このコピペが胸に突き刺さらない奴いるの?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:47:41.840 ID:sLhGEQ/i0.net
ある大学でこんな授業があったという。 
「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯か?」学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。
教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれでいっぱいになったか?」
 学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」
一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、
 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
「それは違う」と教授は言った。
「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、
 大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」
君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。
ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、
君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。
そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう。

俺砂利と砂だらけでワロタwwwwwww

 
 
 
2: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:48:39.112 ID:0d7TulT3x.net
                       /\
                     /・ ・\
                    │  L  │ そうはさせませーん
             _   _/   フ │           三
            /_\/     /\/      三
        _ / / \      │       _
       (__/     ̄ ̄\ │      /_)   三
                     \\__/ /
                      \    /
                         ̄ ̄
 
 
 
4: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:49:06.633 ID:AhyEj6lId.net
>>2
なんかワロタ
 
 
 
3: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:48:42.215 ID:E7f6PER80.net
長い3行でまとめろ
 
 
 
7: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:49:30.802 ID:PhKkZrM60.net
>>3

岩を先に入れた方が良い
水は後で
 
 
 
95: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 03:25:13.588 ID:QwHAM9AX0.net
>>7
わろた
そうなんだけどそこじゃない
 
 
 
38: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:00:18.537 ID:BVRqhn1u0.net
>>3
人生とは
重要な選択肢の
連続である
 
 
 
6: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:49:18.757 ID:GwxB0PNXp.net
お前は砂利と砂すら入ってないから安心しろ
 
 
 
8: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:49:51.260 ID:TgQeCqZFd.net
瓶が割れておりますが
 
 
 
9: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:49:59.069 ID:14fLYlgE0.net
でも時と場合によりますよね?
 
 
 
12: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:50:29.169 ID:M1JNyAd/0.net
壺大きくしろよ
 
 
 
14: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:51:07.565 ID:RwoHPIB10.net
日本語でおk
 
 
 
15: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:51:41.275 ID:TW7urfSf0.net
個人によって壺の大きさが違うから、一概には言えない
 
 
 
16: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:51:57.155 ID:sSQ+7w/pM.net
派生でコーヒーのやつもあったよな
 
 
 
21: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:53:19.199 ID:qlgggTdW0.net
>>16
はよ
 
 
 
41: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:01:44.983 ID:sSQ+7w/pM.net
>>21
別にあんまり変わらんけどな
確かコーヒーカップに角砂糖と粉砂糖入れて同じ流れの話して最後にコーヒー注いで
「君たちがどれだけ忙しいと思う時でも、こうして友人と1杯のコーヒーを飲む時間くらいはある」みたいなオチになるだけ
 
 
 
44: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:02:36.314 ID:eC0Ve4YD0.net
>>41
糖尿なるだろそれ
 
 
 
17: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:52:08.241 ID:N3nqCKRx0.net
ツボと人生を一緒にするのは無理があるだろ
 
 
 
18: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:52:15.124 ID:6cmx4t7h0.net
そもそも何故壺に物を入れなければいけないのか
 
 
 
19: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:52:26.945 ID:mkZHWvbW0.net
砂利や砂、水も壺を満たす為に必要な物質
 
 
 
20: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:53:04.131 ID:noZqdMXxa.net
コピペが刺さるって何言ってんの?
 
 
 
22: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:53:25.936 ID:zA/hSswy0.net
教授「じゃあちょっと二人か三人でこのことについて話し合って」

(ガヤガヤ)

ぼっち「・・・」←最前列の右端に一人で座ってる

教授「・・・君!一番前の君は話しあったのか?」←マイク入ったまま大声で

ぼっち「いえ・・」

教授「君毎回一人だけど授業困らない?」

ぼっち「特には・・・」

教授「え?今話し合ってないけど大丈夫なの?」 

ぼっち「いや、あの・・・」

教授「指示したことができなくても問題ないってこと?」

ぼっち「そ、そうではなくて、一人で考えて・・・」

教授「一人じゃ話し合えないでしょ!?2・3人でやれっていっただろ?」

教授「これ試験だったらどうするの君?落ちちゃうよ?」

ぼっち「それならしょうがないです・・・」

教授「ふーん、名前なんて言うの?あと学籍番号」

ぼっち「いや、名前とかは・・」

教授「いやじゃなくて、これ中間の課題にするから成績つける関係で名前分からないと困るの」 

ぼっち「もういいっす」
(ダッ)←ノートと筆記用具ときもいリュックを小脇に抱えてものすごい速さで退出w

教授「何、どうしたの」

教授「何しに来てたんでしょうね彼は」

(ドッ)
教室中大爆笑w


 
 
 
33: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:57:02.704 ID:dGmyuUQj0.net
>>22
やめて
 
 
 
72: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:22:55.975 ID:SwaGX1VM0.net
>>22
これキツイ
 
 
 
75: 【R2-D2】 ◆9NZ7hagej. 2017/02/02 02:24:25.491 ID:ApeZtEwx0.net
>>22
これと同じこと体験した事有るわ

脳内会議してますで押し通したけど

 
 
 
92: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:46:09.603 ID:HVGi8Uc30.net
>>22
返事したら負けって事だな
完全ステルス貫けばどうにかなる
 
 
 
23: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:53:39.508 ID:7D4e2Z6N0.net
俺の大事なものってなんだろう
 
 
 
24: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:53:51.038 ID:eIAWSkMB0.net
俺の壺に岩が入る大きさはない
 
 
 
25: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:53:56.715 ID:jVOo7xWwx.net
岩より貴重な砂あるだろ
 
 
 
28: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:55:09.904 ID:zA/hSswy0.net
入学したての頃、俺は初めて学食に行ってみたんだ。
もちろん一人でね。

慣れない食券システムにに戸惑いつつも、俺はウキウキした気分でハンバーグ定食を購入した。
定食を貰って、席に着こうとしたんだが、もうすでに満席。
一見空いているかに見える席も、DQNどもが荷物を置いて席取りしていた。
今考えたら混雑した昼時に学食に行ったのが、全ての間違いだったんだ…

俺は焦った。とりあえずどこか席が空くのを待ってみたが、一向に空かない。
明らかに食事を終えている奴らも、友人と会話をしていて席を立とうとしない。
俺はハンバーグ定食のお盆を持ったまま、その場に立ち尽くしてしまった。
どうしようもなくなって錯乱してしまった俺は、近くの調味料や飲み物が置いてある台に、持っていたハンバーグ定食を置き、その場で立ち食いを始めてしまったんだ。
俺のあまりに滑稽な姿に、周りの奴らが笑っているのに気づいた。
中には俺の姿を写メールで撮影し始めるDQNもいた。
俺は半泣きになりながらハンバーグ定食を急いで食べ終え、逃げるようにその場を去った。

あれ以来2度と学食へは行っていない…


 
 

 

63: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:16:08.751 ID:3B9YQbb10.net
>>28
これ見るたびに思うのが
そんなとこで飯食うとか相席するよりもハードルたけえわ
 
 
 
69: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:21:33.003 ID:HVGi8Uc30.net
>>63
立ち食いソバみたいなもんだろ
別におかしくはない
 
 
 
71: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:22:47.590 ID:ZBl946gnM.net
>>63
ちょっと意味わかんないですね
俺はそんな考え方してないので
 
 
 
29: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:55:25.312 ID:NpIwjiD40.net
壺に思いっきり岩入れたら粉々に割れてワレタWWW
 
 
 
31: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:56:36.126 ID:kx74i2wpd.net
>>29
大きすぎる夢は身を滅ぼすってか
 
 
 
32: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:57:00.709 ID:nIb3/dAs0.net
社会に適応できない人って見ててほんとつらい
 
 
 
34: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:57:55.578 ID:HVGi8Uc30.net
こういうのは失敗しない為の言葉で、既に失敗してしまった人には意味がないからな
世の中失敗しない人なんて居ないんだから、結局意味がないんだよね
 
 
 
35: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:57:59.303 ID:jmCPpyLq0.net
俺の大事な岩は大きすぎて小さな小さな俺の壷には入らない
 
 
 
55: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:10:12.413 ID:6cmx4t7h0.net
>>35
壺を反対にして同じくらいの壺の奴と協力してその上にデカい岩を置こう
 
 
 
36: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:59:17.524 ID:sLhGEQ/i0.net
492 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2006/02/12(日) 22:58:58 ID:5NQXDNZG0
>>490
世の中には2種類の人間がいます。
上を見る人間と、下を見る人間です。

上を見る人間は、自分より優れた他人を常に意識して、劣等感を感じる事があってもそれをバネにする事ができます。
結果はさておき、努力する事ができる人間なのです。

下を見る人間は、常に自分より劣った人だけを見ようとします。
あいつは自分より馬鹿だ、劣っている、目下だ、と思える人間だけを視界に入れます。

あなたはこちらのタイプの人間です。

自分より下がいるから、あいつよりはまだ自分はマシだから―
そう考え、努力する必要性を感じません。
そして、いつのまにか見下げていた他人と同じラインに立っています。
しかし、常に下だけを見つづけるので、その事に危機感を感じません。

まだ自分より劣った人間がいる、まだ自分より馬鹿な人間がいる―
どこまでも堕ちていきます。
あなた自身は気づかないままに。

そして、今のあなたは一番下にいます。
あなたが視界にいれるべき、劣った人間はもう存在しません。
でも、いまさら上を見る事はできないのです。

上を見たら― その重圧感にきっとあなたは耐えられないから―
ですから、あなたは心のなかで、決して実在しない「自分より劣った人間」を求め、幻を見るのです。
あなたはもう一番下なのに―

まだ堕ち続ける言い訳を、自分に対して続けるために―

さあ、目を覚ましなさい。目を覚まして立ちあがりなさい。
でも上を見る必要はありません。あなたは立ちあがり、探すのです。
手頃なロープを。
首に巻き付けても切れることのない、あなたの体重を支えるのに充分な太さのロープを―


 
 
 
40: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:00:55.375 ID:zua8Bf7j0.net
>>36
これ後者まんま俺ワロタ
明日から上向いて生きてくわ
 
 
 
47: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:04:05.393 ID:sLhGEQ/i0.net
>>40
お前素直な奴だな
 
 
 
42: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:01:56.470 ID:S3t3BYP+0.net
>>36
蜘蛛の糸の方が100倍いいな
 
 
 
53: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:09:23.653 ID:PuDQAmCt0.net
>>36
ほとんどの奴は上下どっちも見るだろ
 
 
 
37: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 01:59:24.145 ID:APcpOSMO0.net
仕事とかいう最高に邪魔なものを無理矢理突っ込まれたんだが
 
 
 
39: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:00:33.082 ID:RAnIcE/S0.net
ツボと岩で例えられるほど人生は単純じゃない
 
 
 
43: プリンマン ◆PRINMAN/.E 2017/02/02 02:02:07.961 ID:Gz4MpeWUK.net
(´・ω・`)壷って枠で考えてないから漏れは
 
 
 
46: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:03:40.596 ID:uRotRksT0.net
まず壺と人生をなぜ同一視できると思ったのか
 
 
 
49: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:06:49.504 ID:MHPMae8mp.net
楽しいことをするのが人生
砂利だらけで結構。
 
 
 
50: プリンマン ◆PRINMAN/.E 2017/02/02 02:07:28.796 ID:Gz4MpeWUK.net
(´・ω・`)大きな岩なんて最初に必要だと思わないこと
砂利で埋めていきやがて岩になる時もあります
重要なのは大きな岩を入れないといけないと思い込んでしまうこと
スタートを「枠」で考えてしまうと
壷の中以外見えないではないですか
 
 
 
52: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:08:24.933 ID:0d7TulT3x.net
色んな生き方やり方があるんだよ
人には人の
 
 
 
56: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:11:17.471 ID:zaPAi3ip0.net
京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、
認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。
事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。
その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。

母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。
片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。
カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、
06年1月31日に心中を決意した。

「最後の親孝行に」

片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で
「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は
「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が
「すまんな」と謝ると、母は
「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は
「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。
この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、
自分も包丁で首を切って自殺を図った。
冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、
眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。
裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
殺害時の2人のやりとりや、
「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。
目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。


 
 
 
58: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:14:17.461 ID:B4Y+xtOz0.net
壺なんかより頭空っぽの方が夢詰め込めるって言ってただろ
 
 
 
59: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:14:37.524 ID:hM6SgoCZ0.net
これ結論だけ言えば済む話じゃない?
 
 
 
66: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:19:55.319 ID:0eS/B2aHK.net
俺の壺いくらでも入るしいくらでも抜けていくんだが
 
 
 
67: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:20:05.428 ID:Zq2tBHAAK.net
ようするに最初に入れる核になる部分=固定観念のことを
最初にいれる「岩」やら「砂利」と表現したい、てことなんだろうが

大きな岩=正しくて強いもの

というのが幻想なわけだから

例えそのものが間違いなんやな

 
 
 
73: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:22:57.261 ID:Zq2tBHAAK.net
仮に岩に当たるものが「悪」だとしたらどうなるのだろう?
と考えないならただの馬鹿

その人間の大きな核になるものが必ずしも良いものとは限らない

そして心は壺じゃない
入れ換え可能でしかない

入れ換えは難しいと考えている人間には難しいだけなんだ

入れ換えできないと考えるのは、それは幻想だ

 
 
 
74: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:23:20.276 ID:UZRRFuhW0.net
最初に水を入れても岩は入るのでは…
 
 
 
76: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:25:14.408 ID:W9B4WKVi0.net
砂利なんて取り出せばいいんだよ
一度入れたものが取り出せないなんて風来のシレンじゃないんだから
 
 
 
84: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:32:45.019 ID:Zq2tBHAAK.net
第一、心なんてものは物質的なものじゃないから
変幻自在でしかなく
しかも常に消えたり変形したりするトポロジーだ
それを岩とか物質的なもので例えることは不可能なのだ

核になるような価値観を一度は入れておいても
その核は時間とともに変形するし消えるのだ

 
 
 
87: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:36:14.234 ID:Zq2tBHAAK.net
壺に岩を入れて砂利を入れて

というのは単に話者がイメージする心のイメージでしなく
この話者にとっては心はそのように柔軟性がない固定されたもの
というイメージで解釈している、てだけなんだろうよ

で、そのイメージはまあイメージとしては自由でしかないが
間違いでしかないよね

 
 
 
96: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 04:36:17.965 ID:EHV0ihPs0.net
俺の器の大きさは地球全土の砂を入れても余裕なくらいなんだが?
 
 
 
100: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 05:02:32.366 ID:qlgggTdW0.net
>>96
すき
 
 
 
93: 以下、VIPがお送りします 2017/02/02 02:51:08.727 ID:Zq2tBHAAK.net
感動しました!
自分の人生を見つめ直すチャンスを与えてくれて本当に感謝しています!(31歳会社員)

本当にそう!
世の中ってこういうことだと実感しました。
自分の見ているものがまるで輝きに満ちていくような思いです!(26歳女性)

泣けた!実に良い話だ!
こんな良い話を聞いたことはなかった、チクショー
これから真剣に生きて行こうと思い直しました(28歳フリーター)

(^-^ゞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1485967661/