か真由に告白されていたからね。

優、私と付き合って?

って感じで。

ちなみに優とは俺の事です。

もちろん俺は断った。
真由は妹にしか見れなかったしね。

何度断っても真由の俺に対する接し方は変わらなかった。

 

10: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 00:47:38.43
>>8
やっぱり幼馴染と長い間いるとそういう恋愛感情ではない感情が出て来るのか…

 

9: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 00:45:21.31
見てるよ
支援

 

12: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 00:49:50.06 ID:N2gYXjD60

>>9 ありがとう。
遅いけど頑張って書きます。

この頃になると、朝俺が寝てる部屋にまで来て叩き起こしたり、当時やっていた野球の試合があると、弁当作ってきたり(と言ってもおにぎりだけだが)、はたから見れば彼女の様な素振りをし始めた。
その度周りから茶化されて、俺自身真由に対してうんざりしていた。

そして小学校5年のバレンタインの日。
ついに俺のイライラが爆発してしまう。

 

17: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 01:02:19.31 ID:N2gYXjD60

毎年真由からチョコを貰うのは当たり前の様になっていた。
けど今回のバレンタインは違っていた。

給食後の休み時間に、真由が俺にチョコを渡してきた。

真由「はい。チョコ。今年は頑張って一人で作ったんだよ?すごいでしょ^^」

確かこんな感じのセリフだったはず。
いつもは自分の母ちゃんと一緒に作っているらしいのだが、今年は自分で作ったと。

この真由のセリフを聞いた他の同級生からは、
「ひゅーひゅー」
とか
「熱いね~」
とか。

なんで今渡すんだよ。
別に手作りとかここで言う必要ないじゃん。
茶化されるのもうマジうんざり。

こんな事考えたら自分の中で何かが切れた。

受け取ったチョコを地面に思いっきり叩きつけて足で踏みつぶした。
直後に真由の髪の毛鷲掴みにしながら思いっきり文句を言った。

「なんなんだよおまえはいつもいつも!!」
「おまえのせいでバカにされるの嫌なんだよ!!」
「もう俺に近づくなこのブス!!」

他にも言ったと思う。
決して真由はブスではない。むしろ可愛い方。
でも所詮小学生が言いそうな文句と言えばこんなだろう。

 

22: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 01:12:40.71 ID:N2gYXjD60

今まで周りから茶化されていたストレスのはけ口が真由になってしまった。

真由は俺が今まで真由に言った事ないような事言われたもんだから、一気に涙目になってしまい、しまいには泣き始めた。

泣いてる真由を見て、周りからは
「あ~優泣かした~」
とか
「いけないんだー」
とか・・・

また真由がきっかけで自分が責められてる。

そう考えた途端また真由が憎たらしく思ってきて、泣いている真由をよそ目に、踏みつぶしたチョコを拾い上げ、ゴミ箱に捨てて、隣のクラスの友達の処へ逃げた。

休み時間終了のチャイムが鳴って、自分の教室に戻った時には、真由は自分の机に顔をうずめていた。

普段温厚な俺があんなに叫んだもんだから、周りの同級生も俺には話しかけてこなかった。

その日の帰りも一緒に帰る事はなく、俺だけ一人先に帰った。

 

23: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 01:24:09.70 ID:N2gYXjD60

家に帰って部屋で一人でいると、真由に言いすぎたなとか、後悔していた。
でも、謝るきっかけもなく、自分からゴメンと切り出すのがとても情けなく思い、電話することもできなかった。

夕飯になり、家族で食事をしていると、真由ママから電話がきた。

お袋が電話の応対をして、電話を切った後、俺に聞いてきた。

「優、真由ちゃん家出たっきり帰ってこないんだけど、知ってる?」
俺「いや、知らないよ?」
「なんかチョコ新しいの作って、優にあげてくる言ったっきり、戻ってきてないらしいの」

真由はとても利口で、門限破りなんかしたことがない子だった。
それなのに夕飯時間になっても帰ってこないのはおかしい。

子供ながらにやばいと思い、今日学校であった出来事をすべて話した。
それを聞いた親父は、すぐ真由ママに電話をかけ、事情を説明した。

電話を切り終わった途端に親父の鉄拳が飛んできた。
痛さで泣きじゃくっている俺を車の助手席に乗せ、真由を探しに家を出た。

 

25: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 01:29:55.14
俺が親父でも鉄拳制裁するわ
真由・・・

 

26: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 01:34:41.17
先が怖いよ…

 

24: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 01:28:24.80
バッドエンドはやめろよ

 

31: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 01:42:46.45 ID:N2gYXjD60

書いたのに消えちゃったw

自転車が家にあることからそう遠くへは行ってないと踏み、近場から捜した。
思いのほか真由は早く見つかった。
学校行く途中にある公園だ。

シーソーに座っている真由を親父が見つけ、
「真由ちゃん!」
と、叫んだら、真由は泣きながら親父に抱きついた。
そんな光景を車の中から眺めていた。

真由を後部座席に座らせ、親父が俺に言った。
お父さん煙草買ってくるから、その内に謝りなさい。
そう告げると親父は歩いて遠くへ行ってしまった。

車の中は重い空気が漂っていた。

俺も謝ろう思っても、なかなか口にだせないでいた。
勇気を振り絞り、謝ろうとした瞬間、
「優ゴメン。優ゴメン。」
と、泣きながら真由が謝ってきた。
真由の声を聞いたら、自分まで泣き始めて、
「真由ごめんなさい」
と、謝った。
その後は二人でワンワン泣いた。

どっかで見ていたのか、絶妙なタイミングで戻ってきた親父は、泣いている二人を見て、車の中に乗り込み、無言で車を走らせた。

 

33: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 01:45:28.97

よかった…俺はこの手の話を聞くとすぐ感動して鳥肌がたつ…歳か?

 

34: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 01:52:29.58
父に惚れた

 

35: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 01:55:25.36 ID:N2gYXjD60

家に帰ってきて、俺、親父、真由と3人で真由の家に。

玄関先で真由パパに親父が頭を下げた。
俺も一緒に頭を下げた。

真由パパと親父は、俺と真由同様に幼馴染で、同じく腐れ縁だ。

玄関先で話すのもアレだからってことで、真由宅でみんなで食事をとることにした。
お袋は作ってあったおかずを真由宅に持ち込み、みんなで食べた。
足りない分は真由ママが追加で作ってくれた。

ご飯を食べた後、真由パパと親父は飲み始め、その間俺は真由と一緒に真由の部屋へ行った。

部屋に入ると真由は俺にチョコを渡してきた。
本当に作り直したんだ・・・

「お願いだから貰ってください」

こんな感じで渡されたらそりゃもらうしかないでしょ。
この場所で格好つける必要もなく、俺はチョコをもらうことにした。
渡した途端真由はとびっきりの笑顔を見せてきて、
「今年のチョコは一人で作ったんだよ^^」
と、昼間に聞いたセリフをまた言ってきた。

付き合いが長いと自然とわかるもので、真由のこの笑顔は、
すごいでしょ?えらいでしょ?ほめてほめて^^
のサインでもあった。

そんなサインを見逃したらまた帰ってこないかもと思うと、俺は真由を褒めるしか選択肢はなかった。

お~偉い偉い
と言いながら、真由の頭をなでると、真由は満足そうな顔をした。

 

42: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 01:59:26.67
本当にいじらしいっちゃね
真由・・・

 

43: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:01:17.13
なんか…本当…幼馴染って…いいなぁ…

 

44: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:03:11.17
>>43
一緒に幼馴染探す旅に出ようぜ

 

46: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:05:22.28 ID:N2gYXjD60

「ね?食べてみて?」
と、真由がせかすので、目の前でラッピングされた箱を破り、中身を見た。

中にはハートの形になったチョコが入っており、上にはチョコベビーのちっちゃいようなものがついていた。

見た目はお世辞にもうまそう!とかは思わなかったけど、食べてみた。
味はチョコだった。

「おいしい?おいしい?」

と聞いてくる真由。
溶かしたチョコを固めてベビーチョコ振っただけのチョコにうまいもまずいもあるわけがなく、ホントにチョコ食ってるって感じだった。

おいしいよ?
と、答えると真由はまた満足そうな顔をした。

その後チョコを平らげて、普段と変わらない会話をしていると、親父が下から帰るぞと呼んだので、真由の部屋を後にした。

 

53: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:11:11.53 ID:N2gYXjD60

その後、またいつもと変わらない日常が始まった。
でも、今までと違う事があった。

同級生にバカにされたり、茶化されたりしても、決して怒鳴ったりしなくなった。
真由の中でも心境の変化はあったのだろう。
普段学校で今までの様に話しかけてはこなくなった。
また怒られるかも?とか思っていたのかな。

話しかけてくるとうざったいけど、話しかけてこなきゃこないでなんか寂しかった。

真由が他の男と話しているのも、今までは気にも留めなかったけど、あのバレンタイン以来、真由が他の男と話しているところを見ると、気持ちがモヤモヤした。

この時には軽く真由の事好きになっていたのかもね。

 

56: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:14:22.58 ID:N2gYXjD60

小学校6年になり、メインイベントの修学旅行が待っていた。
田舎暮らしの俺たちの行先は花の都東京。

おい

だせぇwwwwとか言うなよ?

班で行動計画建てたり、どこに行くかとかホントにウキウキだった。
真由はくじ引きで決めた班にもかかわらず、俺と一緒だった。
真由もまた、修学旅行を楽しみにしていた。

が、

事件がおこる。

 

57: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:15:36.06
だせぇwwww

 

64: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:21:54.97 ID:N2gYXjD60

>>57 おいww

ってことで、俺の修学旅行の思い出はありません。

でも俺のおたふく風邪なんかよりもっと事件があった。
2泊3日の旅行を終えて、帰ってきた真由の家に、俺はお土産を取りに行った。
もちろんおたふくは完治してます。
まゆはなんか雰囲気が違っていた。
どことなく暗い顔をしていた。

 

59: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:16:30.64 ID:N2gYXjD60

修学旅行2日前に俺まさかのおたふく風邪wwwww
テラほっぺいってぇのwwww
しかもこれ感染するのねwwwww
修学旅行行けませんとかwwwwww
ふざきんなwww
治せよヤブいじゃwww

マジワロエナイ

 

62: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:21:14.44
真由も休むとか?

 

63: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:21:45.35
はやくー
はやくー

 

67: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:24:09.88
なにがあったんだ…
しかし、修学旅行にいったはずの俺にも思い出が無いぞ…
というか記憶が無い…グスン…

 

68: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:25:18.07 ID:N2gYXjD60

真由の部屋でお土産を受け取り、雰囲気が違う真由に聞いた。

俺「なんかあったの?」
真由「ううん・・・」
俺「いや絶対なんかあったろ?なに?」
真由「あのね・・」
俺「ん?」
真由「和人君と付き合う事になったの」
俺「」

いやいやちょっと待て。
意味がわからない。

 

78: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:32:57.78 ID:N2gYXjD60

和人とは隣のクラスの男だ。
決してイケメンでもなく、むしろ残念なカテゴリだと思う。
それに、喧嘩っ早く、体格も小学生とは思えないほどだった。
俺がまともにタイマンはったら間違いなく負けるレベル。
学年内でも怖がっている男女が多かった。

そんな和人と真由がなんで・・?

真由に理由を問い詰めた。

すると、
修学旅行中に告白された。
断ったが、それでも付き合ってくれとせがんできた。
断った時に、和人に他に好きな人がいるのか?と聞かれたが、いないと言った。
なら好きな人できるまでの間でいいから付き合ってくれと言われた。
どう断っても迫ってきたので断りきれなくなり、了承した。

こんな感じだった。

 

80: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:34:51.89 ID:N2gYXjD60
ちなみに付き合うと言っても当時の俺たちの頭じゃ、
交換日記したり、手繋いだりとかが精一杯だった。
なんせ田舎だからね。
今から16年も前の話だし。

 

83: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:38:42.44 ID:N2gYXjD60

好きな人がいないと答えた真由の言葉に俺はショックだった。
付き合ったこともショックだったけどさ。

確かに俺は真由の口から俺の事が好きと聞いた事はない。
でもなんかショックだった。
俺はもう真由のことが好きだったのに。

 

84: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:40:08.59
きっと真由タソ、急にクソ和人にいいよられて
びっくりしたんだろうな。

 

86: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:42:57.51
ドラマみたいだな
続きに期待

 

92: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:45:16.17 ID:N2gYXjD60

でも自分から真由に好きと伝えるのができず・・・
なんていうのかな。
やっぱ格好悪いみたいな感じだったんだろうね。

真由から理由を聞き、居てもたってもいられなくなった俺は、お土産持って家にすぐ帰ってしまった。

自分でもどうしていいかわからなかった。

それから何日か、真由と話せなかった。

休み時間になる度に、和人は俺のクラスに来て、真由に話しかけていた。
体格でかいから声もでかいの。
全部筒抜けなんだよね。

真由は困惑した顔してた。
時々真由の視線を感じ取っていたが、俺はどうする事も出来ずにシカトしていた。

 

102: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:52:36.36
ゆっくり聞かせておくれや

 

105: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:56:27.41 ID:N2gYXjD60

んじゃのんびりマイペースで書かせてもらいます。

こんな学校生活が続き、さすがに堪えてきていた。
ある日我慢できなくなって、親父に相談した。

親父に言った事は、
「真由が好きでもない人と付き合ってて困っている」

これを聞いた親父には、
「おまえはどうしたいのか? 自分で決めろ」

こう言われた。

それがわかんなくて困ってるんだろうがヴォケ!
とか考えていると親父は、
「真由ちゃんが好きなのか?」
と、ストレートに聞いてきた。

俺は正直に言った。
真由が好きだと。

すると親父は、
「なら答えは出てるじゃないか」

こうとしか言わなかった。

 

108: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 02:58:02.54
親父イケメン過ぎw

 

109: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 03:00:41.09
親父さんが出てくると胸の奥が苦しい…
何故だ…

 

112: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 03:04:06.93 ID:N2gYXjD60

大工で職人堅気な親父は決して多くを語らず、また物事を1から10まで絶対に教えてはくれない人だった。
それが親父なりの教育方針だったのかもしれない。

親父の一言で何かが吹っ切れて、俺は真由の家にダッシュした。
真由と散歩行ってきますと真由ママに伝えて、真由と一緒に公園まで歩いた。

公園までの道はお互い何も話さなかった。
お互い気まずかったんだろうね。

公園で二人、真由が座ってたシーソーに座る。
意を決して俺は言った。

俺は真由が好きだ。
だから和人と別れて欲しい。

 

114: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 03:07:58.89 ID:N2gYXjD60

俺の言葉を聞いた真由は、しばしの沈黙の後、一気に泣きだした。

そして泣きながらこう話した。

最近優が目も合わせてくれなくて寂しかった。
和人君に話しかけられてもつまらなかった。
ホントは優と話したかったのに、いつも和人君に邪魔されてた。

また、こんなこともはなした。

昨日帰りに和人君に呼び出されて、いきなりキスされた。
気持ち悪くってずっと泣いていた。
でも優は先に帰っちゃうし、どうしていいかわからなかった。
と・・

遅かった・・

 

119: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 03:11:22.15
>>114
うわあああああああああ

 

115: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 03:09:21.43
クソ和人・・・
許すまじ・・・
俺の戦闘力が上がっていく・・・

 

120: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 03:14:18.46 ID:N2gYXjD60

真由のファーストキスは和人に奪われてしまった。
別に俺が欲しかったわけではないが、和人にとられたってことがショックだった。

同時に和人に対して怒りがこみ上げた。

俺は真由に、
「そんな男と付き合わなくていい。 俺と付き合え! 」
こう説得した。

真由は泣きながらうんうんと頷いた。

その場で俺は真由にキスする根性はなかった。
帰りは二人何年ぶりかに手を繋いで帰った。

玄関先で真由を見送り、俺が明日和人に真由と別れてくれと言うと真由に伝え、二人は自分の家に入った。

親父は結果を聞いてこなかった。

次の日、俺は和人に話しをつけるため、始業チャイム前に和人のクラスに行った。





 

128: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 03:24:51.67 ID:N2gYXjD60

和人と話すのはこれが初めてだった。

俺「俺と真由付き合う事なったから別れてほしい」
和人「は?君誰?」
俺「真由の彼氏だよ」
和人「はぁ?真由の彼氏は俺だけど」

こんな感じのやり取りだったはず。

俺が彼氏だ!いや俺だ!みたいなやり取りをしていると、和人がキレた。
いきなりキックが飛んできた。

俺はぶっ飛んだ。
もともと小柄だったからなおさら飛んだ。
倒れた俺に和人は乗っかり、馬乗り状態で殴ってきた。
めっちゃ痛かった。
でも親父の鉄拳に比べれば屁でもなかった。
抵抗してはみるものの、やはり体格差があるので抵抗にもならなかった。
騒ぎを見ていた女子が先生を呼びに行き、先生の仲裁で喧嘩は終了。

ってか俺一発も殴ってないっすけど。
いや、殴れなかっただけか。
鼻血とかめっちゃでてるし、服は首元ヨレヨレなってるし。
和人は和人でなんかキレながら泣いてるし。

二人とも保健室で先生に事情聴取。
同時に双方の親登場。

 

130: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 03:26:15.49
きたーーーーーーーーー
戦ったんだな、良くやった

 

132: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 03:26:24.63
面白い、この話は面白い

 

140: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 03:31:09.47 ID:N2gYXjD60

和人の父親は和人と同じくめっちゃ体格がよかった。
だけど、人相はとても優しく、何度も大丈夫?ごめんなさいねと謝られた。
例えるなら七福神みたいな感じ。
こっちはお袋登場。
ウチのお袋は結構さっぱりした性格なので、
子供のケンカですからと簡単にあしらって終了。

その後俺は念をとって病院へ。
和人はわからん。
そのまま居たのかもしれないし、帰されたのかも。

夕方になり、親父が帰ってきて、お袋から事情説明。
親父は俺に何も言わなかった。

夜になって真由から電話が来た。

 

143: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 03:33:48.84
和人の親がまともで良かった…

 

147: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 03:35:18.69 ID:N2gYXjD60

お袋から電話を代わり、なに?と聞いた途端、
「和人君と別れたよ!」
と嬉しそうな声で話した。

なんでも暴力振るう男とは付き合えないと真由から振ったらしい。

俺の努力って一体・・・

でも真由は、
「優頑張ったし、私も頑張った!」
と嬉しそうに答えた。

まぁ結果オーライで晴れて俺と真由は付き合える事になった。

そして卒業式・・・

 

153: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 03:42:22.05 ID:N2gYXjD60

付き合ったのが6月
そして卒業式。
ここまでキスすらできずに付き合ってきた。
何度かそんな雰囲気になったのだが、俺が恥ずかしくって逃げてた。
テラチキンww

せいぜい友達に付き合ってると堂々と言える事と、交換日記、公園デート、手繋いで帰るくらい。

これが付き合ってるって言えるのか?と言われたら、人によってとらえ方は違うだろうけど、当時小学生の俺にはこれが精一杯。

地元の小学校は卒業式に中学の制服を着て出席するのがデフォで、俺は着なれない学ランで出席した。
真由はセーラー服。

一杯泣いた。
真由も泣いた。

アレ以来一言も口聞いてなかった和人が俺にゴメンと
謝ってきた。
コイツもしかしたらいい奴なんじゃね?

まぁ和人とは今でも一緒に酒飲む友達になりました。

中学も真由と一緒の学校へ。

 

157: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 03:49:08.54 ID:N2gYXjD60

中学校は部活が強制だったので、俺は野球部。
真由は吹奏楽部へ入部。

どっちかと言えば恋愛よりお互い部活がメインになり、幾多の別れの危機もあった。
でもそんな困難も乗り越えてずっと付き合っていた。
かといってキスすら出来ずに恋愛していた。

唯一お互いの距離が縮んだ出来事と言えば、中学3年のスキー合宿の日、
消灯後に真由が俺と友人Aの部屋に忍び込んできて、俺と一緒のベットで寝た事。
そこで初めてキス。
めっちゃ緊張したわw
隣のベットでAいるのお構いなしに、一度したら今までの反動かずっとキスしてた。
だけど、それ以上の事は俺には出来なかった。
テラチキンwww

 

160: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 03:52:34.44
中学かぁ…
楽しかったなぁ…
懐かしすぎて泣いた

 

161: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 03:54:03.50 ID:N2gYXjD60

申し訳ないホントに中学時代は思い出が部活だけなんですw

それでも毎年クリスマスや誕生日は真由からチョコやプレゼント貰ってた。
俺もお菓子作るの好きだったから、お返しにケーキとか送ってた。

余談ですが小学校高学年になっても真由の胸は小さく、中学校卒業時でもBくらいだった。
まぁノリで1回触ったことあるくらいだけど、ブラの固さでわからなかったくらい。
また、真由は童顔で、中学3年でも小学生と間違われる事が多々あった。
それでも子供っぽさは多少抜けてきて、大人の一面も見れるようになってきた。

 

168: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 04:01:13.36 ID:N2gYXjD60

中学卒業のアルバムの裏側に、みんなからのメッセージが書いてある。
そこの真由のメッセージを見ると、

優と結婚して幸せになる  真由

こう書いてある。

真由のアルバムには

真由と結婚してやるよ   優

こう書いてある。

卒業間近の頃にはなんとなくお互いが、あ~こいつと結婚するんだろうな
こんな感覚持っていた。
お互いの両親もこいつならみたいな感じだったんだろうね。

気が早いと言われればそれまでだけど、そのくらい真由が好きだったし、真由も俺を好きでいてくれた。

高校卒業したら結婚な?
なんて気の早い約束までしてた。

そして高校へ・・・

 

171: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 04:07:33.56 ID:N2gYXjD60

高校もお互い地元の高校へ。
まぁ神のおせっかいかいたずらか、同じクラスだった。
高校になり制服のスカートの丈もぐっと短くなった真由はまた一段と可愛かった。
そこに輪をかけてルーズソックスという武器。
俺はますます惚れた。
化粧ほとんどしない真由だが、ギャルが苦手な俺にとってはそちらの方が良かった。

高校になると付き合いも長いので喧嘩も多くなった。
まぁ喧嘩なんてのは日常茶飯事だし、いつも俺が折れて終わっていた。
喧嘩の原因もくだらないものだった。
喧嘩するほど仲がいいなんて言うけど、当たってるかもしれない。

 

174: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 04:14:55.72 ID:N2gYXjD60

ここで厄介になるのが高校の同級生。
性の知識もハンパなく、また、経験者も多かったので、
「優~まだ真由ちゃんとヤッてないのかよwwww」
とか、一番いじられたくない部分をいじられるようになってきた。

決してやりたくない訳ではなかったし、むしろしてみたかった。
でも俺には勇気がなかった。

真由も同じような質問と言うか、からかいを同級生にされていた。

俺の誕生日がちかくなった6月頭、俺は真由にショートメールを送った。
今は懐かしいドコモP208でねw

 

175: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 04:16:03.64
何て送ったんだ
早く早く

 

178: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 04:19:57.70 ID:N2gYXjD60

このショートメールに関しては、ノートに書き残してあるのでそのまま引用

俺「なー」
真由「なにー?」
俺「エッチしてみたい?」
真由「何で急にどうしたの?」
俺「俺はしてみたい」
真由「うーん」
俺「どっちだよ」
真由「してみたいかも」
俺「本当に?」
真由「優がしたいならいいよ」
俺「本当に?」
真由「優のお嫁だもん」
真由「優の好きにしていいよ」

俺は叫んだ

 

181: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 04:24:22.19 ID:N2gYXjD60

メールってすごいよね。
普段言えない言葉もメールじゃ言える。

俺は真由に電話して、本当にいいのかどうか確認した。
真由はいいよと答えた。

誕生日会は俺の部屋で毎年行っているので、その日に決行すると真由に勢いで言った。
真由は苦笑いの様な感じでいいよと答えた。

そして誕生日の6月15日・・・・・

忘れる事が出来ない1日になってしまう。

 

190: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 04:40:00.90 ID:N2gYXjD60

平日だったので、学校帰りに真由と一緒にスーパーへ行き、誕生日会で食べるものを買う。
お菓子とかジュースとか。
ホントはお酒とか欲しかったけど、真由は飲めないし、制服だったから買えなかった。
一通り食材を買って家路へ急ぐ。

帰り途中に真由と喧嘩した。
内容なんか覚えてないくらいささいな事だ。

しかしいつもなら折れる俺もなぜか折れなかった。
真由もいつもならすぐ機嫌直るのに今日は直らなかった。
お互いふてくされた顔しながら俺の家に到着。

この雰囲気打破しないとエッチできないかもと思った俺は、雰囲気変えるのに必死だった。

しかし真由の機嫌は直らない。
「はい!誕生日プレゼント!」
とかぶっきらぼうに小さな箱渡してくるし。
こっちが折れてんのに調子こきやがってとか考えてるうちに、こっちまでイライラしてきた。
「そんな怒ってんなら誕生会したって面白くないろ?帰っていいぞ?」
俺が冷たく言い放つと、真由は
「あっそ!じゃあ帰るよ!!バイバイ!!」
と、荷物を置いて出て行ってしまった。
なんなんだよ・・・・とか思いつつ、真由の事を追いもしなかった。
一人で冷静になり、もう一度謝ろうと決めた俺は真由の携帯に電話をかけた。
すると、部屋の中から真由の携帯の着信音が。
アイツ携帯まで置いて行ったのかよ・・・。

 

191: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 04:41:20.28
なんかフラグ乱立してね?

 

194: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 04:44:54.61 ID:N2gYXjD60

まぁそのうち取りに来るだろうと腹を決め待っていた。
しかしいくら待っても電話を取りに来ない。

夕方になっても真由が携帯を取りに来る事はなかった。

真由が家を出て2時間くらい経ってから、さすがにおかしいと思い、真由の家に電話した。
誰も出ない。真由の家も留守みたいだ。

 

196: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 04:46:13.27
2時間・・・長いわ

 

197: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 04:49:42.57 ID:N2gYXjD60

突然俺の携帯が鳴る。
真由ママだ。

電話に出てみる。

「もしもし?」
「優君?真由が・・・真由が・・・あぁぁぁーーーっ!!」

真由ママが発狂するくらい泣いている。
全然会話にならない。

すると真由パパが電話に代わった。

「優?真由な、・・・死んじゃったよ」
「・・・え?」

一気に頭の中が真っ白になった。

 

199: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 04:50:16.77
嘘だろ?
おい
おい
おい・・・

 

200: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 04:51:05.92
ぃゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~

 

201: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 04:52:50.87

嘘だろ?

嘘だって言ってくれよ・・・

 

204: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 04:54:53.57
こんなの絶対おかしいよ

 

210: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 04:57:32.89 ID:N2gYXjD60

真由パパは淡々と話す。

「優?聞こえてるか?敏はいるか?代わってくれ」

敏とは俺の親父で名前は敏弘(としひろ)って読む

放心状態で仕事から帰ってきたばっかの親父に電話を渡す

親父は何で電話渡されたのかも分からずに電話に出る。
みるみる声色が低くなっていく。

電話を切った後、親父は俺の両方をぐっと掴んで、
「今から病院に行くぞ」
とだけ言った。
それでもまだ放心状態だった俺は何が何だか分からずにいた。

すると親父は俺の頬を殴り、
「ぼっとしてるな!早く車に乗れ!」
叫んだ。

 

212: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 05:02:47.95 ID:N2gYXjD60

殴られて目が覚め、一気に体が震えてきた。
もう立ってられないくらい。
膝から崩れ落ちるってこのこと言うんだろうね。

その場で座り込んだ俺を見て親父は、俺の胸倉を掴み、ひきづりながら車に俺を投げ込んだ。

車の中で親父は俺に何か言ってたけど覚えていない。
病院についても、俺は車から動けなかった。
またしても親父が俺の胸倉を掴み、ひきづりながら病院の中へ入って行った。
緊急外来から入り、処置室?みたいなところまでひきずられた。

 

215: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 05:05:40.19 ID:N2gYXjD60

ベットに横になっていた真由は俺の知ってる真由ではなかった。

綺麗な顔は傷だらけ。
綺麗な髪もぐじゃぐじゃ
白かった肌は土色?のような色になっていた。

話を聞けば4tトラックにはねられたらしい。
場所は小学校近くの公園付近。

 

217: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 05:08:23.51 ID:N2gYXjD60

即死だったらしい。

俺は今までにないくらいに泣いた。
泣いてゲロまで吐いた。初めての経験だった。

その後機械的に物事は進み、真由は骨になった。

火葬の日、初めて俺は真由パパ、真由ママに当時何があったか話した。

 

220: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 05:11:06.20 ID:N2gYXjD60

すべてを聞いた後、真由パパは俺をぶん殴った。
奥歯が根元から折れて、折れた歯で頬に穴が開いた。
鼻も曲がった。眼球も内出血した。

親父はただじっと眺めていた。
他の親族も誰も止めなかった。
その時、俺もこのまま死ねればいいのにって思った。

 

223: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 05:16:52.87 ID:N2gYXjD60

何発殴られたんだろう。
意識が朦朧とするなか、真由パパは俺の胸倉を掴んでこう言った。
「優、痛いか?それが生きてるって証拠だ。俺に殴られて死にたいとか思ったか?もし思ったんなら俺がここで殺してやるよ。」

俺は全力で首を振った。
もう血が飛び散る勢いでね。
真由パパは
「おまえは真由の命も背負っているんだ。死にたいとか思ったら俺が許さないからな?わかったか?」
俺は虫の様な声ではい・・・とだけ答えた。
次の瞬間意識が途切れた。
起きた時には病院だった。

 

226: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 05:28:25.70

少しスレから目を離した隙にこれかよ…
真由タソが何したって言うんだよ…

視界がぼやけるよ…くそ…

 

227: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 05:30:38.78 ID:N2gYXjD60

お袋が側にいた。
お袋は俺がもらった真由からのプレゼントと、手紙を持っていた。

プレゼントの中身は二人で少しずつ毎月貯金して真由が選んでくれたペアリングだった。

手紙は俺の部屋に置いていった真由のカバンの中にあった手紙らしい。

手紙の中味はこう書いてあった。

大好きな優へ

小学校の頃から付き合い始めてなんだかんだでもう4年になるね。
優との思い出は私にとって大事な思い出です。
普段は意地っ張りでいじわるだけど、時々見せる甘えた顔の優が大好きです。
野球を一生懸命やっている優が大好きです。
友達とふざけて笑ってる優の笑顔が大好きです。
パパさんのお手伝いをしてる真剣な優が大好きです。
私の頭なでてくれる優の手が大好きです。
ぎゅっとしてくれる優の腕が大好きです。
優の好きなところ書いていくと書ききれません。
私を好きになってくれてありがとう。
私と付き合ってくれてありがとう。
まだまだ子供な真由ですが、優の立派なお嫁さんになります。
だからいつまでも一緒にいてください。
嫌わないでください。
いつまでも一緒にいようね。
それで、世界一幸せな家庭にしようね。
世界で一番かわいい赤ちゃん作ろうね。
まだまだ書きたいけど恥ずかしいのでやめておきます。
大好きな優が16歳の今年幸せな一年でありますように祈ってます。

真由

 

229: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 05:33:33.67 ID:N2gYXjD60

あんなに泣いて枯れたと思ったのにまた涙がでてくる。
お袋も一緒に泣いている。

そんなこんなで俺の誕生日は俺の最愛の人の命日になりました。
今でも誕生日には実家にもどり、真由の墓に花を置いてきています。

 

232: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 05:36:10.62 ID:N2gYXjD60

悲しいですが釣りではないです。
むしろ釣りであってほしいです。

20の時に俺は形だけの結婚式を行いました。
新婦はもちろん真由です。
タキシード来て、真由の遺影持ちながら、写真だけ撮りました。

俺は現在27歳です。

恋愛は何度かしましたが、どれも長くは続きませんでした。
結婚もする気はないです。

 

243: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 05:46:10.15 ID:N2gYXjD60
長くなりましたが以上になります。
皆様も愛する人と末長く一緒にいられるように祈っています。

 

233: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 05:36:19.22
なんか胸がイタくなってきたぞ・・・

 

237: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 05:40:49.35
運命と思ってあきらめるしかないやろ
そういう悲しいけど、淡いくはかない経験を出来たことを
ありがたいと思いなさい

 

240: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 05:42:13.05 ID:N2gYXjD60
>>237
真由のおかげで、愛されるってことがわかりました。
人の死の悲しさ、尊さ、事故の悲惨さも学びました。
いい経験だと思っています。

 

241: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 05:43:26.23
身体中シビれてる、心からありがとう

 

246: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 05:48:56.07
感動した。ありがとう!!
こんなおいらでも頑張っていKILLよ

 

250: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 05:54:09.31
>>1がもう一度素敵な恋愛ができますように

 

258: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 06:04:05.67 ID:N2gYXjD60
俺と真由が離れた事が運命ならば、他の誰かと出会うのも運命。
今はまだないだけかもですが、もしかしたらこれからあるかもしれません。
その時になればもしかしたらまた考えも変わるかもです。
とりあえず今のところはって感じですね。

 

266: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 11:12:52.05
起きて読んでみたらこれかよ・・・
話の雰囲気が180度変わってるじゃねえかよ・・・

 

275: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 17:14:56.11
どうか釣りであってくれと最後まで見たが、どうやらマジもんだな。。

 

268: 名も無き被検体774号+ 2012/01/27(金) 14:18:12.78

久しぶりにマジで泣いたわ

しばらく連絡してなかった幼なじみに連絡とろうか、、、

このエントリーをはてなブックマークに追加




 転載元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1327591068/

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。