【2ch名作SF】ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」(1)【長編読み物】

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 19:39:33.71 ID:bI/HX+V10
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」

ゾンビA「あ、あれ?な・・・なあ」

ゾンビB「おおーーーおおお・・・なんだよ、うるせーな」

ゾンビA「なぁ・・・まさかとは思うんだけどさ、もう皆ゾンビになってるんじゃね?」

ゾンビB「まさかww    おおーーおおーーー」

ゾンビA「だよな・・・ おおおおお・・・おおおお・・・」

ゾンビC「なあなあなあ!今言ってたのマジ!?人間居なくなったの?!」

 

 

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 19:41:55.10 ID:bI/HX+V10
A「いや、そんな気がしただけで・・・確証は」

C「おおーーい!みんなーー人間いなくなったってよーー!!」

A「おい、声でかいって・・・」

大勢「なんだなんだ」

C「みんなゾンビになったんだってよーー!!」

大勢 ざわざわ

 

 

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 19:42:57.00 ID:fpSVnrVaO
シュールだな

 

 

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 19:43:36.42 ID:bLRp6TH7O
期待

 

 

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 19:45:23.17 ID:bI/HX+V10
この時、一人のゾンビの発言により、ゾンビ達の世界は変革を迎えた。

20XX年。
ゾンビが出現してから世界は大崩壊へと向かっていった。
ゾンビに噛まれた人間は感染し、ゾンビになる。
そしてゾンビになった人間は、もう人間に戻ることは出来ず、永遠に血肉を求め彷徨うのだった。

それから2世紀。

人間が居なくなってから、50年の歳月が流れていた。

 

 

15: 忍法帖【Lv=1,xxxP】 2011/07/12(火) 19:45:48.89 ID:DxJVKMjI0
どうすんだよww

 

 

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 19:46:07.53 ID:JUHx7AdXO
人間居なくなったらゾンビとしてのアイデンティティー保てんなww

 

 

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 19:50:48.81 ID:bI/HX+V10
ゾンビA「これからどうしよう・・・」

彼が気づいてしまったせいで、他のゾンビたちも人間が居なくなったことに気づいてしまった。
途方に暮れる青年ゾンビを尻目に、他のゾンビたちはそれぞれゾンビとしての役割を放棄しだした。

ある者は、とりあえず前世の記憶を頼りに自分の住んでいた家を目指し歩き出す。
ある者は、どうしていいかわからず、とりあえず 「おおーーおおーー」唸りながら少し前のゾンビになるが、他のゾンビから「もう別にそんなのしなくていいんだぜwww」と諭され、他のゾンビについていく者。
公園に集まり、これからどうしようか話し合う者。
前からやってみたかったスケボーをやりだす者。 
そしてコケて足が取れてしまう者。

ゾンビ達は混乱していた。 

 

 

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 19:52:27.46 ID:zv4JS69r0
ちょっと面白い

 

 

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 19:53:33.27 ID:Ztjenyp50
足取れるのかよww

 

 

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 19:56:20.99 ID:bI/HX+V10
人間がいなくなったという噂は、瞬く間にゾンビの世界に広まった。

人間の血肉を求めてさまよい、人を襲うという本能で動いていた彼らだったが、2世紀半というゾンビの仕事から解放され、彼らは呆然としていた。

それから1ヶ月の時が流れた。

ゾンビたちは生前の記憶を頼りに、とりあえず自分の住んでいた場所に戻り、本を読んだり音楽を聞いたりして過ごしていた。

 

 

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:03:04.08 ID:bI/HX+V10
ゾンビに寿命はない。
人間でなくなった彼らは、永遠の生命を人を襲うことに使っていたが、
その役目を終えた今、永遠の命をどう使っていくかに悩んでいた。

とりあえず、彼らは暇だった・・・ 
人間だった頃は街には電気が通っており、TVが放送されており、
スイッチひとつでくだらない娯楽は手に入っていたが、人間が居なくなった世界では、夜はとことん暗い、月明かりだけの世界だった。
そして途方もなく暇だった。

ゾンビは昼間は本を読んで時間をつぶし、夜は仲間と集まってくだらない話で盛り上がったが、それは3週間くらいしか続かなかった。
毎晩毎晩話し続けると、大体3週間で話題が尽きてしまった。

ゾンビは寝ることも、飯を食うことも(人間が居ないので) 、疲れることも、苦しむこともない。

ゾンビ達はここに来て、退屈という苦しみを味わうことになった。

 

 

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:05:03.60 ID:tBSbp2ZBO
これはSFなのか
おもしろい

 

 

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:07:48.39 ID:bI/HX+V10
ゾンビ達が「人間が居なくなった」と気づいてから1ヶ月たったある夜。

街に明かりが点った。

ゾンビたちは歓喜した。
電気が通ったことで、今まで出来なかった娯楽の一部が再び復活したのだった。

あるゾンビはTVのスイッチをつけた。
TVには懐かしい砂嵐が映っていた。
その砂嵐を楽しむように、日長一日楽しむ者。

また、あるゾンビは夜でも本が読めるとベットに寝転がり、読書に没頭した。
そして、オーディオプレイヤーが動き出すことで、ゾンビの街は騒がしくなった。 
だが彼らはウキウキしていた。

醜くくずれた彼らの顔に、笑顔が戻った。

 

 

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:08:41.32 ID:tqS2Hgwc0
この発想はなかった

 

 

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:09:07.87 ID:E6Oj9L750
砂嵐でいいのかよ
SIRENの屍人かよ

 

 

 

49: 忍法帖【Lv=5,xxxP】 2011/07/12(火) 20:12:23.68 ID:BqTFVThn0
かなり面白い
おもしろいよこれ

 

 

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:13:41.13 ID:bI/HX+V10

なぜ、電気が戻ったのか?
これは、退屈に耐え切れなくなったゾンビが、
前世の記憶を頼りに発電所の動かし方を思いだし、試行錯誤の上なんとか発電所を動かしたのだった。

この事により、ゾンビの暮らしは一新する。
電気が戻ったことで、ラジオ局が復活した。
前世でおしゃべりなDJをしていたゾンビはラジオ局に向かい、かつての名曲と呼ばれた音楽と、その音楽にまつわるエピソードを24時間ずっと語りだした。

おしゃべりゾンビが喋ることがなくなると、また別のおしゃべりゾンビがDJを努め、ラジオ局は活気にあふれた。

そして、ラジオ局が復活してから1週間後に、テレビも復活した。

 

 

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:17:56.32 ID:Lfw3UiJd0
これは意欲作だぞ

こうなると永遠の命を持った人間となんら変わりない
人間の求めてやまない夢がゾンビであるという可能性

 

 

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:19:07.46 ID:bI/HX+V10
記念すべきテレビ放送再開の第1号の番組は、お昼のバラエティー番組だった。
12時丁度にテレビをつけたゾンビたち。
そして街中でテレビ番組のテーマが流れだした。

「お昼休みはウキウキウォッチンあちこちそちこち いいとも~♪」

テーマ曲に合わせて、スリラー張りのダンスを披露するゾンビ青年隊。
そして、番組の司会者が出てきた。
TVを見ていたアジアの島国のゾンビたちは、その姿に懐かしさを感じた。

マイクを持ったサングラスのゾンビがスーツ姿で現れ、自分はゾンビになってもやる気はあんましないということをアピールすると、メガネの禿げたゾンビに 「アンタは生前からそんなちょうしやなー」と突っ込まれていた。

お茶の間は大爆笑だった

 

 

186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:29:27.74 ID:51iJEcfy0
>>58
メガネの禿げたゾンビって鶴瓶だろwwww

 

 

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:22:10.67 ID:OMDOr9Jr0
ゾンビ文化とかwww

 

 

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:25:57.36 ID:bI/HX+V10
テレビ、ラジオ、音楽、読書。  
ゾンビたちの娯楽はある程度揃った。

しかし、ゾンビたちは貪欲だった。 
今ある娯楽も、気がつくと飽きていた。

ゾンビたちは新しい娯楽を求めた。

あるゾンビは、有り余った時間を芸術に使おうと、世界中の美術館を見てまわるという旅に出た。
またあるゾンビは、音楽を勉強して、自分を楽しませるだけの究極の音楽を作ろうと意欲する。
彼らは寝ることも食べることもしなくていいので、趣味や習い事に全力を注ぐことができた。
だが、食べなくてもいいといことで、グルメを気取っていたゾンビたちは少し歯がゆい思いをしていた。

ゾンビたちは、より文化的な事を好むようになった。

 

 

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:30:33.69 ID:bI/HX+V10
ゾンビたちが地球の支配者になってから、数年の月日が流れた。

たった数年で街は物凄く清潔になり、活気にあふれていた。
ゾンビたちの流行とまではいかないが、自分たちが腐っていて触れるものを汚してしまうから、住んでるところは掃除して綺麗にしようという考え方が芽生えていた。
特に、読書趣味としていたゾンビたちがこの清潔に気を使っていた。
自分の血や体液で、大事な本を汚してしまうのを恐れたのだった。

そして、今日。
ゾンビアップルからiPadが再版され、ついにネット書籍の時代が到来したのだった。

ちなみに、インターネットは結構前に再開していた。

 

 

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:32:01.60 ID:Oqi5+1lxO
面白いなこれ

 

 

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:33:14.15 ID:OMDOr9Jr0
ゾンビ「さて2chやるか・・・」

 

 

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:33:28.73 ID:HdnHEBJY0
ゾンビ=ニートと読み変えると、いろいろ深い

 

 

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:37:29.36 ID:bI/HX+V10
ゾンビたちは音楽を好んだ。

彼らの孤独を癒してくれるのは、スピーカーから流れる多種多様のメロディだった。
激しい曲を聞けば気分が高揚し、落ち着いたしっとりしたメロディを聞けば、優しい気持ちになれた。
彼らは音楽をより一層楽しむことができた。 

音楽は、ここ数年でかなり変わっていた。
特に、歌詞がきれいな言葉で溢れている曲が人気だった。
なぜかというと、世界がゾンビの物になってからは、主教の概念が全部覆されてしまったからだ。
救世主は現れなかったし、死後の世界もなく、地獄と現世の違いなんて誰にも分からなかったからだ。
皮肉で「ゾンビの世界は地獄だぜ」なんて言う奴はいるが、皆ジョークの一つ程度に捉えている。

この事により、今まで反社会的だった歌詞やファ○クやキルなどの単語は、ゾンビの世界を味わったものには特に胸に響かない、共感しない言葉へと変わっていった。

なのでデスメタルは、ものすごく激しい曲の讃美歌へと変わっていくことになった

 

 

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:42:46.26 ID:bI/HX+V10
死ぬことのない彼らにとって、病とは無縁になったが病院はそれなりに機能していた。

病死はないが、怪我で死ぬことはあったのだ。
ゾンビは腕が取れても死ぬことはないが、取れた腕は取れたままであった。
数年前にスケボーでコケて足を失ったゾンビは、義足のメンテナンスのために1ヶ月に1度は通院していた。

怪我で体の一部を失うということもあってか、義足や義手といった技術はかなり向上した。
そして、今日は新しい義足を試す日。

片足のゾンビは、スケルトンのハイテク機器が見える義足を装着すると、さっそく病院内を走りまわっていた。

 

 

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:45:41.87 ID:hA7f9KSX0
おもしろいぞ

 

 

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:46:01.39 ID:r++lrIJ80
食事不要、睡眠不要、不老、寿命無し(しかし怪我をすれば死にたい時に死ねる)

おい最高じゃないか

 

 

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:49:39.38 ID:pLTOCVJ0P
ゾンビアップルがつぼったwww

 

 

 

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:50:12.93 ID:bI/HX+V10
自分勝手に好きなことをするゾンビたちが多い中、集団をまとめるゾンビたちもいた。

ここ数年で、ようやく国家という概念が復活しだしていた。
ゾンビたちは政治に興味はない。
なぜなら、生活の保証をそんなに気にしなくてすむようになったからだ。

電気が通っててTVとラジオが動けば大体生活できる
生活というより暇つぶしが出来ればいいというのが、ゾンビたちの住む場所を選ぶ条件だった。

だが、ゾンビも集団になれば色々と問題が起きる。
ケンカを始めれば、死ぬことはないのでどちらかがバラバラになるまでやってしまうのだ。
そしてケンカも暇つぶしの一つなので、暴れるのを楽しみにする奴もいた。

色々と問題が出てきたため、やはり集団をまとめる存在が必要だという考えが出てきた。
と言っても、彼らは選挙なんかには行かないので、以前大統領をやっていたことがあるという理由で大体の国家元首相は続投になっていた。

 

 

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:51:51.06 ID:KKAnq+3a0
これは良作

 

 

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:55:49.81 ID:bI/HX+V10
ここで気になるのは、ゾンビの世界の仕事というのはなんなのかである。
仕事というのは成功報酬があるから大体の人はやっていると思うのだが、ゾンビの世界での成功報酬とはなにか?

ゾンビは衣食住困らない、食費は0、寝ることもない。
ちょっとした娯楽があればいいというか、娯楽に全力を注ぐ。

なので、生活費というのは殆どかからない。

しかし、病院や、テレビ局、ミュージシャン、国家 などが動いている以上、そこで働く職員のゾンビが居ることになるが、彼らは何を報酬に貰っているのだろうか?
答えは、何も貰っていない。
無報酬だ。

彼らは、言うならば社会貢献、ボランティアの精神で動いている。

そして、大半のゾンビは暇なので仕事をする。

いわば、働くことが娯楽になっていた。

 

 

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:56:21.20 ID:V9tlWPl60
星新一でありそうだ

 

 

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 20:56:41.92 ID:vy9Kfln10
技能があったら生かしたいと思うのが人間、いやゾンビだからな

 

 

 

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:01:52.17 ID:bI/HX+V10
ゾンビが出現してから3世紀半。
人間が居なくなってから1世紀半。
ゾンビが人間居なくなったと気づいてから、1世紀の月日が流れた。

世界は物凄く発達していた。
インフラが整備され、自然と人工物の調和が見事に取れた、美しく清潔な街にゾンビは住んでいた。

彼らは文化的なことに力を注いだことで美的センスが格段に良くなったが、彼らの中にコンプレックスを生んだ。

「なんでこんな醜い姿なのだろうか・・・」

 

 

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:05:55.12 ID:nflX5suS0
はやく続きを

 

 

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:06:39.05 ID:bI/HX+V10
ゾンビたちは、そのただれた顔を自然と隠すようになった
昔は、みんな腐った顔をしているのがたり前だったが、いつしかそれを恥じるようになった。

ある者はマスクを着け、またあるものはメイクをしてその顔を隠すようになった。

レディ・ゾゾなるゾンビ界のカリスマモデルなども現れる。

だが、それでも自分は醜い姿を”隠している”という後ろめたさがあり、より素顔に関してみんなはデリケートになっていった。

そんなある日。   
とある病院から男女のゾンビが出てきた。

その姿は、かつてこの星に溢れており、自分たちの前世でもある人間の姿をしていた。

ゾンビたちはぎょっとした。

 

 

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:07:54.34 ID:E6Oj9L750
ゾゾ様www

 

 

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:08:38.87 ID:6nf+5UxD0
ある意味社会性のある生き物の最終形態だな

 

 

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:11:49.23 ID:bI/HX+V10
人間が生きていたのか!?と驚いたが、どうも自分達のセンサーに反応しない。
こいつは人間に似ているが人間じゃないぞ?

この人間の姿に限りなく近い男女は、ゾンビである。
ただ皮膚を人工皮膚に総とっかえした、整形ゾンビである。

ゾンビたちは歓喜した。
この整形技術で、自分達の醜い姿を美しい姿にすることが出来る。 

ゾンビに再生能力はないのでいくらかメンテナンスのため通院が必要だが、それでもゾンビたちはその全身整形に殺到した。

それから、ゾンビの街には醜い腐った死体は消え、美しい皮膚と、きれいな香水の臭いで腐臭を隠した美しい男女だけの世界になっていた。

 

 

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:12:38.81 ID:E6Oj9L750
俺ちょっくらゾンビになってくる

 

 

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:17:41.57 ID:BVcjdZPC0
ips細胞的なものがもっと進んだら本物になれるかもな

 

 

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:19:19.43 ID:bI/HX+V10
腐った死体が消えてから、20年の月日が経った。

街はあいかわらず綺麗で清潔感に溢れ、自然と調和が取れていた。
そしてその街には、美しい男女と、ガタイのいい超合金のロボットと、ショッカー大幹部を名乗れそうなモンスターがいた。

何故こうなったのかというと、ここ1世紀半で、というかかなり早い段階でサブカルチャーがきちんとした文化になったことが、街をここまで変えたのだ。

アニメや漫画といった娯楽はゾンビたちの間では早い段階で受け入れられており、整形革命以前の段階で義手や義足は、漫画にでてくるロボットの腕をモチーフにしたものが既に出回っていた。
全身整形が簡単に受け入れられたのも、すでにコスプレという文化がかなりメジャーになっていたというのが大きな理由である。

キグルミという文化は、ファッション誌の一面を飾る一つのファッションとして確立していたのである。

 

 

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:20:32.09 ID:147Tyj010
そんだけ肉体を自由にできるなら確かにやるわな

 

 

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:21:17.05 ID:qvEznEU/O
もしAが居なかったら永遠に…

 

 

 

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:24:08.67 ID:51iJEcfy0
ゾンビしゃべってたほうが面白いなwww

 

 

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:25:38.47 ID:bI/HX+V10
ここはアジアの島国のサウザントリーフ県。
ここでは毎年8月と12月になると、
1ヶ月間その県の住民が県全体を開放し、創作意欲に飛んだゾンビ達が自分たちの自作の漫画やアニメやフィギュアなどを販売する。

この期間中は、町の住民はコスプレをして過ごす。
そして街中の至る所で即売会が催され、県全体がコミケ会場となる。

まさに、その筋のゾンビたちにとって聖地とよばれている。

そのせいもあってか、アニメや漫画のキャラになりたいと願うゾンビは多く、全身整形技術を人間に近づけないでロボットや怪獣に近づける者も多い。

実は私も、イナズマンの姿でいたいと思っているが内緒だ。 

 

 

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:26:16.39 ID:OXUwhcrL0
イナズマンwww懐かしいwww

 

 

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:26:37.98 ID:E6Oj9L750
コミケ開催してんじゃねえwwwww

 

 

181: 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 2011/07/12(火) 21:27:20.40 ID:pBO92pnu0
なんか和んだ

 

 

188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:31:28.77 ID:bI/HX+V10
そんなこんなで、ゾンビの街はおもちゃ箱をひっくり返したような状況になっていた。
そして、また幾年かの時間が流れると・・・

赤道周辺に 天をも貫くような巨大な建造物が完成した。

軌道エレベーター。

人類が到達し得なかった夢を、ゾンビたちは成し遂げたのである。

自らの身体をサイボーグにした技術者ゾンビたちは、自分が見た漫画やアニメに出てくる宇宙要塞を作りたいなぁという気持ちが強くなっていた。
そして有志を募り、長い時間を自分の趣味に捧げた結果、完成したのである。

 

ゾンビたちは夢と浪漫で生きている、そしてそれに全力を注げる存在であった。

 

 

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:32:08.86 ID:/CtXttKc0
軌道エレベーター完成させやがったwwwww

 

 

191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:32:38.82 ID:xTZns9590
カネと時間に縛られない世界
面白いが考えさせられるな

 

 

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:33:28.03 ID:WFaApGb+0
いいな、ゾンビになりたい

 

 

198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:36:50.10 ID:bI/HX+V10
色々と探索できる範囲は広がった。

宇宙、深海。
ゾンビたちの探究心はどんどん上がっていったが、
別に財産を増やしたいとかそういう気持ちはなかったので、探検した新発見を発表はするが、それをどうこうしたいという考えは薄い。

知識は広がるが生活水準が一定を超えているため、ゾンビの生活が豊かになることは実感できる範囲では向上しなかったというか、誰も困らなかった。

どのくらいの月日が経ったのだろうか。
地球を取り巻く人工リングが完成してから10周年。
月と地球の行き来が3日でできる時代に、タイムホールが開いたのだ。

 

 

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:37:31.87 ID:WFaApGb+0
タイムホールだと…wkwk

 

 

201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:37:41.18 ID:E6Oj9L750
これが無欲の勝利か

 

 

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:39:33.10 ID:TZcjLKBD0
子供向けの絵本にしても面白そうだな

 

 

210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:43:13.05 ID:bI/HX+V10
最初は、「空にマンホールのふたが飛んでる」位にしか思わなかったが、なんとそれが時空間を超えたタイムホールであることがインテリゾンビによって判明した。
とは言っても、マンホールの蓋が空に浮かんでいるだけで、自分たちでどうこうできるものでもなかった。

最初は、恐竜の時代に行って恐竜を見ようという意見もあったが、過去の名作ジュラシックパークを何度も見たゾンビたちから、それは危険だからやめようと反対意見があり、タイムホールに関してはこちらからは触らない方向でというのがゾンビ連邦政府の見解だった。

タイムホールが開いてから3日目。
タイムホールが唸りをあげ出した。
ゴゴゴゴゴ

黒い電気が走りだしたかと思うと、ホールは少し大きくなった。
いよいよもってこの世の終わりか思われたが、ホールから黒球体が飛び出したかと思うと、それは地面にゆっくりと下りてきた。
そして、タイムホールはいつの間にか消えていた。

 

 

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:47:51.88 ID:bI/HX+V10
ゾンビたちはその球体に興味津々だった。
この世の終わりか、それとも未来からのメッセージか。
様々な憶測が飛び交ったが、
とりあえず触ってみようという意見になった。

さっそく、連邦政府から専門家とサイボーグ兵士の部隊がやって来て、球体を取り囲んだ。
専門家は「この球体は安定している、触っても大丈夫だ」と意見した。
サイボーグ兵士は、旧時代の文化である胸で十字を切る仕草をして、球体に触った。

触れた瞬間、黒い球体はガラスが砕けたようにバラバラになった。

専門家と兵士はビビったが、壊れた球体の中で誰かが倒れているのに気づいた。

ゾンビ「お、おい・・・あれ・・・もしかして 人間じゃないか!!?!?!」

 

 

223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:48:54.96 ID:Gr25nPMX0
超展開

 

 

226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:49:34.94 ID:87c+QETf0
噛んじゃダメだ・・・噛んじゃダメだ・・・!

 

 

 

230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:53:47.79 ID:bI/HX+V10
球体の中には、中学生くらいの少女が倒れていた。

取り囲んでいたゾンビたちはどうすればいいのか分からなかったが、とりあえず保護した。

少女はさっそく最新鋭の病院へと運ばれた。

連邦政府のお偉いさんは、大騒ぎだった。
人間は滅んだと思っていたのに、まさか今になって出てくるなんて。
とりあえず少女が目を覚ましたらどうしようか話し合ったが、あるゾンビがひとつの不安を漏らした。

「もし、あの少女が目を覚ましたら・・・我々は、文化に興じ知的に過ごしてきた時代を捨てて、また醜く血肉を求めてさまよう時代に逆戻りするではないだろうか・・・」

連邦政府の議会は、急に静まり返った。

 

 

 

 

236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:58:16.52 ID:LLHQGOiQO
ゾンビってカラスに襲われないのか

 

 

237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:58:27.26 ID:bI/HX+V10
「なかった事にするべきだ!!!あの少女を消そう!!」
恐怖に駆られた議員がそう叫ぶと、同じく被害妄想に取り付かれた議員もその意見に賛同した。

「まて、まつんだ・・・!我々はここ何世紀の間に人間では到達し得なかった領域にまで進化した。文明は発展し、我々はより知的になった。それに、彼女を発見した専門家たちの理性は保たれている」

ああだこうだ、色々と話し合った。
ゾンビの世界にとって、これほどまでに政治家が議論したことはない。
彼らが議論している間に、球体から人間の少女が出てきたということがマスコミに伝わり、そのニュースは全世界はもちろん、月にまで伝わった。

そして、世界はかつてないほどの混乱を迎えた

 

 

241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:00:21.04 ID:WFaApGb+0
どうなるんだ

 

 

244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:01:51.49 ID:bI/HX+V10
A「どうするんだよ!俺たちまたゾンビに逆戻りか!?」

B「逆戻りも何も、俺達は今でもゾンビだろ?」

A「それとも、あの少女が俺たちを襲いだして、俺達は理性を失った状態に感染させられるんじゃ」

いつの時代も、ネットの噂はくだらない風評ばかりだった。
これほど進化した世界にもかかわらず「情弱」という言葉があり、ゾンビッターなるつぶやきを発信するサイトには、人々を不安にする噂がリツイートされていた。

世界中が混乱している中、ついに少女が目を覚ました。

 

 

 

256: 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 2011/07/12(火) 22:03:58.06 ID:JMuBInM/0
ソンビッター吹いた

 

 

275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:09:24.02 ID:bI/HX+V10
「ううっ・・・ここは・・・」

病室の照明に眩しさを感じ、少女は目元を抑えながらベットの中で寝返りを打った。
その様子を別室のモニターで見ていた医師たちと、専門家や研究者。
彼らの代表がマイクを使い、病室の少女に話しかける。

「目が、覚めたようだね・・・あまり動かない方法が良い」

病室のスピーカーから医師の声が響くと、少女は突然叫びだした。
「いやあああああああああ!!助けてくれ!たすけて!!」

「落ち着いてくれ、君は病院にいる。ここは安全だ、だからあまり暴れないでくれ」
ゆっくりとなだめるように医師はそう呼びつづけたが、少女はかえって恐怖に暴れまわった。

それもそのはず、少女の耳には医師の優しい言葉は聞こえていなかった。
少女に聞こえるのは、自分の家族を殺し自分を食い殺そうとしていた、ゾンビの唸り声だったのだ

 

 

281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:10:39.25 ID:i8A6HdMK0
なんて聞こえたんだろ?
う~う~う~う~?

 

 

287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:13:02.47 ID:iLXnj+uC0
全力で支援する

 

 

291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:14:49.47 ID:bI/HX+V10
ゾンビたちの世界には戦争は起きなかった。
宇宙人が来たときに戦うための地球防衛軍は存在するが、国同士の戦争をする軍隊は存在しない。
それはなぜかというと、ゾンビになったことでの言語統一により、意思の疎通が物凄くしやすくなったのだ。
そしてゾンビ故に三大欲求もないので、国家単位での略奪も起きなかった。
人種による差別もない。
なぜなら皆、醜いゾンビだったからだ。

そんなこともあり、長年平和を維持してきた。

とりあえず、このままでは埒があかないので、医師たちはとりあえず数人で少女の病室に入ることにした。

 

 

298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:17:37.85 ID:YUJtV3dg0
そっか言葉か…怖いなたしかに

 

 

306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:19:31.58 ID:ChrNtbngO
盛 り 上 が っ て 参 り ま し た

 

 

313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:20:21.47 ID:bI/HX+V10
少女を怖がらせてはいけないという配慮から、病室に入る医師は皆、人間の姿に似た者だけで入ることにした。
イカデビルのような姿の医師は、今回ばかりはホッとしたような残念なような気持ちだった。

病室に入る医師たちを、少女は毛布をつかみながら怯えるような目で見た。

医者「こんにちは」

医者が挨拶をすると、少女は泣き叫び病室の角に逃げた。 

少女「たすけてーーー ころされるうう・・・」

医者は何故少女が怖がっているのか分からなかったが、病室の外で様子を見ていたイカデビルがあることに気づいた。

「もしかして・・・言葉通じないんじゃないか?」

 

 

338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:25:41.14 ID:bI/HX+V10
急遽、紙とペンを用意して、「こんにちわ」を文字にして少女に見せた。
しかし、英語で書いたため少女はよく分からなかった。

「この子、アジアの島国人っぽいから・・・ほら、あの、漫画に出てくる文字を使ったらいいんじゃないか?」

とりあえず日本語で「こんにちわ」を書いたら、少女はようやく目の前のゾンビみたいな声を出す医者は自分を襲ってこないことを理解した。

医者「わたしたちわ あやしいものじゃない いしゃ です」

少女「お医者さんなの?なんでゾンビみたいな声なの?」

医者「それわ わたしたち ぞんび だから です」

少女「いやああああああああああああああああああああああああああ」

 

 

341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:26:25.00 ID:48cTWZqF0
ゾンビ正直すぎワラタ

 

 

 

384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:32:41.18 ID:bI/HX+V10
医者たちは少女が怖がる理由は、自分たちがゾンビだからだというすごく初歩的な問題に気がついた。

「そう言えば、俺達って人間襲ってたんだよな・・・」
かつて自分が、逃げ惑う人々を手を前にして 「おーーあーーー」と唸りながら追い回していたことを思い出した。
なんとも昔の懐かしい記憶だが、医者は特に少女に噛み付こうとか、そんな気持ちにはならなかった。

というのも、ゾンビ返りをを恐れた政府の人間により、歯は全部人工の柔らかいスポンジのようなもの取り替えられ、顎にはリミッターがついており、一定の圧力しか出ないようになっており、全身をサイボーグ手術により、脳みそくらいしか元のパーツがないくらい、徹底して人工物に変えられていたのだ。

例え間違いが起きても大丈夫なように。

 

 

386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:33:47.78 ID:i8A6HdMK0
ゾンビ返りwww

 

 

 

405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:38:35.42 ID:bI/HX+V10
少女との接触(運搬するとき直接触れてる)やここでの会話で過去を思いだしたが、医師たちは特に、ゾンビに逆戻りという事はなかった。
どうやら杞憂だったようだ。

「あんしん して わたしたちは ぞんびですが あなたを おそわない」

少女にそう告げると、少女は怯えながら医師たちの優しい笑顔を見て、とりあえず信じてみようという気になった。

それから、少女はゾンビ地球連邦政府に迎え入れられることになった。
最初はマスコミがこぞって来たが、少女のプライバシーを守るために報道規制がされ、少女は今どうなっているのかは徹底して守られた。

いつしか、少女のことは世間から忘れ去られていくことになる。

 

 

439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:45:31.09 ID:bI/HX+V10
「私が 町長です」

少女「え?」

「あっ、失礼、大統領の キドと申します」

少女は、政府の最高責任者と面会した。
少女はここしばらくの生活で、世界がどうなったのかというのを勉強した。
人間は皆ゾンビになり、人っ子ひとりいなくなってしまった事と、その事に気づき、ゾンビたちが新しく世界を再建したということを。

少女「色々な本を見ました、この国の歴史など・・・」

少女は大統領と会話できていた。
少女が、ゾンビになったからではない。
大統領が人口声帯を取り付け、人間の言語を話せるようにしたのだ。

大統領「色々と大変だったでしょう」

少女「はい、食事が大変でした・・・」

 

 

444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:48:21.87 ID:9x8guLNa0
そういや食文化消滅してたね

 

 

454: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:53:43.63 ID:bI/HX+V10
ゾンビの世界になってからというもの、食文化は一気に衰退した。
飯を食わなくてすむようになったので、飯を作る必要もなくなったのだ。
そんな中、少女の食事をどうするかが問題になった。

ここ何世紀も自分の唾液くらいしか飲んだことのない(場合によっては唾液もない)生活ばかりの人々だったので、食事を調達するということが物凄く困難だった。
マンションはだいたい3LDとしか表示されない。

とりあえず、かつてはシェフだったというブルドーザーにトランスフォームできる現場親方と、人工衛生の廃品を掃除するスペースバトルシップの艦長務める料理研究家を呼び寄せ、動物園のバッファローや植物園のキャベツなどを取り寄せて、なんとか食事を作った。
かつては栄養士をしていたことのある人気漫画家などの意見を聞きながら、少女の食事を作ったのだ。

結果、物凄くまずいものができた。
理由は、彼らに味見ができなかったからだ。

 

 

458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:54:37.60 ID:0pNw3XC40
カオスすぎるwww

 

 

 

459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:55:27.75 ID:i8A6HdMK0
なるほど
味わからないってキツいな

 

 

460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:56:22.02 ID:YUJtV3dg0
完璧じゃんゾンビすげぇwwww
って思ったけどやっぱなんか足らないのな

 

 

470: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:59:03.27 ID:mk0QTYRm0
ガスも供給されてないんだよな……

 

 

474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:00:35.66 ID:TyXphpzYO
>>470
寒さを感じるかは知らんが文化として暖炉やストーブ、焚き火とかはあるだろう

 

 

476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:01:18.06 ID:CjNBVcVr0
>>474
溶けそうだな……うっぷ

 

 

479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:02:37.43 ID:bI/HX+V10
味付けをすることも出来ない状況だった。
理由は食品業界が存在しないため、
調味料各種を作ることができなかったのだ。

少女の食事を作ることが、ここしばらくでもっとも大変だった。
そして、医療技術は成形技術や人工筋肉などに特化していても、医薬品の技術は止まったままであり、点滴一つ打つことすら出来ない状況。
義手をあっというまにとりつけることができても、腕の血管に針を通すことができない医者ばかりだった。

彼女の体調が心配されたが、水に関しては問題なかった。
ゾンビたちは、人間が消滅した後の地球を特に汚染しないように生活していたため、自然環境の保護には取り組んでいた。
大方の理由は観光地を増やしたいというのもあったが、
綺麗な空気と緑を大事にし、水の水質に関しては問題なかった。

色々と試行錯誤の上、少女は生活してきた。

 

 

481: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:06:26.34 ID:bI/HX+V10
大統領「なるほどね・・・」

少女「大統領、お聞きしたいのですが」

大統領「なんだね?」

少女「今後私は、どうなるのでしょうか?」

少女の疑問はもっともだ。
食事を取ることさえままならず、公園の花に水をやるためだけの水道しかないような世界で少女が生きていくには、とても大変だった。

少女「それに・・・、私は、やっぱり皆さんが怖いです」

 

 

484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:10:05.58 ID:cMvuclSB0
ソンビからしてみたら、この希少な少女も数十年後には死んで、またゾンビだけの世界が戻ってくるんだよな…

【2ch名作SF】ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」(2)【長編読み物】
http://kotorinet.site/archives/11339

このエントリーをはてなブックマークに追加

転載元:https://hibari.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1310467173/

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。